太もも痩せ

【このページの目次】

太股の「付け根」を痩せるにはどうする?

太ももの付け根痩せ

付け根が太る・痩せない原因

太ももの中で特に付け根の部分だけが太ってしまってダイエットしたいと思っている人も多いと思います。

太もも痩せの中でも「付け根」は痩せにくく、「太もも痩せ」ではなく「太ももの付け根の痩せ」に特化したダイエット方法を行う必要があります。
 

まず、太ももの付け根が太る主な原因には、「食事」と「運動不足」と「骨盤の歪み」が上げられます。

主に脂っこい物やチョコレートなどの甘い物を食べている人は、体と足の連結部分である付け根部分に脂肪が溜まりやすく太くなってしまいます。
 

また、普段から運動不足の人も下半身が太り気味になってしまうので、デスクワークや座り仕事が多い人は付け根部分が太くなってしまうようです。

骨盤の歪みによって太くなっているケースもあり、姿勢が悪かったり出産後の女性は特に要注意です。
 

以上のように原因は色々考えられますが、付け根を痩せさせる方法は自宅でもできるので、簡単に解決できる方法を紹介したいと思います。

 

解決案

太ももの付け根は運動をしてもなかなか鍛えるのは難しく、普通のダイエット方法では細くさせるには時間がかかってしまいます。

太ももの付け根を細くさせるには「大転子」を鍛える必要があり、体に歪みが出ている人は「大転子が出っ張っている可能性」が高いです。
 

普段から足を組んだり、あぐらをかくことが多い人は体が歪む原因を作っており、酷くなると腰骨に負担がかかって腰痛の原因にもなります。

体の歪みを放置しておくと大転子が出っ張ってしまい、太ももの付け根が太くなってしまうという負のループを解決するには、「股関節を鍛えるストレッチ」などが有効です。
 

本来なら接骨院に行って体の歪みと大転子の出っ張りを治してもらう方法がいいのですが、自宅でも簡単に行えるストレッチがあるので紹介したいと思います。

 

実際の解決策

大転子の出っ張りを治すための股関節を鍛えるストレッチは色々ありますが、中でも簡単にできる2つを紹介したいと思います。

立ちながらできる「股関節ゆらし」は場所を選ばずにできるので、電車を待っている時や家事をしている時などにも簡単にできます。
 

具体的なやり方としては、足を肩幅位に開き背筋を伸ばして立ちます。

次に太ももの付け根にある大転子に手をあてながら「押し込む」ように体を横に倒していきます。
 

大転子は立って片足を動かした時にぐりぐりと動いている場所です。

押し込む際に意識して大転子を手で押し込みましょう。
 

体を倒す方向と逆方向に大転子を押し込むので、腰に手を当てて体を倒すイメージを想像してもらえると解りやすいと思います。

右側が終わったら左側も同様に行い、片方を8回の両方で16回を目安に行ってみると良いでしょう。
 

もう一つの方法はお風呂上りに行うと効果がある「開脚前屈ストレッチ」になります。

床に座って両足を90度以上開きます。
 

後は息を吐きながらゆっくり前屈をしていきます。

前屈の途中で太もも付近がピリピリしてくると思うので、ちょっと痛くなるまで行うのがポイントです。
 

最初の内は前屈もあまりできないと思いますが、お風呂上りや慣れてくると前屈が前に倒れるまでできるようになるので、時間をかけながらゆっくり行いましょう。

「股関節ゆらし」や「開脚前屈ストレッチ」は特別難しいストレッチではないので、テレビを見ながらや音楽を聴きながら行えると思います。
 

普通に生活しているつもりでも、体が知らない内に歪んでしまって、太ももの付け根を太くさせる原因を作っている場合もあります。

ですので、体の歪みを常に解消しておくと良いでしょう。
 

また、ストレッチの後には「マッサージ」も効果的です。

大転子周りの筋肉をマッサージしてあげる事で、筋肉が柔らかくなり太ももの付け根を細くさせる効果があります。

⇒目次に戻る

太股の「内側」を痩せる方法は?

太ももの内側の痩せ方

内側が太る・痩せない原因

知らない内に太ももの内側が太ってしまって「ズボンが履けない」と悩んでいる人も多いと思います。

太ももの内側が太る原因には「姿勢の悪さ」や「内股」、「筋肉の低下」、「冷え性を招く食生活」などが原因だと言われています。
 

姿勢が悪いと「骨盤」が歪んでいることが多く、骨盤が歪むと筋肉が緩んで脂肪が付きやすくなります。

体の歪みは「脂肪を付きやすくさせる原因」になるので、体の歪みを解消させる事が太ももの内側痩せのポイントといえます。
 

また、普段歩いている時に内股で歩いている人や、内股が癖になっている人は、股関節や膝が「内向きにねじれている状態」にあります。

これが太ももの内側を太くさせる原因を作っているので、内股で歩くのはできるだけやめるようにしましょう。
 

他にも冷え性を招く食事をしている人は「血行不良」を起こしやすく、水分や老廃物が体に溜まりやすい体質を作ってしまい、太ももの内側を太くさせる原因にもなります。

太ももの内側の痩せ方には「生活習慣の改善」も大事なので、筋トレやストレッチなどと併せて生活スタイルも変えていくと良いでしょう。

 

解決案

太ももの内側を痩せさせるためには、「ストレッチ、有酸素運動、筋トレ」などが効果的だと言われています。

冷え性ぎみな人は体を温めるような食事や物をなどを使い、なるべく体を冷やさない生活を心がける事が大事です。
 

骨盤のゆがみによって太ももの内側を太くさせているので、骨盤のゆがみを解消しつつ内転筋を鍛えるのが重要だと思います。

また、「運動不足による脂肪」が原因で太ももの内側が太くなっている可能性もあるので、脂肪燃焼効果を上げるトレーニングも併せて行うと良いと思います。

 

実際の解決策

太ももの内側を痩せさせるには「内転筋」を鍛えるストレッチやエクササイズが有効です。

簡単な方法としては「ボールスクイズキープ」「ライイングチェアヒップアダクション」などが簡単に行えます。
 

ボールスクイズキープは、簡単に言うと「太ももにボールを挟むだけ」で簡単に行えるストレッチです。

バランスボールなどを太ももに挟み落とさないように力入れてキープさせる方法で、内転筋を怪我した人のリハビリにも行われています。
 

最初の内は簡単なのですが、膝を立てたり足を伸ばした状態でボールを挟むようにするなど、アレンジを加えてボールを挟むと、太ももの辺りがピリピリしてきます。

慣れてくると苦では無くなるのですが、内転筋を鍛え始めた人向けには簡単で楽な方法なのでおすすめです。
 

ボールスクイズキープが慣れてきたら、「ライイングチェアヒップアダクション」がおすすめです。

難しい名前ですが「椅子を使ったストレッチになる方法」で、ボールスクイズキープよりも効果が望めます。
 

やり方は、体を横にして寝て、片足を椅子の上にのせます。

下になっている足を椅子の上にのせるような感じで上げていき、その状態を1~2秒間キープします。
 

これを交互に10回程度繰り返す事で、内もも引締めエクササイズになるので、ベットや椅子を使って行ってみると良いと思います。

ストレッチのような下半身だけを鍛えるのではなく、「下半身も鍛えつつ、上半身を鍛えたい」のであれば、ウォーキングやスクワットもおすすすめです。
 

ウォーキングには体全体の脂肪燃焼効果を上げる事ができるので、ストレッチを行う前にウォーキングなどを行うとより効果も望めると思います。

また、体が冷える事でも血流が悪くなり太ももを太くさせる原因にもなるので、水を飲む際には冷たいものではなく常温の物を飲むようにすると良いと思います。

⇒目次に戻る

太股の「前側」を痩せるにはこの方法!

太ももの前側痩せ

前側が太る・痩せない原因

太ももの前側が太る原因には色々ありますが、「筋肉によって太くなっているケース」が多いと思います。

もちろん、他の太ももの箇所と同様に「骨盤の歪み」や「脂肪やむくみ」が原因で太くなっているケースもありますが、太ももの前側は「筋肉太り」が大きな原因といわれています。
 

特に筋トレなどをしていない人でも「歩き方」が悪かったり、ハイヒールを履いていると、太ももの前側に負担がかかってしまい、次第に太くなってしまっています。

前側の筋肉に負担ばかりかけている生活をしていると、その部分の筋肉だけが硬くなってしまって血行不良になってしまいます。
 

血行不良になれば「老廃物」が溜まり、むくみの原因を作るといった負の連鎖になります。

ですので、太ももの前面痩せを希望するならば、無駄な筋肉を付けずに「固まった筋肉を、血行を良くしてほぐす」というのが大事だと思います。

 

解決案

上記でも述べましたが、太ももの前張りは「筋肉」が原因だとされており、「反り腰」の人も同様に太ももに筋肉が付きやすいので注意が必要です。

また、体が歪んでいれば太もものだけではなく「他の部分」まで贅肉などが付いてしまいます。
 

ですので、太ももの前側痩せを望んでいる人は「歪み解消」を第一に考えてみるのが良いでしょう。

ハイヒールのような「かかとの高い靴」を普段から履いている人は、日々の生活の中で「太ももの筋トレ」をしているようなものです。
 

なので、太ももの前側を細くしたい人は、できればヒールの高い靴は履くのを辞めたほうが良いでしょう。

一度付いてしまった筋肉を解消するには、マッサージやストレッチなどが効果があるので、太ももの前側に効果があるマッサージ方法を教えたいと思います。

 

実際の解決策

太ももの前側が痩せない原因には「間違って付いてしまった筋肉」と「骨盤の歪み」に原因があります。

ですので、一つ一つ解消していく事で、太ももの前側を細くさせる事は可能です。
 

まず、できる事として「間違って付いてしまった筋肉」を柔らかくしてあげる事が重要です。

間違った歩き方によって付いてしまった筋肉を「入浴中」や「お風呂から出た後」に両手を使ってマッサージをしてあげます。
 

筋肉の揉みほぐし以外にも、血行を良くさせる効果や老廃物を解消してくれる効果も期待できるので、太ももの下から上に揉み解してあげましょう。

太ももが太くて上手くマッサージできない人は、コロコロローラーなどもあるので、マッサージ道具などを使用して行ってみるのも良いと思います。
 

ある程度太ももの筋肉を揉みほぐす事ができたら、次に太ももの前側に良いストレッチを行いましょう。

太ももの前側に良いストレッチは数多くあり、そのストレッチを行ったら良いのか迷ってしまうと思います。
 

ですが、個人的におすすめなストレッチは「片足で立ち片足を持ち上げるストレッチ」です。

この太ももストレッチは「どこでもできる点」と「家事の合間に行う事ができる」ので、ダイエットを面倒と思ってしまう人におすすめです。
 

具体的なやり方として、背筋を伸ばして両足で立ちます。

次に片足をお尻に付ける様な感覚で曲げながら手で引っ張ります。
 

この時に何かを持ちながらやってもいいですが、「片足で立ちながら、もう片方の足を後ろに引っ張るような形」で曲げながら引っ張るようにする事で、太ももの前側をスッキリさせる事ができます。

反動を付けずにゆっくり持ち上げる事で太ももの血行が良くなるので、ヒマができたら行うようにすると良いと思います。
 

このように、太ももの前側を細くさせるには「生活スタイルの改善」と「体の歪み」などを改善すれば細くなることができます。

ですので、間違った筋肉を付けないように心がけましょう。

⇒目次に戻る

太股の「外側」を痩せるならコレがオススメ

太ももの外側痩せ

外側が太る・痩せない原因

太股の外側が太る原因には色々考えられるので、太ももの外面を痩せたいのであれば、原因にあった対処法を行なう必要があります。

太ももの外側が太る原因は、「股関節の捻じれ」や「骨盤が後傾してること」が関係しています。
 

その影響で脂肪が付いてしまって、外側にボコっと出る症状が出てしまい、太ももの外側が太くなってしまうのです。

股関節の捻じれやズレは、姿勢が悪かったり、出産後や足をよく組む癖がある人などに起こりやすいです。
 

また、なかなか自分で体に歪みがあると気づけないので難点でもあります。

ダイエットをいくら頑張っても太股辺りが細くならない人は、体がゆがんでいる可能性があります。
 

ですので、運動量を増やすのではなく体の歪みを疑ってみると良いでしょう。

また、筋トレのやり過ぎによっても太股が太くなってしまうケースも考えられるので、筋トレを行う際には無酸素運動ではなく「有酸素運動」を行うようにしましょう。

 

解決案

太股の外側が太いのは体の歪みが原因なので、体の歪みを解消するストレッチやマッサージなどを行うのがベストです。

太股の外側痩せには「ストレッチ」が効果的で、時にはハードな運動よりも効果が望めることもあります。
 

脂肪が付くとセルライトも目立つようになるので、ストレッチやマッサージと併せて「セルライトローラー」などを使用して血行を良くする事も効果があるでしょう。

股関節の捻じれやズレなどを解消できるストレッチを行えば、自然と外側に膨らんでいる太股を細くできます。
 

ここからは、太股の外側痩せに効果的な「自宅でできる簡単ストレッチ」を紹介したいと思います。

 

実際の解決策

股関節の捻じれやズレを解消できるストレッチは色々あります。

ですが、ここでは運動嫌いな人でも簡単にできる「太股の外側痩せ二効果的なストレッチ方法」を紹介したいと思います。
 

仰向けに寝ている状態で両足を曲げて「ひし形のような形」を作り、足裏をあわせます。

この時に膝や背中が浮いてしまったら効果が無いので、膝と背中がしっかり地面に付いているように行い、力を抜いて呼吸を止めずに行います。
 

次に今度は両足で「Wの字」を作るように寝ながら、両足を後ろにもって行きます。

体が硬い人はなかなか両足を後ろに持っていくのは大変かもしれませんが、少し痛い位が丁度いいので、できるだけ両足を後ろにもっていきましょう。
 

この状態で20秒位を目安に力を抜いて形をキープします。

この動作をお風呂上りに行う事で骨盤のずれを解消でき、太股の外側の部分を細くできるので行ってみる事をおすすめします。
 

他にもスクワットなども効果的なので、暇な時にスクワットなどを小まめに行うと良いでしょう。

スクワットを行う際には腰をストンと落とすような感じでしゃがみこみ、この動作を繰り返す事により、全身の筋肉は緩み、股関節の捻じれも解消されます。
 

スクワットを行う際に「重い物」を持って行ってしまうと太股は太くなってしまいます。

ですが、普通に行うスクワットは逆に足を細くさせる効果があるので、太股の外側痩せにはスクワットはおすすめです。
 

他にもウォーキングなども効果があるので、太股の外側を細くさせたい人は「股関節のズレの改善」に注目してみると良いでしょう。

また、併せてセルライトローラーなどを使ってマッサージを行う事でより効果を得る事ができます。
 

特にストレッチを行って筋肉がピリピリ痛い時に、丁寧にマッサージを行うことで筋肉痛予防にもなります。

さらにセルライトを除去させる効果もあり、一石二鳥といえます。
 

ストレッチとマッサージを行う事で、細い足と綺麗な足の両方を一度に手に入れる事ができるので、ストレッチとマッサージをセットで行うと良いと思います。

⇒目次に戻る

太股の「裏側」を痩せるならこのやり方!

太ももの裏側痩せ

裏側が太る・痩せない原因

女性にとって太股の中で一番気になる場所が「太股の後ろ側」だと思います。

鏡で自分の後ろ足を見たときに、太ももの裏面にはびっしりとデコボコしたセルライトが付いていると発狂ものだと思います。
 

太ももの裏が太くなったり、セルライトが付く主な原因「血行不良が原因」と言えます。

セルライトは皮膚組織の中で老廃物が溜まってできてしまったものなので、一度できてしまうと取り除くまでに時間がかかってしまいます。
 

太ももの裏は椅子に座っていると太ももの裏側が圧迫されている部分です。

なので、デスクワークが多い人や座っている時間が長い人は、太ももの裏側にセルライトが溜まりやすいと言われています。
 

また、きつい下着を着用していたり、姿勢が悪いとリンパの流れが悪くなるので、なるべく太ももに負担のかからない下着などを着用しないようにすると良いでしょう。

 

解決案

太ももの裏側を綺麗にさせるには「マッサージ」が一番効果があり、ストレッチや筋トレによってより効果が期待できると思います。

血行不良が原因なので、日常生活において血行不良にならないように務めることが重要です。
 

例えば、椅子に座りっぱなしにならないように席を小まめに立つなどを心がけると良いでしょう。

どうしても長時間椅子に座っていなくてはいけない時には、仕事中でも「足をマッサージする」などして血行不良にならないように心がけましょう。
 

太ももの裏側のセルライトを取りつつ、太もも痩せをさせる方法は時間をかけて丁寧なマッサージが効果的です。

なので、ここからは誰でもできる簡単な「太ももの裏側痩せマッサージ方法」を紹介したいと思います。

 

実際の解決策

太ももの裏側の痩せ方には、マッサージが効果的で「セルライトマッサージ」が特に効果的だと言われています。

半分あぐらをかいた状態で曲げた足を、親指でまんべんなくマッサージしていきます。
 

ちょっと強めに行う位が丁度良いので、下から上に向かって丁寧にマッサージを行いましょう。

次に足の指を一本ずつつまむ様に引っ張っていきます。
 

親指を強めに引っ張る事で、指先まできちんと血流が流れるようになります。

ですから、ちょっと強めに行うと良いと思います。
 

足全体に血流がまわると、足が少しポカポカしてくるので、次は足の指の間に手の指を入れて足首を回します。

ここまでが下準備になり、ある程度足がポカポカしてきたら足全体のマッサージを行います。
 

あぐらをかいたまま、手を「Cの字」になるような形で太ももをマッサージしていき、「時々強めに掴む」などしてセルライトをリンパに流れるようにおこなっていきます。

つまむだけではなく、足全体もたたく様にして足全体を揉みほぐすようにマッサージするとより良いでしょう。
 

セルライトローラーなども使ってマッサージする方法も効果があり、入浴中や寝る前に行うと、より効果を得る事ができます。

マッサージだけでもいいですが、併せてストレッチなども行うと、なお太ももの裏側痩せには効果的です。
 

太ももの裏側に効果のある「ストレッチ」は、「うつ伏せで寝た状態からお尻に向かって膝を曲げていき、90度位になるまで曲げたら元に戻す動作」を繰り返す事で、太ももの裏側痩せに効果があります。

この動作は、ゆっくり息を吐きながら行う事で効果を得られるので、焦らずにゆっくり行いましょう。
 

ちなみに、この方法はジムにある「レッグカールマシン」を使うほうがより効果を得られます。

ですので、太ももの裏側が気になる人はジムに通うのも良いと思います。
 

また、太もものセルライトがどうしても取れない人は「エステサロン」に行くことで、効率的に補足することが可能です。

ですので、自力で頑張ってもセルライトが取れない人はプロに頼むのも一つの選択肢だと思います。

⇒目次に戻る

人気のオススメ太もも痩せグッズ

人気のオススメ太もも痩せグッズ

太ももをダイエットさせるには「運動」が効果的ですが、太もも痩せグッツを使用する事で、効率的に楽に太ももを痩せさせる事ができます。

最近のダイエット道具は手軽に扱える物が多く、太ももが痩せる道具もたくさんあるので、ここでは「特に太もも痩せに効果があって人気のあるダイエット商品」を紹介したいと思います。
 

コロコロローラー

太もも痩せコロコロローラー

コロコロローラーはかなりメジャーなダイエットグッズですので、ほとんどの人が知っているのではないでしょうか?

このコロコロローラーを使って、太ももをコロコロすると太ももを細くさせる事ができます。
 

コロコロローラーにはリンパの流れを良くさせる効果もあり、むくみ解消効果や太ももに溜まったセルライト除去にも効果があるとされています。

コロコロローラーもピンきりで、安い物は100円ショップにも売られており、手軽に購入できる点も好評なようです。
 

コロコロローラーは「セルライトローラー」としても売られており、特に効果は同じといわれていますので、自分の好きな人を購入すると良いと思います。

コロコロローラーをお風呂上りなどに使用する事で「リンパの流れ」が良くなり効果も上がるので、テレビを見ながら行っている人も多いようです。
 

中でも、芸能人がよく利用していると言われている「ReFa(リファ)」というコロコロローラーには、美脚効果やダイエット効果もあり、効果も抜群のようです。

ReFa(リファ)は100円で売られているコロコロローラーとは違いソーラー電池が付いています。
 

ですので、体を温めてくれる弱い電流が流れてるとともに、肌の表面も整えてくれる効果も期待できます。

電源も必要とせずお風呂場でも使えるので、お風呂に入りながらも使用できるようです。
 

ReFa(リファ)を使用する事で「リフトアップ、セルライド除去、肩こり解消」などの、通常のコロコロローラーよりも多く効果が得られる点もメリットです。

値段も2万円位するので若干高いですが、通常のローラーよりも効果はあるので、本気で美容効果やダイエット効果を期待したい人にはおすすめです。

⇒目次に戻る

emsマシン

太もも痩せEMSマシン

テレビCMでもよく目にするようになって話題のemsマシンですが、太股痩せ効果もありおすすめです。

emsマシンの仕組みは「鍛えたい場所に電気刺激を与え筋肉を収縮させる働き」があり、運動に関係なく筋肉を働かせる事ができます。
 

医療現場でも使われており、体が動かせない人に使用する事で筋肉を鍛える事ができるようです。

BONIC(ボニック) のEMSマシンは、太股以外にも「二の腕」や「お腹周り」もスッキリさせる事ができる美容機器として人気を集めています。
 

EMSマシンの良いところは、「超音波」と「EMS(低周波)」によるダブルの効果を期待する事ができ、他のEMS機器よりも効果が高いと話題です。

超音波による1秒間に100万回もの超音波振動で脂肪を刺激し、EMSによって筋肉を直接刺激するので、運動をしているのと同じ効果を得られるそうです。
 

運動嫌いな人に特に向いており、自分の気になる太股や二の腕などをスッキリさせる事ができます。

BONIC(ボニック) のEMSマシンは「防水性」で「充電式」なので、どこでも使用できる点がすばらしいと口コミで人気が高いです。
 

使い方も「使用する場所にジェルを塗ってemsマシンを使用するだけ」なので、お風呂に入っている時に使用すると効率的でしょう。

実際に口コミで「効果があった」という声が多いので、運動が苦手な人におすすめだと思います。

⇒目次に戻る

太もも痩せクリーム、ジェル

太もも痩せクリームとジェル

クリームやジェルを塗るだけで、気になる部分が引き締まったり、細くさせてくれるという物は数多くあります。

クリームやジェルの中には「デトックス効果」があるものや、「むくみなどを解消してくれる効果」がある成分が含まれているなど、自分の症状にあったクリームやジェルを選ぶ事で効果を得られます。
 

マッサージクリームやジェルを使用する際には、必然的にマッサージも一緒に行割れるので、リンパの流れも自然と良くなります。

そのため、クリームやジェルの成分効果以外にも同時にマッサージ効果も得られます。
 

マッサージクリームの中でも「ビーグレンのスリミングジェル」は、口コミでも評判の良く、人気のジェルクリームです。

人気の理由には「独自の浸透テクノロジー」に秘密があります。
 

ビーグレンのスリミングジェルに含まれる「有効成分」が、脂肪細胞まで到達して細身の体を作ってくれる効果が期待できるのです。

事実、ビーグレンのスリミングジェルを塗る事で「どんなに運動を頑張っても細くならなかった太股や二の腕」が細くなったという人も多いです。
 

ですからビーグレンのスリミングジェルは、太ももが痩せない人や脂肪太りで悩んでいる人におすすめです。

太股が太くなる原因には脂肪以外にもむくみなどもあるので、自分にあったクリームやシェルを使用して細い太ももを手に入れましょう。

⇒目次に戻る

ダイエットサプリメント

太もも痩せに効くダイエットサプリ

「太ももが痩せるサプリ」や「脂肪燃焼サプリなどのダイエットサプリ」と呼ばれる物は数多くあります。

サプリメントを使用してダイエットするメリットは、飲むことでダイエットできるので、ハードな運動や食事制限をしなくても楽に痩せられる点だと思います。
 

毎日運動をするとなると忙しい時には負担になってしまう事もあり、結局長続きせずにダイエットを失敗してしまう人も多いです。

しかし、サプリメントは飲むだけで行えるので長続きしやすいといえるでしょう。
 

最近では「むくみ取りサプリ」という物もあり、脂肪太りだけではなく「むくみが原因で太っている人」にも効果があるサプリメントもあります。
 

むくみを解消してくれるサプリメントは、主に塩分を排出してくれる効果がある「カリウム」を豊富に含んでいるサプリメントが多いです。

体に塩分が溜まると足などがむくんでしまうので、体の中の塩分を尿として出してくれる効果が期待できます。
 

脂肪燃焼サプリには、脂肪を燃焼しやすくさせる「Lカルニチン」や「カプサイシン」、「αリポサン」などが含まれているサプリが多いです。

脂肪で太股が太くなっている人はこちらのサプリメントがおすすめといえるでしょう。
 

「自分がなぜ太股が太くなっているのか?」をよく知ってからサプリ選びを行うと、より効果も期待できると思います。

⇒目次に戻る

意外と重要!?太もも痩せには食生活も注意!

太もも痩せには食事が重要

太もも痩せには、実は「食生活」も重要な関係があります。

運動や筋トレに比べると劇的に太ももが細くなるという事はありませんが、食事によって太ももを細くさせる事も可能です。
 

太ももが太くなる原因には「脂肪」「筋肉」「むくみ」が主な原因とされており、この中で「脂肪とむくみの主な原因」は「食事」にあります。

ですので、太もも痩せしたいのであれば、食生活を変えることも非常に大事といえます。
 

「これを食べたら太ももが太くなる」という食べ物はありませんが、摂取カロリーよりも「消費カロリーのほうが少ない人」は太る可能性があります。

「食べたら動く」を行わないと、ドンドン体に脂肪などが蓄積されていき、太もも以外の場所にも脂肪が溜まっていってしまいます。
 

普段から運動不足の人は、「食生活の見直し」や「少しでも体を動かしてカロリーを消費」させると良いでしょう。

そして、太ももが痩せる食事を心がけるなら、なるべく脂っこい物を食べないようにし、たんぱく質を多く摂ることが重要だと思います。
 

揚げ物などは「脂肪の原因」になるので、太ももが太くなる大きな要因となります。

なので、なるべく控えるようにしましょう。
 

また、甘い物や塩分などを多く摂取すると「むくみの原因」になるので、「ファーストフード」や「でき合い品」なども控えたほうが良いです。

他にも炭水化物である「ご飯」や「うどん」なども、ダイエット中には控えたほうが良いと思います。
 

ちなみに、全然摂ってはいけないという訳ではありません。

ただ、炭水化物はブドウ糖になってエネルギーに利用されますが、ブドウ糖は脂肪になって体内に蓄積されます。
 

運動をした時には食べてもいいですが、あまり体を動かさない時には控えるほうが良いでしょう。

反対に、たんぱく質をしっかり摂る事で基礎代謝力が上がるので、お肉やお魚はしっかり食べる事をおすすめします。
 

大豆や鳥のササミなどは「たんぱく質」が豊富に含まれており、個人的には「サラダチキン」などもおすすめです。

他にも血行を良くさせる効果のある「ニンジン」や「ごぼう、カボチャ、キムチ」なども良いとされています。
 

血行を良くさせる事で「太ももに溜まったセルライト」を予防させる効果もあります。

ですので、太もも痩せにはダイエット以外にも「太ももが太りにくい体質を作っていくこと」も大切といえるでしょう。

⇒目次に戻る

出産後の太もも痩せでオススメなのは骨盤矯正

出産後の太もも痩せには骨盤矯正がオススメ

出産後にはスリムだった女性も、しだいに下半身が太くなってしまう人は多く、どうしても出産後は太ももやお尻が太くなってしまいます。

出産後に下半身が太る理由には、「出産後に緩んでしまった骨盤が原因」だと言われており、出産によって緩んでしまった骨盤が元に戻らずにいるせいです。
 

妊娠中は特に激しい運動もできないので、食べてもカロリーを消費できずにいますから、どうしても太ってしまいます。

動くことができなければ筋肉も落ちてしまうので、筋肉と脂肪が合体し、太ももがどうしても太くなってしまうのです。
 

出産後の太もも痩せを行うには、「骨盤矯正」を行う方法が効果的だとされています。

ちなみに、整体などにいって骨盤矯正を行う方法もいいですが、自分でも骨盤矯正を行うことも可能です。
 

ですので、出産後に太ももが太くなったと思う人は自宅で骨盤矯正を行ってみると良いと思います。

自分で骨盤矯正を行う場合には、「骨盤体操」がおすすめです。
 

骨盤体操の具体的な方法は、仰向けに寝た状態でヒザを90度に曲げたまま寝ます。

その後、体は仰向けに寝た状態で「両足を左右に倒す動き」を1分~3分間続けることで、簡単に骨盤矯正を行えます。
 

他にもお尻歩きで骨盤矯正する方法もあり、地面に座った状態で胸の前で腕を浮かせたまま交差させます。

そのままお尻で前に進むように「前に10歩、後ろに10歩」を目安に歩くようにします。
 

イメージとしては骨盤を前後に動かすような感じで、背筋を伸ばして行うと良いでしょう。

ただし、これらの運動は「ママの1ヶ月健診が終わってから」に行うことをおすすめします。
 

産後1ヶ月間は体を回復する期間でもあるので、体が落ちついてから骨盤矯正などのダイエットを始めたほうが母体にも良いでしょう。

⇒目次に戻る

男性が太もも痩せするには?女性とは違うの?

男性が太ももを補足するには?

「太ももの太さ」が気になるのは、以外にも女性だけではありません。

最近では男性でも気になる人は多いようです。
 

特に年頃の男子は、「太い太ももを女子に見られて恥ずかしい」と思っている子も意外といるようです。

まず、男性と女性とでは「太ももが太くなる原因」は違います。
 

ですから、男性は「男性向けの太ももを細くさせるダイエット」を行うのが大切です。

男性が太ももが太くなる原因には、女性と違って「筋肉が原因」で太ももが太くなっているケースが多いです。
 

筋トレをよくやっている人や、ジムに通って無酸素運動ばかりやっていると、太ももが太くなってしまいます。

筋トレ自体は悪くないですが、太ももを細くしたい男性であれば、無酸素運動の後に有酸素運動を行って筋肉をマッサージするようにしましょう。
 

筋肉が硬いままでは太ももも太いままなので、寝る前にはきちんとマッサージをするようにしましょう。

また、若い時に部活で鍛えていた体が、就職をして筋肉を使わなくなった場合も「太ももが太くなる原因」になります。
 

太ももが太くなる原因として、「筋肉と脂肪が合体して太くなる」と言われているので、若い時に体を鍛えていた男性は要注意です。

脂肪が原因で太ももが太くなってしまった場合には、適度な「スクワット」が効果的だとされています。
 

1日に何十回もやってしまうと逆に太くなってしまいますが、「1日30回・2セット」を目安にスクワットをやってみるとよいでしょう。

食事に関しても、男性は脂っこい物やお肉を好んで食べてしまいがちです。
 

ですが、太ももダイエット中はなるべく脂っこいものや脂肪になる物は避けたほうが良いでしょう。

また、塩分の摂り過ぎによって足がむくんだりもするので、男性、女性問わず太ももを細くさせたい人は、塩分はなるべく摂らないように心がけると良いと思います。
 

他にも「骨盤の歪み」が太ももが太くなってしまう原因になっている場合も多いです。

そのため、「普段から姿勢が悪い格好の人」や「手に顎を乗せる癖がある人」は体が歪んでいる可能性があるので注意です。
 

このように「男性の太ももの痩せ方」は、女性の痩せ方とは若干異なるので注意しましょう。

⇒目次に戻る

小学生・中学生・高校生が太もも痩せしたい場合は?

小・中・高校生が太ももを補足する方法

小学生や中学生や高校生でも「太ももを痩せたい」と思う人もたくさんいると思います。

年頃の思春期になると、プールで水着を着たりミニスカートを履いたりする時に「太ももの太さ」がやはり気になるので、ダイエットに興味を持つ場合は多いです。
 

基本的には成長期である学生の頃は、無理なダイエットはしないほうが良いと思います。

「過度な食事制限」や「過度な運動」は成長の妨げになる恐れがあるので、どうしても太ももダイエットをしたいなら「ダンス部」などの運動部に入り、健康的に運動するのがお勧めです。
 

小学生の場合であれば、縄跳びやマラソンなどをする事で太ももを細くさせるので、遊びの延長でダイエットをするのが良いと思います。

中高生ですと、通学中に歩く機会も多いと思いますし、自転車通学の人は「自転車が太ももダイエットにも良い」ですから、通学しながら太ももを細くすることも可能です。
 

電車通学の学生さんであれば、階段を上る際に「足を上げるように階段を上る」というのをいしきすれば、太ももを細くさせる効果が望めます。

大人よりも子供のほうが、太ももを細くさせるのに向いている環境にいると言えます。
 

他にも、お金はかかってしまいますが「着圧スパッツ」や「太もも痩せレギンス」なども売られているので、余裕があれば使用してみるのもおすすめです。

学生のうちは代謝も良、く体を動かす機会も多いので、できれば無理にダイエットをしないほうが健康のためです。
 

通学や体育の授業、部活などをしっかりやる事で太ももを細くさせる事はできるので、サプリメントや太もも痩せグッズなどに頼らず、体を動かし太ももを細くさせるやり方が良いでしょう。

⇒目次に戻る

ジムで太もも痩せ!どんな機械・器具を使えばいい?

ジムで太股を細くする方法

太ももを痩せさせるためには運動が一番ですが、なかなかやる気が起きないという人は「ジム」に通ってみるのも良いと思います。

太ももを細くさせるには、筋トレなどの無酸素運動ではなく「有酸素運動」を行うと良いとされており、太ももを細くさせるマシーンや器具を使うのがお勧めです。
 

具体的に使うマシンは初心者の人でも利用しやすい「エアロバイク」がベストです。

エアロバイクは自転車をこぐような感覚で使用することができるので、ジム初心者の人でも問題なく使用できると思います。
 

エアロバイクを使用する際にはペダルの重さを重たくせずに、「軽い状態」で回すことが重要です。

スピードは「1分間に70回転~90回転」を目安に使用するとよく、サドルの高さは「ペダルが一番下になった時に、足が伸びきる一歩手前」が丁度良いと高さと言われています。
 

サドルを低くしすぎてしまうと、逆に太ももを太くさせてしまうので、サドルの高さ調整は重要だと思います。

エアロバイク以外にも「レッグエクステンション」という機械を使用することでも、太ももを細くさせる事ができます。
 

レッグエクステンションという名前を知らなくても、「椅子に座って両足で持ち上げる機械」と言えば、大体想像は付くと思います。

レッグエクステンションは「両太もも全体に筋肉を増やすため」に効果的なマシーンで、太もも痩せには効果的だと言われています。
 

そして、ジムで鍛えた後にはきちんとマッサージを行うことで筋肉が硬くならないので、ジム後にお風呂に入っている時にはきちんとマッサージを行うことも大事です。

⇒目次に戻る

痩身エステサロンで太もも痩せする方法

痩身エステで太もも痩せ

自分で太ももを細くさせる自信が無い人は、痩身エステサロンに通ってみるのもおすすめです。

痩身エステサロンでは、ダイエットに精通しているプロ達が「普段痩せにくい部位」をマッサージや器具などを使ってダイエットさせてくれます。
 

二の腕や太もも、お腹周りなど痩せにくい場所を重点的にケアしてくれるので、自分でダイエットできない人の駆け込み寺のような場所です。

ただし、痩身エステサロンで行われるのは「血行を良くして痩せやすくする」ということがメインです。
 

つまり、「痩身エステサロンに通えば必ずしも痩せられる」という訳ではありません。

自宅で暴飲暴食をしたり、ダイエット意識を持っていない状態では、仮に痩身エステサロンに通っても効果はないので、注意が必要です。
 

痩身エステサロンの口コミやホームページを見ると、短期間で太ももが細くなっている写真などを良く見ます。

ですので、簡単な太ももの痩せ方を望むなら痩身エステサロンがおすすめです。
 

ただし、痩身エステサロンを利用するとなると「料金」が結構かかるので注意が必要です。

コースによって「施術」も「金額」も違うので、申込みをする痩身エステサロンに行く前に「値段」をちゃんと確認してから行くと良いでしょう。
 

ちなみに、痩身エステサロンの費用相場は「大体1回に約2~3万円位」が相場になっています。

1回では効果が薄いので「おおよそ10回」」ほどの回数で通う人が多く、太ももを細くさせるためには約20万~30万円位かかる計算になります。
 

このように、痩身エステサロン二通わずとも「自分で毎日ウォーキングやマッサージ」を行えば、無料で太ももを細くさせる事ができます。

ですが、「忙しくてウォーキングをする暇がない人」や「短期間で太ももを細くさせたい人」は、お金で解決する方法もありだと思います。
 

ちなみに、痩身エステサロンによっては体験コースなどを行っているエステサロンもあります。

格安で痩身エステをお試しできるので、興味がある人はまずは体験コースを利用してみるのも良いでしょう。

⇒目次に戻る

美容外科やクリニックで太股整形する方法も

太股整形で太もも痩せ

年齢が若いうちは体に溜まった脂肪を燃焼させ減らすことも簡単です。

ですが、長年蓄積された脂肪を燃焼させるとなると、結構大変だと思います。
 

「どんなにダイエットを頑張っても太ももが細くならない」という人は、思い切って美容外科や美容クリニックなどで「太股整形」を行うのものも1つの手です。

痩身エステサロンとは違い、こちらの場合にはメスや注射器などを使って手術が行われるので、若干リスクは高いですが「確実な太もも痩せ効果」を得ることができます。
 

美容クリニックで「太ももの脂肪吸引」が行われた後の写真を見ると見違えるほど細くなっており、リスクは伴うものの、簡単な太ももの痩せ方といえるでしょう。

特に運動や食事制限などを行わずに「余分な脂肪や贅肉」などをなくしてしまうので、苦労せず細い太ももを手に入れることができます。
 

ただし、体にメスを入れるとなると「痛み」や「太股整形後に体に異変」を感じる人もおり、「痩せたい人はすぐに美容外科に行きましょう」とは言い難いです。

体が弱い人や持病を持っている人は太股整形手術を断られる可能性もありますし、命に関わるような場合も考えられるので、事前によく先生とお話をする事をおすすめします。
 

値段も病院や美容クリニックによってピンきりですが、安い場合だと「ふともも1箇所8万円」からやってくれる病院もあります。

仮に「太もも全体の脂肪吸引」を行うと「約32万円」ぐらいになります。
 

太股整形は費用はかかりますが、一度脂肪吸引を行うとその場所には脂肪が付きにくくなり、「半永久的に綺麗な太もも」を手に入れる事ができます。

ですので、長い目で考えると太股整形は高い買い物ではないかもしれません。
 

太ももの痩せ方で一番良いのは「運動」などで健康的に痩せることです。

しかし、ダイエットをどんなに頑張っても痩せないという人は太股整形も選択肢の一つではないでしょうか?

⇒目次に戻る

1~2週間で即効で太もも痩せするにはどうすればいい?

短期間で痩せる「太ももの痩せ方」

例えば「1週間後に水着やミニスカートを履く予定がある人」は、できれば短期間で太ももを細くさせたいのではないでしょうか?

ここでは「短期間で太股が痩せる、即効性のある太もも痩せ方法」についてご紹介していきます。
 

まず、短期間で太股を痩せたいのであれば、

・エクササイズやストレッチ
・太ももを細くさせるためにマッサージ
・脚やせ用の着圧スパッツやレギンスを着用

…のすべてをフル活用することが重要となります。
 

もし短期間で即効太ももを細くしたいのであれば、これらの4項目をすべて行う必要があります。

これらの「エクササイズやストレッチ」「マッサージ」「脚やせグッズ」を毎日集中的に行えば、一週間ぐらいでも多少太ももを細くさせることは可能です。
 

ただ、注意点として「リバウンドのない綺麗な太もも」を手に入れるためには、やはり最短でも1ヶ月位はかかると考えておいたほうが良いでしょう。

 

【短期間で太股が痩せるエクササイズ】

短期間で太もも痩せ効果が出る「エクササイズ」としては、「足パカエクササイズ」「乙女エクササイズ」などが効果的です。

「足パカエクササイズ」はその名の通り、仰向けで寝た状態で両足を上げて左右に開く事を繰り返します。
 

イメージとしては「両足を上に上げて、Vの字を作るような感じ」で、足を開けたり閉めたりを「約30回」ほど繰り返し行います。

また、「片足を上に上げたり、下げたりする」というのも太もも痩せには効果的で、上下左右に向けて足を開いてあげると効果があります。
 

「乙女エクササイズ」はまるで乙女のような姿勢で足をバタバタさせます。

うつ伏せに寝て「両腕で顎を支えている状態」になり、後ろ足をお尻に向けて「左右交互に足をバタバタ動かすこと」で、足や太ももを細くさせる事ができます。
 

「1日に30回~100回」を目安に、「足パカエクササイズ」と併せて行うことで2週間くらいで太もも痩せの効果が現れるようです。

 

【短期間で太股が痩せるマッサージ】

エクササイズと併せて「マッサージ」も太ももを細くさせるためには効果があります。

お風呂に入りながら「痩せたい部分を下から上に向かってマッサージ」すると効果的です。
 

足を細くさせるための秘訣としては、「血流の流れを良くさせること」が重要なので、入浴中や入浴後に行うことで、通常よりも効果を得る事ができます。

こちらに関しても、早い人は「1週間ぐらい」で効果が出始める人も多く、ちゃんと続けていれば遅くても2週間~1か月ぐらいで、太もも痩せ効果が得られるでしょう。

 

【短期間で痩せたいなら着圧スパッツは必須】

短期間で痩せたいなら着圧スパッツ

短い期間ですぐ太もも痩せする方法として、エクササイズやマッサージと並行して「着圧スパッツ」や「脚やせレギンス」を履くことは非常に大切です。

「着圧スパッツ」や「脚やせレギンス」は、履いているだけで太股を加圧してくれるので、特に何もしなくても太もも痩せ効果が得られます。
 

「急ぎで太股を痩せたい」とスピード重視なのであれば、「着圧スパッツ」や「脚やせレギンス」を取り入れ、ムダな時間は無くしたいところです。

エクササイズやマッサージも行い、着圧スパッツなどの効果も得られれば、より早く短期間で太もも周りを細くさせる事ができます。
 

「着圧スパッツ」や「脚やせレギンス」はそこまで高い値段はしませんので、即効で太股を痩せたいのであれば、ぜひとも使ってみるのがお勧めです。

このように、即効性の脚痩せ方法として「エクササイズ」「マッサージ」「着圧スパッツやレギンス」を上手く取り入れ、徹底的に行うことが重要といえます。

⇒目次に戻る

簡単!基本的な「太もも痩せエクササイズ&ストレッチ」

太もも痩せエクササイズ・ストレッチ

激しい運動も良いですが「ストレッチ」や「エクササイズ」などをしっかり行う事でも、太ももを細くさせる事ができるので、激しい運動が苦手な人におすすめです。
 

太股ストレッチは色々ありますが、体が硬い人には最初から難しいことはできないと思うので、体が硬い人は基本的なものから始めてみると良いでしょう。

ここでは、「エクササイズやストレッチによる、簡単な太ももの痩せ方」を紹介したいと思います。
 

ひねりストレッチ

ひねりストレッチは「体をひねるだけ」でダイエット効果があるとされており、暇がある時に体をひねることで自然とダイエットできてしまいます。

ひねりによる太ももを細くさせるストレッチ方法は色々ありますが、個人的には「左足を前に出すひねりストレッチ」がおすすめです。
 

やり方は、立ちながら「左足を前」に出し、ヒザを曲げながら右足を後ろに伸ばしていき、腰を落とします。

イメージとしては「準備体操でアキレス腱を伸ばす状態」を想像してもらうと良いと思います。
 

左足を前に出して、右足を伸ばしている状態で腰を落としているので、右太ももがピリピリ痛くなるはずです。

その状態で息を吐きながら「上半身を左斜め」にひねるようにします。
 

今度は反対側の足で、逆の事を繰り返し行います。

最初はお尻と太もも付近がピリピリ痛いですが、慣れてくればテレビを見ながらでも行えます。
 

ですので、「片方5秒」を目安「30回ほど」行うと良いと思います。

ひねりストレッチで重要な点として、「しっかり足を伸ばして、太もも付近の筋肉を鍛えている」というイメージを持ちながら行うことが大事です。
 

また、上半身は背筋を真っ直ぐに保ち、ひねった時に体の一部がピリピリ痛いくらいにひねる事も重要です。

しっかり呼吸を吐きながら「ゆっくり行うこと」で、たるんだ筋肉を鍛えれますので、簡単なストレッチですが太ももを細くさせることも十分可能ですよ。

⇒目次に戻る

 

「足パカ」エクササイズ

「手軽にできて効果がある」と評判の「足パカエクササイズ」は、誰でもできるのでおすすめです。

足パカ運動は「足」だけではなく、「お腹」や「おしり」もダイエットすることができるので、「下半身全般をスッキリさせたい人」に向いているエクササイズです。
 

足パカ運動は寝ながら行う運動で、仰向けに寝て「足をVの字」に開脚して行います。

足パカエクササイズは、腰が悪い人にはあまり向いていませんが、大人から子供までできるエクササイズなので、お風呂に入った後や寝る前に行うとよいでしょう。
 

足パカ運動は「1セット10回」を「3~5セット」を目安に行い、足をパカパカ開脚することで「太ももからおしりの筋肉」を鍛える事ができます。

また、足パカ運動は「横バージョン」と「縦バージョン」があります。
 

「寝たまま片足を交互に上げたり下げたりする縦バージョン」と「横に向いて片足を交互に上げる横バージョン」も併せて行うと、より下半身痩せの効果を得ることができます。

足パカ運動は寝ながら行えるので「寝る前」でもできますし、ハードな運動が苦手な人でも楽にできるので、太ももや性したいなら非常におすすめです。
 

最初は開脚だけですが、慣れて来たら両足をクロスさせたり、上で両足のヒザを曲げるといった応用もダイエット効果が高いです。

さらに進化バージョンとしては、両足を上にあげて「自転車をこいでいるような動き」もあります。
 

ちなみに、この足パカエクササイズは、大体2週間もやり続ければ慣れてきます。

ですので、足パカエクササイズにだいぶ慣れ「物足りなさ」を感じてきたら、違うエクササイズに変更してみると良いでしょう。

⇒目次に戻る

 

電話帳・テニスボールはさみ運動

パソコンや本を読みながら行える太もも痩せ方法として、「電話帳」や「テニスボール」を太ももに挟むだけでできる簡単エクササイズがあります。

このエクササイズでは、電話帳やテニスボールを太ももに挟むことにより「内転筋」を鍛えることができ、それによって太もも痩せ効果が得られます。
 

やり方は単純で、ふとももに物を挟んで落とさないように、その姿勢をキープさせます。

電話帳などがない場合は「本」を挟むことでも代用できますし、ペットボトルやクッションでもOKです。
 

要点としては、太ももに何かを挟んで「内ももに力を入れて落とさないようにキープさせること」が重要となります。

ちなみに筆者は、太ももを細くさせたい時には「バランスボール」を挟んで内転筋を鍛えていた時があります。
 

最初は簡単でも、しばらく挟んでいると太ももが痛くなってくるので、地味に辛いです。

シンプルならがら簡単な太ももの痩せ方といえるので、デスクワークや座っている事が多い人にお勧めです。
 

「軽い物」よりも「重たい物」のほうが、やはり効果があるようで、ペットボトルを挟む際には中身が入っているほうが、より太もも痩せ効果を得る事ができるでしょう。

電話帳に関しても、地域によっては薄くて軽い場所もあると思うので、電話帳は厚さ5cmくらいのものを使うのが目安です。
 

この「電話帳・テニスボールはさみ運動」は、座っているだけで太ももを細くさせる事ができるので、ダイエットが苦手な人に特におすすめだと思います。

⇒目次に戻る

 

太もも痩せスクワット

スクワットをやると、「反対に太ももが太くなってしまうのでは?」と思われがちです。

しかし、「短時間に重い物を持って行うスクワット」が「太ももが太くなるスクワット方法」であり、1日に数十回程度では太もも太くならないので問題はありません。
 

スクワットは体操をする前やトレーニングをする際にも準備運動として行っている人もいます。

スクワットをやることで体全体の筋肉が引き締まって、脂肪が燃焼しやすい体を作ってくれます。
 

スクワットには「太もも全体~ふくらはぎの部分」までを痩せさせる効果があり、特に下半身全体のダイエットに実は向いています。

多くの人がイメージしているスクワットは、「短期間にヒザを曲げて起き上がるスクワット」だと思います。
 

ですが、このスクワット方法ではヒザを痛めてしまう場合もあり、そもそも太ももは細くなりません。

具体的な「太ももを補足するためのスクワットの方法」としては、足を「お尻が入るぐらいの幅」に開き、「椅子に座るような感覚」で腰を落としていきます。
 

ヒザの曲げる角度は「90度」を目安に曲げていき、息を吐きながら元の位置に戻していきます。

ササッとスピーディーにスクワットするのではなく、「1回1回をゆっくり行うこと」が非常に重要です。
 

ちなみに、最初のうちは「太ももを曲げること」が難しいと思います。

なので、ある程度まで曲げたら上体を起こすようにし、慣れてきたら「床と平行」になるまで曲げるようにするのがおすすめです。
 

太もも痩せスクワットは「1日に10回」を「3セットほど」といった目安で行いましょう。
 

もしヒザに痛みを感じるようなら、すぐにやめておいた方が賢明です。

スクワットはヒザや腰にも負担をかけるので、ヒザや腰が弱い人は、スクワットを行う際にはサポーターなどを着用して行うとよいでしょう。
 

このように、本気で太もも痩せスクワットに取り組めば、ウォーキングや食事制限などを行うよりも効果的に太もも痩せが可能です。

なので、激しい運動が苦手な人は、まずは手軽に行える太もも痩せスクワットから始めてみてはいかがでしょうか?

⇒目次に戻る

太もも痩せに効く「ウォーキング法」は?

太もも痩せに効果的なウォーキング方法

簡単な太ももの痩せ方を望むなら、「ウォーキング」による太もも痩せもおすすめです。

シンプルでお金をかけずに行える太もも痩せ方法なので、通勤時などにも手軽に行えます。
 

特に電車通勤の人は「階段の上り下り」も行うので、ただ歩くよりも効果を得ることができると思います。

太もも痩せしたいなら、できるだけ会社のオフィスではなるべく歩くようにしたり、朝の出勤時にはエレベーターを使わずに階段などを使うのがお勧めです。
 

ただし、「ただ歩けば太もも痩せする」という訳ではなく、きちんとしたフォームで長時間歩家内と効果は最大限に得られません。

ここでは「太もも痩せに効くウォーキング方法」をご紹介していきましょう。
 

まず、ウォーキングで歩く際には「背筋をしっかり伸ばして歩くこと」が重要です。

イメージとしては、「背中に棒が入っているような感じ」「線の上を歩くような感じ」で真っ直ぐ歩くと効果的です。
 

また、歩く際には「両手をしっかり振って歩くこと」も重要です。

腕を大きく振って歩くことで「体全体の血行」が良くなって脂肪が燃焼しやすくなります。
 

そのほか、歩いているときにしっかり足を上げるように心がけ、「ふくらはぎ」と「太ももの筋肉」が使われているのを意識しましょう。

そして、地面から爪先を離すように歩くことが大切です。
 

ちなみに、ウォーキングで歩く速度は「遅いよりも小走りのほうが効果は得やすい」です。

ですので、慣れてきたら歩く速度を上げていくと、より太もも痩せ効果が得られるでしょう。
 

ウォーキングする時間に関してですが、「できれば20分以上」が好ましいです。

理由としては、有酸素運動は「20分以上続けることで脂肪燃焼効果が得られる」されており、最低でも20分以上は歩かないと効果は薄いからです。
 

ただ、理想は20分以上歩くことが大事ですが、短い時間でも歩かないよりは歩くほうが効果があるので、なるべく歩くように癖をつけましょう。

最近ではスマホアプリに万歩計機能や「どの位歩いたのか?」がわかる機能なども付いているので、ウォーキングも楽しみながら行えます。
 

楽に効率的に太もも痩せするには、ウォーキングが一番ですので、上記で紹介した「太もも痩せに効くウォーキング法」をぜひ試してみてください。

⇒目次に戻る

太ももが痩せる「階段の上り下り」のやり方

太もも痩せに効果的な階段昇降

太ももを痩せさせるには「階段昇降」も非常におすすめです。

普通にウォーキングする方法も太ももには良いですが、特に太股を痩せたい人は階段昇降も行うのが良いでしょう。
 

その理由には、普通にウォーキングするよりも「太ももの筋肉に負担をかけれる」ので、太もも付近の贅肉をピンポイントで減らすことができるからです。

また、膝上の垂れたお肉も改善させる事ができるので、スカートや水着を着る機会が多い人は、階段を普段から使用すると良いと思います。
 

下半身のダイエットに階段の上り下りは効果的ですが、ハードにやり過ぎると「太ももが太くなってしまうのでは?」と不安に思ってしまう人もいると思います。

太ももが太くなる人は「ハードな筋トレ」などを行った場合には太くなりますが、階段の上り下りをやったぐらいでは太くならず、むしろ締まった細い足にすることができます。
 

競輪選手などは太ももが太いですが、あれは短期的にハードな負担を足にかけているので太くなっており、普通に階段を上り下りをしているくらいでは、太ももが太くはならないので心配はいりません。

ただし、「間違ったフォーム」で階段の上り下りを行っていると太もも痩せの効果も薄く、足を太くさせてしまう原因にもなります。
 

ですから、正しいフォームで階段の上り下りを行うことが重要で、それにより効率的に太ももを補足することができますよ。

まず、階段を上る際には「背筋を伸ばして猫背にならないよう」に注意します。
 

ひざを高く上げて、「股関節から太ももごと上げるようなイメージ」で、階段を上がるようにしましょう。

ゆっくりでもいいので、「足回りを鍛えている」という認識を持って階段を上がるとダイエット効果が増しますよ。
 

「ただ階段を上り下りをすれば良い」と思わない事が非常に大切です。

階段を下りる際にも、背筋を伸ばしながら「つま先から前足を下ろす」ように行い、ゆっくりと階段を下りていきます。
 

階段昇降ダイエットというと、激しく何度も階段を上ったり下りたりするイメージが強いです。

しかし、間違ったフォームで何度行ってもあまり効果はありません。
 

階段昇降をする際は、背筋を伸ばしてしっかり足を上げることを心がけましょう。

また、階段昇降はやり過ぎるとヒザが痛くなってしまう場合もあります。
 

そうなってしまうと太もも痩せどころではありませんから、無理せず行うことも大切です。

また、ヒザにサポーターをして階段昇降すれば、ヒザに負担をかけずに太ももダイエット効果を得られるでしょう。

⇒目次に戻る

太もも痩せに効果的な「ヨガのポーズ」

太もも痩せにはヨガのポーズも効果的

太ももを痩せさせるには「しっかりした運動」や「エクササイズ」も良いですが、「ヨガ」を行うことでも太ももを細くすることは可能です。

ヨガは、そこまで激しい運動を行わないですから、運動が苦手な人には特に向いている太もも痩せの方法だと思います。
 

ここでは、「太もも痩せに効果的なヨガのポーズ」を2つご紹介していきましょう。

 

■下を向いた犬のポーズ

下を向いた犬のポーズ

まず1つ目の「太もも痩せにいいヨガのポーズ」は、初心者にも向いている「下を向いた犬のポーズ」です。

下を向いた犬のポーズのやり方ですが、最初にマットの上で四つんばいになって、だんだんと上体を起こしていきます。
 

手は「頭の先」にまっすぐに出して、足も腰幅に開いて後ろに出します。

イメージとしては「四つんばいの状態でヒザを付かない感じ」です。
 

お尻は天井に突き出す感じまでしっかりと足を伸ばし、「手のひら」と「足の裏」はしっかりと床を押すように行います。

この姿勢のまま「深く吸って、ゆっくり吐く」という呼吸を5回行い、姿勢をキープします。
 

この姿勢をしている時に、だんだんと太もも付近がピリピリとしてくるのが分かると思います。

下を向いた犬のポーズは、太もも以外にも「ヒップアップ」や「ぽっこりお腹の解消」にも効果があるので、毎日行うと良いでしょう。

 

■立木のポーズ

立ち木のポーズ

続いて2つ目の「太もも痩せにいいヨガのポーズ」は、場所を問わずに行える「立ち木のポーズ」です。

「立ち木のポーズ」は「下を向いた犬のポーズ」よりも手間がかかりませんので、より簡単な太股の痩せ方を望む人にオススメです。
 

立ち木のポーズのやり方ですが、まずは「深呼吸」をしながら背筋を伸ばして立ちます。

次に足を肩幅に開き、片脚を曲げて、足裏を「もう片方の太ももの付け根」につけます。
 

イメージとしては、「片足立ちをして、支えている足の付け根に、上げている足の裏を付ける感じ」です。

腕は、しっかり合掌したまま「頭の上」まで伸ばし、このまま「深く吸って吐く」という呼吸法を5回繰り返し行います。
 

ちなみに、立ち木のポーズは初めのうちは、片足が太ももの付け根まで上がらないと思います。

なので、自分の上がるところまで上げるように頑張りましょう。
 

立ち木のポーズは、太もも痩せ以外にも「足のむくみ解消」にも効果があると言われており、場所を問わずにどこでもできる点が魅力です。

 

このように、ヨガにはストレッチ効果もあり、さらに心を落ち着かせる効果も期待できます。

太ももを細くさせる以外にも一石二鳥といえるので、ぜひオススメです。

⇒目次に戻る

太もも痩せに効果的なのマッサージ!

太もも痩せに効果的なマッサージ

太ももを細くさせるには「運動」が効果的ですが、できれば「太もも痩せに効果的なマッサージ」も並行して行うことで、より効率的に太もも痩せが行えます。
 

確かに運動や筋トレも太もも痩せには良いですが、マッサージをしっかり行うことで、実は「運動と同じだけのダイエット効果」を得ることも可能なのです。

ここでは、太もも痩せに効果的なマッサージ方法をまとめてみました。

 

セルライト除去リンパマッサージ

美脚を求めている人の天敵でもある「セルライト」ですが、一度付いてしまうとなかなか除去するのは難しいとされています。

セルライト除去リンパマッサージは「やり方が重要」で、手順どおりに行うことでマッサージの効果を得ることができます。
 

太もも周りのセルライトを除去するには、直接太ももをマッサージする前に「足の裏」からマッサージを行っていくことが重要です。

足の裏は「第二の心臓」とも言われており、足の裏をきちんとマッサージを行うことで血流の流れを良くしてくれます。
 

足の裏を両指を使って上から下までをゆっくりマッサージすることで、リンパの流れが良くなり足の裏にあるセルライトも除去することできます。

 

次に「ふくらはぎ」や「ヒザ」のマッサージを行っていきます。

太ももだけではなく「ふくらはぎ」にもセルライトは溜まっており、「すねの部分」を円を描くようにマッサージするように行います。
 

マッサージするイメージは「ふくらはぎに老廃物を集めるような感じ」でマッサージを行い、あまり強すぎずに行うことが重要です。

マッサージは強くやれば効果があるわけではないので、ゆっくり体の中の老廃物が集まるように何度も何度も行うようにしましょう。

 

すね側のマッサージをある程度行ったら「足首」に戻り、両手を使って「雑巾を絞るような感じ」で膝まで揉みあげていきます。

この作業を「左右5回づつ」行うことでセルライトを除去することができます。

 

「足の裏」⇒「ふくらはぎ」の流れでマッサージをし、その後、メインの太もものセルライトを除去していきましょう。

「心臓から遠い場所」からマッサージを行うことで、血流の流れを良くさせる効果があるので、間違っても太ももからマッサージしないようにしましょう。
 

太もものセルライトの除去の仕方は「ふくらはぎの方法」と同じで、太ももの下から心臓に向かって、上へ雑巾絞りのように行います。

ただ、太ももは「ふくらはぎ」のようにスムーズに行かないと思うので、内側と外側に分けて行うと、効率よくマッサージできますよ。
 

雑巾を絞るようにマッサージを行うことでセルライトを潰すことができますので、少し強めに絞り込むと良いと思います。

「足裏、ふくらはぎ、太もも」とマッサージを行ったことにより「リンパ節の中」に溜まっているので、最後は足首から太ももにかけて足をつかんで擦ります。
 

マッサージのように揉むのではなく、「足首から上へ摩るような感じ」でセルライトが流れるように行うことが重要です。
 

このマッサージはいつやっても良いのですが、お風呂上りに行うとリンパの流れが良くなっているのでお勧めだと思います。

⇒目次に戻る

足のむくみをとるマッサージ方法

足のむくみをとるには「リンパの流れ」を良くしてあげると、上手くむくみが解消されます。

足のむくみとりマッサージのやり方と手順は簡単なので、家に帰ったらテレビを見ながらでも行うことも可能です。
 

足のむくみを取る上で重要なポイントは「足裏をきちんとマッサージすること」です。
 

「太もも」や「ふくらはぎ」がむくんでいると、その部分をマッサージしてしまいがちです。

しかし、足の裏は「血流を送る重要ポイント」になっているので、足の裏を丁寧にマッサージすることから始めましょう。
 

足の裏を「両手の親指」で「上から下まで押すこと」で、体中に血流を送ることができます。

棒や親指などで丁寧にマッサージを行いましょう。

 

次に「足の甲」も丁寧にマッサージを行います。

足の甲には「むくみに効果的なツボ」が多数あるので、「指や棒で押していて痛い部分」は、念入りにマッサージを行うと良いと思います。
 

特に「指の付け根」には「内臓系に良いツボ」も多く、体の循環を良くさせる効果もあるので、ツボを押しながらマッサージを行いましょう。

足の裏と甲が終わったら、次に「ふくらはぎ」と「太もも」をマッサージしていきます。
 

足首からヒザに向けて手で擦っていき、ちょっと強めに擦る感じをイメージすると、より効果的です。

 

太ももに関しても、「下から上に向けてマッサージ」を行うと良いでしょう

普通にマッサージしても良いのですが、お風呂上りだったり、暖めながらリンパマッサージを行うことで、より「ふくらはぎ・太もも痩せ」に効果的です。

⇒目次に戻る

マッサージはお風呂でやるとより効果的!

太もも痩せマッサージはお風呂でやると効果的

お風呂でマッサージを行う事で、より効果的にマッサージの効果を得ることができます。

その理由には、お風呂に入ることで「体の血行」が良くなり、基礎代謝力がアップするからです。
 

これにより、「痩せやすい体」を作ることができます。

冷えが原因で太ももがむくんでいる人は、体を温める事で「むくみ」が解消しやすくなるので、体の芯まで温めてマッサージすると効果が高いです。
 

また、血行だけではなく「浴槽の水の中でバタ足」をすることで、太ももやお尻などの引き締め効果も期待できます。

まさに、お風呂場はダイエットに最適な場所だといえるでしょう。
 

ちなみに、長時間のお風呂が苦手な人は「寝る前に椅子に座って足をバタバタさせるだけ」でも効果はあるので、足に重りを付けてバタ足する方法もおすすめです。

他にも「入浴時に90秒間正座」をするだけで、簡単にダイエットができてしまいます。
 

湯船の中で正座をすると、お尻で脚を加圧させるので、一時的に血流は悪くなりますが「加圧から開放された時」に一気に血流が良くなり、全身の代謝力を上げてくれます。
 

このように、お風呂に入ることでリンパの流れが良くなるので、お風呂に入っている時には「ただ入っている」のではなく、マッサージを心がけるようにしましょう。

お風呂で「太ももの気になる部分」を揉む事で、自然と足を細くすることができますよ。

⇒目次に戻る

太もも痩せに効くツボ押し

太もも痩せに効くツボ

太ももを痩せるためには「運動」や「マッサージ」も効果的だと言われていますが、「太もも痩せに効くツボ押し」をすることでも太ももを細くできます。

太ももが痩せるツボ押しは、「湧泉」「無名穴」「足三里」「風市」「委中」「承扶」の6箇所のツボを押すことがポイントです。

 

【湧泉】

「湧泉」とは、主に「足のむくみ」などで太ももが太くなってしまっている人に効果的なツボです。

湧泉の場所は、足裏の「真ん中よりも上の部分」で「指を曲げたときにできるクボミの辺り」になります。
 

ツボ押しの棒なども良いですが、座っている時に指で丁寧に押してあげると効果があるのでおすすめです。

 

【無名穴】

「無名穴」は、「脂肪太りや水太り、むくみやすい人」に効果的なツボで、無名穴を押すことで血流が良くなり、リラックス効果も得られます。

無名穴の場所は「太ももの真ん中の部分」にあり、両手を使って親指で内太ももをツボ押しすする方法がおすすめです。
 

また、ツボ押しと同時に「心臓に向かってマッサージ」も加えることで、血流が良くなします。

ですので、ある程度ツボ押しをしたらマッサージも同時に行うと良いでしょう。

 

【足三里】

「足三里」は、「立ち仕事が多い人」や「むくみやすい人」に効果的なツボと言われています。

足三里の場所は、「膝の皿のくぼみ」から「指4本分下がった位置」にあり、「すねの外側」に位置しています。
 

場所が固いので、親指・ボールペン・ツボ押し棒で押すと、効果的にツボを押すことができます。

足がむくんでいる時にこのツボを押すと、足がへこんだままになるので、足三里のツボ押しと同時に「太もものマッサージ」を行うことで、むくみが改善できます。

 

【風市】

「風市」は、「むくみや脂肪太り、代謝力を上げたいとき」に効果があるツボです。

風市は「両足で立って、両手を足まで伸ばしたときに、中指に当たる部分」です。
 

風市というツボは、むくみや血行を良くするほかに「足全体の疲れを取るツボ」だとも言われています。

「足がむくみそう!」と感じたら、立ちながらでも風市を押すと良いかと思います。

 

【委中】

「委中」は「むくみを解消させるツボ」と言われており、他のツボと併せて押してあげることで、より効果を得ることができます。
 

委中の場所は「ヒザの裏側」になり、両手の親指でマッサージするようにツボを押すと、血行が良くなってむくみ解消に効果があります。

 

【承扶】

「承扶」は、「お尻と太ももの付け根の間」にあるツボです。

この承扶は、「太ももの脂肪太り」や「むくみ解消」に効果があり、太ももだけではなく「お尻のダイエット」にも効果的なツボになります。
 

片手で反対側の承扶を指で押すのもいいですが、ツボ押しの棒などを使って刺激することでより効果を得られます。

また、片足をあげた状態で承扶を押すと「腹筋」にも力が入るので、太もも以外のダイエットにも効果が期待できます。

 

以上、6箇所の「太もも痩せに効果的なツボ」ご紹介しましたが、ツボ押しは「運動やストレッチ」に比べると効果は若干薄いです。

ですが、血行不良は肥満の原因にもなるので、入浴中やお風呂上りに行うと、より血行が良くなって太ももダイエットの効果も望めるでしょう。

⇒目次に戻る

知っておきたい!太ももが痩せない原因とは?

太ももが痩せない原因

「太ももが痩せない原因」には色々あり、「原因にあった対処法」を行うことで、効果的に太ももを痩せることができます。

「運動・エクササイズ・ストレッチをしても太ももが痩せない」と感じている人は、まずは自分の「太ももが細くならない理由」を探してみるのがお勧めです。
 

ここでは、「太ももが痩せない原因」「その対処法」についてまとめてみました。
 

■脂肪太り(セルライト)
太もものセルライト

産後の女性に特に多い原因として、「脂肪太りが原因」で太ももが太くなってしまうケースがあります。

「脂肪が原因の太もも太り」は「食べすぎ」「運動不足」「消費カロリーよりも摂取カロリーが多い」などが主な原因になっており、運動を小まめに行うことが大事です。
 

脂肪太りの人は、太ももに「セルライト」もできやすいです。

もし腕や足が「デコボコした肌」になっている人は、脂肪がかなり蓄積していると思われます。
 

太ももなどにセルライトは一旦できてしまうと、恐ろしいことにどんどん増殖していきます。

ですので、早めの対処が大事だと言われています。
 

「脂肪が原因で太ももが太くなっているか?」を判別する方法として、「足に力を入れたときに、手で太もものムダ肉を掴める」ようであれば、脂肪や贅肉が原因といえます。

特に太ももの内側には贅肉が溜まりやすく、その「太もものお肉」が結構掴めるようならば、太もも以外の他の部分にも贅肉が溜まっている可能性が高いです。
 

脂肪太りを改善させるには、やはり「脂肪を燃焼させてあげること」が一番の改善方法となります。
 

具体的な改善方法としては、

・ジョギングなどの「有酸素運動」
・スクワットやフロントライジングなどの「筋トレ」
・高たんぱく、低脂肪、低カロリーなどの「食事制限」

…が主に効果があります。
 

脂肪は太ももだけではなく「お腹」や「腕周り」にも付いているので、部分痩せよりも全体的にダイエットするつもりで行うほうが良いでしょう。

⇒目次に戻る

 

■筋肉
太ももが痩せない原因は筋肉

「筋肉で太くなってしまった太もも」を細くする方法は、ちょっと他とは違うかもしれません。

脂肪や水分によって太ももが太くなってしまった人とは違い、スポーツや走ることが多い人は筋肉質になってしまいます。
 

ですので、太ももダイエットをするのに「激しい運動」は逆効果だと言えます。

残念ですが、過去に下半身の筋肉を使っていた人は、そのスポーツを辞めても太ももはなかなか細くはなりません。
 

これは下半身についた筋肉が、今度は脂肪と合体してしまった状態になっており、例え下半身を鍛えなくなっても太ももの筋肉が落ちて細くなることは少ないからです。

ですので「筋肉と脂肪が融合した太もも」を改善させる必要があります。
 

この「脂肪と筋肉が合体した太もも」は、運動で改善させるのではなく、ストレッチやマッサージによって改善させるほうが効果的です。

また、ジョギングが好きな人や走るスポーツをしている人は「走り方」についても気をつけましょう。
 

どんな人間でも走り始めた当時は太ももが太くなり、次第にだんだんと細くなっていく傾向にあります。

しかし「姿勢が悪い格好」でジョギングをしたり、「骨盤がずれている状態」でジョギングをすると、足が太くなってしまいます。
 

背筋を伸ばしフォームを良くしてジョギングをすることで、体全体の脂肪燃焼にも効果があります。

走ることが多い人は「姿勢」と「フォーム」に気を使う事で、太ももが太くなりにくくなるでしょう。
 

このように、「筋肉」も太ももが細くならない原因となります。

⇒目次に戻る

 

■むくみ、冷え
太ももが痩せない原因は「むくみ」や「冷え」

特に女性の人に多く見られる症状で、「足のむくみ」や「冷え」によって、下半身や太ももが太ってしまうケースです。

むくみは「リンパの流れ」が悪くなることにより起こる現象で、特に下半身・太ももは重力によってむくみやすい場所と言われています。
 

手で足を強く握ったり押したりすると、足に「くぼみ」ができたままになる人は、足がむくんでいる証拠です。

その場合、太ももをできるだけマッサージで血流を良くしてあげるようにしましょう。
 

主に「立ち仕事やデスクワークが多い人」や「冷え性な人」がむくみやすいので、腰を暖めてあげるのも大切です。

また、塩分は「むくみの大きな原因」となり、塩分を普段から多く摂取している人もむくみやすいです。
 

調味料を入れすぎる人や、レトルト食品ばかり食べている人は注意が必要です。

ちなみに、下半身や太ももがむくみやすい人は、足を高くして寝るとむくみにくくなります。
 

ですので、寝る前にクッションに足をのせて寝るなどすると、足や太ももがむくみにくくなるのでお勧めです。

むくみは馬鹿にできない症状で、むくみを放置すると「病気」にもなりますし、セルライトの原因にもなります。
 

セルライトが付くと肌がデコボコになって醜い姿になり、一度セルライトが付くとなかなか除去することが難しいです。

特に「お尻から太もも周り」にはセルライトが付きやすいので、むくみやすい生活をしている人は早めに改善するようにしましょう。
 

「むくみ」や「冷え」は、放っておくと「太ももが痩せない原因」となるので、注意が必要です。

⇒目次に戻る

 

■骨盤の歪み、姿勢の悪さ
太ももが痩せない原因は姿勢の悪さ

意外かもしれませんが「姿勢」が悪いことでも、太ももを太くさせる原因になります。

正確には、姿勢が悪いと骨盤が開いてしまい、体に歪みが生まれて「血流やリンパの流れ」が悪くなります。
 

その結果、体の新陳代謝が落ち、太ももに脂肪がつきやすくなってしまうのです。

普段から猫背で生活をしていたり、姿勢が悪い状態で寝ている人は、体に歪みが生まれている可能性があるので注意が必要です。
 

また、普段から「デスクワーク」や「前かがみの姿勢」で仕事をする人は、これが原因で太股が太くなってしまうケースが多いです。

姿勢が悪いと「背筋」が弱くなり、太ももに負担をかける立ち方になりがちです。
 

特に「前太もも」に負担がかかるので、その部分だけが硬くなり、リンパの流れが悪くなって、「太ももが太くなる原因」「太ももが痩せない原因」となるのです。

また、普段から高いヒールを履いている人も「骨盤」が歪みやすくなるので、太ももが太くなる可能性が高いです。
 

一度骨盤に歪みが生まれてしまったら。骨盤矯正をして治すしかなく、自然には治らないので早めに対処しないといけません。

骨盤の歪みは自分でも行えますが、長年「体に歪み」が出ている人などは、きちんとしたプロに歪みを治してもらうのがお勧めです。
 

このように、「骨盤の歪み」や「姿勢の悪さ」によっても、太ももが太くなる原因となるので注意しましょう。

⇒目次に戻る