ピンクゼリーとは

 

⇒産婦人科と共同開発!唯一の管理医療機器のピンクゼリーはコレ

 

【このページの目次】


 

なぜピンクゼリーは女の子産み分け効果がある?

ピンクゼリーの産み分け効果

 

⇒産婦人科と共同開発!管理医療機器のピンクゼリーはコレ

 

「子供が欲しい」という夫婦であれば、性別関係むなく子供ができたら嬉しいと思います。

しかし「女の子」を希望しているのに、なかなか女の子ができずに男の子ばかりが続いてしまうと、「1人くらいは女の子が欲しい」と思う夫婦もいるのではないでしょうか?
 

以前までは子供の産み分けはできないといわれていました。

ですが、現在では「ピンクゼリー」や「グリーンゼリー」と呼ばれるものを使用すれば、産み分けもできると言われています。
 

初めて聞く人は「ピンクゼリーって何?」と思う人もいると思いますが、簡単に説明すると「そのゼリーを使用することで、膣内のPHを調整して、男女の産み分けをする」ことができます。

妊娠は「精子が卵子に受精することで子供ができる」という仕組みは、理解している人は多いと思います。
 

ですが、精子には「X精子」と「Y精子」の2種類が存在していて、精子の種類によって赤ちゃんの性別が決まります。

この2種類の精子は種類によって特徴があり、ピンクゼリーやグリーンゼリーを使用することで「どちらかの精子を受精しやすくさせてくれる働き」があります。
 

ピンクゼリーは女の子を授かりやすくしてくれる効果があるので、X精子を受精しやすくさせてくれる効果があります。

X精子の特徴は「膣内が酸性の時に活発に動く」特徴があるので、ピンクゼリーにはX精子が活発に動きやすい成分が含まれています。

 
ピンクゼリーの効果

実は「膣内を酸性にすることで女の子が生まれやすくなる」という話は昔から言われていて、色々な方法で女の子を生みやすくさせていました。
 

例えばセックスをする際に「逆立ちをすると男の子ができる」「コーヒーを飲むと男の子が生まれやすくなる」といった都市伝説的な話がありましたが、画期的な方法とは言えなかったようです。
 

ピンクゼリーの特徴は「セックス時にも流れにくく持続力がある」という機能もあるので、膣内を一定期間「酸性」にさせておく効果が高いです。

女の子産み分けを行いたい人は、女の子の精子である「X精子」が「活発的に動ける環境」を作ってあげることで、産み分けも可能です。
 

ですから、女の子が欲しいのであれば、ピンクゼリーを試してみてはいかがでしょうか?

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ちなみにグリーンゼリーは男の子

男の子の産み分けはグリーンゼリー

グリーンゼリーは、ピンクゼリーと違って「男の子を希望する人」におすすめです。

男の子を妊娠希望する人は、男の子の精子である「Y精子」を活発的に活動できる環境を作る事が重要だと言われています。
 

Y精子を活発的に活動しやすくさせるためには「膣内をアルカリ性に保つ必要」があり、グリーンゼリーにはアルカリ性にさせる効果があると言われています。

ピンクゼリー同様に、グリーンゼリーも膣内で使用することで、男の子が生まれやすい環境を作ることができます。
 

ですので、男の子を希望している人はグリーンゼリーがおすすめです。

「男の子も女の子も、産み分けの確率は同じ」だと言われていますが、「比較的、女の子のほうができやすい」と一般的に言われています。
 

その理由には膣内は殺菌作用によって酸性に保たれているので、X精子の人が活動しやすいために女の子ができやすいとされています。

しかし、性行為によって女性が気持ちよく感じるとアルカリ性の分泌液が出るので、「感じやすい女性は男の子ができやすい」という話もあります。
 

女性の中には性行為が苦手な人もいると思いますが、そんな人でもグリーンゼリーを使用すれば膣内をアルカリ性にすることができるので、男の子を妊娠する可能性が高まるでしょう。
 

どうしても女の子しか生まれない人でも、グリーンゼリーを使用することで男の子を妊娠する体質を作る事ができるので、試してみる価値はあると思います。

より詳しく書かれているページはコチラグリーンゼリー

⇒目次に戻る

ピンクゼリーの女の子妊娠確率・成功率は70~80%

ピンクゼリーの産み分け成功確率

 

⇒産婦人科と共同開発!唯一の管理医療機器のピンクゼリーはココ

 

実際にピンクゼリーを使用した事で「どの位の効果があるのか?」が気になると思います。

一般的には、ピンクゼリーを使用して女の子が生まれた確率は「70~80%位の成功率がある」と言われています。
 

中には成功率は85%以上という業者もいるぐらいなので、かなりの成功率が高い物だと思います。
 

ただし、あくまでも自社データーであって「第三者機関できちんとしたデーターを取った訳ではない」ので半信半疑とも言えます。

ですが、それでも大体70%ぐらいは産み分けに成功しているようです。

 
ピンクゼリーの成功率と失敗確率

ちなみに「ピンクゼリーを使えば必ず女の子が生まれる」という訳ではなく、使用方法や環境によって女の子の妊娠率が下がる事もあるようです。
 

また、「ピンクゼリーを使用しても男の子ができてしまった」というケースもあるので、使用することで100%女の子が妊娠できるという訳ではないです。
 

しかし産婦人科でも産み分け手段としてゼリーを処方する病院もあるようなので、ピンクゼリーを使用することは間違いではないと思います。

実際にピンクゼリーを使用して「やっと女の子ができた」という話はよく耳にするので、下手な都市伝説のような産み分け方法よりも効果があるといえるでしょう。
 

性別関係なく「子供ができる」というのは嬉しい事ですが、色々な事情により女の子が欲しい家庭もあると思います。

ですから、少しでも女の子の確率をあげるためにピンクゼリーの使用は効果的だと言えるでしょう。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーの産み分けに失敗する場合の原因

ピンクゼリーの産み分け失敗の原因

ピンクゼリーを使用したからといって、必ずしも女の子が生まれる訳ではありません。

また、ピンクゼリーを使用しても男の子だった場合もあるようなので、完璧に産み分けができる物ではないようです。
 

ピンクゼリーの「産み分けに失敗する原因」は色々あり、きちんと使用していても失敗することもあります。

では、一体どのようなことが原因で、ピンクゼリーでの産み分けに失敗してしまうのでしょうか?
 

まず、最初に考えられるのが「性行為の仕方」です。

ピンクゼリーの効果を上げるコツとしては「淡白な性行為をすること」が重要だと言われています。
 

女性が感じてしまうと膣内はアルカリ性に傾きやすくなってしまいます。

そうなると、たとえピンクゼリーを使用して酸性にしようとしても、中和されてしまう場合があるのです。
 

ですから「女の子を授かりたいときの性行為」は、できるだけ「女性が気持ちよくならないこと」が重要といえます。
 

また、挿入に関しても「出来るだけ浅く行い、射精する」ことが成功率を上げると言われています。

 

次に考えられる失敗の原因は「排卵日の後にピンクゼリーを使ってしまう」というものです。
 

下記項目でも触れますが、ピンクゼリーは「排卵日の2日前~前日」に使わないと効果が薄くなります。

これにより、ピンクゼリーを使っても効果を得られなくなってしまうのです。

 

このように、ピンクゼリーでの産み分け失敗の原因は、「性行為の仕方」と「ピンクゼリーを使うタイミング」が挙げられます。
 

ただ、あまりにも狙いすぎて性行為を男性が嫌になってしまったり、女性がストレスを感じてしまって上手くいかないといった話もあります。
 

元々ピンクゼリーの成功率は70~80%位だと言われているので、短期的ではなく長期的に行う気持ちで望んだほうが精神的にも楽でしょう。
 

淡白な性行為が苦手な人は「女性が性行為中にテレビを見たり携帯ゲームなどを行う」といった方法で、性行為の気を紛らわして女の子ができたという人もいるようです。

なので、夫婦で相談しながらやってみるのも良いでしょう。
 

ピンクゼリーは女の子を妊娠する可能性は上げてくれる物ですから、成功率を上げるにはピンクゼリーにプラスして「お互いの協力」も重要だと言えるでしょう。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

母体への副作用の危険性はなく、安全性は高い

安全性は高く、副作用はない

ピンクゼリーを使用したことによる「副作用の危険性」が気になる人も多いかと思います。

ですが、現在のところ「ピンクゼリーを使用して体調が悪くなった」などの話は聞いたことがありません。
 

ピンクゼリーは世界中の人が使用していて、人体に影響が出る成分も含まれておらず、安全性は高いです。

仮に母体であるママさんが「過度なアレルギー体質」だった場合には、使用した事で体調が悪くなるかもしれません。
 

ですが、体質的に健康であれば、基本的にはピンクゼリーの副作用は心配はありません。

ただし、成分表示がないピンクゼリーはちょっと危険なので、できれば使用しないほうが良いかもしれません。
 

ピンクゼリーといっても色々な種類があり、国内でしっかり作られているものもあれば、「製造元や成分が判らないもの」もあるので注意が必要です。

ピンクゼリーの怪しい類似品などを使用すると、人体に影響を与える可能性もあります。
 

また、ヘタをすれば妊娠率を下げる原因を作ってしまう場合も考えられます。

国内でしっかり作られており、成分もはっきりしているピンクゼリーであれば、安全性や信頼性は高いです。
 

確かに、「成分がきちんと表示されていて、安全性が高い国内産のピンクゼリー」は類似品よりもちょっと高いです。

しかし、類似品や粗悪品のピンクゼリーを使用し、赤ちゃんや母体に影響が出るようでは大変です。
 

ピンクゼリーは特にデリケートな部分で使用するので、成分がしっかり表示されている安全性の高い物をしようするようにしましょう。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーで障害児が生まれることはない

ピンクゼリーで障害児が生まれることは無い

自然に妊娠するのと違って、ピンクゼリーなどの「人工的なもの」を妊娠する際に使用すると、色々心配な人もいるのではないでしょうか?

仮に希望の性別の赤ちゃんを妊娠することができたとしても、「知的障害・発達障害・ダウン症の子供ができてしまったら…」と考えると、親なら誰でも心配です。
 

しかし、一般的に「胎児が奇形児になる主な原因」は「卵子や精子の染色体異常」「ウイルス」「放射能」などによるものがほとんどです。

なので、ピンクゼリーが原因で「胎児に障害がでる」といったリスクはないと言えます。
 

産婦人科や病院でもピンクゼリーは推奨されており、「ピンクゼリーによって障害児ができた」という報告はいままでありません。

ですから、ピンクゼリーで障害児が生まれることはないですし、安心して使用して問題ないでしょう。
 

成分無表記と期限切れは注意

ただし、「成分が表示されていないピンクゼリー」「使用期限が切れたピンクゼリー」「開封して長い間放置していたピンクゼリー」などを使用した場合には、安全とは言えません。

使用期限が切れたピンクゼリーを使用しても、特に人体に影響はないと言われています。
 

ですが、仮に、ピンクゼリーが腐っていて「細菌」などが繁殖している状態で使用すれば、胎児などに何らかの影響が起きる可能性はあるかもしれません。

ですから、使用期限や使用法補を守り、正しい方法でピンクゼリーを使用しましょう。
 

どうしても心配な人は「国内産で信頼性の高いピンクゼリー」や「成分がしっかり明記されているピンクゼリー」を選ぶと良いでしょう。

ただ、基本的にはどのピンクゼリーも安全性が高く、安心して利用できると思います。
 

もし心配な人は、産婦人科の先生の意見などを聞いてみるのも良いでしょう。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーの使い方・使用方法!

ピンクゼリーの使い方・使用方法

 

⇒産婦人科と共同開発のピンクゼリーはコレ

 

ピンクゼリーを初めて使用する人は、「やり方や使用方法」などが分からなくて不安だと思います。

ここでは「一般的なピンクゼリーの使い方・使用方法」をご紹介していきましょう。
 

まず、ピンクゼリーは「注射器(シリンジ)」に規定の量のゼリーを入れて、タンポンのような感じで膣内にゼリーを注入します。

ちなみに、ピンクゼリーはそのままでは使用することができない場合が多いです。
 

ですので、まずは「ゼリーを液体になるまで溶かす必要」があります。

具体的に溶かす方法は、コップに入った「45℃から50℃くらいのちょっと熱めのお湯」の中に、容器ごとピンクゼリーを入れて溶かします。
 

時間は「大体5分から10分程度」で溶かす事ができるので、性行為の前にピンクゼリーを溶かしておくと良いでしょう。

ピンクゼリーによっては「お湯に入れても溶けないケース」もあるようなので、そのような時はもう少しお湯の温度を高くしてみると良いと思います。
 

ピンクゼリーを溶かしたりするのが面倒だという場合は、「ジュンビー」という会社が販売しているのピンクゼリーが「湯煎なし」なのでオススメです。

次にその溶かしたピンクゼリーを、1回の規定量である「3ccから4cc程度」を注射器に入れます。
 

注射器を膣内に入れる際には、妊娠率UPのために「腰枕」などをして挿入するとスムーズに奥まで入れる事ができます。

ちなみに、ピンクゼリーの量が多いからといって妊娠成功率が上がるわけではありません。
 

ですので、ピンクゼリーを規定の量よりも多めに入れるような事はやめたほうがよいでしょう。

ピンクゼリーをシリンジに入れる際の注意点としては、「注射器(シリンジ)を半分以上挿入してから注入すること」です。
 

これにより、膣内の「より深い部分」までピンクゼリーを入れる事ができます。

ちなみにゼリーが熱いまま入れてしまうと膣内が火傷してしまう恐れがあるので、十分に冷ましてから入れるようにしましょう。
 

そして、ピンクゼリーを膣内に入れた後は、5分程度経ってから性行為を行うと良いです。

少し時間をおいたほうが膣内にピンクゼリーが行き渡るので、ピンクゼリー注入後は少し時間を置いてから行うのがお勧めです。
 

また、ピンクゼリーを入れた時にすぐに起きてしまうと、ピンクゼリーが膣からこぼれてしまう可能性もあります。

ですから、ピンクゼリー注入後は「寝ながら足などを閉じておく」と、ピンクゼリーが漏れることなく膣内に馴染ませる事ができますよ。
 

ちなみにピンクゼリーを使用した時は、前戯などはあまりしないほうが良いでしょう。

ピンクゼリーの効果の時間は「膣内に入れてから5分~60分以内」と言われていて、その時間内に「膣内へ精子が入っている状態」にすることが望ましいです。
 

また、性交後はしばらくを足を上げておいて、お腹に力が入らないようにすると効果的です。

普通に性行為を行っていれば、射精された精子が膣の外に出てきてしまうのは一般的です。
 

ですが、ピンクゼリーを使用している時には「できるだけ精子が膣外に出ないように工夫」すると、妊娠率も上がります。

ピンクゼリーは様々な商品がありますが、大体同じような感じの物が多いので、自分にあったピンクゼリーを使用するのがおすすめですね。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

使うタイミングは排卵日前が一番効果的

使うタイミングは排卵日前

では、ピンクゼリーを使うタイミングは「排卵日前」「排卵日の当日」「排卵日前の後」のいつが効果的なのでしょうか?
 

これに関してですが、女の子の産み分けは「排卵日の前」が一番効果的と言われています。

特にオススメなのが、「排卵日2日前~排卵日前日」です。
 

「排卵日の当日」が妊娠しやすい時期と思っている人も多いようですが、実際には「排卵日2日~4日前まで」が一番妊娠しやすく、排卵日当日は妊娠率が前日よりも落ちます。
 

ちなみに「ピンクゼリーを使用すると、排卵日2日前は妊娠確率は下がってしまう」という噂もありますが、これは間違えです。
 

確かに「X精子を優先するのでY精子が活動しにくくなり、妊娠率も下がってしまう」という話もありますが、排卵日2日前は特に妊娠しやすく、女の子も生まれやすい期間なのです。
 

ただ、正確な排卵日を把握することは、なかなか難しいです。
 

「基礎体温」や「おりもの」のチェック、産婦人科での「エコー検査」などをしっかり行うことで、自分の生理周期をちゃんと把握することができます。

ピンクゼリーを使用した人の成功例を聞くと、「排卵日の3日前~1日前に、ピンクゼリーを使用して性行為を行ったら女の子ができた」というケースが多いです。
 

ですから、排卵日をきちんと把握することが重要だと言えます。

よくピンクゼリーを「排卵日前の2日連続」で使用している人も多いようです。
 

ピンクゼリー自体は連続して使用しても問題ないようですが、肝心の効果はマチマチのようです。

「受精日を計算する方法」として、「最終生理開始日を覚えておくこと」が重要だとされています。
 

排卵日は「生理の大体2週間後」と考えられていますが、正直いつ排卵されるか判らないので、やはり産婦人科を受診したりすることをおすすめします。
 

このように、一般的には排卵日よりも前日に性行為を行うことで女の子が生まれやすく、排卵日後に性行為を行うと男の子ができやすいといわれています。

なので、その時期を狙ってピンクゼリーと性行為を組み合わせると良いでしょう。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

【必見】本当に安全性が高いピンクゼリーの選び方

本当に安全性が高いピンクゼリーの選び方

ピンクゼリーは女の子の産み分けが可能ですから、女の子が欲しいお母さんとしてはかなり気になるアイテムです。

しかし、仮に使ってみようと思った場合、一番気になるのは「どのピンクゼリーが本当に安全なのか?」…ということではないでしょうか?
 

「産婦人科に相談して、処方されたものが安心でしょ」と思っているあなたは、正直甘いです。
 

一般的な産婦人科で処方されるものは、もちろん安全性が高いからこそ処方されているわけです。

ですが、実は「成分表記が未記載」のピンクゼリーも多いからです。
 

現在、日本で発売されているピンクゼリーには「成分が書いてないピンクゼリー」も実は意外と多いです。

なぜ成分を記載しないのかの理由については「成分については企業秘密だから」という場合が多いようです。
 

そして、産婦人科が取り扱っているピンクゼリーでも「成分が書いてないもの」は現実的にあるのです。

いくら産婦人科が処方してくれるものとはいえ、「成分が書いていないもの」を膣内に入れるのは心配ですよね?
 

では、本当に安心安全のピンクゼリーはどうやって選べばいいのか?

ここでおすすめなのが「ジュンビー」という会社のピンクゼリーです。
 

ジュンビーのピンクゼリー
 

このジュンビーのピンクゼリーは日本で唯一、「厚生労働省が体内への使用を許可」している「管理医療機器認証商品」なのです。

逆に言えば、日本で販売されている他のピンクゼリーは「膣内に使用してもOK」と国から許可を受けてはいないのです。
※「化粧品」として販売されているため
 

ちなみに、ジュンビーのピンクゼリーは「産婦人科と共同開発」で作られたピンクゼリーです。

もちろん、配合成分についてもすべて表記されています。
 

・厚生労働省から日本で唯一認められている

・産婦人科と共同開発

・他のピンクゼリーと値段はほぼ同じ

 

…この3点をトータルに考えたうえで、一番安心安全なのはジュンビーのピンクゼリーといえるのではないでしょうか?
 

詳しくは公式サイトをチェックしてみてくださいね⇒ジュンビーのピンクゼリーの公式サイトはココ
 

⇒目次に戻る

日本製の人気の市販ピンクゼリー!おすすめはこの3つ

日本製のピンクゼリーのおすすめ

ピンクゼリーには様々な商品がありますが、やはり日本製のピンクゼリーが人気です。

「日本製や国産品」と聞くと安心感もありますし、サポート面でも信頼できるので、日本製のピンクゼリーを選ぶ人が多いようです。
 

しかし、国内製造のピンクゼリーも数多くあり、どの商品が良いのか迷ってしまう人もいると思います。

ここでは「国産のピンクゼリーの中でも特に人気のある商品」を、クチコミなども合わせて3つ紹介したいと思います。
 

ジュンビーのピンクゼリー

ジュンビーのピンクゼリー

⇒ジュンビーのピンクゼリーの公式サイト

 

日本製のピンクゼリーの中でも特に人気な商品として、ジュンビーのピンクゼリーがあります。

ジュンビーのピンクゼリーの主な特徴は、使いきりタイプなので「注射器を洗浄しなくても良い点」があげられます。
 

使いきりタイプではないピンクゼリーは自分で洗浄しなくてはいけませんし、ゼリーも事前に温めておく必要があります。

ジュンビーのピンクゼリーの特徴は、「湯煎は不要」で「使い終わったらすぐに捨てることができる」ので、手軽に使用できる点が魅力でもあります。
 

きちんと洗浄をしないと注射器に細菌が発生させてしまう原因にもなるので、洗うのが面倒だと思う人は使いきりタイプがおすすめです。

また、ジュンビーのピンクゼリーは「配合されている成分」をきちんと表示されている点でも良心的な商品と言えます。
 

配合されている成分には、「精製水」「乳酸」「クエン酸」「ヒアルロン酸」などが使われており、人体に影響の無い成分が使われています。

ph調整剤に使用している「クエン酸ナトリウム」に関しても、安全性の高い成分を使用していて、人体になるべく影響がないような成分が含まれています。
 

安全性に関して、ジュンビーのピンクゼリーはかなり信頼性が高いといえるでしょう。

ジュンビーのピンクゼリーは「産婦人科医と共同開発した製品」なので、専門家がきちんとした知識を持って開発しています。
 

また、厚生労働省が体内への使用を許可した「管理医療機器認証商品」にもなっており、他のピンクゼリーよりも安全性や信頼性が高いです。

従来のピンクゼリーは成分が不明だったり、雑貨扱いになっている物が多く、使用した事でトラブルが起きる可能性もありました。
 

ジュンビーのピンクゼリーのように成分がきちんと明記されて、国の認定を受けている商品は、口コミ評判も良く利用者からも満足度が高いです。

ジュンビーの口コミを見ても「初めて利用したが手軽に使えた」「お陰で女の子を妊娠できた」という喜びの声も多く、国内でも利用者が多い商品になっています。
 

また、ジュンビーのピンクゼリーを購入することで、妊娠期には欠かせない栄養素である葉酸サプリ「プレママ」も付いてくるサービスも行っています。

まさに、妊娠を望む女性の気持ちをよく理解している会社だと言えるでしょう。
 

ジュンビーのピンクゼリーの価格は「1箱10本入りで14800円(税別)」で販売されています。

ただ、2箱~3箱とまとめて購入することで「割引」が適用されるので、まとめて購入するとよりお得になります。
 

2箱以上購入することで送料も無料になるので、少しでも安く購入したい人は、複数買いするのがお勧めです。

また、ジュンビーでは「おめでたキャッシュバックキャンペーン」なども行っており、条件をクリアすることで「余ったピンクゼリー」を1箱10000円で買取してくれるサービスもあります。
 

このように、ジュンビーのピンクゼリーは初めて使う人でも抵抗なく使えます。

もし、ピンクゼリーをどこの会社の物を使用していいのか迷っている人はジュンビーのピンクゼリーがおすすめです。

 

⇒ジュンビーのピンクゼリーの公式サイト

 

⇒目次に戻る

ベイビーサポート for girl

ベイビーサポート for girl

ベイビーサポート for girlも、国内産のピンクゼリーではジュンビーのものと同じくらい人気のある商品です。

ベイビーサポート・フォーガールの主な特徴は、使いきりタイプで特に「品質」にこだわっている点です。
 

ベイビーサポート for girlで使用されている成分は「すべて国産の天然成分」を使っており、医療業界向け製品の衛生環境下で作られているので、ホコリ一つ付かないような環境下で作られています。

ベイビーサポートの成分に関しては、化粧水などで使われているような成分や、体に害の無い成分が使われています。
 

例えば、「レモン果汁」や「茶葉エキス」といった天然成分を使っており、他の成分も「皮膚に付着しても影響が出ない成分」で構成されています。

肝心のph調整剤に関しても「クエン酸」や「クエン酸ナトリウム」「水酸化カリウム」といった、体に害のあるような成分は含まれていません。
 

ピンクゼリーはデリケートな部分に使用するので、「肌に影響が出るような成分」が入っていれば、気になる人もいると思います。

ですが、そのような心配を解消してくれるのがベイビーサポート for girlといえます。
 

また、ベイビーサポート フォーガールでは成分や製造場所以外にも「容器や袋」も日本製のものを使用するなど、とことん衛生面にこだわっているピンクゼリーです。

他のメーカーの製品ではここまで衛生面にこだわっているピンクゼリーは珍しく、安全面や衛生面が気になる人に特におすすめだと思います。
 

ベイビーサポート利用者にもこの部分は好評で、実際に使用した人の口コミでは「綺麗で使いやすかった」「注射器が袋に入っていて安心できた」といった口コミが多いです。

また、「使いやすかった」というクチコミも多く、「色々なピンクゼリーを試したが、ベイビーサポートはゼリーが水っぽくなく膣内から出にくかった」という口コミもありました。
 

他にも「注射器が扱いやすかった」という意見や「湯銭なども必要なくて便利」といった手軽さも好評で、リピーターが多い製品のようです。

ベイビーサポートの価格に関しては1箱7本入りで13800円(税別)になっており、2、3箱まとめて購入することで割引されて安く購入することができます。
 

ベイビーサポート for girlでは「おめでた返金キャンペーン」というサービスを行っており、条件を満たすことで余ったピンクゼリーを1本1000円で買取りしてくれます。

この返金制度は「2箱以上購入している人」が対象になるので、1箱購入するよりも2箱以上購入したほうが「おめでた返金キャンペーン」を受ける事ができるので、よりお得といえます。
 

また、2箱以上購入することで送料も無料になるので、ベイビーサポート for girlを購入する際には単品購入よりも複数購入がおすすめです。
 

⇒ベイビーサポートの詳細ページはココ

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ハローベビーガール

ハローベビーガール

ハローベビーガールも日本で生産されているピンクゼリーで、国内で人気が高い商品です。

使い捨てタイプになっており、扱いやすくて衛生面にも気を使っているピンクゼリーとして有名です。
 

ハローベビーガールは安全面に特に気を使っており、製造の際には「皮膚刺激性試験」「目刺激性試験」「急性経口毒性試験」の3つの試験を行っています。

「皮膚刺激性試験」では、皮膚に触れても刺激が無いかのテストを行っており、ハローベビーガールはデリケートな部分に使用するので、このような試験を事前に行っていると安心ですね。
 

「目刺激性試験」は「仮に目に入っても刺激がないか?」のテストを行っており、間違って目などに入った場合にはトラブルにならないようにチェックされています。

「急性経口毒性試験」では、「経口投与しても異常がないか?」のテストを行っており、間違って口の中に入っても害が無いようにテストが行われています。
 

すでに子供さんがいる家庭では、家にピンクゼリーを置いておくと、誤って子供が口に入れてしまったり目に入れてしまう可能性も考えられます。

ですので、このような「安全性のテスト」を行っている点は、小さい子供がいる家庭では安心ですよね。
 

ハローベビーガールでは、もちろん成分に関してもすべて公表していて、体に害がある成分は含まれていません。

ph調整剤に関しても「クエン酸」や「リン酸」などを使用していて、他のメーカーと同じように「高品質で安全な成分」を使用しています。
 

また、ハローベビーガールでは「胎児に影響を与える」と言われている「メチルパラベン」を使用しておらず、母体だけではなく胎児の影響も考えて作っています。

そのほか、ハローベビーガールには「プレミアムシリーズ」と呼ばれる商品も存在していて、従来のハローベビーガールよりも「妊娠率を高める成分が配合」されています。
 

具体的には、ハローベビーガールプレミアには「塩化ナトリウム」と「フルクトース」が配合されています。

この2つの成分は「精子を活発的に活動しやすくさせる成分」であり、従来の物よりも妊娠率を上げてくれる効果が期待できるのです。
 

ちなみに、普通のハローベビーガールとプレミアを比較すると、メチルパラベン配合以外は特に違いはありません。

ですから、普通のハローベビーガールでも産み分けを行うには十分な製品になっています。
 

使用者の口コミを見ても「プレミアと迷ったけど従来の物でも妊娠できた」「両方使ってみたけど違いが判らない」といった意見もあり、違いはそこまで無いようです。
 

値段に関しては、普通のハローベビーガールが「1箱7本入りで10000円(税別)」で、プレミアが「1箱7本入りで12800円(税別)」になっています。

どちらも複数購入することで割引になっており、送料も無料になるので、まとめて購入したほうがお得になります。
 

従来の物でも産み分けに関して劣るわけではありませんが、人生で何度も出産する訳ではないので、どちらが良いのか迷っている人はプレミア版が良いと思います。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

アメリカ製・中国製は危険?デメリットは何?

海外製のピンクゼリーは危険

ピンクゼリーは色々ありますが、「海外製のピンクゼリー」もあります。

海外製でも特に「アメリカ製や中国製」のピンクゼリーが国内に多く、海外製はメリットもありますが、デメリットもあるので注意が必要です。
 

海外製のメリットは、日本製ピンクゼリーと比較すると「値段が安く購入できる」ので、気兼ねなく使える点です。

ピンクゼリーの産み分け成功率は大体70~80%位といわれているので、なかなか上手くいかなければ、それだけピンクゼリーを使う回数が増え、出費になります。
 

生み分けが長期戦になるほど費用がかかってしまうので、どうしても「値段が高めな国内産のピンクゼリー」よりも「海外製の安いピンクゼリー」に魅力を感じてしまう人は多いようです。

反対に、海外製ピンクゼリーのデメリットは「成分表示のないピンクゼリーが多い」ということです。
 

特に「中国産のピンクゼリー」などであれば、成分表示がないとなると安全性がかなり怪しいです。

ですので、安全を考えるなら日本製のピンクゼリーが無難だと思います。
 

海外製ピンクゼリーでも、基本的には人体に影響が無いと言われています。

ですが、海外製品は日本人に向けて作られた商品ではないので、日本人が使用すると人体に影響が出る恐れもあるようです。
 

その点、日本製海外製ピンクゼリーの場合には「日本人を対象に作られている」ので、使用しても体に影響が出にくいと言えます。

もちろん、海外製ピンクゼリーを使用している人は国内でもたくさんいます。
 

そして、海外製ピンクゼリーを使ったからといって「副作用がでた」「体が不調になった」などの話は今までありません。

ですが、安全性を重視したほうが精神的にも良いですから、やはり安心の日本製のピンクゼリーがおすすめですよ。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーの主な配合成分はなに?

ピンクゼリーの配合成分

ピンクゼリーは「産み分けができる画期的な商品」ですが、中には「成分を記載していないピンクゼリー」も多いです。

どうやら成分は企業秘密にしているようですが、基本的には「体に害になるような成分」は含まれていないので、安心して使用することができると思います。
 

ですが、ピンクゼリーは「デリケートな部分に使うもの」ですから、やはり気になる人も多いでしょう。

産婦人科で出されるピンクゼリーであっても「主成分が表示されていないもの」もあるので、医師が安全と言っても心配になってしまう人もいるようです。
 

妊娠には「ストレスや心配事が良くない」といわれていますから、ピンクゼリーの成分に不安を感じてストレスになってしまったら、本末転倒な話になってしまいます。

ピンクゼリーを使用したいけど「成分が公表されていないこと」で使用を迷っている人は、「ジュンビー」という会社から販売されているピンクゼリーがおすすめです。
 

ジェンビーのピンクゼリーは、成分がすべてきちんと表示されているので、安心して使用することができます。

ジェンビーのピンクゼリーのホームページを見ると、特に安全性にこだわっており、「配合されている成分」や「産婦人科と共同開発を行っている」といった情報も書かれており、国内産ということも安心ポイントです。
 

ジェンビーのピンクゼリーは使い切りタイプでもあるので、配合されている成分が劣化して人体に影響を与えることもなく、体が弱い人でも安心して使用できると思います。

例え「人体に影響がないもの」と言われている品物でも、体に影響が出てしまう人がいるかもしれません。
 

ですから、ジェンビーのピンクゼリーのように「事前にすべての成分が公表されているピンクゼリー」は良心的だと言えます。

また、未知な成分によって赤ちゃんに影響が出てしまう可能性もあり、例え女の子が生まれても障害を持ってしまう恐れも考えられます。
 

世界中の人がピンクゼリーを使用していて、特に悪い話は聞きませんが、もし自分がピンクゼリーを使った際に異変が起きた時には心配だと思います。

事前に配合成分を知っているとの知らないのでは、精神的にも負担が少なくなります。
 

ですから、体が弱い人や配合されている成分が気になる人は「ジュンビーのピンクゼリーを」のような、ちゃんと成分が表示されているピンクゼリーを選ぶようにしましょう。

また、他のピンクゼリーと違い、ジェンビーのピンクゼリーは「管理医療機器」の認証を受けたピンクゼリーです。
 

管理医療機器は、「厚生労働省が体内の使用を認めた商品」という意味があり、国のお墨付きが付いているので、より安全で信頼性のある商品です。
 

ピンクゼリーの類似品は「雑貨」扱いになっているので、体内に使用することでトラブルが起きたりする恐れがあります。

安全で健康的な赤ちゃんを希望するなら、成分がきちんと表示されているピンクゼリーをを選ぶことが大切です。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

通販・市販のピンクゼリーの値段!相場はいくら?

ピンクゼリーの相場価格

ピンクゼリーの相場価格は「大体1万円から1万5千円ぐらい」の価格で販売されています。

病院や産婦人科で購入できるピンクゼリーは、ネット通販で販売されている価格よりも安く購入できるものが多いです。
 

しかし、診察代やカウンセリング代などを加えると、結局は大体同じ位の金額になります。

値段が同じなら「産婦人科や病院」でキチンと体の状況を把握してもらってからピンクゼリーを使用したほうが、正確な生み分けを行えるので良いと思います。
 

ですが、多少の時間や手間がかかるのがデメリットでもあります。

また、病院によって値段が安いところと高いところがあるので、少しでも料金を安く済ませたい人は、安い病院を根気よく探すか、ネット通販んで国産のピンクゼリーを買うのが良いでしょう。
 

店舗販売の市販で買えるピンクゼリーは、現在のところありませんので、通販や病院で購入する手段しかありません。

ちなみに、ピンクゼリーを初めて使用する人は産婦人科を受診することが多いですが、長期的に産み分けに挑戦している人は通販で購入している人が多いようです。
 

産婦人科で処方されるピンクゼリーも通販で購入することも可能なので、時間がない人や忙しい人は通販でも問題ないと思います。

通販で購入する場合には副作用の心配もあるようですが、国内製のピンクゼリーは海外製よりも安全性がかなり高いです。
 

ですから、副作用や品質が心配な人は、必ず国内産のピンクゼリーを買うようにしましょう。

通販で海外製のピンクゼリーを購入する際には値段が安いですが、個人輸入はトラブルなども多いので、十分注意しましょう。
 

通販のピンクゼリーのほうが手軽で安く使用できますが、きちんとした排卵日や自分の体を知るためにも、定期的な産婦人科の受診も大事だと思います。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーは産婦人科・病院でも購入できる?

産婦人科での購入は高い

ピンクゼリーは産婦人科や病院でも購入することができます。

ただ、ピンクゼリーを病院で処方してもらう場合には「産み分け指導」などもセットになっているケースが多いです。
 

その場合、ピンクゼリー代とは別に「診察代やカウンセリング費用」がかかります。

診察やカウンセリングの際には、「基礎体温表の記録」や「卵胞の大きさチェックによるエコー検査」などが行われます。
 

ピンクゼリーを産婦人科で購入した場合には「大体1万円~1万5000円ぐらい」で購入することができ、保険が利かないので「実費負担」となります。

病院によって金額は変わる場合もあるので、「少しでも料金を安く済ませたい人」は事前に確認してから来院すると良いでしょう。
 

また、産婦人科によってはピンクゼリーを扱っていない病院もあるので、値段・価格と合わせて一緒に調べておくのがおすすめです。

ピンクゼリーが欲しい人の中には「内診が面倒」と思う人もいると思いますが、そういった人は「産婦人科のピンクゼリーが買えるオンラインショッピングサイト」もおすすめです。
 

色々なサイトで産婦人科のピンクゼリーは販売されていますが、有名所として「杉山産婦人科の生み分けネット」が口コミで人気です。

こちらのサイトでは、SS研究会(産婦人科医師による研究会)によって開発された「実際に病院で使われているピンクゼリー」を購入することができますよ。
 

⇒杉山産婦人科の生み分けネットはコチラ
 

インターネットには色々なピンクゼリーが販売されていますが、海外製は粗悪品なども多く、効果も様々です。

ですが、実際に病院で使われているピンクゼリーであれば安全性も高いですし、信頼性もあるといえるでしょう。
 

もしピンクゼリーの品質にこだわるのであれば、通販で買うよりもちょっと金額は高くなりますが、産婦人科で処方してもらうのが良いでしょう。

通院が面倒であれば、厚生労働省に管理医療機器として認められているピンクゼリーを選ぶべきです。
 

ちなみに、実際に病院に通って内診を受けてからピンクゼリーをする場合、正確な排卵日を知ることができるメリットもあります。

ですので、女の子の妊娠率を少しでも上げたいなら、面倒でも通院をしてピンクゼリーを処方してもらうのが良いでしょう。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーは薬局やドラッグストアでも購入できるの?

薬局やドラッグストアには売ってない

ピンクゼリーは手軽に薬局やドラッグストアなで市販されているのでしょうか?

マツモトキヨシやスギ薬局などで手軽に変えたら便利ですよね。
 

しかし、ピンクゼリーは残念ながら「薬局やドラッグストア」などの薬屋さんでは販売はされてはいません。

マツキヨやスギ薬局などに行くと「ピンクゼリーと似たような商品」がありますが、あれは「潤滑ゼリー」なので、女の子の生み分けを行うことはできません。
 

ピンクゼリーは現在のところ市販されていないので、オンラインショップや産婦人科で購入するしかないです。

海外の通販サイトなどでも購入することもできるようですが、粗悪品なども多く、成分も表示されていないのでおすすめはできません。
 

ですので、できれば国産の成分表記がしっかりしているものを、通販などで購入するのが良いでしょう。

安全性を取るのであれば、厚生省から医療管理機器に認められているピンクゼリーを選ぶのがお勧めですよ。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

最安値で購入するにはどこで買えばいい?楽天やamazon?

ピンクゼリーの最安値は楽天やamazonではない

ピンクゼリーは病院や産婦人科以外にも、実は「amazonや楽天」などでも購入することができます。

アマゾンや楽天で購入するメリットは、「一般的な通販や病院・産婦人科で購入するよりも、安く購入することができるであろう」という点です。
 

しかし実際は、「販売元の公式サイト」や「産婦人科」で購入する価格と、「そこまで変わらない価格」で販売されていることが多いです。

ですので、サポート面がしっかりしている「販売元の公式サイト」で購入するほうが、楽天やアマゾンよりも正直おすすめです。
 

販売元の公式サイトであれば、「お得なキャンペーン」や「まとめ買いによる割引」、さらに「手厚いサポート」もありますので安心です。
 

公式サイトで買ったほうがサポートが安心

このようにamazonや楽天でちょっと安い値段でピンクゼリーが売っていても、様々な観点から考えると公式サイトや病院で買ったほうが良いといえるでしょう。
 

ちなみに、ピンクゼリーは「ヤフオクやメルカリ」などの「オークションサイト」でも激安価格で販売されており、新古品や中古品などが最安値で販売されています。
 

安いピンクゼリーは「定価の半額以下」で販売されていることもあり、どうしても安くピンクゼリーが欲しい人は「オークションサイトで購入する」という方法もあるようです。
 

ただし、オークションやフリマサイトで販売されているピンクゼリーは、素人が保存しているために商品が劣化している恐れがあります。
 

中には、すでに使用期限が過ぎていて、ピンクゼリーの効果が弱くなっているものもあるようです。

このように、家電や日用品なら中古などでヤフオクやメルカリで購入しても、特に問題はありません。
 

ですが、ピンクゼリーは体に入れるものですから、安全面を考えるなら「販売元の公式サイト」で買うのが無難といえるでしょう。

少しでも安心して使いたいのであれば、きちんとした品質のピンクゼリーを使用するのがオススメです。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリー使用者の口コミ評判は?

ピンクゼリーの口コミ

ピンクゼリーは「産み分けをしたい世界中の夫婦」が使用しています。

では、実際のピンクゼリー使用者の口コミはどのようなものがあるのでしょうか?
 

ピンクゼリーの口コミ評判を見てみると、多くの人は「満足した結果」になっているようですが、「ピンクゼリーを使用しても効果が無かった人」もいるようです。
 

ピンクゼリーの評価の高い良い口コミとしては、

「無事に女の子ができました」
「失敗も経験したが成功した」
「男の子が続いてて、どうして女の子が欲しかったので使用して良かった」

…という「成功した報告」が多かったです。
 

ピンクゼリーの成功率は約70~80%前後と言われているので、使用すれば100%妊娠できる訳ではありませんが、「ピンクゼリーを使い続けたこと」で女の子を授かっている夫婦が多い印象です。
 

反対にピンクゼリーの悪い口コミを見ると、

「女の子ではなく男の子だった」
「上手く妊娠ができなかった」
「色々手間がかかって面倒だった」

…という口コミがありました。
 

ピンクゼリーを使用する人の中には「ピンクゼリーを使用すれば必ず女の子が生まれる」という認識がある人が多くいるようです。

ピンクゼリーはあくまでも「女の子を産みやすくさせてくれる環境を作ってくれるアイテム」なので、絶対に男の子が生まれないという可能性はありません。
 

また、ピンクゼリーを使用して失敗ばかりしている人は「自己判断で使用している人」が多いようです。

産婦人科や病院などの「専門家の意見」を聞きながらピンクゼリーを使ったほうが、成功率も上がっているようです。
 

卵子の状態などもきちんと専門家に見てもらうことで、ピンクゼリーの効果も変わってくるので、なかなかピンクゼリーの効果が出ない場合は産婦人科に行ってみると良いでしょう。
 

また、「使うと色々面倒だった」というクチコミ評価もいくつかありましたが、そういった場合は「使いきりタイプのピンクゼリー」を使用することで手間が省け、管理も楽になるのでおすすめです。
 

ピンクゼリーは色々な商品があり、値段の高い物から安い物まで色々あって、一体どのピンクゼリーを購入したらいいのか迷ってしまうと思います。

良い結果を得た口コミの人々は、「病院で処方されたピンクゼリー」や「国産の使いきりタイプのピンクゼリー」を使用している人が多い傾向にあり、多くの人が満足しているようです。
 

逆に、評判の悪い口コミの人々は、「海外製品を使っている人」が多く見られたので、ピンクゼリーを使い慣れない人は国産の使いきりタイプがおすすめだと思います。
 

このように、ピンクゼリーの口コミは様々なものがあります。

これらの口コミを総評してみると、「品質の高い国産品のピンクゼリーを使い、根気よく産み分けを続けること」が成功のカギといえるのではないでしょうか?

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーを使うと妊娠しにくいってホント?

ピンクゼリーで妊娠しにくくなることは無い

「ピンクゼリーを使うと妊娠しにくい」という噂がありますが、これは間違えです。

確かにピンクゼリーを使用することで「男性の精子」よりも「女性の精子」のほうが活発的に動きやすくなります。
 

そのために「妊娠率が下がる」という意見もありますが、ピンクゼリーを使用しても男の子が生まれてしまった人も現実的にいます。

ピンクゼリーには「精子を殺す成分」は含まれていないので、「妊娠の確率が下がるというのはあくまでも噂」であり、科学的根拠もありません。
 

男の子が生まれやすい夫婦がピンクゼリーを使用した場合には、男の子が妊娠しにくくなるケースが考えられます。

ですが、そのぶん女の子を妊娠する確率が上がっているので、不妊になるという訳ではありません。
 

もともと妊娠というのはそう簡単には上手く行かない傾向が強いです。

ですので、ピンクゼリーの使用に関わらず、気長に行う気持ちでいたほうが良いでしょう。
 

また、ピンクゼリーの成功率は大体70~80%位だと言われているので、長期目線で生み分けに望んだ人がストレスを感じることなく行えます。

ストレスを感じてしまうと、それこそ妊娠しづらい体質を作ってしまうので、夫婦が強力しながら行う事が大事だと言えるでしょう。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

不妊治療中にピンクゼリーを使っても大丈夫?

ピンクゼリーを使っても問題ない

不妊治療中をしている際に、ピンクゼリーを使っても問題はないのでしょうか?

例えば、「1人目が男の子だったので、2番目は女の子が欲しい」と思っても、2人目の子供がなかなか妊娠できずに「不妊治療」を行っている人も、中にはいるでしょう。
 

これに関してですが、ピンクゼリーは不妊治療中であっても使用することに問題はありません。

実際に、多くの人が不妊治療中にピンクゼリーを使用し、女の子を妊娠することができています。
 

ピンクゼリーはインターネットでも購入することができるようですが、産婦人科でも販売されており、病院からピンクゼリーを勧める場合もあります。

世界中の女性が現在不妊治療を行っており、不妊治療と合わせてピンクゼリーも使われています。
 

ただ、科化学的な根拠はありませんが、ピンクゼリーなどを使用すると妊娠しづらいという話もあります。

ですので「性別関係無く赤ちゃんが欲しい」と思っている人は、気休め程度ですが、ピンクゼリーを使用しないほうが賢明かもしれません。
 

女の子を妊娠しづらい原因には「体質的なもの」も関係していて、「男の子を妊娠しやすい」という体質もあるそうです。

具体的には女性の膣内の粘膜が関係しているらしく、病院によっては「粘膜を調節する薬」や「ピンクゼリー」などを使って不妊治療を行っているところもあります。
 

ピンクゼリーは女の子を妊娠しやすくさせる物なので、「男の子を妊娠しやすい体質の人」はどうしても上手くいかない事もあると思います。

そんな人でも、「長年かけてやっと女の子が生まれた」という夫婦もたくさんいるので、諦めずに続ける事が大事だと思います。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーの使用期限はいつまで?保存方法は?

ピンクゼリーの使用期限

ピンクゼリーの使用期限は、大体1年くらいが多く、使用期限の長いものは2年ぐらい使えるものもあります。

使いきりタイプのピンクゼリーは使い勝手がいいですが、使用期限が1年以内というものが多く、湯銭などで溶かして使うタイプは、使用期限が2年位は持つ物が多いようです。
 

「使用期限の切れたピンクゼリー」を使用すると効果がないと言われていて、体に支障を来たす恐れもあるので、できれば古いピンクゼリーは使用しないほうが良いでしょう。

ピンクゼリーの保存方法は、直射日光が当たらない常温で保存すると良いとされており、なるべく涼しい所において置くことをおすすめします。
 

また、一度開封してしまったピンクゼリーに関しては、保存方法をしっかり行えば、実はもう一度使用することもできます。

冷蔵庫などに入れてきちんと密封しておけば、使用しても問題ないようです。
 

ですが、空気に触れると劣化するので、開封してしまったらすぐに使用したほうが良いと思います。

できれば、劣化しているかもしれないピンクゼリーを使用するより、使いきりタイプを使用して「常に高品質のピンクゼリー」を使用したほうが良いでしょう。
 

最近ではフリマサイトやオークションなどで「未開封のピンクゼリー」などがお手頃な値段で販売されています。

ですが、素人が保存していた場合には商品が劣化している恐れもあるので、きちんとした生み分けを行いたい人にはおすすめできません。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーは何回目の妊娠まで使える?

ピンクゼリーは何回目の妊娠まで使えるの?

ピンクゼリーは、使用することで女の子を妊娠する確率を上げてくれるので、とても便利な品物です。

しかし、何度も使用していると「母体や赤ちゃんに影響が出てしまうのでは」と不安に思ってしまう人もいるのではないでしょうか?
 

ですが、ピンクゼリーは何度使用しても、特に母体に問題はないとされています。

1人目に男の子ができたご夫婦が、「2人目、3人目は女の子が欲しい」ということでピンクゼリーを使用しても、特に体に影響が出ることなく使用可能ですよ。
 

むしろ、希望通りの赤ちゃんを妊娠することができるので、女の子の兄弟が作りたいという人にはピンクゼリーはおすすめだと思います。

最近ではピンクゼリーを使用して、希望通りの性別の赤ちゃんを妊娠している夫婦もたくさんいます。
 

なので、現在では「ピンクゼリーやグリーンゼリー」は、子作りには必須アイテムといえるでしょう。

ただし、ピンクゼリーを使用したからといって必ず女の子が生まれる訳でもありませんし、ピンクゼリーを使用して男の子が生まれてしまった家庭もあります。
 

このように、ピンクゼリーは何回使っても、特に体に害はありません。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーの注射器は使用後にすぐ洗ったほうがいい?

注射器はすぐに洗ったほうがいい?

ピンクゼリーを利用する際には、注射器(シリンジ)を使って膣内にゼリーを注入します。

衛生的には「使用したらすぐに洗う」ほうが良いと思いますが、性交後は「膣内からピンクゼリーが漏れてきてしまうケース」も考えられます。
 

ですので、すぐに起き上がらないほうがオススメです。

どうしても早く洗浄をしたい場合には、旦那さんに洗浄をしてもらって、自分はしばらく足を閉じて「ゼリーが膣内から出ないようじっとしている」のが良いでしょう。
 

また、ガラス製の注射器の場合ですと、汚れが染み込むことはないので安心ですし、塩素系の消毒や熱湯消毒などで殺菌をすれば問題ないので、性交後に洗浄しても大丈夫です。

どうしても衛生面が気になるようでしたら、「ジュンビーのピンクゼリー」がお勧めです。
 

ジュンビーのピンクゼリーは注射器(シリンジ)が使い切りタイプなので、衛生面を気にせずに使用することができます。

洗浄がきちんとされないことで、注射器(シリンジ)内に細菌が繁殖してしまう恐れがあるので、洗浄はきちんと行うようにしましょう。
 

膣内はとてもデリケートな部分でもあり、きちんと洗浄できていないことで病気になってしまう恐れもあります。

ですので、「管理に自信がない人」や「めんどくさがりな人」は「使いきりタイプのピンクゼリー」がおすすめです。
 

また、注射器を洗浄してその辺において置くと、子供に見られたりする場合もあり恥ずかしいです。

このような理由もあり、使ったらすぐに捨てられる使いきりタイプは、二人目のお子さんを作ろうとしている家庭でも、重宝されています。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリーは旦那に内緒で使うとばれる?

旦那に内緒でピンクゼリーを使うのは難しい

生み分けを希望する女性の中には、「旦那に内緒でピンクゼリーを使いたい」と思う人もいると思います。

ピンクゼリーの基本的な使い方として、「性行為を行う5分前」に膣内に入れておく必要があります。

膣内にピンクゼリーを入れたらしばらくは動けませんし、膣内に性器を挿入した際には「男性側は違和感」があるので、残念ながらバレる可能性は大です。
 

そもそもピンクゼリーは内緒で使用するのは好ましくなく、夫婦の強力があって成功する物だと思います。

ピンクゼリーの効果を最大限に得るには、前儀などもなるべく控え、射精後はすぐに性器を抜くようにすると成功率が上げると言われています。
 

ですので、内緒で使用しても失敗する可能性があります。

ピンクゼリーの成功率は大体70~80%位と言われているので、少しでも成功率を上げたいのであれば夫婦の強力は必須でしょう。
 

部屋を真っ暗にして誤魔化せば、内緒でピンクゼリーを使用することも可能かもしれませんが、バレる可能性が十分に高いのでやめたほうがいいかもしれません。

 
本当に安全性の高いピンクゼリーの選び方
 

⇒目次に戻る

ピンクゼリー以外の女の子産み分け方法は?

ピンクゼリー以外の産み分け方法

ピンクゼリーを使用することで産み分けをすることができますが、ピンクゼリーを使用しなくても女の子の産み分けを行うことは可能です。

使い勝手や成功率に関してはピンクゼリーのほうが上かもしれませんが、ご家庭にある物で手軽に産み分けができるので、試してみる価値はあるかもしれません。
 

ここでは産み分けに効果があると言われている「3つの方法」を紹介したいと思います。

 

■酢洗浄

女の子を希望している人におすすめな方法として「酢洗浄」があります。

昔からある方法のようで、「膣内を酸性にさせること」で女の子を妊娠しやすい環境にしてくれます。
 

ピンクゼリーと原理的には同じ産み分け方法ですが、酢洗浄は「お酢」を使って酸性にさせるので、使用するのに抵抗がある人も入るようです。

作り方ですが、お酢は食卓で使っているお酢を使っている人も結構いて、特別お酢にこだわりは無いようです。
 

ドラックストアなどで売られている「使い捨てビデ」の水を少し捨てて、お酢を「小さじ1、2杯」ほど入れ完成です。

そして、性交の10分前位に膣内を洗浄すれば、膣内が酸性になって女の子が妊娠しやすいと言われています。
 

ただ、酢洗浄による産み分けは「膣内の最適なPh数」がわかりにくく、成功率も低いのでピンクゼリーのほうが良いという口コミも多いです。

お酢を少なすぎると男の子ができてしまう恐れもあるので、「是が非でも女の子が欲しい」という人には、より確実性の高いピンクゼリーがお勧めです。
 

また、仮に酢洗浄を行う際には「衛生面」にも気をつけて行うようにしましょう。

お酢を膣内に入れることで雑菌が沸く恐れがあるので、性交後はきちんとシャワーなどを浴びるなどして膣内を清潔に保つ必要があります。
 

そのほか、性交後に酸っぱい匂いがしたり、ベットを汚してしまう恐れもあるので、酢洗浄する際には十分に気をつけて行う野がお勧めです。

ピンクゼリーに比べると、あまりおすすめではない女の子産み分け方法といえます。

 

⇒安全性を考えるならピンクゼリーで産み分け!

 

■ライム洗浄

酢洗浄と同じ仕組みで女の子の産み分けを行える「ライム洗浄」という方法もあります。

こちらもお酢と同じように、ライムが膣内を酸性に変えてくれるので、女の子を妊娠しやすい環境を作ってくれます。
 

作り方もお酢洗浄と同じで、ドラックストアなどで販売されている「使い捨てビデ」に「ライム果汁を小さじ1、2杯」ほど入れれば完成です。

理想はやはりピンクゼリーを使用したほうが良いですが、「男の子ではなく女の子が欲しいけど、お金をかけたくない」という人は、ライム洗浄や酢洗浄が良いと思います。
 

ライム洗浄と酢洗浄を比べた際に「PHの値」を調べると、ライム洗浄のほうが効果があるといわれており、女の子ができる確率が若干高いのはライム洗浄と言われています。

しかし、ライムがなかなか売られておらず、売っていても高いというデメリットもあるので、酢洗浄のほうが人気があるようです。
 

最近ではライムではなく「レモン」を代用して「レモン洗浄」を行っている人も多く、ライムが手に入らない人はレモンでも良いかと思います。

ただし、酢洗浄と同じように「使用後は膣内をきちんと清潔に保つ必要」があり、性交後に寝てしまうと膣内に雑菌が発生してしまうので注意が必要です。
 

酢洗浄やライム洗浄などは確かに効果はあるようですが、膣内のph数の調整や成功率を考えるとピンクゼリーのほうが個人的には良いとおもいます。

 

⇒安全性ならピンクゼリーが一番安心!

 

⇒目次に戻る

グリーンゼリー以外の男の子産み分け法!

上記では「ピンクゼリー以外の女の子の産み分け方法」をご紹介してきました。

ついでといっては何ですが、「グリーンゼリー以外の男の子を産み分けする方法」もご紹介しておきましょう。

 

■リンカルを飲む

リンカルとは「リン酸カルシュウムの略語」になります。

リン酸カルシュウムを体内に服用すると「男の子が生まれやすい体質」になると言われています。
 

リン酸カルシュウムは錠剤になっており、朝晩に2錠づつ飲みます。

リン酸カルシュウムはすぐには効果が出ず、最低でも2ヶ月は飲み続けなくてはいけません。
 

また2~3日飲み忘れてしまった場合にはリンカルの効果が無くなってしまうので、また1から飲み続けなくてはいけません。

継続性が非常に重要な「男の子産み分け方法」といえます。
 

リンカルを飲む事で副作用などは無いようですが、リンカルを多く服用すると「カルシウムの吸収が悪くなり、腎機能に影響を与える恐れ」があるようです。

ですので、男の子がどうしても欲しいからといって、リンカルの過剰摂取は避けるようにしましょう。
 

ちなみに、リンカルは市販では売られておらず、産婦人科などで処方されることで飲むことができます。

ただ、産婦人科の先生によってはリンカルを処方してくれない先生もいるようです。
 

確かにリンカルは男の子を産み分けする方法として認知されていますが「リンカルがなぜ男の子が生まれやすくなるのか?」は、実はまだ解明されていません。

そのため、リスクも考えられます。
 

リンカルは元々、違う症状のために服用していたところ、服用していた人の赤ちゃんが「女の子よりも男の子の人が多かった」というデータから、リンカルが男の子産み分け法として認知されるようになりました。

リンカルの副作用によって男の子が生まれやすい症状になっているようなので、安全面では不安がある産み分け方法だと言えるでしょう。
 

安全面を考えるとグリーンゼリーのほうが高く、成功率も高いので、体が弱い人や体内に服用することに抵抗がある人は、グリーンゼリーのほうが良いと思います。

⇒目次に戻る