トンデケア

トンデケアの公式サイトはココ

 

トンデケアの口コミ評判は良い?悪い?

トンデケアの口コミ評判

トンデケアの口コミ評判は、どのようなクチコミが挙がっているのでしょうか?

良い評判なのでしょうか?それとも悪い評判なのでしょうか?
 

ここでは「トンデケアを実際に利用した人」の詳しい口コミを紹介していきます。

良い口コミも悪い口コミも含め、トンデケアを使った人はどのような感想を持っているのでしょうか?

 

評価の高い口コミ

良い口コミ1

■しつこい腰の痛みが軽くなりました。
トンデケアのクチコミ評価にひかれて、試しに飲んでみました。
トンデケアを飲んで1か月以上経ちましたが、全身の関節痛の痛みが徐々になくなってきたような気がします。
1番は、しつこかった腰の痛みです。
トンデケアを飲むだけでこれだけ腰が軽くなるのであれば、安いものだなと思っています。
手足のしびれも緩和されてくるようになり、昔のように動きがスムーズになってきました。
もっと飲み続けて、もっと痛くない状態を目指そうと思っています。

良い口コミ2

■腰痛がかなり良くなりました
最初の1か月間はあまり変化を感じなかったのですが、飲みはじめて1か月を過ぎてから腰痛の改善を実感できるようになりました。
神経痛がひどく歩くこともままならなかった重度の腰痛だったのですが、今は腰の痛みをほとんど気にせずに過ごせるようになりました。
ひざ関節の痛みも無くなってきて散歩もできるようになり、動くことが楽しくなったので、とても助かっています。

良い口コミ3

■ひどい肩こりが良くなってきました
長年ヒドイ肩こりに悩まされていて、「職場で文字を書いたり、パソコンを打つだけ」でヒドイ肩こりになり、家に帰るとぐったりしていました。
五十肩だから仕方ないのかなと諦めていたのですが、そんな自分が心配になってトンデケアを試しに使ってみました。
アテにはしていませんでしたが、頑張って2か月毎日飲み続けたら、かなり肩こりが良くなってきました。
気になっていた膝の痛みもやわらいできたので、トンデケアのおかげかなと思っています。


 

評価の低い口コミ

悪い口コミ1

■関節痛などが特に改善されない
関節痛がひどいので2週間ほどトンデケアを飲み続けているのですが、今だ何にも効果を感じません。
医薬品なので即効性があるかと期待していたのですが、2週間飲んだくらいでは難しいようですね。
薬を飲み続けることが得意ではないので、この先も続けようか迷っています。

悪い口コミ2

■なんとなく痛みが無くなったのかな…という感じ
トンデケアを飲みはじめて3週間ほどですが、ほんのり腰痛が無くなってきたような気がします。
トンデケアは医薬品なので効き目を期待していたのですが、完璧に痛みが取れるまでは時間がかかるのでしょうか。。。
もっと効き目があると思っていたので、ガッカリです。

トンデケアを実際に使った人で「トンデケアは効果があった」と高評価をしている人は、1か月以上トンデケアを飲み続けた人が多いようです。

1か月以上トンデケアを服用した人は、関節痛や神経痛の効果が出たという声が多く見受けられました。
 

また、トンデケアは効果がなかったと低評価をしている人は、トンデケアを飲んでいる期間が短い人が大半です。

トンデケアは、1か月以上飲むことで効果が出てくる傾向があるようですね。
 

1か月以内の服用であれば、トンデケアの効果を感じるのはなかなか難しいのかもしれません。

せっかく神経痛や関節痛に効果が期待できる医薬品を飲んでいるのに、これではもったいない使い方になってしまいます。
 

トンデケアの効果を発揮させるためには、まずは1か月は続けて飲むようにしましょう。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

「最安値」で買うなら公式サイトの通販で!

トンデケアの最安値は公式サイト

下記でも触れますが、トンデケアは店頭での販売は一切行っていません。

アマゾンや楽天などの有名通販サイトでも販売は行ってなく、トンデケアは「トンデケア公式サイト」か「テレビショッピング」のみでしか買うことができません。
 

「公式サイトやテレビショッピングのみの販売」と聞くと、「安い価格での購入は無理なのでは?」と思う人もいると思います。

公式サイトでの購入は、高くて損をしてしまうような感じがする人もいると思います。
 

しかし、トンデケアの公式サイトではお得な定期コースを取り扱っていますので、まさに激安価格でトンデケアを手に入れることができます。

トンデケア公式サイトでの最安値の購入方法は、2か月に1回2個ずつの定期コースです。
 

2か月に1回2個ずつの定期コースは、初回分が「定価より3,000円もお得」に購入ができる最安値購入方法です。

トンデケア単品購入より30%も安く、トンデケアの1番安い購入方法です。
 

もし今後amazonや楽天などでトンデケアを扱うことがあったとしても、ここまでの割引はできない破格の価格といえるでしょう。

そして、トンデケアの定期コースの大きな魅力といえば「回数の縛りが一切ないこと」です。
 

そのため、「定期コースでも1回で解約も可能」なので、お試しで1つ購入し、解約することも十分可能です。

1番の最安値の定期コースでも、たった1回の購入後に解約しても全く問題はありません。
 

購入する側が購入しやすいシステムを取り入れているので、トンデケア公式サイトでの購入がまに最安値といえるでしょう。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアの価格や値段はいくら?

トンデケアの単品価格

トンデケアの公式サイトはココ

 

トンデケアの価格や値段はいくらなのでしょうか?

まず、トンデケアは「単品購入は4,900円(税抜)+送料650円」となります。
 

送料をプラスすると「5,550円」となるので、ちょっと高いと思うかもしれません。

トンデケアは神経痛や関節痛へ効果を発揮する有効成分がギッシリ詰まっているので、やむを得ない価格といえるでしょう。

 

トンデケアの定期コース

トンデケアの公式サイトはココ

 

そんなトンデケアですが、トンデケア公式サイトでは「お得な定期購入」でトンデケアを手に入れることができます。

トンデケアの定期コースは、通常価格4,900円(税抜)が「初回限定25%OFFの3,675円(税抜)」となります。
 

通常購入と比べると「1,225円」も安く購入することができますよ。

定期コースでは「送料も手数料も無料」ですので、トンデケアの商品代金しかかかりません。
 

送料も合わせると、全部で「1,875円」も安くなります。

また、初回割引だけではなく「2回目以降も10%OFFで購入」ができ、「4,410円(税抜)」でずっと買えます。
 

もちろん、2回目からも送料や代引手数料は無料ですので、トンデケアの代金しかかりません。

2回目以降は送料も含めると、「1,140円」も毎月お得になる計算です。

 
トンデケアの定期コースはいつ解約してもOK

トンデケアの公式サイトはココ

 

しかも、トンデケアの定期購入は「●●回までは解約できない」といった「定期コースの回数縛り」は一切ありません。

ですから、購入者の好きなタイミングで定期コースは止められます。

 

トンデケアの2個定期コース

トンデケアの公式サイトはココ

 

また、トンデケアのお得な定期コースには、もう1つ種類あります。

それは、トンデケアを毎月2個ずつ送ってもらえる「2個定期コース」です。
 

「1か月に2個も必要ないでしょ」と思うかもしれませんが、トンデケアの2個定期コースは「2か月に1回、2個送ってもらえるコース」です。

では、この「2個定期コース」は何がお得なのか?
 

トンデケアを単品で2つ買うと「通常価格4,900円×2個=9,800円(税抜)」ですが、2個定期コースの場合は「初回限定3,000円引きで6,800円(税抜)」で購入ができます。

単品2つ購入に比べ「約30%引き」との値段なり、1か月に1個ずつ届けてもらうよりも、さらに安く買うことができる仕組みなのです。
 

そして、2個定期コースも「2回目以降は15%OFF」となり、「2個で8,300円(税抜)」で購入することができます。

もちろん、2個まとめてのお届けも「送料や手数料は無料」で、定期購入の回数縛りなどはありません。
 

2個定期コースのお届け間隔は、「15日から最大3か月まで」で選ぶことができます。

家族全員でトンデケアを飲む場合は「数量」が必要になるので、お届け間隔を狭くしたりもできます。
 

また、飲み忘れがあった場合はお届け間隔を空けることもできるので、意外と便利ですよ。

 

トンデケアの2個定期コースの特典

トンデケアの公式サイトはココ

 

さらに、トンデケアは「2個定期コース」には「特典のプレゼント」があります。
 

2個定期コースを購入した人全員に、「ヒザらくらくサポーター」がプレゼントとしてついてきます。

このヒザらくらくサポーターは、ヒザに巻くだけで簡単に装着ができ、ヒザをサポートして関節痛や神経痛の痛みを和らげてくれます。
 

歩くのがしんどかった人でも、ヒザらくらくサポーターで「いつもよりも歩くことが楽」になるでしょう。

ちなみに、トンデケアの定期コースには回数縛りがないので「お試し購入」も可能です。
 

例えば、定期コースを申し込んで「1回で定期コースを解約」すれば「3,675円(税抜)」で買えます。

単品の通常価格は「4,900円(税抜)+送料650円」ですから、かなり安くお試し購入ができますね。
 

余談ですが、トンデケアを購入しているほとんどの人が、定期コースを利用しているそうです。

「試しにトンデケアを使ってみたい」と考えている人は、単品購入よりも定期コースで申し込むのがお得でおすすめですよ。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアはamazonや楽天では買えない

トンデケアはアマゾン・楽天では買えない

アマゾンや楽天などの販売サイトではポイントが使えたり慣れているので、「利用しやすい」という人もいるといますよね。

そして、楽天やamazonで「できれば安くトンデケアを手に入れたい」と思う人も、少なくないと思います。
 

しかし、残念ですがトンデケアはamazonや楽天で買うことはできません。

アマゾンや楽天でトンデケアの取り扱いを調べてみましたが、取り扱っていませんでした。
 

ヤフーショッピングでも調べてみましたが、取り扱いはありませんでした。

トンデケアは、基本的に「トンデケアの公式サイト」か「テレビショッピング」での購入しかできません。
 

公式サイト以外でネット上で取り扱いがあるとなると、「ヤフオク」や「メルカリ」などのオークションサイトなら取り扱っている可能性が考えられます。

ヤフオクやメルカリは安く手に入れることができるので都合が良さそうですが、このようなサイトで医薬品を手に入れるのはあまりお勧めしません。
 

何故なら、トンデケアの類似品が出回っていることもあり、何らかの不具合があっても責任を取ってはもらえません。

トンデケアは医薬品ですので、信用できる場所からの購入が安心安全です。
 

無理に他の通販方法を考えて安く購入しようとするのではなく、公式サイトやテレビショッピングで購入することがオススメです。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアは薬局やドラッグストアでは売ってない

トンデケアは薬局・ドラッグストアでは売っていない

トンデケアのような医薬品は、「直接手に取って自分の目で確かめて購入したい」と思う人も多いのではないでしょうか?

ご年配の方向けの医薬品でもありますから、できれば近くの薬屋さんやドラッグストアで購入ができればいいですよね。
 

トンデケアは医薬品ですので、一般の薬のように市販の店で販売していてもおかしくない商品といえます。

では、トンデケアは、薬局やドラッグストアで売っているのでしょうか?
 

結論から言うと、マツモトキヨシやアインズトルベのなどのドラッグストアを調べてみましたが、トンデケアの取扱いはありませんでした。

また、スギ薬局などの薬剤師がいる薬局にもトンデケアがあるか調べてみましたが、こちらも取り扱いはありませんでした。
 

トンデケアは医薬品ですが、一般的なお店では販売されていない「市販の店頭では買えない医薬品」です。

トンデケア「は公式サイトとテレビショッピングのみ」の販売となっています。
 

トンデケアは通信販売でしか購入ができないので不便と思うかもしれませんが、家に居ながら注文して届くので、逆に買うのが楽といえます。

トンデケアを検討する人は「足腰が悪い人」が大半でしょうから、わざわざ出かけずに家に居ながら通販で注文できるのは、とても便利で助かるシステムといえます。
 

また、トンデケア公式サイトは「とてもわかりやすい」というのもウリです。

インターネットに慣れていない人でも、トンデケアについて詳しく知ることが可能ですよ。
 

トンデケア以外にも「役に立つ健康コラム」も多数ありますから、ぜひ公式サイトから通販するのがお勧めですよ。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

なんで関節痛や神経痛に効果があるの?

トンデケアの効果効能

トンデケアの公式サイトはココ

 

トンデケアは、なぜ関節痛や神経痛に効果があるのでしょうか?

つらい関節痛や神経痛が起きてしまう原因は、軟骨の老化や摩耗です。
 

軟骨というのは関節部分の骨と骨の間にあり、やわらかくクッションの役割を果たしている成分です。

骨の表面には神経が通っているのですが、軟骨があることで関節部分の骨同士が触れても傷みが走らないようになっています。
 

しかし、軟骨というのは老化や摩耗などによりどんどんすり減って少なくなってしまいます。

軟骨がなくなるとクッション材がなくなってしまうので、骨同士が直接ぶつかって互いの骨の神経が触れてしまうので痛みが発生してしまいます。
 

これが、関節痛や神経痛といわれている痛みです。

関節痛や神経痛を発生させないためには、「軟骨の量」を元に戻すことです。
 

しかし、軟骨という成分は元に戻すのは難しい成分です。

そんな「軟骨が少なくなって痛みが発生している関節痛や神経痛」にしっかりと働きかけてくれるのが、トンデケアに含まれている7つの有効成分です。
 

トンデケアに含まれている7つの有効成分は、神経や関節部分に以下のような柔軟な改善効果を発揮してくれます。
 

■エネルギーを産生してアクティブに
年齢と共に少なくなってしまった、筋肉や神経組織に大事なエネルギーの産生の効果を発揮します。
豊富なエネルギーのおかげで、アクティブで元気な関節に引き戻して痛みを改善してくれます。
 

■神経系を正常に
自律神経や末端神経などの衰えてしまった神経を、正常な状態に働かせます。
若い時のような元気な神経へと引き戻してくれるので、傷みが起きにくい神経にすることができます。
 

■血流を良くする
関節に傷みが発生してしまう原因は、血流の悪さも原因の1つです。
血流を改善させることで、肩こりや腰痛、手足のしびれを緩和して楽な状態にしてくれます。

 

トンデケアは第3類医薬品ですので、一部分だけではなく「全身の関節痛や神経痛に効果を発揮してくれる」のも、とても大きな特徴です。

そのため、全身のどのような痛みにも効果を発揮してくれる、マルチな第3類医薬品です。
 

眼精疲労の緩和や手足のしびれ、腰痛の神経痛、筋肉痛、五十肩やひざ関節の関節痛など、どんな痛みにも効果を期待することができます。

また、病気により体力低下・肉体疲労にも効くということなので、トンデケアは元気な自分を作ってくれる頼りになる薬といえるでしょう。
 

年齢を増すと、あちこち色んな部分が痛くなって関節痛や神経痛の悩みが増えてきますよね。

トンデケアは全身の傷みに効く薬ですので、あらゆる関節痛や神経痛に効くというのはとても助かります。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアは第3類医薬品だから効果がある!

トンデケアは第3類医薬品

トンデケアの公式サイトはココ

 

肩こりや五十肩、ひざ関節痛、腰痛などの関節痛や神経痛の商品は、化粧品やサプリメントの商品が多くあります。

しかし、トンデケアは「第3類医薬品」です。
 

では、この第3類医薬品とは、どのようなものなのでしょうか?

第3類医薬品とは2009年に改正された薬事法の施行によって設けられた「一般医薬品の区分」です。
 

一般医薬品は第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の3つの区分があります。

これらの3つの一般医薬品の種類の中で、特に副作用などのリスクが低いのが第3類医薬品です。
 

第3類医薬品は、仮に服用して体調の影響があっても「日常生活に支障をきたすほどにはならないレベル」の医薬品なのです。

第3類医薬品に含まれるのは、ビタミン剤や整腸剤、サロンパス、かゆみ止め、エタノールなどがあります。
 

現在は無機薬品・有機薬品で337種類、及び生薬・動植物成分で449種類の医薬品が指定されています。

第1類医薬品と第2類医薬品は、薬剤師が常駐している店舗や対面販売が義務付けられています。
 

第3類医薬品だけは「薬剤師」と「登録販売者」の販売が可能であり、コンビニエンスストアや通信販売でも販売が可能です。

近年、コンビニでも医薬品の販売を目にすることがありますが、コンビニで取り扱っている医薬品は第3類医薬品ということになります。
 

トンデケアは第3類医薬品ですので、化粧品やサプリメントとは違い、神経痛や関節痛、筋肉痛などの症状改善の効果効能がある薬なのです。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアはテレビでも取り上げられている

トンデケアはテレビでも取り上げられている

トンデケアは、医薬品を取り扱っているテレビ番組でも取り上げられています。
 

ひざ関節関連の「医薬品インフォマーシャル」というテレビショッピングの番組です。

関東ではまだ放送がないようですが、「テレビ和歌山、三重テレビ、Dlife、奈良テレビ」などで放送されている、関西ではおなじみの番組です。
 

女優の「あき竹城」さん九重親方(元千代大海関)の2人が登場し、トンデケアの素晴らしさを教えてくれます。

2人の絶妙な掛け合いが楽しく、ついつい見入ってしまう番組です。
 

トンデケアはTV放送だけではなく「テレビCM」も注目されています。

TVCMのほうにも「あき竹城」さんと九重親方(元千代大海関)のコンビが登場していて、TVと同様の掛け合いが楽しいCMになっています。
 

トンデケアはSNSでも話題に挙がっており、様々な人たちにも注目されている薬です。

「2016年日向ひょっとこ夏祭り金賞受賞」の日向ひょっとこ踊り博多愛好家の皆さんも、トンデケアを愛用しています。
 

日向ひょっとこ踊り博多愛好家の皆さんは「年齢層が65歳以上」と、スムーズに元気に動きにくくなってしまう年齢の人たちばかりが集まっています。

ヒザや腰、関節が思い通りに動かないのが悩みのようで、トンデケアを愛用してスムーズな動きをキープして踊っているそうです。
 

足腰に自由が効きにくくなる年代の人たちがスムーズに動いて楽しく踊ることができるなんて、こんな素敵なことはないですよね。

さらに、トンデケアは第三類医薬品ですので、効果効能も期待が持てますよ。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアを作っているのはどんな会社?安全?

くすりの健康日本堂

トンデケアを作っている会社は、どのような会社なのでしょうか?

また、安全で信用できる会社なのでしょうか?
 

トンデケアを作っているのは、「ジェイフロンティア」という会社です。

ジェイフロンティアは、長期に渡って美容商品や健康商品を製造販売している埼玉県草加市にある会社です。
 

そのジェイフロンティアが医薬品販売をはじめることになり、医薬品販売を取り扱うサイト「くすりの健康日本堂」がオープンしました。

この「くすりの健康日本堂」は、健康と美容をサポートするための様々な商品を取り扱って販売しています。
 

様々なコラム記事にも力を入れており、ユーザーが満足できる運営を心掛けています。

ユーザーと信頼関係を築くことができるように、「様々な悩みにこたえられる会社作り」を行っている会社です。
 

くすりの健康日本堂は、医薬品販業許可を受けており、販売登録者もいる薬店です。

しっかりとした医薬品販売ができる会社ですので、トンデケアも安全安心で利用することができます。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアの配合成分は?

トンデケアの配合成分

トンデケアには、どのような配合成分が含まれているのでしょうか?
 

トンデケアが関節痛に効く理由は、トンデケアに含まれている7つの有効成分の効果です。

この関節痛や神経痛の痛みに効く「有効成分」の効果により、効果・効能を得ることができるのです。
 

では、どのような配合成分が効果を発揮するのか?

以下で詳しく紹介していきます。

 

■フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)

トンデケアに含まれているフルスルチアミン塩酸塩は、別名活性型ビタミンB1です。

ビタミンB1は、筋肉や神経の働きを正常にするために欠かせない成分です。
 

効率的にエネルギーを作り出す作用を発揮することができるので、スタミナを付ける「エネルギー産生効果」を発揮してくれます。

疲れきって衰えてしまった状態にエネルギーを与え、元気な状態へと効果を発揮します。
 

また、神経細胞の栄養となるブ「ドウ糖の働き」の手助けをしてくれるので、神経を元気にする効果もあります。

ちなみに、フルスルチアミン塩酸塩は食事からでも摂取できますが、体内に吸収されにくいのが難点です。
 

トンデケアでフルスルチアミン塩酸塩を直接摂取し、体内に足りない分を補給することで、関節痛などの症状を効果的に改善させることができるのです。

 

■ニコチン酸アミド(ビタミンB3)

ニコチン酸アミドは「ビタミンB3」であり、「皮膚や粘膜を正常にキープする働き」「血流をよくする作用」を発揮してくれる成分です。

血流が良くなるので末梢血管を広げる作用があり、トンデケアのエネルギー産生に役立ちます。
 

血行が良くなることで、神経痛などの痛みが起きにくい効果を得られます。

血管拡張効果によって、肩こりや頭痛などの痛み緩和の効能も得られます。
 

また、ニコチン酸アミドには「糖質」と「脂質」をエネルギーに変える重要な働きも持っています。

ニコチン酸アミドの量が多ければ多いほど、多くのエネルギーを生むことができるのです。
 

様々な関節痛や神経痛の化粧品やサプリメント、医薬品がありますが、ニコチン酸アミドを含んでいるのはトンデケアだけです。

ニコチン酸アミドは、肉体疲労時の滋養強壮や栄養ドリンクに含まれていることが多い成分なので、元気にしてくれる成分というのがわかりますよね。
 

ニコチン酸アミドは「タバコのニコチン」に名前が似ていますが、化学構造が似ているということで付けられた名前であり、生理作用は全く違う成分です。

トンデケアを服用しなくても「タバコを吸えばニコチン酸アミドが増える」と思う人もいるようですが、全く関係ありませんので勘違いしないようにしましょう。

 

■パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

パントテン酸カルシウムはビタミンB5であり、トンデケアのエネルギー産生に働く成分です。

ビタミンB5とカルシウムが結合された成分であり、粘膜に異常を起こした状態を緩和する効果も発揮してくれます。
 

パントテン酸は、糖質・脂質・たんぱく質をエネルギーに代謝するときの「補酵素」として働いてくれる頼もしい成分です。

糖質や脂質、たんぱく質は「食事で補うだけでいい」と思うかもしれませんが、その後、栄養を上手く体内に吸収できないとエネルギーにはなりません。
 

その体内への吸収を助けることができるのが、パントテン酸の役割なのです。

また、ビタミンB群ですので、「神経や筋肉の働きを整えてくれる効果」も発揮してくれます。
 

神経の機能維持に効果を発揮し、傷みを軽くしてくれるのです。

ビタミン類というのは私達人間の体の中では作ることができませんので、足りない分は外部から補わなくてはいけません。
 

トンデケアで多くのビタミンを摂取することで、痛みが出にくい体にすることができるのです。

パントテン酸カルシウムは「カルシウム」も含まれている成分ですが、カルシウム量はほんの少ししか含まれていません。
 

そのため、カルシウム効果はあまり期待できないといえるでしょう。

 

■ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

ピリドキシン塩酸塩はビタミンB6であり、水溶性ビタミンB6を化学的に合成して作られた成分です。

トンデケアの神経系の効果の働きを発揮し、神経の機能を正常に整えてくれます。
 

「ひざや肩、腰」などの神経痛などの痛みを、ピリドキシン塩酸塩の「ビタミンB6効果」で、神経機能を正常な状態へ戻す効果があります。

エネルギー代謝にも働いてくれるので、つらい関節痛の痛みにも効果を発揮してくれます。
 

また、年齢を増すことで代謝が悪くなることで起きてしまう「体力の低下」や「疲れやすくなってしまう状態」を、ビタミンB6の効果によってエネルギー機能を高め改善することもできます。

エネルギーが多くなるので、元気で若々しく痛みが発生しにくい体質になることを期待できます。
 

ビタミンB6は「青魚」に多く含まれている成分ですが、食事だけでは必要な分を補うことは難しいです。

トンデケアでピリドキシン塩酸塩を摂取することでビタミンB6の効果を発揮し、痛みに負けない若々しい自分になることができるのです。

 

■シアノコパラミン(ビタミンB12)

シアノコバラミンは、トンデケアの中の「神経系」に効果を発揮してくれる成分です。

シアノコバラミンは「ビタミンB12の一種」の成分で、筋肉や神経の機能を正常化へと導いてくれます。
 

ビタミンB12が少なくなってしまうと、神経や筋肉が正常に働かなくなってしまうといわれています。

ビタミンB12を豊富にすることで、筋肉や神経を正常に働かせる効果を発揮してくれるので、痛みを緩和させる効果を期待することができます。
 

また、ビタミンB12は「筋肉を動かしたり、エネルギーを効率的に作る効果」も発揮してくれます。

なので、関節への負担が少なくなり、元気で動きやすい状態になることができます。
 

このように、シアノコバラミンは「節々に起きてしまったダメージ」に高い効果を期待することができます。

トンデケアはシアノコバラミンを含むことで、ビタミンB12の効果を発揮します。

 

■ガンマーオリザノール

ガンマーオリザノールは、トンデケアの「神経系」の効果を発揮してくれる成分です。

「米胚芽油」や「米ぬか」から取り出した脂質に含まれている「天然のポリフェノール成分」です。
 

ポリフェノールは抗酸化作用があり、「肉体を錆びさせない効果」を発揮してくれます。

活性酸素を取り除いて「老化を防ぐ効果」があるといわれている「アンチエイジング成分」です。
 

そのため、細胞の酸化を防いで「筋肉や神経を衰えさせない効果」を発揮し、関節炎を抑える効果を発揮してくれます。

また、ガンマーオリザノールには「血行を良くする効果」もあるので、神経の健康を守ってくれる効果も期待できます。
 

神経を整える効果もあるので、神経の働きを活性化することで関節痛の痛みを和らげる効果もあります。

米胚芽油や米ぬかは食事でも摂ることができますが、毎日必要量を摂り続けることは簡単なことではありません。
 

トンデケアでガンマーオリザノールを取り入れることで、サビずに痛みや老化に負けない体へと導くことができるのです。

 

■ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

ビタミンEコハク酸エステルカルシウムという成分は、トンデケアの「血流促進の効果」を発揮してくれる成分です。

毛細血管を広げて血流を良くすることで、体の隅々まで栄養や酸素を届けやすくすることができる状態にしてくれます。
 

栄養や酸素が必要部分に届きやすくなることで、様々な部分の「痛みやしびれを効果的にケア」することができます。

神経痛というのは血液の流れが悪くなった時に発生することが多いので、血流改善により痛みが起きにくい状態にすることができます。
 

血流が良くなることで、神経痛以外にも「肩こりや腰痛、手足のしびれ」などにも高い改善効果を発揮してくれます。

また、冷え性などにも効果があり、血流改善により様々な体の悩みを改善してくれます。
 

さらに、ビタミンEコハク酸エステルカルシウムには「活性酸素から細胞を守る働き」もあるので、若々しい体質改善へと働きかけてくれます。

年齢による血流の悪さにより起きてしまう神経痛の症状を、トンデケアはビタミンEコハク酸エステルカルシウムで改善してくれます。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアはいつ飲むと効果的?用法・用量は?

トンデケアの用法や用量

トンデケアの公式サイトはココ

 

トンデケアは、いつ飲むと効果的なのでしょうか?

まず、トンデケアの服用は「1日1回、3錠飲むだけ」です。
 

食後にすぐ、水・お湯で噛まずに飲みます。

そして、残念ながら「このタイミングにトンデケアを飲めば効果的!」といったものは特にありません。
 

朝昼晩の食後のいずれかに1回飲めがOKです。

人それぞれ習慣が違うので、「自分が一番忘れないタイミング」に飲むのが良いでしょう。
 

ちなみに、お湯は熱いお湯ではなく「体温に近いぬるま湯」のほうが良いです。

熱いお湯はヤケドしてしまう恐れもありますし、「体温に近いぬるま湯」で飲むのが一番吸収率が良いからです。
 

「体温に近いぬるま湯」というのは、「お風呂のお湯程度の温度」と思うとわかりやすいですよ。

特に難しい飲み方というのはありませんので、誰でも簡単に飲むことができるでしょう。
 

トンデケアの用法・用量ですが、1日の服用錠剤数は「3錠」を必ず守るようにしましょう。

過剰服用してもトンデケアの効果は高まりませんので、必ず用法容量を守って飲むようにしましょう。
 

もしもトンデケアを飲み忘れてしまった場合は、その服用は抜いて飲まないようにしたほうが良いです。

飲み忘れた分も含めて2回分以上を1度に飲んでしまったり、1日2回分を飲んでしまうと、過剰摂取状態になってしまうことがあります。
 

過剰摂取は副作用が起きてしまう可能性があり、大変危険です。

また、トンデケアは、15歳以上の成人が対象となっている薬です。
 

そのため、15歳以下は飲むことができません。

15歳以下の子供でも足腰に悩みがある人はいますが、絶対に服用してはいけません。
 

このように、トンデケアは「効果的な飲むタイミング」は特にありません。

自分の都合の良いタイミングで、毎日習慣づけて続けることが大切です。
 

そして、「トンデケアの1日の用法や用量」はちゃんと守るようにしましょう。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアに副作用はないの?

トンデケアの副作用はない

トンデケアは第3類医薬品なので「高い効果」を得ることができます。

しかし、医薬品だけに「副作用」が気になる人もいると思います。
 

トンデケアには、副作用の心配はないのでしょうか?

トンデケアは「第3類」の医薬品ですので、副作用のリスクは非常に低い医薬品です。
 

そのため、用法・容量をちゃんと守り、普通に服用するぶんには「副作用なし」といえるでしょう。
 

しかし、1つ気になることといえば「過剰摂取」をしてしまうことです。

トンデケアを過剰摂取してしまうと、副作用が起きてしまうこともあります。
 

過剰摂取によって「以下のような副作用」がでる場合もあるので注意しましょう。
 

【過剰摂取により起こりえる副作用】

■皮膚系の副作用
発疹、発赤、かゆみなど

■消化器系の副作用
吐き気、嘔吐、口内炎、胃部不快感など

 

ただ、トンデケアの用量用法を守って飲めば、「基本的にはこのような副作用はない」といわれています。

必ず、1日3錠を守って飲むようにしましょう。
 

勝手に飲む量を増やしても効果は上がりませんし、副作用のリスクが上がるだけですよ。

このように、トンデケアは医薬品の中でも副作用は少ないものですから、副作用の面でも安心して飲むことができる薬といえます。
 

ただし、薬の効き目や副作用というのは「個人差」があります。

その日の体調によっても影響する場合もあります。
 

少しでもおかしいなと思ったらトンデケアの服用を中止し、医師や薬剤師などに相談をするようにしましょう。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

こんな人はトンデケアを飲まないほうがいいかも…

こんな人は飲まないほうがいいかも

トンデケアは医薬品ですので、サプリメントのような健康食品とは違います。

そのため、トンデケアを飲むことをオススメできない人もいます。
 

次の人は、トンデケアを服用する前に「医師や薬剤師」、または「登録販売者」に相談するようにしましょう。
 

医師の治療を受けている人
薬でアレルギーが出たことがある人

 

これらの2つのタイプの人は、トンデケアを飲むと副作用が出やすくなってしまう可能性があります。

トンデケアは副作用が起きにくい薬ですが、万が一のために必ず相談をしてから服用を検討しましょう。
 

医者の判断によっては飲むことが許される場合もありますので、その場合はトンデケアの服用が可能となります。

仮に、この2つに該当する人は「自己判断」でトンデケアを飲まないほうがオススメです。
 

必ず専門家の意見を聞いてから、判断するようにしましょう。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

妊娠中・授乳中にトンデケアを飲んでも大丈夫?

トンデケアは妊娠中・授乳中は飲まないほうが良い

トンデケアは、妊娠中や授乳期に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

トンデケアの公式ホームページには「肉体疲労時、妊娠、授乳期、病中病後の体力低下時のビタミン補給」と書かれています。
 

トンデケアに含まれている成分を調べても、妊娠や授乳期に栄養を与える成分は含まれていません。

そのため、妊活中や妊娠期、妊娠中や授乳期にトンデケアを飲んでも、特に問題はないといえます。
 

しかし、妊娠中や授乳期というのは、「体調が非常に不安定な時期」です。

食事や飲み物など「口にするもの」に気を使う時期なので、トンデケアの臭いや味の影響で、体調が崩れてしまうことも考えられます。
 

その影響を考えると、妊活中や妊娠期、妊娠中や授乳期にトンデケアを服用することは、あまりオススメではないといえます。

仮に妊婦さんがトンデケアを服用したい場合は、かかりつけの病院の医師に相談をしてから服用を検討することをオススメします。
 

妊活中や妊娠期、妊娠中や授乳期の不安定さを考えると、授乳が終わって安定した状態になってからトンデケアを飲むことが、1番のオススメといえるでしょう。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

トンデケアの定期コースの解約方法は?

トンデケアの定期コースの解約方法と条件

トンデケアの定期コースの解約方法はどのように行うのでしょうか?

もしトンデケアの定期購入を解約したい場合は、トンデケアの販売サイト「くすりの健康日本堂」に電話連絡をすることでいつでも解約可能です。
 

トンデケアの解約の流れは、「次回商品お届け日の10日前」までに「くすりの健康日本堂のフリーダイヤル0120-377-711」に電話をして解約したいことを伝えます。

軽く解約の理由を聞かれますので、その際は「思ったより効果を感じなかった」など回答でOKです。
 

しつこく聞かれて解約を引き留められるようなことは一切ありませんので、気軽にお話ができます。

ちなみに、次回お届け日の10日前を過ぎてから電話連絡をしてしまうと、次回分からのトンデケアの解約はできません。
 

次回お届け日の10日前から「次回のトンデケアの発送準備」に入ってしまいますので、次回の発送を止めることができません。

次回お届けの10日前を過ぎると、次回の次のトンデケアの定期分からの解約となってしまいます。
 

1回分損してしまうので、解約の時の電話のタイミングは慎重に行うようにしなければいけませんね。

 

トンデケアの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る