30代の大人ニキビ

30代女性を中心に大人ニキビに悩む人が多いです。

大人ニキビとは要するに吹き出物の事ですが、なぜ大人になってもニキビが出来てしまうのでしょうか?

大人ニキビができる原因について見ていきましょう。

 

パルクレール

ニキビケア以外にも

美容効果で肌もキレイに

↓ ↓ ↓ ↓

パルクレールの公式サイトはココ

 

メルライン

日本で一番売れてる

アゴニキビケアはコレ

↓ ↓ ↓ ↓

メルラインの公式サイトはココ


 

30代の大人ニキビ!できる原因や増える理由は?

30代の大人ニキビ!できる原因や増える理由は?

「ニキビは青春の証」なんていわれたりしますが、思春期特有のものというわけでは決してありません。

成人になってからでもニキビになる人はいますし、現在進行形でニキビに悩んでいる人は沢山います。

成人になってからできるニキビは一般的に「吹き出物」といわれますが、「大人ニキビ」や「アダルトニキビ」なんていう人もいます。

ニキビといっても、成人になってできるニキビは症状が少し違うと感じる方も多いです。

そもそも大人ニキビとはどんなものなのか?

30代の大人ニキビができる原因は何なのか?

そして大人ニキビが増える理由にはどのようなものがあるのか?

今回はこれらの事について解説します。

大人ニキビとは思春期を過ぎてからできるニキビのことをいいます。

Uゾーンといわれる顎やフェイスライン、首筋にかけてできる事が多いです。

30代の大人ニキビは、10代の頃にできるニキビとは原因が全く異なります。

主な原因は、「古い角質の蓄積」と「肌の乾燥」が挙げられます。

仕組みとしては、肌の代謝が悪くなり、ターンオーバーが遅れることで古い角質が毛穴を防いでしまいます。

しかもターンオーバーが低下すれば肌は乾燥しがちになり、角質を硬化させ大人ニキビがさらに強固なものへと変わってしまいます。

毛穴が塞がってしまえばアクネ菌が増殖し、炎症により大人ニキビへと変わってしまうのです。

30代の吹き出物の根本的な原因は、「日常生活」に潜んでいるといっても過言ではありません。

特にストレスと睡眠不足が原因となって大人ニキビができてしまう方が多いです。

ストレスや睡眠不足はホルモンバランスが崩れやすくなります。

女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、肌の潤い保持や皮脂の分泌を促進する作用がある重要なものです。

ですから、これが乱れてしまうと大人ニキビができやすくなります。

栄養バランスが乱れていることでも大人ニキビはできやすいです。

ビタミンやミネラルを上手に取ることはニキビ予防につながりますから、逆に言えば、これらの成分をきちんと摂っていないと「大人ニキビができやすくなる」と言えます。

「食物繊維や動物性脂肪分」を取りすぎてしまえば便秘になりやすく、老廃物が蓄積されやすくなってしまいます。

食生活の乱れは「大人ニキビができやすい時」でもあるということを肝に銘じておきましょう。

「食生活や生活環境に問題ないのにニキビがいきなり増えた」という人は、毎日のメイク落としや洗顔法に問題があるかもしれません。

きちんとメイクを落とさないでいると毛穴が詰まりやすくなりますし、ごしごしと力強く洗顔してしまえば必要な皮脂まで落としてしまい、肌を乾燥させてしまいます。

また、三十代のニキビは「タバコ」や「過度なダイエット」、「冷え性」が原因という方も多いです。

「急に吹き出物が増えた」「突然ニキビが増えた」という人は上記に当てはまっていないか、一度自分の私生活を振り返ってみてください。

思春期にできるニキビとは違って、大人ニキビは原因が実に様々です。

それだけに治すのも一苦労といえます。

大人ニキビは年齢を重ねれば重ねるほど酷くなるというわけではありません。

むしろ30歳よりも40歳、40歳よりも50歳といったように「年齢が高くなるほど大人ニキビの悩みから開放される」という人は少なくないのです。

大人ニキビで悩んでいる年齢層は「20代後半~30代前半」が多いといわれています。

特に30歳を過ぎると肌の代謝は低下気味となり、治すのに手間がかかります。

根本的な原因を取り除かないことには、大人ニキビをキレイにすることはできません。

そのためにも、まず「ニキビができる原因」をしっかりと理解しておく必要があります。

⇒目次に戻る

知っておきたい!「ニキビ」と「吹き出物」の違いとは?

知っておきたい!「ニキビ」と「吹き出物」の違いとは?

30代の大人ニキビを「吹き出物」という方もいますが、「ニキビと吹き出物の違い」がいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか?

ニキビも吹き出物も毛穴に皮脂が詰まることで生じるもの。

ですから、明確な使い分けの基準というものはありません。

ただ一般的には10代のうちにできるものはニキビ、20代以降にできるものは吹き出物と呼ぶことが多いです。

つまり30代の大人ニキビは「吹き出物」というのが正しいのかもしれません。

ニキビと吹き出物の違いは原因にあります。

どちらも毛穴に皮脂が詰まるという点では同じですが、そもそもの原因が異なります。

ニキビの原因は「皮脂の過剰分泌」です。

10代は成長ホルモンが活発ですから皮脂の分泌量も多くなります。

過剰に分泌された皮脂は毛穴から排出することが困難となり、肌内部に留まってしまい毛穴に詰まってしまいます。

一方で吹き出物はターンオーバーの乱れが原因となります。

年齢を重ねる毎にターンオーバーに乱れが生じやすくなり、古くなった角質がいつまでも肌に溜まってしまい肌を硬化させて毛穴を詰まらせてしまうのです。

食生活の乱れやストレスも大きく関係しています。

また、ニキビと吹き出物の違いはできる箇所にもあります。

「ニキビはTゾーンや胸元」に、「吹き出物は口の周り、顎、フェイスライン、Uゾーン」を中心にできやすいです。

⇒目次に戻る

大人ニキビで「ニキビ跡」ができる場合も!原因は?

大人ニキビで「ニキビ跡」ができる場合も!原因は?

「ニキビ跡が消えない」と悩んでいる女性は多いです。

「ニキビ跡」とは、「ニキビが治った後に残る炎症後の色素沈着、瘢痕(はんこん)」のことです。

誰でも一度は経験するといっても過言ではない「皮膚疾患の1つ」であるニキビですが、悪化してしまうと跡が残り長い間悩まされることになります。

ニキビ跡ができる原因をきちんと理解していないと、間違った対処法で余計に悪化させてしまう恐れがあります。

特に30代の大人ニキビは若い頃にできたものよりも治りにくいですから、しっかりとニキビ跡ができる原因について理解しておく必要があります。

「ニキビあと」と一口にいっても種類があり、ダメージや形状によって様々です。

ニキビの炎症が起こることでニキビ跡を残すものを「赤み」といいます。

皮脂が貯留され細菌感染が伴うことでリパーゼが作用し、アクネ菌が血管を拡張させることで炎症が起こります。

炎症が起こると、治癒するために毛細血管が作られ集まることで、その部分だけヘモグロビンが強くなってしまい、赤く見えるのです。

「メラニンが原因で残るニキビ跡」は、茶色っぽいくすみやシミになりやすいです。

ニキビが炎症するとメラノサイトが活性化され、メラニンが大量生成されてしまいます。

炎症がひどくなると、真皮層までメラニンが沈着し、なかなか消えなくなってしまいます。

アクネ菌が増殖し続けると周辺組織が破壊され、ニキビの炎症が重くなります。

すると炎症を抑えるために、白血球が皮膚細胞を破壊して食い止めようとします。

真皮でこれが起こってしまうと「肌の再生」が困難となり、ダメージを大きく受けた部分はクレーターとして残ってしまいます。

クレーターにも種類があり、それぞれ改善方法が違います。

同じ箇所で炎症や化膿を繰り返してしまうと、肌の再生機能が乱れ、コラーゲン繊維を過剰生成します。

これが硬化するとニキビによる「しこり」ができてしまうこともあります。

ニキビ跡が赤く盛り上がり「ケロイド状」になることもあります。

しこりと原因は同じで、ダメージが深部にまで達してしまうとできてしまいます。

このようにニキビ跡や吹き出物の痕には種類があり、それぞれ原因が異なり改善方法も異なります。

「自分の肌にできているニキビ跡」が「どの種類のものなのか?」をしっかりと把握しないで治そうとしてしまうと、余計にひどくなる可能性もありますので気をつけてください。

⇒目次に戻る

にきびが原因の病気もあるので注意!

にきびが原因の病気もあるので注意!

「大人ニキビを治したいけどなかなか治らない」とお悩みの女性は多いかと思います。

大人ニキビが治らない原因は様々ですが、大人ニキビが治らないのは病気のサインである可能性も考えられます。

「ニキビが原因の病気」というよりも「ニキビができる病気」というのは、「身体のどこかが不調で、それを知らせるためにニキビができる」ということもあるのです。

仮に、ずっと長い間大人ニキビが治らないと病気の可能性もあります。

ですので、同じ場所に何度でもニキビができたり、なかなか大人ニキビが治らないという人は、一度病院で診てもらう事も考えたほうが良いかもしれません。

では、大人ニキビが治らないと具体的にどのような病気の可能性があるのか見ていきましょう。

ニキビができる場所によって、身体の何処が不調なのかがある程度予測することができます。

「おでこ周辺にニキビができる病気」は、胃腸の不調、
「目やこめかみ周辺にニキビができる病気」は、肝臓や腎臓、頬や鼻は胃、肝臓、大腸、肺などが不調、
「口の周辺、胃腸、顎にニキビができる病気」は、婦人科疾患や冷え性の可能性が高いです。

このようにニキビができる病気は場所によって異なります。

例えば、「おでこ周辺の大人ニキビが治らない」というのであれば、胃腸が疲れているのかもしれません。

暴飲暴食やバランスの悪い食事で胃に負担をかけ、消化機能が低下していることでニキビができているのかもしれません。

目の周辺のニキビが治らないのであれば「お酒の飲み過ぎ」といったように、ニキビができる場所によって普段の自分の生活を見直す機会ともいえます。

女性の場合、なかなか治らない大人ニキビは「婦人科系の病気」も疑ったほうが良いかもしれません。

特にアゴ周りにニキビの症状が続くようであれば、「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」の可能性があります。

これは「排卵が起こりづらくなる病気」で、ニキビだけでなく月経不順や不正出血が現れます。

もし心当たりがあるのであれば、早めに産婦人科を受診することをオススメします。

「ニキビができたから病気の可能性があるという」と大袈裟に聞こるかもしれませんが、しっかりと状態を把握しておけば、病気を未然に防げる可能性が高くなります。

「ただのニキビだから…」と軽く考えないで、これを機に毎日の健康を意識してみると良いでしょう。

⇒目次に戻る

知っておきたい!ニキビの種類!

知っておきたい!ニキビの種類!

30代の大人ニキビにもいくつかの種類に分かれます。

ニキビにも種類があることを知らないという人は意外と多いでしょう。

それぞれの種類によって原因も違えば、対処法も異なります。

ここでは30代の大人ニキビの種類について解説していきます。

白ニキビ

白ニキビ

30代の大人ニキビの初期段階にできるのが「白ニキビ」です。

毛穴が皮脂で溜まった状態で、皮膚が盛り上がっているのが特徴です。

文字通り、色は白っぽく大きさとしては3mm程度で、潰すと膿みたいなのが出てきます。

基本的な日々のケアを怠っていると白ニキビはできやすく、加齢や胃腸障害、肌の乾燥、化粧品などによって肌の新陳代謝が低下するとできやすいです。

ニキビは悪化してしまうと炎症を起こし、痛いだけでなく、ニキビ跡として残ってしまいます。

また、かゆいといった症状も出ますが、かいて刺激を与えてしまうと炎症を起こして悪化しますので、絶対にかかないことが大切です。

30代の大人ニキビは、白ニキビができた段階で進行を食い止めるのが理想と言えます。

⇒目次に戻る

黒ニキビ

黒ニキビ

一見すると「ほくろ」のように見えるのが「黒ニキビ」です。

白ニキビが悪化すると黒ニキビになります。

黒ニキビは、皮脂の分泌が多い「鼻の上周辺」にできることが多いです。

古くなった角質が溜まり、皮脂で毛穴が詰まることで黒ニキビはできやすくなります。

炎症すればニキビ跡として残りますので、早めの処置が必要です。

「黒ニキビだと思っていたのが、実は粉瘤だった」ということもあります。

30代の大人ニキビや吹き出物は「皮脂が詰まること」が原因ですが、粉瘤は毛穴ではなく「皮膚の下」に蓄積され、内部にしこりを感じます。

肌内部には大量の膿が溜まっており、痛みを伴います。

黒ニキビは「痛み」や「かゆい」といったことはあまり感じません。

ですが、黒ニキビのようなものができていて「痛い」という場合は、粉瘤を疑ったほうが良いかもしれません。

また、黒ニキビが潰すと悪臭を放ちます。

ですので、自身の手で取り除くようなことはせず、皮膚科で摘出手術をしてもらうのがオススメです。

⇒目次に戻る

赤ニキビ

赤ニキビ

「白ニキビ⇒黒ニキビ」がさらに悪化するとできるのが「赤ニキビ」です。

初期段階のニキビは痛みを伴うことは少ないですが、赤ニキビの場合は炎症が酷くなると痛いと感じることも多く、膿ができることもあります。

30代の大人ニキビを初期段階で食い止めることができず、赤く膨れ上がった状態になったものが赤ニキビです。

毛穴が塞がった状態が続くことでアクネ菌が活性化し、増殖すると炎症が起こり赤く膨れ上がります。

「単なる吹き出物」と油断して放っておいたり、ベタベタ触って悪化させて赤ニキビを発症させてしまう方も多いです。

赤ニキビは乾燥や雑菌によって痒くなることもあります。

ですが、かゆいからといって引っ掻いてしまうとニキビ跡が残ってしまいますので、絶対にかかないことです。

⇒目次に戻る

膿ニキビ

膿ニキビ

膿ニキビとは文字通り「ニキビに膿が伴った状態」のことをいいます。

30代の大人ニキビは悪化すると赤ニキビを発症しますが、それが炎症してさらに悪化すると膿ニキビになります。

膿ニキビまでいくとアクネ菌だけでなく、皮膚炎の原因である黄色ブドウ球菌も増殖してしまいます。

この状態を放っておくとさらに炎症が拡大され、毛穴の周囲にまで及ぶ恐れもあります。

通常の吹き出物であれば自然治癒でなんとなることもあります。

ですが、膿ニキビまでいくと皮膚科を受診することが必須となります。

また、膿ニキビにまでなると「クレーター状のニキビ跡」が残ることもあり、長期的に治療し続けないといけなくなる可能性が高いです。

この段階までいく「痛い、かゆい」といった症状も出やすく、うっかり自分の手で触ったりかいたりしてしまいがちです。

ですが、自己流でニキビを治すとニキビ跡が残り安くなりますので注意が必要です。

⇒目次に戻る

部位別の大人ニキビの特長

部位別大人のニキビの特徴

大人ニキビは原因によって「発症する場所」が違います。

「頬にできるニキビ」もあれば、「口周りや口下のニキビ」もありますし、「顎ニキビ」、「おでこや額のニキビ」もあります。

ここでは大人ニキビの種類について見ていきましょう。

顎ニキビ

顎ニキビ

⇒顎ニキビを治すなら、このニキビケアジェル

 

顔面にできるニキビというと「Tゾーンや鼻周辺」というイメージが強いですが、顎にできる事もあります。

顎周辺は汗をかくことはほとんど無いですが、皮脂腺の分布が多いため、皮脂が詰まりやすいのです。

加えて乾燥しやすい部分でもあるため、30代の大人ニキビでは顎ニキビに悩む人が多いです。

そして、意外に「顎周辺」というのは「ニキビができやすい箇所」といわれています。

顎ニキビができやすい理由としては、顎の周りは手で触ったり、毛先が触れるなどして「雑菌がつきやすいのが原因」です。

そのため、顎ニキビは一度できてしまうと治りにくい上に、繰り返しニキビができやすいという特徴があります。

顎下の吹き出物は、男性ですと「カミソリ負け」が原因であることが多いです。

ですが、女性の場合は「生理前の体の変化」によってアゴニキビを誘発しやすいです。

もちろん、あごニキビの原因は他にも色々とあります。

ただ、特に女性の場合は「生理前をどう過ごすか?」で顎ニキビができるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

女性の「顎の毛穴」は男性に比べて小さめです。

そのため、ストレスや男性ホルモンが過剰となり「皮脂が増加」すれば、すぐに毛穴は詰まってしまいます。

また、ストレスを感じなくても「生理前」になると、男性ホルモンに似たプロゲステロンが出ますので、皮脂が過剰分泌されてしまいます。

「間違ったスキンケア」や「スキンケアが不足していること」が原因となり、顎にニキビができやすくなる場合もあります。

顎やフェイスラインまでしっかりとスキンケアしているつもりでも、実は意外とできていないという場合は非常に多いです。

すすぎが足りずに洗顔料が残ったり、肌の保湿がしっかりとされていないなど、これらのことが思い当たる人は気をつけましょう。

「顎ニキビがかゆい、痛い」という場合は、症状がかなり進行化している可能性が高く、「しこり・ニキビ跡」が残るリスクが高いです。

顎周辺にニキビができてしまい、中心に「白っぽい黄色の膿」が溜まっていれば、かなり進行しているといっていいでしょう。

こうなると完全に治りきるまでに時間がかかります。

ですから、顎ニキビの原因をしっかりと理解しておき、普段から予防に努めることが大切です。

 

⇒顎ニキビを本気で治したいなら、このニキビケアジェル

 

⇒目次に戻る

口周りニキビ

口周りニキビ

30代の大人ニキビは「口周り・口の下周辺」にもできやすいです。

口周りのニキビの原因は「ストレス」といわれています。

では、なぜ口周りの吹き出物や口の下のニキビはできやすいのでしょうか?

それは「ストレスによって男性ホルモンが増えること」が大きく関係しています。

男性ホルモンということで「ヒゲが生える部分」、つまり「口周辺やフェイスラインにニキビができてしまう」というわけなのです。

口の下のニキビは「大人ニキビの典型」ともいえますが、その原因は他にもあります。

それが「食べ過ぎ」や「アルコールの飲み過ぎ」によって「胃に負担をかけていること」です。

口は「消化器官の始まり」ですから、消化器官としてつながりがある「胃」が不調であれば、口元にニキビとして現れる場合が多いです。

口周りのニキビは炎症が進行すれば「痛い、かゆい」と感じることもあります。

ですが、かいたり触ったりしてしまえば雑菌がつき、余計に悪化してしまいますので気をつけましょう。

⇒目次に戻る

頬ニキビ

頬ニキビ

30代の大人ニキビで「顔にできるニキビ」として一番目立つのは「頬ニキビ」ではないでしょうか?

頬ニキビは、始めは小さく白っぽい膿みたいなのができ、実際のところあまり目立ちません。

ですが、徐々に「かゆい、痛い」といった症状が現れ始めます。

頬ニキビは初めのうちは目立ちにくいため、ニキビという自覚ガないケースが多いです。

そのため、放ったらかしにしがちで「黒ニキビ」になってしまうケースが多くあります。

また、無意識に頬のニキビをかいてしまい、炎症を起こして赤ニキビになり、さらに痛みを伴うこともあります。

ですから、大人ニキビが頬にできたと気づいた頃には、症状が悪化している可能性が高いです。

頬ニキビの原因は「胃腸や肝臓に負担をかけることでできる」ことが多いです。

「油であげた食品、チョコレート・ケーキ・お菓子」など、「脂肪分や糖分を取りすぎている場合」だと、頬ニキビはできやすいです。

他にもお酒の飲み過ぎ、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、不衛生な環境、肌に合わない洗濯洗剤を使用していることも頬ニキビの原因となります。

⇒目次に戻る

おでこニキビ

おでこニキビ

「30代のおでこニキビは治りにくい」といわれています。

悪化すればさらに治りにくくなり、最悪の場合、額ニキビが跡となって残ってしまうこともあります。

そうならないためにも、おでこの大人ニキビの原因を知ることが大切です。

おでこニキビの原因としては、「不規則な生活を送っている人」や「睡眠不足の人」に見られることが多いです。

もともと額は皮脂の分泌が多い部分ですが、乾燥肌で皮脂分泌が少なくても発症します。

乱れた日常生活を送っていると、ホルモンバランスが乱れたり免疫力の低下につながり、その結果として「おでこにニキビ」として現れるのです。

おでこニキビは、でき始めは「針の先ほどの白いもの」ですが、炎症を起こすと赤くなり、自分で治すのは困難です。

また、「痛い、かゆい」といった症状も出始めます。

おでこニキビをずっと放置していると「黄色い膿」を持つこともありますので、おでこニキビはでき始めの治療が大切といえるでしょう。

⇒目次に戻る

30代大人ニキビの対策・対処法・治し方は?

30代の大人にきびの対策、対処法、治し方

30代大人ニキビの「対策・対処法」は、「一体どうすれば良いのか分からない!」という人は多いのではないでしょうか?

「思春期にできるニキビ」と「大人になってからできるニキビ」とでは、そもそもの原因が違いますから、対策はもちろんのこと、治し方も違ってきます。

ここでは「30代大人ニキビの治し方」について解説していきます。

正しい「30代大人ニキビを治す方法」を知らないでいると、ニキビ跡で悩まされるハメになるかもしれません。

しっかりと対策と治し方について理解しましょう。
 

顎ニキビの対策・対処法・治し方

顎ニキビの治し方

⇒顎ニキビを治したいなら、このニキビケアジェル

 

30代の大人ニキビで治りにくいといわれているのが「顎ニキビ」です。

治っても繰り返し出来てしまうことも多い厄介なもの。

放置していても勝手に消えればよいですが、なかなかそういうわけにもいきません。

顎ニキビを放っておけばニキビ跡が残ってしまうこともありますから、きちんとした対策や対処法、治療法を知っておきたいところ。

では具体的に顎ニキビの治し方について見ていきましょう。

顎ニキビの治し方として第一に考えたいのが「ホルモンバランスを整えること」です。

特に「ストレス」は、あごニキビができる大きな原因となりますので、規則正しい生活を送ることを心がけましょう。

もちろんスキンケアなど外側から治すことも大切ですが、それ以上に「体の内側から改善すること」は重要といえます。

「きちんと睡眠を取ること」、「バランスの良い食事を目指す」など、食生活全般を見直すことです。

「適切なスキンケア」を行うことも顎ニキビを治すのに大切です。

間違ったスキンケアが原因で顎ニキビを発症してしまう人は多いです。

特にすすぎが不十分だったり、十分に保湿を行わない方も多く、それが原因で顎ニキビができてしまうケースが多く見受けられます。

顎ニキビがよくできるという人は、「洗顔」を見直してみると良いでしょう。

洗顔後は化粧水で水分を補い、その上から乳液でフタをして水分を逃さないようにしましょう。

「顎ニキビの治し方」といっても、正直、「毎日の食生活の見直し」や「スキンケア」で改善できる部分が大きいです。

ただ、自分で行うのにも当然限界はありますから、どうしても顎ニキビが治らないという場合は皮膚科に相談することをおすすめします。

 

⇒本気で顎ニキビを治したなら、このニキビジェル

 

⇒目次に戻る

口周りニキビの対策・対処法・治し方

口周りにきびの対処方、治し方

「口周りのニキビの治し方」は、「外と内の両方のケア」が大切です。

どちらか一方の対処法だけでは、一度治っても再び発症しやすくなります。

では、できてしまった口周りのニキビはどうやって治療すればよいのでしょうか?

内側からのケアとしては、やはり「生活習慣の見直し」が挙げられます。

これは口の下のニキビの治し方に限らず、「乱れた食生活」はニキビができる大きな原因の1つといえます。

「バランスの取れた食事」「適度な運動」「ストレスを溜め込まずリラックスさせること」でホルモンの分泌が正常なものとなり、口周辺のニキビが発症しにくくなります。

口周りのニキビを治す方法として「市販薬」や「サプリ」を使用するのも良いです。

もちろん、適度な使用に留めることが前提ですが、特に女性の場合は「便秘が原因」で口周辺にニキビができてしまう人が多いです。

体内に老廃物が溜まった状態ですと健康にも良くないですから、医薬や整腸剤をうまく使い便秘解消に務めることが大切です。

「外側からのケア」も口の下のニキビを治す方法として欠かせません。

自分では気をつけているつもりでも、意外と行き届いていない事が多いです。

スキンケアで特に重要な対策は「洗顔後」です。

きちんと保湿を行っていないと、必要以上に皮脂を分泌させてしまい、ニキビが悪化する原因となったり、新しいニキビができてしまいやすいです。

口周りの吹き出物は「大人ニキビの中でも特にできやすい部分」です。

外と内両方からのケアで、ニキビのない綺麗な肌を目指しましょう。

 

パルクレール

ニキビケア以外にも

美容効果で肌もキレイに

↓ ↓ ↓ ↓

パルクレールの公式サイトはココ

 

メルライン

日本で一番売れてる

アゴニキビケアはコレ

↓ ↓ ↓ ↓

メルラインの公式サイトはココ


 

⇒目次に戻る

頬ニキビの対策・対処法・治し方

頬ニキビの対策、対処方、治し方

「頬ニキビができる原因」は様々ですが、いざ頬にニキビができてしまった場合、一体どのような対処法を取ればよいのでしょうか?

ここでは頬ニキビの治し方や対策について解説します。

頬ニキビの治し方の基本は「毎日行うスキンケア」にあります。

ニキビが出来ないための対策だけでなく、出来てしまった後でも正しいスキンケアを行うことで治すことができます。

頬ニキビを治す方法のスキンケアのポイントは「メイクオフ・洗顔・保湿」の3つです。

しっかりとメイクオフしないと「毛穴がメイクで塞がれた状態」となりニキビを悪化させてしまいます。

「洗い流すオイルタイプのクレジング」なら力を入れずにメイクを落とすことができます。

溜まった余分な汗や皮脂は「洗顔」でキレイに落としましょう。

洗顔は「朝晩の2回行う」のが効果的です。

洗いすぎたり、力を入れてあらうと、刺激を与えニキビの悪化につながりますので気をつけましょう。

手ではなく「泡」で洗うことを意識し、できるだけ力を入れずに優しく洗うようにしてください。

洗顔後は乾燥しやすいですから、早めに保湿することです。

化粧水で十分に水分をなじませ、潤いをキープしましょう。

頬ニキビを治す方法として忘れてはいけないのが、「食生活や生活習慣の改善」です。

いくら正しいスキンケアを行っていても、乱れた食生活を送っていれば意味がありません。

食事は「魚肉、野菜」を中心に摂り、「糖分や油分の多い食事」は控えることです。

十分な睡眠を取る事も大切です。

頬の吹き出物は「ホルモンバランスが乱れること」でもできやすくなります。

特にストレスはホルモンバランスを乱す原因ですから、運動などを適度に行いストレスを溜め込まないように心がけましょう。

 

パルクレール

ニキビケア以外にも

美容効果で肌もキレイに

↓ ↓ ↓ ↓

パルクレールの公式サイトはココ

 

メルライン

日本で一番売れてる

アゴニキビケアはコレ

↓ ↓ ↓ ↓

メルラインの公式サイトはココ


 

⇒目次に戻る

おでこニキビの対策・対処法・治し方

おでこニキビの対策、対処方、治し方

おでこニキビは「乾燥肌の人」でもできます。

乱れた食生活や睡眠不足の人は「生活改善」を心がけることでが大切です。

大人になってからの額ニキビは、思春期とは違って「日常生活」が大きな原因であることがほとんどです。

ホルモンのバランスが乱れていたり、免疫力が低下すれば、アクネ菌が侵入し過剰に繁殖する可能性が高いです。

おでこニキビを治したいのであれば、バランスの良い食事、適度な運動を心がけてください。

おでこニキビの治し方は食生活の改善だけでなく、「スキンケア」も重要です。

しっかりと洗い余分な皮脂や角質、汚れを除去し、保湿することです。

これはおでこニキビの治し方だけでなく、全てのニキビケアに言えることです。

今は額ニキビが出来ていなくても、間違ったスキンケアをしていればニキビが現れ始めます。

常日頃のスキンケアで額ニキビの対策をすることも大切です。

このように、おでこニキビを治す方法は決して難しいものではありません。

ですが、根気よく続けても改善が見られないという場合は、皮膚科にて治療してもらうのが良いでしょう。

重症化したニキビをセルフケアで治すのは難しいですから、早めに皮膚科に相談するのも手です。

 

パルクレール

ニキビケア以外にも

美容効果で肌もキレイに

↓ ↓ ↓ ↓

パルクレールの公式サイトはココ

 

メルライン

日本で一番売れてる

アゴニキビケアはコレ

↓ ↓ ↓ ↓

メルラインの公式サイトはココ


 

⇒目次に戻る

ニキビ跡ができないようにするためには?

ニキビ跡

ニキビ跡が出来ないようにするには、ニキビが出来ないようにすることが一番です。

とは言え、どんなに対策を講じてもちょっとしたことがきっかけでニキビは出来てしまうもの。

ニキビが出来てしまった場合は、「初期段階で早めに治すこと」で、後のニキビ跡を出来ないようにすることができます。

悪化すればするほどニキビ跡になりやすいですから、ニキビを見つけたら早めに治すことが大切です。

ニキビ跡が出来ないようにするためには、「食生活・睡眠・血行促進・リラックス」の4つがポイントとなります。

緑黄色野菜に含まれるビタミンA、まぐろやレバーに豊富なビタミンB6、大豆製品のタンパク質などは皮膚形成に必須の栄養素です。

これらの食品を中心に摂ることで、肌の調子を整え、ニキビができにくくなったり、ニキビができても治りやすくなります。

逆に「動物性脂肪と糖分」は皮脂の過剰分泌を引き起こし、大人ニキビができやすくなりますので注意が必要です。

「肌の修復」や「再生機能であるターンオーバー」が順調に行わるには、成長ホルモンが必須です。

睡眠中はこの成長ホルモンが分泌されますので、十分な睡眠時間を確保することです。

血行が良いと「栄養分が肌の細部」まで行き渡り、ニキビができにくくなります。

適度な運動はニキビ予防につながりますので、ストレッチやヨガ、ウォーキング、入浴はおすすめです。

リラックスできている状態は肌の調子を整え、ニキビ跡の改善に良いとされています。

特に睡眠時はリラックス状態に近いですから、毎日十分な睡眠を取るように心がけましょう。

ニキビ跡は一度できてしまうと治すのが大変です。

ですから、大人ニキビができてから治すではなく、「ニキビが出来ないための対策や予防」が非常に大切といえます。

ニキビ跡が酷いと皮膚科で治療しないければならず、自分の手で治すのは困難です。

「自分自身で行うニキビ跡の治し方」や「ニキビ跡を治す方法」ももちろんありますが、根気が必要で時間がかかります。

普段からニキビ跡ができないように、きちんとしたニキビ跡の対策・対処法を知っておくようにするのが良いですよ。

 

パルクレール

ニキビケア以外にも

美容効果で肌もキレイに

↓ ↓ ↓ ↓

パルクレールの公式サイトはココ

 

メルライン

日本で一番売れてる

アゴニキビケアはコレ

↓ ↓ ↓ ↓

メルラインの公式サイトはココ


 

⇒目次に戻る

大人にきびのニキビケアの豆知識

大人にきびのニキビケアの豆知識

30代の大人ニキビは「スキンケア」と「毎日の食事」がポイントです。

間違ったニキビケアや食事をしていれば、ニキビが治るどころか、逆に悪化してしまう恐れがあります。

思春期とは違い「30代の大人ニキビは治りくいのが特徴」ですから、少しでも早く大人ニキビ改善できるようにするためにも、正しいスキンケアと食事方法を覚えておきたいところ。

そこで今回は「ニキビケアに有効なスキンケア」と「食事」について解説します。
 

ニキビケアには化粧水が大事!どんな成分がよい?

ニキビにいい化粧水

ニキビケアには「保湿」が欠かせません。

「大人ニキビができやすい人」「大人ニキビが既にできている人」でも保湿は必要です。

肌に十分な水分を与えることで皮脂バランスが整い、大人ニキビは落ち着きやすくなるのです。

保湿と言えば「洗顔後に使用する化粧水」ですが、30代の大人ニキビにはどんな化粧水が良いのでしょうか?

化粧品といっても様々な種類がありますから、どれが良いのか分からなくなってしまいます。

ただ、「ニキビケアに良いとされる成分」はありますので、それらの成分が配合されている化粧水を選ぶと良いです。

ニキビケアに良いとされる成分として代表的なものは、「パントテン酸・グリチルリチン酸ジカリウム・ハイドロキノン・ヒアルロン酸」などです。

「パントテン酸」は、肌に大切なビタミンCの働きをサポートしたり、エネルギーの代謝を高める働きがあります。

ニキビの原因である「ストレスの緩和」にも役立ってくれます。

「グリチルリチン酸ジカリウム」は、漢方や石鹸など色々なものに使用されている成分の1つです。

ニキビ用の化粧品に配合されている代表的な成分で、ニキビの炎症を抑える働きがあります。

また、天然由来成分であるため「肌が弱い女性」でも安心して使用することができるのも嬉しいところ。

「ハイドロキノン」は、シミを作り出す「メラノサイトそのものの数を減らす働き」があります。

ビタミンC誘導体もメラニン生成を抑える働きがありますが、既にできたシミにはほとんど効果がありません。

これに対し、ハイドロキノンは「既にできてしまったシミにも効果」が期待できますので、ニキビ対策に最適な成分の1つといえます。

最後に「ヒアルロン酸」ですが、女性であれば誰もが知っているであろう、まさに美容成分の定番です。

ニキビのスキンケアには欠かすことができない「保湿」がポイントです。

ヒアルロン酸は水分保持の力がズバ抜けていて、高保湿効果が期待できます。

30代の大人ニキビでお悩みの女性は、上記の成分が配合されている化粧水を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、化粧水の中には「ニキビ菌の栄養分となってしまう成分」が含まれるものもありますので、注意してください。

植物性スキンケアに配合されていることが多い「オレイン酸」はその1つです。

ニキビ肌用の化粧水は、ニキビができにくい成分を使用している「ノンコメドジェニック」のものがオススメですよ。

⇒目次に戻る

注意!ニキビができやすくなる食べ物は?

ニキビができやすくなる食べ物

「ニキビに良いとされる食べ物」がある事をご存じの人は多いかもしれません。

ですが、逆に「ニキビに悪い食べ物」もあるのをご存知でしょうか?

きちんとしたスキンケアを行っていても、「ニキビができやすくなる食事」をしていては意味がありませんね。

30代の大人ニキビは、思春期にできるニキビ以上に「食事」に気をつける必要があります。

では、ニキビに悪い食べ物とは具体的にどんなものがあるのでしょうか?

「ニキビができやすい食べ物」として、真っ先に「チョコレート」や「ピーナッツ」を思い浮かべる人が多いかもしれません。

そのため、「チョコレートやピーナッツが含まれる食べ物は一切に口にしないようにしよう」と決める人も多いでしょう。

確かにこれらの食べ物には「ニキビができる原因となるもの」が含まれていますが、絶対食べてはいけないという訳ではありません。

要は「量」や「頻度」の問題です。

過剰に摂取さえしなければ、そこまで気にするものでもないのです。

コーヒーや紅茶には「カフェイン」が含まれますが、これにはビタミンB群の吸収を低下させてしまいます。

刺激物の多い「香辛料」は内臓に負担がかかりますので、摂りすぎると大人ニキビができやすくなります。

その他には「アルコール、糖分・油分」が多く含まれる食べ物も、大人ニキビの原因と言えます。

ただ、いずれにしても過剰摂取に気をつければそこまで気にする必要はなく、無理に我慢する必要はありません。

我慢することでストレスが溜まり、逆にニキビができやすくなることもあります。

ですので、これらの食べ物や飲み物は「無理なく気をつける程度」で問題ないでしょう。

⇒目次に戻る

ニキビにいい食べ物ってあるの?

ニキビにいい食べ物

「ニキビ改善は食生活から」というように、ニキビに良い食べ物があります。

ニキビができにくくなる食事は、30代の大人ニキビにも非常に有効的です。

具体的にどんな食べ物が「ニキビに良い」とされているのか紹介します。

それぞれの食べ物には含まれている栄養素が違います。

「ニキビに有効な栄養素」は、「ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、コラーゲン、食物繊維」などです。

これらの中でも特に積極的に摂取したいのが「ビタミンB2」と「ビタミンB6」です。

「卵、乳製品、レバー、うなぎ、藻類、まぐろ、かつお、鶏ササミ、にんにく」に含まれている栄養素で、脂質の代謝を促す働きがあります。

これによって皮脂の分泌が抑制され、大人ニキビができにくくなるのです。

「卵、魚類、大豆、チーズ」は普段の食事でも食べる人も多いでしょうから、これらを中心に毎日の食事に加えていくと良いですね。

「ビタミンC」には抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す働きがありますので、「ビタミンB2・B6」と併せて摂れば効果は高まります。

「緑黄色野菜や果物類」にビタミンCは多く含まれています。

「肌の新陳代謝を活発化させること」も、ニキビ改善には欠かせません。

ミネラルの1つである「亜鉛」にはそのような働きがありますので、ビタミンCと併せて摂取したいところ。

「牡蠣や玄米」に亜鉛は多く含まれていますので、時々でも良いので食事に取り入れてみてはどうでしょうか。

このように、大人ニキビにいい食べ物は様々なのです。

 

パルクレール

ニキビケア以外にも

美容効果で肌もキレイに

↓ ↓ ↓ ↓

パルクレールの公式サイトはココ

 

メルライン

日本で一番売れてる

アゴニキビケアはコレ

↓ ↓ ↓ ↓

メルラインの公式サイトはココ


 

⇒目次に戻る