足のむくみの原因や解消・改善方法

「夕方近くになると足がパンパンにむくんできた」…と感じる女性は多いのではないでしょうか?

足がむくんでしまったら、その日のうちになんとか改善したいですよね?

今回は足のむくみの解消方法やグッズだけではなく、「なぜむくんでしまうのか?」という、足のむくみの原因も解説していきたいと思います。

足や下半身のむくみが気になる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【このページの目次】

足のむくみは「血液や水分が溜まること」が根本的な原因

足のむくみの原因

まず、足のむくみの原因は、「細胞と細胞の間に水分が溜まってしまうこと」です。

「人の体の水分量は、体重の約60%を占めている」ということは、知っている人も多いですよね?

この60%の水分は、「細胞の外側の水分」が約3分の1、「細胞の内側の水分」が約3分の2という割合になっています。

そして細胞外液の約80%は「間質液」と呼ばれており、「細胞と細胞の間にある水分」のことを指します。

残りの20%の細胞外液は「血漿(けっしょう)やリンパ液」と呼ばれており、リンパ管や血液の内部に存在する「血液の液体成分」です。

また、間質液の量は「全体重の約15%の水分を維持する」という仕組みでできています。

では、そもそも間質液の役割はなんなんでしょうか?

間質液は主に、「細胞に酸素や栄養素を与える重要な役割」をしています。

そして反対に、「細胞の代謝によって発生する二酸化炭素」や「老廃物」を受け取る役割も持っています。

その後、それらを毛細血管の静脈側やリンパ管で再吸収して心臓にもどっていきます。

この間質液の「与える役割」と「受け取る役割」は、常にバランスが取れていて同じ量になるメカニズムなのです。

しかし、これらのバランスが何らかの原因で崩れ、どちらかが多かったり少なかったりすると、水分は行き場をなくしてしまいます。

そうなれば、過剰な水分は皮下に溜まってしまい、それが脚のむくみの原因となって表れてしまうのです。

そして他にも、「足」というのは非常に大切な働きをしており、「第二の心臓」と呼ばれることもあるのです。

心臓から一番遠い「足」まで、心臓のポンプのように循環する働きだけでは、血液が十分に届きません。

ですので、ふくらはぎの筋肉を使い「足に溜まった静脈血」を心臓に向けて押し上げる必要があるのです。

しかし、重力の影響で「足へ送られてきた血液」を心臓に戻していくことは、それなりに力が必要となってきます。

この力が不足してしまうと、足に溜まった血や水分を戻すことができず、結果的に脚のむくみの原因になってしまうのです。

このように、足のむくみの原因は主に「血流が悪くなり、水分・血液・不純物が溜まってしまうこと」が挙げられます。

⇒目次に戻る

なぜ夕方は足がむくみやすいの?

「朝は何とも思わないのに、夕方頃になってくると靴がきつく感じる」
「朝より夕方のが靴下の跡ができたり、ふくらはぎが重くなり張っている」
…と感じる人も多いのではないでしょうか?

一般的に、夕方のほうが足のむくみはひどくなる傾向があります。

では、どうして夕方になると足がむくむのでしょうか?

まず、朝や日中は通勤時間で立ったり座ったりするので、心臓は全身に血液を上手に体全体に流せていることが多いです。

しかし、長時間の立ち仕事やデスクワークなどで、同じ姿勢でずっと立ち続けたり座り続けたりしていると、重力に従って下半身のほうに血液が移動してきます。

そして、朝に比べれば夕方の方が重力の影響を受ける時間が長いため、より下の方(足)に血液が移動していきます。

結果、血や水分が下半身に溜まってしまい、太ももや膝の裏を圧迫してしまいます。

圧迫された場所は血行が悪くなり、水分や老廃物が溜まりやすくなってしまい、その結果、朝に比べ夕方のが足がむくんでくるのです。

このように、夕方になると足がむくんでしまうのは「重力」という自然現象が少なからず影響してくるからなのです。

しかし、人間の体には重力に逆らって血液を上へ持ち上げる働きも備わっています。

上記で述べたように、足にも血液を下から持ち上げるポンプの役割を持っており、足に溜まった水分や静脈血を心臓へ押し戻す作用があります。

これを利用し、「太もも」や「ふくらはぎ」の筋肉を鍛えれば、多少はむくみにくくなります。

ただ、「太もも」や「ふくろはぎ」の筋肉が少ないと、血液を心臓に押し戻す力が弱くなってしまうので、足のむくみがひどくなる傾向にあるのです。

このように、重力の影響により「朝や昼間」に比べ、「夕方」のほうが足がむくみやすくなるのです。

⇒目次に戻る

足がむくみやすくなってしまう原因はなに?

足のむくみの原因は上記で述べたように、「血や水分が溜まること」です。

では、そもそもどのようにしたら足はむくみやすくなってしまうのでしょうか?

ここでは、普段何気なく生活している中でむくんでしまう「くるぶし」や「ふくらはぎ」のむくみの原因について、詳しく解説していきたいと思います。

立ち仕事などの職業病

サービス業などで1日立ち続けてる…例えば「美容師」「アパレル関係」「看護師・ヘルパー」「整体師」などの人達は特に足のむくみがひどい傾向にあります。

では、なぜ立ち仕事だと脚がむくみやすくなってしまうのでしょうか?

これに関してですが、上記でも述べたとおり、やはり「重力」がむくみの原因となります。

長時間立った状態が続けばその分、血液や水分が足に溜まってしまい、むくんでしまうことになります。

また、美容師さんのように長い間経っている状態が何年も続けば、一時的な足のむくみではなく「慢性的な足のむくみ」になってしまう恐れがあります。

「仕事柄、どうしても立ちっぱなし…」という人は、できるだけ屈伸をするなど、足のむくみに気を使ったほうが良いでしょう。

⇒目次に戻る

ヒールを履いていることも足むくみの原因!?

女性に多いヒールですが、実はヒールも足のむくみと大きな因果関係があります。

ヒールは「かかと」が上がっている分、足に血液や水分が溜まりやすくなり、足のむくみの原因となります。

できれば高いヒールは避け、ぺったんこの靴を履いた方が、足はむくみにくくなります。

⇒目次に戻る

冷え性や血行不良

「足のむくむ原因は冷え性から」というように、「冷え」というのは脚のむくみに大きく関わりがあります。

自分のくるぶしより上の足を触った時に「冷たい」と感じたり、少し押したときに「痛い」と感じる場合は「足が冷えている状態」と考えられます。

「体が冷たくなる」ということは「血流」が悪くなってしまい、足の末端まで届いていないという状態です。

血液が届いていないと「老廃物や水分」などが循環せず、「足に溜まってしまっている状態」になってしまいます。

結果、「足が冷えた状態」が続いてしまうと、老廃物や水分が溜まり「脚のむくみ」に繋がります。

脚がむくんだ状態は、筋肉が固くなり「血液の循環」も更に悪くなるため、冷え症もひどくなってしまうのです。

そして筋肉が固くなることで「脂肪」も燃焼されにくくなるので、「足がむくんだまま元に戻らなくなりやすい」ということもあるようです。

ですので、冷え性や血行不良は結果的に「脚のむくみの大きな原因」と言えるでしょう。

冷え性は「内臓の冷え」からも発症しやすいと言われています。

足だけではなく「お腹」も普段から冷やさないようにしておくと、トータルで足のむくみ対策になるでしょう。

⇒目次に戻る

水分や塩分を摂り過ぎ

立ち仕事のほかに「水分や塩分の摂り過ぎで足がむくんでしまう」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

実はその通りなのです。

人間の体液の一日の塩分摂取量は「男性は約9.0g以下」「女性では7.5g以下」と言われています。

そして、体の塩分濃度は「カリウム」という成分の働きで、塩分を尿や汗として排出していきます。

しかし、「味の濃い食事」や「インスタント食品」「スナック菓子」など、過度な塩分が体内に入ると、カリウムの働きだけでは塩分を排出できなくなってしまいます。

そうなると、水分で濃度を薄めようと余分な水分を取るので、体に水分が溜まり、結果的に足のむくみにも繋がります。

また、体内の水分量は「腎臓」で感知して、尿に排出するよう働いています。

しかし、体内の水分量が規定よりも超えてしまうと、調節するのに1日~3日はかかるそうです。

そうなれば、この間は足がむくみ続けたままという状態になってしまうのです。

このように、塩分を摂り過ぎると体内のカリウム不足を招いてしまい、水分も多く摂り過ぎてしまうので、脚がむくむ原因となります。

足のむくみがひどい人は、普段の食生活も見直してみると足のむくみも緩和されるかもしれません。

⇒目次に戻る

臨月や生理時期はむくみやすい!

女性独自の悩みである「生理」や「臨月」。

実は、これらの時期も非常に足がむくみやすくなります。

まず、臨月になると妊娠する前よりも「体の血液の量」が約50%ほど増えます。

その結果、子宮が拡大し骨盤が圧迫されやすくなります。

そうなると下半身の血流が悪くなり、足がむくみやすくなるのです。

また、生理前と生理中では「プロゲステロン」や「エストロゲン」と呼ばれるホルモンが多く分泌されます。

その影響として、体温低下や水分排出が行われにくくなり、足がむくみやすくなるといわれます。

⇒目次に戻る

足のむくみは実は病気かも?!

ここまでは「日常的な生活でのむくみの原因」を解説してきましたが、実は足のむくみは「病気のサイン」という可能性もあります。

脚のむくみの原因は、普段の生活で発生するむくみのほかに、病気が原因で脚がむくんでしまったり、足が腫れたりしてしまうこともあるのです。

ここから「足がむくんでしまう病気」について解説していきたいと思います。

では、足がむくんでしまう病気とは具体的に何なんでしょうか?

むくみが原因の「循環器系」の病気

動脈や静脈などの「血管」にかかわる病気が原因で、足がむくむ場合もあります。

ここでは、むくみの原因になる循環器系の病気についてまとめて見ました。

心性浮腫

「病気が原因となるむくみ」というのは、一時的に発生するもあれば、重度になってから発症するものもあります。

その中でも、「心筋梗塞・心筋炎」といった「心疾患が原因」となり起こってしまう足のむくみを「心性浮腫」と言います。

心性浮腫とは、「心臓の機能不全によってもたらされる病気」です。

心臓の機能が悪くなると、全身に血液や水分を送るポンプの力が弱くなり、血液の巡りが悪くなります。

そうすると、体に水分や塩分、老廃物なども排出されずに溜まり、足がむくんでしまっている状態に陥りやすいです。

全身の血液や水分の血行に関わる心臓なので、足だけではなく、顔や手などもあらわれやすいことがあります。

したがって、症状は比較的わかりやすい病気と言えるでしょう。

⇒目次に戻る

下肢静脈瘤・大動脈瘤

循環器系の病気で「下肢静脈瘤」や「大動脈瘤」という病気もあります。

「下肢静脈瘤」は、心臓から足先の血液の循環の逆流を防ぐ弁が「何らかの影響」で不全してしまい、逆流してしまう病気です。

逆流した弁は血液がどんどん溜まってしまい、血管が太くなってしまい、体yあ足にむくみが起きる場合があります。

この下肢静脈瘤というのは、遺伝的体質によって発症してしまうことが多いです。

ただし、妊娠や出産などを行い「ホルモンバランスが大きく崩れた時」や、「立ち仕事を長時間している場合」も下肢静脈瘤になりやすいので気を付けましょう。

「大動脈瘤」は、大動脈の壁がコブのように膨らんでしまい、大動脈の1.5倍になってしまう病気です。

この大動脈瘤歯むくみ以外にも「血管が破裂」してしまう恐れもあるため、早期発見が重要といえます。

⇒目次に戻る

深部静脈血栓症

「長時間の立ち仕事」や「飛行機」などで起こりやすい「深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)」も足のむくみの原因となります。

深部静脈血栓症は、長時間同じ姿勢を続けていることにより「足の静脈に血栓ができてしまう病気」です。

これによって血流が悪くなり、足がむくんでしまうのです。

深部静脈血栓症は立ち仕事の人は、特に注意したい病気といえるでしょう。

⇒目次に戻る

低カリウム血症

体内の「カリウム」と呼ばれるミネラル成分が、血液中で不足することで起こる「低カリウム血症」も、むくみが起きる原因となる病気です。

過剰なダイエットなどを行っている場合、低カリウム血症になりやすいので、「ダイエットを始めてからむくんできた」という人は要注意です。

⇒目次に戻る

むくみが原因の「肝臓」の病気

「足のむくみ」と「肝臓」に関係性があることは、意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

実は、肝臓に障害が起こり「肝機能」が低下した場合や、肝臓の病気が原因で足のむくみが発生する場合もあります。

ここでは「むくみを発症する肝臓の病気」についてみていきましょう。

肝性浮腫

まず、「肝性浮腫」と呼ばれる病気についてです。

肝性浮腫は、肝臓の機能が低下することにより、足などに「むくみ」を引き起こす病気です。

お酒の飲み過ぎなどによって肝臓の機能がだんだん悪くなってくると、血管内に水分を留めておく「タンパク質」の合成率が下がります。

そして血管内のタンパク質の量が減ってしまうと、血管内に水分が保存されずに、その水分が細胞間に染み出て行ってしまいます。

その染み出てしまった水分が足などに溜まり、結果として足のむくみの原因となってしまっているのです。

このむくみが発生した状態を「肝性浮腫」といいます。

⇒目次に戻る

慢性肝炎

半年近くにわたって肝臓の炎症が続く病気が「慢性肝炎」です。

慢性肝炎になってしまう原因は主に「ウィルス」とされており、慢性肝炎になると上記の「肝性浮腫」を誘発する場合があります。

結果的に足のむくみにつながってしまいます。

⇒目次に戻る

アルコール性肝炎

お酒の飲み過ぎによって「脂肪肝」になり、それでもアルコールを飲み続けた場合に起こる病気が「アルコール性肝炎」です。

アルコール依存症の人に非常に多い病気ですが、アルコール性肝炎も「肝性浮腫」を引き起きすことがあり、足のむくみの原因となります。

⇒目次に戻る

肝硬変

アルコール性肝炎になってもお酒をやめないで飲み続けた場合になるのが「肝硬変」です。

この肝硬変は、飲酒によって肝臓が悪くなる病気の中でも一番思い病気です。

肝硬変も足がむくむことが多く、「むくみは肝硬変の代表的な症状」と言われているくらいなので、「お酒を結構飲む」という人は、肝臓の定期検査をするのがオススメです。

⇒目次に戻る

むくみが原因の「腎臓」の病気

「腎臓」は尿の排泄を司る体の部位で、体全体の水分調整なども担っています。

この腎臓に何らかの障害が起こり病気になった場合、足や体にむくみが出る場合があります。

ここでは、むくみの原因となる腎臓の病気をご紹介していきましょう。

腎臓浮腫

むくみが原因の病気で一番多いのがこの腎臓の病気による「腎臓浮腫」です。

では、「腎臓浮腫」と「むくみ」には一体どんな繋がりがあるのでしょうか?

腎臓は前にも述べたように、身体の水分を調節したり、老廃物を尿として排出する役割を持っています。

この腎臓が不全になってしまうと、余分な水分や塩分(ナトリウム)を排泄できず、体に滞ります。

したがって、この「水分と老廃物」が「むくみ」を形成するのは、もう間違いありませんよね?

さらに悪化してしまうと、水分や塩分を排出するために生成されるホルモンも失われるため、むくみもどんどん悪化してしまう恐れもあります。

⇒目次に戻る

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群は、「腎臓の中にある血液中のタンパクが大量に尿にろ過されてしまい、尿にタンパクがたくさん出て血液中のタンパクが減ってしまう」ことで、むくみなどの症状が出てきてしまう病気です。

血液中の「タンパクの濃度」が下がってくると、タンパクが血管の外に出ることにより、溜まった水分や塩分が原因で足がむくみやすくなるのです。

⇒目次に戻る

腎不全

腎臓の病気の中でも「腎不全」になってしまうと腎機能が低下してしまい、老廃物が十分に排泄できなくなります。

それにより、体内に水分が溜まり、足のむくみにも繋がってしまうのです。

慢性腎不全になると、残念ながら肝臓機能の回復は絶望的といわれています。

⇒目次に戻る

糖尿病

透析などを受けなくてはならない病気である「糖尿病」でもむくみが起こる場合が多いです。

糖尿病になると高血糖になってしまし、腎臓の血管にダメージを受けてしまう場合があります。

そうなると、だんだんと腎機能が低下していき、腎臓の水分調節機能も低下することとなり、足や体にむくみが起こります。

もしも足のむくみが以上に続くようであれば、不安な人は一度医者で検診を受けることをオススメします。

⇒目次に戻る

水毒症

一度に水分を摂り過ぎることによって、腎臓の機能が追い付かなくなり、水分が体外に排出できなくなる病気です。

これにより、水分が体内に停滞してしまうため、足などにむくみを生じることがあるのです。

夏場などに熱中症対策として水を飲み過ぎてしまうと水毒症になってしまうことが多いので注意しましょう。

補足として、水分の摂り過ぎは「低ナトリウム血症」に陥る場合もあるので注意しましょう。

低ナトリウム血症とは、腎臓の処理能力を超えて「かなりの水分」を摂取した場合に起こる症状で、こちらも体にむくみなどを生じることが多いようです。

⇒目次に戻る

妊娠中毒症による足のむくみの場合も!

「妊娠中毒症」とは、昨今では「妊娠高血圧症候群」という名称で呼ばれることが多いです。

この妊娠中毒症は「妊娠後期(8ヶ月)」ぐらいから発症することが多く、妊婦さんの10%の人に症状が出ると言われています。

この妊娠中毒症になってしまった場合、体全体の血液の循環が悪くなり、血管が収縮してしまいます。

その結果、血管内の「内皮細胞」がダメージを受けてしまい、毛細血管が血液中の水分をとどめておけず、あふれ出てしまいます。

そのあふれた水分が滞り、足や体のむくみにつながってしまうのです。

⇒目次に戻る

脚のむくみの解消・改善方法

足のむくみは何度も言うように「血液や水分が上手に流れず、滞てしまうこと」が最大の原因です。

では、きちんと血液や水分を流し、足のむくみを改善するためには、どうすればいいのでしょうか?

ここでは、脚のむくみを解消する方法についてまとめていきたいと思います。

まずは生活リズムを整える

多くの人に共通しがちなのが「生活リズムや生活習慣の乱れ」です。

この生活リズムや生活習慣の乱れは、ホルモンバランスが乱れることにつながります。

そうなれば、血液の循環や老廃物の対外排出が鈍り、結果的に体や脚がむくみやすくなります。

ですので「夜更かしなどをして夜遅くまで起きている」という人は、できるだけ早寝をし、規則正しく睡眠をとるようにしましょう。

睡眠はホルモンバランスを整えるうえでは非常に大切です。

基本的な事ですが、生活リズムが乱れているようでは、様々なむくみ解消法も効果半減といえます。

足のむくみを改善したいのであれば、まずは自分の生活習慣をよく見直すことから始めましょう。

⇒目次に戻る

適度な運動で血行を良くする

次に「適度な運動をおこなうこと」も足のむくみ解消には非常に大切です。

この「運動」に関しては、脚のむくみの解消法としては一番シンプルですから、実行しやすいのではないでしょうか?

毎日足の筋肉を動かすという事が、足のむくみにはとても重要になってきます。

ですので、運動としては「マラソンやジョギング」がオススメです。

ただ、運動が苦手な人が急に長距離を走ってしまうと「筋肉疲労」で、逆に足が血行不良に陥ってしまう可能性もあります。

運動が苦手な人は、まず初めはウォーキングのほうがオススメと言えるでしょう。

特にふくらはぎの筋肉を鍛えることによって、「心臓へ血液や水分を戻すポンプの力」を鍛えることが可能となります。

そして、結果的に血液や水分も足に溜まりにくく、足のむくみ解消効果が期待できます。

できれば毎週、体育館や運動場などでバドミントンや卓球(ピンポン)などの「何かしらの運動」を行うのが好ましいでしょう。

ただ、中には「そんな時間を作るのは難しい」という人もいるでしょう。

そのような場合、電車通勤などで「エスカレーターを階段に変えること」でも、足のむくみが改善される効果を得やすいです。

毎日続けられる運動をしながら、むくみにくい体を作りましょう。

⇒目次に戻る

塩分は控えめな食事を

毎日の食生活の中で、外食やコンビニのお弁当などで食事を済ませてしまう人も多いと思います。

足のむくみは「血液や水分が足に溜まること」が一番の原因ですが、「塩分の摂り過ぎ」でも脚はむくんでしまいます。

「加工食品(ハム、ソーセージなど)」「ラーメン」「スナック菓子」などには塩分が多く含まれているので、足のむくみが気になるなら食べ過ぎに注意が必要です。

このような食事をつづけることは「体重増加や肥満」にもつながり、美容と健康の両方の面からマイナスといえるでしょう。

もし塩分を摂り過ぎてしまった場合は、むくみに効くと言われている「カリウム」を多く摂取することで、余分な塩分を排出してくれます。

カリウムには「体を活性化させて、体内の水分バランスなども調整してくれる効果」が期待できるので脚のむくみの解消にもなり、積極的に取り入れていきたいものです。

このカリウムという成分は、色々な食べ物から手軽に摂ることができます。

果物だと「アボカドやバナナ、キウイ」などから摂取でき、野菜だと「ほうれん草やかぼちゃ」から摂ることができます。

海藻類やナッツ類などにもカリウムは多く含まれているので、「足のむくみにいい食べ物」として積極的に取り入れていきましょう。

例えば、朝食でヨーグルトに「カリウムが含まれている果物」を混ぜて食べる方法があります。

これは食物繊維や鉄分なども一緒に取れるので、足のむくみだけでなく美容にもオススメですよ。

⇒目次に戻る

しっかりと入浴する

足がむくみやすい人の中には「いつもシャワーだけでお風呂を済ませてしまってる」という人も多いのではないでしょうか?

実はしっかりと入浴することで、「一時的にできてしまった簡易的な足のむくみ」は簡単に解消することができます。

一日の終わりにできてしまった脚のむくみは、できればその日のうちに改善したいですよね?

お風呂に浸かることは「体をしっかり温める作用」があるので、血管が広がり、血液循環が良くなります。

その作用によって、足に溜まってしまった余計な水分や老廃物を流しやすくしてくれます。

足のむくみがひどい人は、「お風呂の温度を41℃くらいに設定し、3~5分浸かり、一度出て、また浸かる」というのを3~5回程繰り返しておこなうと良いでしょう。

あまり長く入浴しすぎると、のぼせたり、眠れなくなってしまう可能性もあるので、寝る前の1時間前には済ましておきましょう。

⇒目次に戻る

軽いストレッチやリンパマッサージ

入浴中や寝る前などに、軽いストレッチやリンパマッサージなども行うと、足のむくみには効果的です。

老廃物や水分が溜まった足に、1分程でもいいのでリンパの流れを良くするようにマッサージすると、滞っていた水分も流れていってくれます。

この「足のむくみ解消リンパマッサージのやり方」ですが、「ふくらはぎ」や「太もも」を交互にさすりながら、足の付け根まで押し上げていきます。

ふくらはぎ、太ももを各30秒ずつくらいを目安にしてマッサージしていくのがいいでしょう。

特に「太ももの付け根」にある「鼠径リンパ節」というリンパ節は、脚のむくみに特に効果があると言われているので、入念にマッサージしましょう。

この解消マッサージを行う際に、「マッサージクリームやマッサージオイル」などを使うと、より滑りが良くなり効果的です。

ただし、お肌が弱い人だと「マッサージクリームやマッサージオイル」でかぶれてしまう心配もありますので、その場合はスキンケアクリームでもOKです。

また、連続して開脚ストレッチもやることで、体が柔らかくなって老廃物なども流れやすくなり、お勧めです。

リンパマッサージの後にやると更に足のむくみが解消されやすくなりますので、この足のむくみ解消マッサージを習慣にしてみると良いでしょう。

「むくみ解消マッサージを行うのがめんどくさい」という人は、「エステ」などに定期的に通うのもオススメです。

高額エステではリンパマッサージなどを行ってくれるところも多いですから、むくみ解消に効果が期待できます。

ただし、週1回程度の「定期的な回数」でエステに通わないと意味がないでしょう。

ホットペッパーなどにお試しのクーポンがあるでしょうから、まずは体験で行ってみるのもおすすめですよ。

⇒目次に戻る

むくみに良いツボを押す

体にはたくさんの「ツボ」があることは、聞いたことがある人も多いと思います。

もちろん「足のむくみに効くツボ」もたくさんあるので、時間があるときにツボ押しをしてみるのも良いでしょう。

まず、一番ツボ押ししておきたいツボは「委中」というツボで、膝の真ん中にあります。

委中のツボは「ふくらはぎに効く」と言われていて、溜まった水分や、老廃物を流してくれる効果があると言われています。

椅子に座り、両手でふくらはぎを包み込むようにしながら、中指で押すと効果的です。

次に、足の裏の土踏まずの少し上にある「沸泉」も足のむくみに効くと言われています。

ツボのある箇所は人によってそれぞれ違うので、押したり、触ったりしてみて冷たかったり、痛いところが自分のツボになります。

ツボを刺激すると血行が良くなり体が温かくなりますが、入浴後など温まっている状態からツボ押しを始めると、足のむくみにさらに効果的です。

⇒目次に戻る

利尿剤(ラシックス)でむくみ解消!副作用はある?

ラシックス錠と呼ばれる利尿剤をご存知でしょうか?

このラシックス錠は有効成分「フロセミド」を配合しており、トイレでの小水の回数を増やしてくれる効果が期待できます。

おしっこの量が増えれば、それだけ体内の余計な水分を排出し、むくみ解消につながるというワケです。

この利尿剤(ラシックス)を使ったダイエットなども話題となっていますが、本当に利尿剤(ラシックス)で足のむくみが改善されるのでしょうか?

実際に、この利尿剤(ラシックス)は病院などでのむくみ治療にも使われ、厚生省の認可を得ている医薬品です。

ですので、足のむくみ解消効果は期待できると考えてよいでしょう。

ただし、利尿剤(ラシックス)を市販で買い、服用するのは少々危険です。

利尿剤(ラシックス)は「薬」ですから「副作用」がある場合もあり、利尿剤(ラシックス)が利きすぎると副作用として「血圧低下によるダルさ・めまい」や「脱水症状」などを起こす場合があるからです。

重度の副作用となると、しびれや耳が一時的に聞こえなくなる場合もあるようです。

高齢者が利尿剤(ラシックス)を服用する場合は要注意といえるでしょう。

ただ、基本的には利尿剤(ラシックス)は副作用はあまりないと言われています。

ですが、できれば病院などで相談したうえで、医師のアドバイスの元に服用するのがオススメです。

仮に市販薬として利尿剤(ラシックス)を購入した場合は、海外のものは避け、信頼性のある国産の利尿剤(ラシックス)を購入するようにしましょう。

用法・用量をシッカリと守って服用することも大切です。

⇒目次に戻る

漢方薬でむくみ解消するなら「紫苓湯」

医薬品などに頼らず、体に優しい方法で足のむくみを解消したいのであれば、「漢方薬」がオススメです。

「漢方薬」というと「なかなか効果がない」「続けないと意味がない」というイメージが強いです。

しかし、医薬品とは違い「体に優しく、副作用もない」というメリットがあります。

漢方薬の中でも足のむくみ解消にオススメなのは「紫苓湯」です。

柴苓湯は「小柴胡湯」と「五苓散」という成分を合わせたもので、「胃腸を整え、体内の水分の巡りを良くする効果・効能」があるので、むくみ解消や胃腸炎の治療などでよく使われる漢方薬です。

ただし、便秘の人には「五苓散」という成分はあまり好ましくないそうで、「紫苓湯」は向いていないかもしれません。

心配であれば薬局などで相談・質問してみると良いでしょう。

⇒目次に戻る

足のむくみ解消グッズを使うと効果的!

上記で説明したものは生活習慣として取り入れていきたい、足のむくみの改善方法です。

そこで、足のむくみ解消グッズも一緒に使うことによって、さらに効果が期待できます。

ここでは色々ある「脚のむくみ解消グッズ」についてまとめていきたいと思います。

むくみ改善サプリ!本当に効くの?

毎日の食生活の中で、むくみ解消成分が入っている食べ物を常に取り入れたいですが、なかなか難しい時もありますよね?

そんな時は、「むくみ改善サプリ」を使ってみると簡単に体に取り入れることが可能です。

しかし「むくみ改善サプリは本当に効果があるのか?」と、疑問がわきますよね?

結論から言えば「むくみに効果の期待できる成分が入っているので、摂取し続ければ、むくみ解消が期待できる」といえるでしょう。

では、むくみ解消サプリの「どのような成分」が足のむくみ改善に良いのでしょうか?

ここでは代表的なむくみに効く成分をまとめてみました。

カリウム

まず、足のむくみの改善効果を期待できる一番の成分は「カリウム」です。

これは上記でも解説したように、カリウムは重要な栄養素で、体内の水分バランスを調整し、余分な塩分も排出するので、脚のむくみにはとても重要です。

色々な食べ物からカリウムは摂取できますが、熱に弱いため、加熱してしまうと十分な量を摂取できない場合が多いです。

そのため、「生のフルーツなど」を摂取することが望ましいですが、毎日アボカドやバナナ、スイカなどを食べることはなかなか難しい人もいると思います。

その場合は、手軽にとれるサプリメントで補っていきましょう。

ちなみに、「とうもろこしのひげ」は、生のフルーツなどに比べ、約50倍ものカリウムが含まれていますので、オススメの成分です。

カリウムの他にも美肌効果やアンチエイジング効果も期待できるので、美容も一緒に改善したい人にオススメと言えるでしょう。

⇒目次に戻る

シトルリンやメリロート

続いて、シトルリンやメリロートも体内の水分を排出させる効果や、リンパの流れを良くしてくれる効果が期待できます。

メリロートには「クマリン」と呼ばれる成分が含まれており、このクマリンは血行を促進する効果が期待でき、その結果、脚のむくみに良いといわれています。

⇒目次に戻る

ポリフェノールやビタミンB群

聞いたことがある人も多い、ポリフェノールやビタミンB群にも、実は足のむくみを解消できる成分が入っています。

ポリフェノールは抗酸化作用があり、しかも血液をサラサラにしてくれる成分が入っています。

ビタミンB群は「水分・糖分・アルコール」などの代謝をサポートしてくれる効果があるため、体の巡りが良くなり、むくみ解消にいいというワケです。

⇒目次に戻る

赤ぶどう葉

そのほか、「赤ブドウ葉成分」も血液の巡りを良くしてくれるので、足のむくみに効果的といわれています。

ワイン農家の人たちは、力仕事・立ち仕事なのにもかかわらず、昔から足のむくみに悩む人は少ないそうです。

それは、ワイン生成の際に「赤ブドウ葉」を足でつぶしワインエキスをしぼりだすためだそうです。

脚のむくみを改善するには、これらのような成分が入っていると、むくみ解消の効果が期待できるでしょう。

このように、一般的な「むくみ改善サプリメント」には上記のような成分が配合されています。

ただ、あくまでも足のむくみ改善には「日々の食事の改善」が重要です。

むくみ改善サプリメントだけ飲んでいれば、足のむくみが治るわけではありません。

ですので、「むくみ改善サプリ」は「日々の食事の補助」としてを摂取するようにしましょう。

⇒目次に戻る

むくみに効くサプリは副作用はある?

むくみ解消サプリを摂取するにあたって、やはり気になるのが「副作用があるかどうか?」ではないでしょうか?

これに関してですが、サプリメントは「健康食品」であり、市販薬や医薬品とは異なります。

要するにサプリは「食べもの」ですから薬とは違い、理論上は「むくみ解消サプリに副作用はない」ということになります。

これは「サプリメントや健康食品」の大きなメリットといえるでしょう。

ただし、むくみ解消サプリメントは「補助食品」なので、脚のむくみを改善したいからと必要以上にたくさん飲むのはやめたほうがいいでしょう。

これにより、体質によっては「お腹を下してしまう可能性」もあるようです。

この「体質に合わない」といったことを「副作用」と勘違いし、口コミなどで見られる場合もあります。

むくみサプリを摂取する際は、使用方法や用量をよく読み摂取しましょう。

また、妊娠後期・病気などの療養中の人も、必ず病院や医師と相談し、アドバイスを受けたうえで摂取することが望ましいでしょう。

⇒目次に戻る

むくみ解消サプリのオススメは?

ちなみに、むくみに効くサプリとして口コミで有名なのは「きゅきゅっとスリム」などが挙げられます。

ただ、いくら足のむくみ解消に効果が期待できるとはいえ、「1回飲めばむくみがとれる」ということはまずありえません。

これは「きゅきゅっとスリム」に限らず、あらゆるむくみに効くサプリに言えることです。

ですので、できれば最低でも3ヶ月はむくみ解消サプリを飲み続けるのが良いでしょう。

きゅきゅっとスリムの公式サイトなどでは、定期購入が可能な「定期コース」もありますので、そちらも視野に入れてみるのがおすすめです。

⇒目次に戻る

むくみ解消ドリンクやお茶は効果はある?

サプリの他に、「飲み物」にも足のむくみが解消される成分が入っているものがあります。

それを飲むことによって「滞ってしまった血液や水分」を、利尿効果や利尿作用で上手に体外に排出していきます。

また、むくみ解消ドリンクやお茶は、仕事中や休憩中にも手軽に水分取りできることで、普段から足のむくみを改善するにはオススメといえます。

この足のむくみを解消しやすくしてくれる飲み物は、すごく身近なもので聞いたことがある人も多いでしょう。

ここからは代表的なものをまとめてみました。

⇒目次に戻る

はと麦茶

まず、代表的な飲み物が「はと麦茶」。

「はと麦茶」は新陳代謝を高めてくれる効果が期待でき、利尿効果により体の余分な水分も排出しやすくしてくれる効果が期待できます。

ですので、脚のむくみに悩んでる人には良いでしょう。

はと麦茶はコンビニなどでも手軽に買えるのでオススメですが、「麦茶」と「はと麦茶」では全くの別物なので注意が必要です。

⇒目次に戻る

黒豆茶・とうもろこしのひげ茶・ゴボウ茶

そのほかに、足のむくみ改善効果が期待できるお茶だと「黒豆茶」や「とうもろこしのひげ茶」「ゴボウ茶」などもあります。

これらのお茶も「利尿作用・利尿効果」が高く、余分な水分を排出してくれます。

特に黒豆茶は「イソフラボンやアントシアニン」など「美容成分」も入っているので、美容効果にも期待でき、一石二鳥といえるでしょう。

⇒目次に戻る

ルイボスティー

足のむくみ解消に効くお茶の中で「ルイボスティー」は、特に亜鉛などのミネラルが多く含まれています。

ですので、余分な水分や老廃物を排出するだけでなく「体温上昇」も期待でき、冷え性やデトックス効果もあると言われいます。

しかもノンカフェインなので、妊婦さんや授乳中の人でも安心して飲むことができます。

妊娠中のむくみで悩んでいる人にぜひオススメです。

⇒目次に戻る

たんぽぽコーヒー

普段コーヒーを飲む人も、足のむくみの解消のために「たんぽぽコーヒー」に変えてみましょう。

たんぽぽの成分は、血液の循環を促す効果や利尿効果があり、滞っていた水分や老廃物をスムーズに流してくれます。

血行も良くなるので、冷えと足のむくみが解消できる効果も期待できます。

このように、足のむくみに効果が期待できるお茶や飲み物は意外と多くあります。

このお茶やコーヒーは、温かくして飲むことで「腎臓や内臓の冷え」を防ぐので、飲むときは温かくして飲むようにすると良いでしょう。

⇒目次に戻る

着圧ソックスが一番手軽なむくみ解消グッズ!

足のむくみが気になる女性であれば、最低一着は持っている程人気のある「着圧ソックス」や「加圧ソックス」。

では、なぜ着圧ソックスや加圧ソックスで脚のむくみが解消できるのでしょうか?

ここでは、着圧ソックスや加圧ソックスのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

夕方になるにつれて、どんどん下半身に血液・水分・老廃物などが溜まり、足がむくんでしまいます。

筋肉が弱いと、足のポンプの力だけでは戻らないことで、足のむくみの原因になってしまいます。

そこで「着圧ソックスや加圧ソックス」を履くことで、足の筋肉のポンプ機能を助けてくれます。

着圧ソックスや加圧ソックスを履いて期待できるメリットは、「足の血液循環やリンパの流れを良くしてくれること」が最大のメリットと言えるでしょう。

着圧ソックスや加圧ソックスは部位によって違う圧力をかけてくれます。

一番強い圧力を足首にかけ、ふくらはぎ・太ももと「足の付け根」に近づくにつれて、圧力を下げていきます。

そうすることによって、「足先から血液やリンパの流れを良くしていく」という仕組みなのです。

着圧ソックスや加圧ソックスのデメリットとしては、個人的に圧力の感じ方も変わってくるので「サイズが合わないと圧力をかけたい場所にかからず、足のむくみの解消が難しくなってしまうこと」です。

ですので、着圧ソックスのサイズ選びはしっかりと行い、買う前に一度試しに履いてみることをオススメします。

また、長時間履いていると、肌が赤くなったり、かぶれや発疹も起こす人もいるので、肌が弱い人は着圧ソックスを履いたまま寝るのは、避けたほうがいいかもしれません。

今は、いろいろな種類の着圧ソックスや加圧ソックスがあるので、靴下代わりに履いて通勤する野もオススメです。

立ち仕事の人やデスクワークなどの座り仕事の人などには、「足のむくみ解消ソックス」として何着か持っていると便利かもしれません。

ちなみにむくみ解消ソックス系では「メディキュット」という製品が有名です。

メディキュットはむくみ解消効果が期待できるほか、引き締めによる下半身の美脚効果もあるといわれています。

自分に合った「むくみ解消着圧ソックス」を選ぶようにしましょう。

⇒目次に戻る

むくみ取り足裏シート

「足の老廃物を取る」という効果が期待できる足のむくみを取る足裏シート。

「寝る前に貼るだけで、翌朝には足裏シートに不要な老廃物が染み込んでいる」というもので、手軽にデトックス効果が期待できます。

このデトックス効果により、足のむくみ改善にも良いというワケです。

むくみ取り足裏シートは貼って寝るだけなので、忙しい人などは楽に足のむくみを改善できるのではないでしょうか?

また、目で見て効果が実感しやすいのも、むくみ取り足裏シートのメリットの一つと言えるでしょう。

むくみ取り足裏シートのデメリットとしては、やはり「シートなので、何度も貼りなおしてしまうと粘着が弱くなってしまう」ということです。

寝てる間に剥がれてしまうという事もあるので、しっかり固定させなければいけません。

また、お肌の弱い人はむくみ取り足裏シートを張った部分がかぶれる恐れもあります。

そのほか、あくまでも「足裏」のシートですので、「くるぶし」や「ふくらはぎ」などの足のむくみも効果が出るのに少し時間がかかってしまうようです。

結果的に、足裏シートのみでは足のむくみ改善の効果を実感するのに、時間が長くかかるかもしれません。

ですが、むくみ取り足裏シートはドラッグストアなどの市販で、低価格で買うことができます。

もし脚のむくみが気になる人は、一度は試してみても良いのではないでしょうか?

⇒目次に戻る

むくみ用のマッサージローラー

「むくみ解消用のマッサージローラー」は、足のむくみ解消グッズの中でも聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

今や100均でも手軽に買える「むくみ解消用のマッサージローラー」ですが、どのような仕組みでむくみが取れるのでしょうか?

まず、むくみ改善用のマッサージローラーは「足に溜まってしまった水分や老廃物を、片手で簡単に循環させることができる」のが魅力の一つです。

「手の届きにくい太ももの裏」なども、マッサージローラーを使用することによって、足のむくみを解消できる効果が期待できます。

また、入浴中などに使用すると、体が温まっているので燃焼しやすく、足のむくみを取るのにさらに効果を期待できるでしょう。

しかし、痛みを感じながらも無理やりローラーを使ってしまうと、足にアザができてしまう可能性もあります。

むくみ用のマッサージローラーを当てることにより、「気持ちいい」と感じる程度の強さでやることをオススメします。

また、100均などの手軽に買える商品だと、上手くローラーが回らなかったり、ふくらはぎや太もものお肉をローラーの隙間に挟んでしまう危険性もあります。

やはりある程度は値段を出して、ちゃんとしたものを選んだ方が効果も期待しやすいといえるでしょう。

しっかりとした「むくみ用のマッサージローラー」を選ぶことも、足のむくみを取る上では大切ですよ。

⇒目次に戻る

アロマオイル

実は、「むくみが解消。改善できる」という名目のアロマオイルはありません。

しかし、アロマオイルの効能は「結果的にむくみ解消に良い」と考えられます。

では、アロマオイルにはどのような効果・効能があるのか?

例えば「サイプレスやゼラニウム」は「利尿作用やリンパ系の働きを強くする効果がある」と言われています。

また、グレープフルーツやレモンだと「引き締め効果」が働き、リンパを流しやすくしたり、冷え性の改善などに効果が期待できるようです。

このような効果が、結局は血流を良くし、足のむくみ解消につながると考えられます。

お風呂や入浴は体を温めて血流を良くしてくれますし、老廃物などを排出しやすくしてくれます。

そこに、このアロマオイルを入れることによって、精油の成分が体に浸透し更に足のむくみ改善効果が期待できるというわけです。

アロマオイルを入浴時に入れることによって、リラックス効果もでてくるので、合わせて入浴してみるのも良いでしょう。

⇒目次に戻る

まとめ

足のむくみの原因や解消方法を色々と説明してきましたがいかがだったでしょうか?

基本的には「足のむくみ」というのは「血液や水分・老廃物などが溜まること」ガ原因です。

ですので、長時間の立ち仕事や同じ姿勢には気を付けるようにしましょう。

また、そのほかにも生活リズム・生活習慣の乱れなども、むくみには大きく関係してきます。

良い生活リズムを保ち、必要であれば様々な「むくみ解消グッズ・むくみ解消サプリ」などを使い、足のむくみが慢性化しないよう対策していくことが大切といえます。

⇒目次に戻る