オススメの人気手汗制汗剤はどれ?

手汗が気になる人にとって、手汗が出てしまうというのは非常に大きな悩みです。

そんな手汗の対策方法を探している人にオススメなのが、手汗制汗剤です。
 

最近は手汗を止める制汗剤が多く販売されるようになり、簡単に手汗の悩みを改善することができます。

この記では市販の手汗制汗剤のオススメ商品や、手汗用制汗剤についての知っておきたい情報などをまとめてみました。

 

⇒人気NO1!みんなが選ぶ手汗用制汗剤はコレ

 

この記事で分かる内容

手汗用の制汗剤にはどんな種類があるの?

手汗用の制汗剤の種類

手汗制汗剤というのは、以前は種類が少なかったですが、最近では多くの種類が販売されています。

そして、手汗制汗剤には「脇用の制汗剤」とは違い、多くのタイプがあるのです。
 

使用感や持続力も結構違いますので、自分に似合った手汗制汗剤を選ぶことが大ことです。

制汗剤の種類には、主に下記の4つのが挙げられます。

 

■クリームタイプ
クリームタイプの手汗制汗剤

このタイプの制汗剤は「ハンドクリーム」のような形状のタイプです。

クリームタイプは汗を止める制汗剤の中では、最も多いタイプです。
 

クリーム状ですので、手肌にしっかり塗れるのが大きな特徴です。

しっかりと手に塗り込めますので、手汗を止める効果が一番長持ちするタイプの制汗剤となります。
 

清潔に使えて衛生面も非常に良いので、多くの人が利用している人気のタイプです。

このクリームタイプの手汗制汗剤のデメリットといえば、クリーム特有の「手がベタベタしてしまうこと」です。
 

しかし、クリームの付着力の良さにより制汗力は1番強いですから、やはり人気は高いです。

 

⇒クリームタイプで一番人気なのはコレ!

 

■パウダータイプ
パウダータイプの手汗制汗剤

パウダータイプの手汗制汗剤は、その名の通り粉状のタイプです。

kのタイプは手に付けてもサラサラとしていて、手汗防止効果の持続力も比較的高いのが特徴です。
 

クリームや液体の手汗制汗剤と違い、付けた後でもサラっとしているので、「使い心地が良い」とクチコミ評価は高いです。

ただ、パウダータイプの制汗剤はパフで手に付けるので、パフを常に清潔にしておかないと雑菌が繁殖してしまいます。
 

それが原因となり、肌トラブルが起こる場合もありますので注意が必要です。

 

⇒パウダータイプで一番売れてるのはコレ!

 

■液状、ローションタイプ
液状・ローションタイプの手汗制汗剤

このタイプの制汗剤は「化粧水の様な液体状タイプ」の制汗剤です。

付けた後すぐに手肌がサラっとするので、4つのタイプの中では一番使い心地が良いと言われています。
 

ベタ付きが気になる人は、この液状・ローションタイプの手汗制汗剤を選ぶと良いでしょう。

ただし、クリームタイプの制汗剤ような「制汗剤としての持続力」は弱く、制汗効果の持続力が弱いのがデメリットといえます。
 

ちなみに、液状・ローションタイプの手汗制汗剤は「保湿成分」などの制汗効果以外の成分が含まれていることが多いです。

これにより、手汗などで荒れてしまっている手肌へのスキンケア効果が期待でき、一石二鳥といえるでしょう。

 

⇒液状・ローションタイプの手汗制汗剤ならコレ

 

■スプレータイプ
スプレータイプの手汗制汗剤

手汗制汗剤の種類の中では「スプレータイプ」というのは数が少ないです。

スプレータイプの制汗剤は「液状の手汗制汗剤」をスプレーにしたものがほとんどです。
 

シュッとひと吹きするだけで手に付けることができるので、「液状・ローションタイプ」よりも使い勝手が良いと評判です。
 

ただ、クリームタイプやパウダータイプの制汗剤とは違い、「手肌になじみにくい」という欠点がありますので、「手汗抑制の持続力は弱い」です。
 

ちなみに、脇用の制汗剤で「8×4」や「AG+」などの制汗剤スプレーがありますが、この手汗用のスプレータイプよりも水分は少ないです。

そのため、手に付けても手汗を押させる効果はほぼありません。
 

これらの制汗剤はあくまで「わき専用」で作られており、手汗用としては効果を発揮しにくいので使ってもあまり意味はありません。

 

⇒一番人気のスプレー手汗用制汗剤はコレ

 

⇒目次に戻る

手汗制汗剤を選ぶ際のポイントは?

手汗制汗剤を選ぶポイント

手汗制汗剤には様々なタイプがありますが、一体どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね?

それぞれの手汗用制汗剤にはメリットやデメリットが存在します。
 

ここでは「手汗制汗剤を選ぶ時のポイント」について詳しくご紹介していきましょう。

下記のような点を踏まえて、手汗制汗剤を選ぶのがオススメです。

 

■手汗制汗力を1番に求める場合は?
手汗制汗力を1番に求める場合はクリームタイプ

手汗制汗力を1番重視して手汗対策をしたい場合は、やはり「クリームタイプの手汗制汗剤」を選ぶのがお勧めです。

クリームタイプの手汗制汗剤は、手肌に一番しっかり入り込むタイプです。
 

手の表面に「制汗効果の膜」をしっかりと張ってくれるので、手汗抑制の持続効果や制汗力は一番高いです。

クリームタイプですので独自のベタベタ感がありますが、「制汗力を最優先にしたい!」というのであれば、即効性も高いクリームタイプが断ダントツでオススメです。

 

⇒制汗力で選ぶならこの手汗用制汗剤

 

■べたつくのが嫌な場合は?
べたつくのが嫌な場合はパウダーか液状・ローションタイプ

強い制汗力がウリのクリームタイプですが、いかんせんベタついてしまうのが難点です。

もし手に付けた後のベタベタ感がイヤな人は、「パウダータイプ」や「液体・ローションタイプ」の手汗制汗剤がオススメです。
 

この2つのタイプは、手に付けた後さらっとした付け心地になり、クリームタイプと比べるとベタ付かないのが特徴です。

クリームタイプに比べると制汗力や持続力は多少劣りますが、ある程度の制汗力や持続性・即効性は見込めます。
 

夏場でも手がベタベタしないのは大きなメリットといえるでしょう。

 

⇒べたつきが気になるならこの手汗制汗剤!

 

■手軽に手汗制汗剤を付けてみたい場合は?
手軽に手汗制汗剤を付けたいならスプレータイプ

手間いらずで手軽に手汗制汗剤を付けてみたい人は、「スプレータイプの手汗制汗剤」がオススメです。

シュッと付けるだけでいいので、塗ったりする余計な手間がかかりません。
 

ただし、スプレータイプの手汗制汗剤はそこまで数が多くありません。

また、制汗力や持続力に関しても、クリーム・パウダー・ローション(液状)タイプに比べ劣ります。
 

ですので、「手間をかけずに気軽に手汗用制汗剤を付けたい」という人向けといえます。

 

⇒手軽に使いたいなら手汗制汗剤!

 

⇒目次に戻る

知っておきたい!手汗を止める効果がある成分!

手汗を止める効果がある成分

手汗制汗剤には「手汗を抑える成分」が入っていますが、一体どのようなものがあるのでしょうか?

手汗制汗剤を選ぶ際に、ある程度成分について知っていたほうが上手に選べるでしょう。
 

ここでは、手汗制汗剤に配合されている手汗抑制成分についてまとめてみました。

 

■塩化アルミニウム
塩化アルミニウム

「手汗を抑える成分」で調べると、必ず出てくるのがこの「塩化アルミニウム」です。

この塩化アルミニウムというのは、制汗成分の中でもより高い制汗効果を発揮する成分です。

ちなみに「塩化アルミニウム液」や「塩化アルミニウム水溶液」という記載の場合もあります。
 

皮膚科のような医療機関・病院で「多汗症の治療」を行うことがありますが、その際に治療でも塩化アルミニウムが使われることは多いです。

塩化アルミニウムは汗腺を塞ぐことにより、発汗を抑える効果があります。
 

ただ、塩化アルミニウムは効果の出方が「一過性」ですので、継続して使い続けていくことがとても大事と言われています。

塩化アルミニウムの唯一のデメリットといえば、「肌に負担がかかってしまうことがある」ということです。
 

そのため、皮膚が薄く弱い部位には、塩化アルミニウムによる炎症や副作用が起きてしまうこともあるようです。

しかし「手」に関しては、「手の甲」も「手の平」も比較的皮膚が厚めです。
 

ですので、比較的かぶれや肌荒れなどの副作用は起きにくいと言われています。

塩化アルミニウムの「配合量が以上に多い」というわけでなければ、そこまで気にする必要はないでしょう。
 

もし購入する際には、塩化アルミニウムの量が5%~20%以下の手汗制汗剤を探すのがオススメですよ。

 

■クロルヒドロキシアルミニウム
クロルヒドロキシアルミニウム

「クロルヒドロキシアルミニウム」という成分は、塩化アルミニウムと比べると若干、制汗効果は劣ります。

ですが、十分な発汗抑制効果を期待できる「医薬部外品指定」の成分です。
 

クロルヒドロキシアルミニウムは安全性に優れておりも、「肌の乾燥」や「かゆみ・かぶれ」などの肌トラブルが発生しにくいという、大きなメリットがあります。
 

「塩化アルミニウムよりも安全性が高い制汗成分」ということで、近年、多くのデオドラント製品や手汗制汗剤に使われている成分なのです。
 

ですので、アトピー肌や敏感肌の人が手汗制汗剤を選ぶ場合、塩化アルミニウムよりもクロルヒドロキシアルミニウム配合の手汗制汗剤を選ぶのがおすすめです。

 

手汗用の制汗剤の「手汗を抑える成分」は、上記の2つがメインです。

しかし、これ以外にも下記のような成分が含まれている場合があります。
 

・塩化ベンザルコニウム
・ホウ酸
・酢酸
・銀イオン
・トリクロサン
・イソプロピルフェノール

これらの成分は、殺菌や抗菌効果があるということで、市販の手汗制汗剤に含まれていることが多いです。
 

ですが、制汗作用は特にない場合が多いので、手汗制汗剤を選ぶ際は「塩化アルミニウム」と「クロルヒドロキシアルミニウム」が入っているかどうかを目安に探すようにしましょう。

 

⇒みんなが選んでる手汗用制汗剤はコチラ

 

⇒目次に戻る

ワキ用の制汗剤でも手汗に効くの?

ワキ用の制汗剤でも手汗に効く?

制汗剤といえば、1番に想像するのが「ワキの制汗剤」という人も多いのではないでしょうか?

ワキの制汗剤といえばTVCMでも多く見かけますし、ワキの制汗やニオイケアというのは基本中の基本です。
 

有名なワキ用の制汗剤で言えば、「8×4(エイトフォー)」や「BAN」、「シーブリーズ」や「デオドラントZ」、クリニーク(CLINIQUE)の「アンティ パースパイラントデオドラント ロールオン」などがメジャーです。
 

これらの脇用の制汗剤を「手」にかけて手汗ケアにしようとしている人もいるのではないでしょうか?

しかし、残念ながら「ワキの制汗剤」では手汗抑制の効果は得にくいです。
 

その理由は、「ワキ」と「手」では汗腺が違い、「汗が出る仕組み」が違うからです。

ワキの制汗剤は「アポクリン汗腺」に作用するように作られており、手にはアポクリン汗腺はありません。
 

手には「エクリン腺」という汗腺しかないので、アポクリン汗腺に効果を発揮する制汗剤では効果はないというわけです。

また、ワキ用の制汗剤というのは、手汗用の制汗剤と比べ得ると制汗力が非常に弱い場合が多いです。
 

ワキは大量に汗をかく部位ですが、意外にもワキ用の制汗剤の「汗を抑える効果」はそこまで高くありません。

ワキ用の制汗剤は、どちらかといえば「ワキの臭いを抑える効果」のほうが重視されて作られています。
 

そのため、ワキ用制汗剤は「制汗力をそこまで重視していない」というのが現状です。

ですのでワキ用の制汗剤を手につけても、そこまで手汗特性効果は得られないのです。
 

ちなみに「わきがクリーム」であれば強力そうに思えますが、ワキガ要はあくまでも「臭い」を抑えるほうに重点が置かれています。

ですので、わきがクリームで有名な「クリアネオ」なども、正直手汗に対する効果は薄いでしょう。
 

手汗をきちんと抑えるためには、手汗専用の制汗剤を選ぶのがベストです。

 

⇒手汗用制汗剤で人気NO1はコレ

 

⇒目次に戻る

市販ではコレが人気!オススメの手汗制汗剤!

市販でおすすめの手汗制汗剤

手汗制汗剤を選ぶなら、できればみんなの口コミで評価が高いものを選びたいもの。

ココでは、市販で人気のおすすめ商品を3つに絞ってご紹介していきましょう。
 

手汗制汗剤を選ぶのに困ったら、とりあえずこの「3つのおすすめランキング」をチェックしてみるのがお勧めですよ。
 

ファリネ

ファリネ

⇒ファリネの公式サイトはココ

 

手汗用の制汗剤として特にネットで有名なファリネ。

ファリネは美容系の雑誌や新聞などでも大きく取り上げられ、制汗剤の知名度としてはNO1と言っても過言ではありません。

また、ファリネは制汗剤としては珍しく「2016年のモンドセレクション」も受賞しています。
 

ファリネは制汗剤としては珍しく、ベビーパウダーのような「パウダータイプ」の制汗剤です。

ファリネの大きな特徴としては、手汗に有効とされている7大成分が配合されて入りことです。
 

その成分の中でも「特殊ナノイオン超微粒子」と「ACH」という成分がダブルで手汗を抑制してくれます。

ファリネは医薬部外品(薬用)ですから、市販の制汗剤に比べ、手汗に対して高い効果を実感しやすいでしょう。
 

ちなみにファリネは国内の工場で製造されており、医薬品と同じような基準で製造・管理されています。

安心の日本製ですから、品質について信頼度は高いといえるでしょう。
 

もちろん、ファリネは無添加の成分しか配合していませんので、「制汗剤で手がかぶれてしまった」という人でも安全に使うことができるでしょう。
 

ファリネの気になる価格ですが、1回切りのの購入であれば「8890円」となります。

これに「消費税、送料600円、後払い手数料」が追加されます。
 

ただ、ファリネは「お得な定期コース」で購入することもできます。

もし定期コースで申込めば、「送料無料で初回は2667円(税抜)」と70%オフで買うことが可能です。
 

2回目の購入も6800円(税抜)で買えますから、長い目で見ればファリネは定期コースのが安いです。

定期コースは最低三回以上続けなければ解約はできませんが、ずっと使い続けるのであれば明らかにお得といえますね。
 

ではファリネの制汗剤はどのような口コミがあるのでしょうか?

ネット上でやアットコスメの口コミの感想では、「掌の手汗が良くなった」「パウダーなのに付け心地がサラッとしていて良い」「掌が手荒れしないので安心」…といった評価の高い口コミが多く見られました。
 

ただ、ファリネの評価が低い口コミとしては、「手汗が良くならない」「付け心地がパサパサしてあまりよくない」などの口コミもいくつかあるようです。
 

このように、全体的な口コミ評価としてはファリネは比較的評判良いようですが、人によっては付け心地がイヤだったり、効果が実感できない場合もあるようです。

もしファリネが気になるのであれば、まずは実際にお試しで使ってみて、自分に合うか試してみるのが良いでしょう。

 

⇒ファリネの公式サイトはコチラ

 

⇒目次に戻る

デトランスα

デトランスa

⇒デトランスaの公式サイトはココ

 

「デトランスα手足用」は、制汗剤で有名な「デトランスαシリーズ」の手足用の商品名であり、手の汗を強力的に抑えてくれる頼もしい制汗剤です。

デトランスアルファは医療先進国のデンマーク製の手足用制汗剤で、日本での出荷数が52万本突破した「販売実績№1の手足制汗剤」です。
 

「95%の人が定期的に購入し続けようと思った」という口コミデータもあり、デトランスaはリピーターが多いことでも有名です。

デトランスαは液体タイプの制汗剤であり、汗をかきやすい「手のひらの毛穴の汗腺」にしっかりと浸透して、手汗を極力に抑える効果が期待できます。
 

デトランスアルファには、制汗効果成分の塩化アルミニウムを「20%以上」も配合しており、高い制汗作用を期待できるのです。

ここまで塩化アルミニウムを多く配合している手汗制汗剤は珍しく、デトランスaは医薬部外品なので安心です。
 

効果重視の手汗制汗剤を探している人には、デトランスα手足用はピッタリの手汗制汗剤といえるでしょう。

ちなみに、デトランスアルファは「お風呂の後に1日1回塗るだけ」なので、手軽な部分も人気の1つです。
 

デトランスa手足用の気になる価格ですが、「1本だけの単品購入」の場合は、初回40%OFFの「2,900円(税抜)」で買うことができます。

定価は1本4,800円(税抜)ですから、お試しで買うのであればかなりお得といえますね。
 

ちなみに、デトランスアルファを2本まとめ買いすれば、もっと割引となり48%OFFで買えます。

「2本9,600円(税抜)」のところ「5,000円(税抜き)+送料」と、1本分の低下と同じ値段です。
 

デトランスアルファは定期購入ではなく「単品購入」でこの割引が適用されるので、買いやすい手汗用制汗剤といえるでしょう。

ちなみに、デトランスa手足用は定期コースなどはないようです。
 

では、デトランスα手足用には、どのような口コミの感想があるのでしょうか?

アットコスメなどのインターネット上でのクチコミをチェックしてみると、「予想以上の手汗抑制効果」「使って2日で手汗に効果が出た」「今までどの手汗制汗剤を使っても効果が無かったのに手汗が収まった」などの評価が高い口コミが多く見られました。
 

ただ、人によっては評価の低い口コミを書いている人もおり、「付けたら手がカサカサした」「肌が弱いせいかヒリヒリしてしまった」などの口コミもいくつか挙がっています。
 

手汗を抑える効果の高い制汗剤ですから、肌が非常に弱い人は合わない場合もあるようです。
 

しかし、効果が出ているという口コミは多いですから、手汗でひどく悩んでいる人はデトランスアルファを試してみてもイイのではないでしょうか?

 

⇒デトランスaの公式サイトはコチラ

 

⇒目次に戻る

アロメル

アロメル

アロメルは「美的」「UP」「美ST」といった有名な雑誌で特集された今話題の手汗制汗剤です。

手汗はもちろんのこと、アロメルは「体全体の汗」を抑えてくれるマルチな制汗剤です。
 

アロメルは制汗剤には珍しい「スプレー系の手汗制汗剤」ですので、手軽にシュッとひと吹きするだけで簡単に手汗を抑制することができます。

霧状のスプレーですから、クリームタイプの手汗制汗剤のように手を汚すことはありません。
 

アロメルはもちろん医薬部外品ですので、有効性が非常に期待できる手汗制汗剤です。

医薬品と遜色ない製造工程や管理で作られている手汗制汗剤ですから、品質や安全性についても安心です。
 

また、アロメルには制汗や殺菌成分のほかにも「保湿成分」や「治癒成分」も配合されているので、手汗で荒れてしまった手のスキンケアも行うことができます。

手汗制汗剤によって手の肌が荒れてしまう人でも、安心して使用できるでしょう。
 

アロメルの値段に関してですが、単品購入をする場合は通常価格の「6,960円(税抜)+送料600円」となります。

ですが、定期コースに申し込むことで初回金額が2,980円(税抜)となります。
 

さらに、クレジットカード決算にすると「初回のお届け分から500円値引き」してくれるので、「初回2,480円(税抜)」でアロメルを買うことが可能です。
 

定期コースであれば「送料無料」ですから、商品代金しかかかりませんよ。

さらに、定期コースは2回目以降も「毎月50%OFFで送料無料」となりますので、単品購入するよりも明らかにお得です。
 

ちなみに、アロメルの定期購入は「初回を含めて最低4回(4か月)の継続」が条件となります。

4回目以降はいつでも一時休止・再開・解約ができますよ。
 

また、アロメルには「30日間返金保証」がありますので、使ってみて効かなかったら30日以内であれば返金してもらえます。

購入のリスクは限りなく少ないので、手汗が気になる人はアロメルを試してみるのが良いでしょう。
 

では、アロメルには、どのような口コミがあがっているのでしょうか?

インターネット上のクチコミをチェックしてみた結果、「掌がサラサラになった」「手汗のベタベタ感がなくなった」「手汗が止まった」というクチコミが多く挙がっています。
 

ただ、「だいぶ手汗は減ったけれど十分な効果は感じなかった」という声もありました。

口コミの体験談などをチェックして分かるのは、アロメルは「優しくじんわり制汗効果を発揮してくれる手汗制汗剤」ということです。
 

アロメルは「肌が弱い人」や「手がべたべたするのが苦手な人」向けにおすすめの制汗剤といえるでしょう。

⇒目次に戻る

楽天・amazonで売れてる手汗制汗剤はこれ!

楽天・amazonで売れてる手汗制汗剤

楽天やamazonなどのネット通販サイトは色んな商品を取り扱っているので、手汗制汗剤も多く取り扱っています。

Amazonプライムを使えば次の日には届きますし、中には口コミ人気で非常に売れてる手汗制汗剤もあります。
 

ここでは、楽天市場やアマゾンで人気の手汗用制汗剤の中で、人気の商品をピックアップしてみました。
 

テサラン

テサラン

⇒テサランの公式サイトはココ

 

テラサンはクリームタイプの手汗制汗剤です。

楽天市場やアマゾン、Yahooショッピングのランキングで1位を取っており、名実ともに人気の手汗制汗剤です。
 

テラサンは都営3路線の吊革に広告が掲載されたこともあるので、見かけたことがある人も多いでしょう。

また、「Beauty World Japan2017」にもテラサンは出店しており、ヘアメイクのプロも愛用している手汗制汗剤です。
 

軽さのあるクリームタイプで塗り広げやすくサッと付けることができるので、「使いやすいクリーム手汗制汗剤」として人気です。

また、テラサンは医薬部外品であり、クリーム特有の強力な制汗力が、高い手汗抑制効果を発揮してくれます。
 

仮にクリームが落ちなければ、最大72日間は手汗制汗効果を発揮してくれるほどの優れものです。

テラサンは1本で3か月も使うことができるので、コスパの高さも口コミで評判なのです。
 

テラサンはには制汗成分以外にも9つのこだわりの成分が配合されており、防菌、防臭、保湿効果も期待できます。

ちなみに、手汗制汗剤というのは女性が利用しているのが大半ですが、テラサンは男性も多く利用しています。
 

テラサンの利用者うち10%以上が男性利用者ですので、男性で手汗に悩んでいる人も気軽に使えます。

テラサンの気になる値段ですが、テサランでは定期購入などは一切行っておらず、単品購入しか行っていません。
 

単品で3,980円(税抜)であり、沖縄以外は送料無料で購入できます。

また、テラサンにはお得な3本セットもあり、今なら3本セットを買うと1本無料でもらえます。
 

1本おまけで4本となりますので、1本あたり「2,485円(税抜)」で購入できる計算になります。

3本で「9,940円(税抜)+送料無料」で購入ができ、3本の通常価格は24068円(税抜)ですから、かなり安いといえるでしょう。
 

また、テサランではウレシイことに「どの購入方法も全額返金保証制度」を行っており、効果が実感できなかったら全額返金してもらえます。
 

では、テラサンを使った人からはどのような口コミが挙がっているのでしょうか?

テラサンの口コミをネットで調べてみたところ「手汗が解消されて握手することが気にならなくなった」「かゆみもなく手汗のケアができた」「手汗も出なくなり保湿効果も高い」という評価の高いクチコミが多くありました。
 

一方でイマイチな口コミとしては、「使わないよりはマシだけれど思ったより手汗を止める効果は出なかった」「72時間は手汗が止まると書いてあったけれど1日ももたなかった」という残念な声もあがっています。

やはり利用した人の体質や使い方によっても、効果は大きく変わってくる可能性はあるようです。
 

テラサンは全額返金保証付きですので、気になる人は気軽に試してみるのも良いでしょう。

 

⇒テサランの公式サイトはコチラ

 

⇒目次に戻る

フレナーラ

フレナーラ

⇒フレナーラの公式サイトはココ

 

フレナーラは、ジェルタイプの手汗用の制汗剤です。

2017年モンドセレクションを受賞しており、手汗ケアのオススメコスメということで、スキンケア大学にも掲載されました。
 

また、「美的」「Grazia」「Oggy」などの女性誌にも取り上げられている、まさに注目されている手汗制汗剤です。

フレナーラは、手汗の原因となっている「エクリン腺」に浸透して、根本から手肌の汗を抑えてくれる効果を発揮してくれます。
 

独自製法の天然エキス配合により手の質感も良くなり、ベタつかずサラサラになるのが特徴です。

フレナーラは1日3回ほど手に塗るタイプの手汗制汗剤ですので、ちょっと手間がかかってしまうのが難点といえます。
 

しかし、回数を多く塗るので、より確実な手汗軽減の効果を発揮してくれます。

また、フレナーラは「塗った後にかゆみが出にくい成分」を配合しているので、お肌が弱い人でも安心して使うことができる手汗制汗剤です。
 

チューブ型のジェルクリームですので、フレナーラは衛生的ににも安心ですよ。

1か月分入っているジェルクリームですが、3cm×10cmのコンパクトサイズですので、ポーチなどに入れて簡単に持ち運びすることが可能です。
 

フレナーラは楽天市場やamazonでも購入ができますが、お得に購入することができるのは「公式サイトの定期コース」です。

定期コース限定で、最大50%OFFで購入が可能です。
 

気になるフレナーラの値段ですが、定期コースであれば、初回は8,000円OFFで「850円(税抜)」と激安価格といえるでしょう。

また、2回目以降は50%OFFで購入することができ、「4,250円(税抜)」でずっと買うことが可能です。

フレナーラは定期コースであれば、もちろん送料は無料です。
 

しかも、180日返金保証がありますので、使ってみて効果を感じなければ180日以内でなら返金してもらえます。

気軽に使いはじめられるのもフレナーラのメリットといえるでしょう。
 

では、フレナーラにはどのような口コミがあるのでしょうか?

まず、ネット上では「フレナーラを使い始めて手汗が気にならなくなった」「物をつかむ時にツルツル滑らなくなった」「日本の手汗制汗剤なので安心して使える」という口コミが多いです。
 

ただ、逆に「粘度があってベタ付きが気になる」「塗った後に手が乾くまで時間がかかる」といった評価が低めなクチコミも多少はありました。
 

フレナーラの口コミを分析すると、比較的効果は高いようですが、フレナーラはジェルタイプのクリームですので「浸透に多少の時間がかかる」というデメリットがあるようです。

しかし、「だんだんに手汗が緩和されてきた」といういる声が多く見受けられました。
 

気になるのであれば、まずはフレナーラを試してみると良いでしょう。

 

⇒フレナーラの公式サイトはコチラ

 

⇒目次に戻る

ロエグア

ロエグア

ロエグアは、手汗の原因となるエクリン腺を収縮させ、手汗を抑える効果があるクリーム状の手汗制汗剤です。

配合されている「フェノールスルホン酸亜鉛」によりエクリン腺に収れん作用を与え、手汗の発汗を抑える効果が期待できます。
 

また、ロエグアの大きな特徴として「他の手汗制汗剤よりも汗に強い」ということです。

水分量を抑えて作っている手汗制汗剤ですので、多少の汗では簡単に流れ落ちることはありません。
 

ロエグアには手荒れや肌のガサつきを抑える成分も豊富に配合していますので、手荒れガひどい人にもオススメです。

最初のうちは1日3回は使うのが目安となっており、通常は1~2週間で手汗を止める効果が出てくるそうです。
 

また、ロエグアは「低価格」という点でもかなりオススメな制汗剤です。

ロエグアは価格を大幅に抑えるため「外箱」は使わず、簡易包装が採用されています。
 

また、安くて高品質のチューブを採用し、卸に通さず直接インターネットにて販売、メール便で配送となります。

これにより、送料無料で1,980円(税込)という低価格を実現しました。
 

価格ですが、余計なものを排除した上での低価格ですから、製品の品質が悪いというわけではありません。

また、ロエグアは安心して使ってもらうために100日間の全額返金保証制度を設けています。
 

手汗に変化が感じられなければ、最長100日間の間でしたら返金に応じてくれます。

このように、ロエグアはユーザーが買いやすい手汗制汗剤と言えるでしょう。
 

では、ロエグアを使った人の口コミはどのような感じなのでしょうか?

ネットでのロエグアの口コミは「確実に手汗のかき方が変わってきた」「ビチャビチャしていた手がかなり改善されてきた」「安いのに手汗を抑えることができたので最高」などの口コミが多く見られました。
 

また、ロエグアの悪い口コミとしては「手汗があまり止まらない」「少量では手汗が出てしまうので多めの量を使わないと効果が出ない」「手汗がひどかったせいかあまり効果を感じない」などの口コミがいくつか書き込まれていました。

ロエグアは、人によっては手汗が止まる効果が出るまで時間がかかるようです。
 

しかし、ロエグアの口コミを総評すると良い口コミのが多いですから、購入にかかるお金も安いですし、まずは使ってみるのが良いでしょう。

 

⇒ロエグアの楽天通販はココ

 

⇒目次に戻る

AHCフォルテ

AHCフォルテ

AHCフォルテはスイスで作られた液体タイプの手足制汗剤です。

寝る前に手汗をかきやすい部分にAHCフォルテを付けることで、次の日の手汗の量をしっかりと抑えてくれます。
 

AHCフォルテと他の手汗制汗剤で大きく違う部分といえば、「手足は肌がブ厚い」という性質を考え、手汗に効果を発揮する有効成分が少し多く配合されていることです。

さらに、AHCフォルテは医薬部外品ですので、高い効果への期待と安心感があります。
 

ちなみにAHCフォルテは「14歳以上を対象とした手足制汗剤」です。

つまり、13歳以下であればAHCフォルテは使うことはできません。
 

それだけ「配合成分の量も大人向け」であり、高い手汗を止める効果が期待できるというわけです。
 

AHCフォルテの気になる価格は、公式ページで「30ml通常購入4,280円(税込)+送料800円」、「50ml通常価格6,280円(税込)+送料800円」です。

ですが、「お得なセット販売」で安く手に入れることもできます。
 

例えば、「内容量30mlの2本セット」で買えば、通常8,560円のところを1,000円引きの「7,560円(税込)+送料無料」で購入することができます。

また、「内容量50mlの2本セット」も1,000円引きで購入が可能となり、通常12,560円のところを「11,560円(税込)+送料無料」になります。
 

AHCフォルテは購入すればポイントが貯まりますので、貯まったポイントを使って値引きで購入することも可能です。

「とにかく手汗に対して高い効果を感じたい!」という人は、手汗制汗剤のAHCフォルテを使ってみてはいかがでしょうか?

 

⇒AHCフォルテの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

アマゾンや楽天より公式サイトで買わないと損!?

アマゾンや楽天より公式サイトで買わないと損

アマゾンや楽天市場などの通販での購入は、「公式サイトより安い価格で手に入れることができる」というイメージが強いです。

ポイントも使えますし、確かに若干安く購入できる手汗制汗剤もありますから、mazonや楽天で買ったほうが得した感じになるかもしれません。
 

しかし、これには「重要な落とし穴」があります。

多くの場合、市販の手汗用制汗剤は公式サイト以外で購入してしまうと返金保証や初回の割引を受けることができません。
 

アマゾンや楽天市場で手汗制汗剤を買う前に、下記の2つのポイントに注意しましょう。

 

■効果が出ない場合の返金も視野に入れて購入すべき

手汗制汗剤のようなスキンケアは、「効果の出方に個人差」が出てしまう場合があります。

肌質によっては手汗が止まる効果が発揮されないことも、もちろんあります。
 

そのため、「返金保証」というのはとても大ことなポイントとなります。

返金保証は基本的には公式サイトでの購入でしか該当しませんので、amazonや楽天市場よりも公式サイトで購入したほうが安心といえます。

 

■初回の割引購入はとてもお得

公式サイトでは「定期コースでお得に購入できるサービス」を設けている場合が多いです。

この初回割引というのは、予想以上に安くなります。
 

初回90%OFFとなっている定期購入の手汗制汗剤もあり、このようなお得な割引はアマゾンや楽天市場ではありません。

手汗の制汗剤は続けて使用しなければ効果が出にくいですから、定期コースで安く購入したほうが、長い目で見るとお得といえます。

 

上記の2つのポイントから考えると、アマゾンや楽天市場での購入のほうが最初はお金が安いとしても、公式サイトで買ったほうがお得ですし安心です。

特に返金保障制度は、「お試し」で手汗制汗剤を購入する際にはぜひ取り入れたいところです。
 

このように手汗制汗剤を購入する場合は、安さだけでamazon・楽天を利用せず、細かい部分まで充分に考えてから購入先を検討するようにしましょう。

 

⇒口コミ人気NO1の手汗用制汗剤はコチラ

 

⇒目次に戻る

ドラッグストアの安い手汗制汗剤でおすすめは?

ドラッグストアの安い手汗制汗剤

ドラッグストアや薬局と聞くと、マツモトキヨシやセキ薬品(ドラッグストア セキ)を思い浮かべる人も多いでしょう。

最近のドラッグストアでは、薬以外にも食品や生活用品などならゆるものが手に入ります。
 

そして実は「手汗制汗剤」も、ドラッグストアや薬局で市販の商品が取り扱われています。

ドラッグストアや薬局で手汗制汗剤を購入する最大のメリットといえば、通販品よりも若干安く買えることができることです。
 

低価格で安い手汗制汗剤を試してみたい人には、まずはドラッグストアでの購入がオススメです。

ここでは、ドラッグストアや薬局で買える手汗制汗剤のオススメをまとめてみました。
 

オドレミン

オドレミン

オドレミンは日宝薬局が販売している「液体の制汗剤」で、手汗の制汗剤にも使うことができる頼りになる制汗剤です。

多汗症などの病気の治療にも使う「塩化アルミニウムを13%も配合」しており、エクリン腺を物理的にふさいで手汗をしっかえりと抑えてくれます。
 

オドレミンは薬局で購入できる制汗剤ですが、エクリン腺をしっかり塞いでくれますから、かなりの手汗抑制効果が期待できます。

そのため、手の肌への刺激は少々強めですので、お肌の弱い人はパッチテストを行ってから使うことをオススメします。
 

このように、オドレミンはプチプラ価格とは思えない制汗効果を期待することができます。

ちなみに、オドレミンは有名ドラッグストアではあまり見かけないのですが、小さな薬局には置いていることがあります。
 

日宝薬品工業の公式ホームページでお取り扱い店舗を検索できますので、気になるのであれば扱っている店舗を探してみましょう。

オドレミンは「25mlで1,080円(税込)」で購入できますので、気軽に購入できる価格なのも大きな魅力です。
 

こんなに安くても医薬部外品ですので、安心・安全・高品質の制汗剤といえるでしょう。

 

⇒オドレミンの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

テノール液

テノール液

テノール液は「微香性のロールオンタイプの液体制汗剤」です。

ロールオンタイプで蓋を開けるとボールが出てくるので、手肌にサッと塗ることができ、大変使いやすいのが特徴です。
 

ロールオンタイプと聞くと「出が悪そう」と感じますが、テノール液は出が想像以上に多いので、タップリ付けて使うことができます。

テノール液は「塩化アルミニウムが3.9%」と少なめの配合です。
 

ですので、劇的な制汗効果は正直、期待できません。

ビチャビチャになってしまうようなヒドイ手汗の人には、テノール液は不向きといえます。
 

ただ、その分お肌に優しく肌荒れやかぶれを起こしにくい制汗剤といえるでしょう。

また、テノール液は医薬部外品ですから品質的にも安心です。
 

テノール液は「早い人で4日程で効果が出た」という口コミもありますので、決して効果が薄いというわけではありませんよ。

テノール液を手に塗布した後は、3分ほどで乾いていきます。
 

ベタ付きがあまり無いので、快適に手肌に使うことができます。

テノール液は「30mlで850円(税抜)」と手軽な価格ですので、手汗制汗剤を試しに使ってみたい人にはオススメです。

 

⇒テノール液の公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

特製エキシウクリーム

特製エキシウクリーム

特製エキシウクリームは、汗に対する有効成分を豊富に配合した「クリームタイプの制汗剤」です。

「焼きミョウバン」をはじめとした4種類の制汗成分を配合し、手汗に対して高い制汗効果を発揮してくれます。
 

配合されている「焼きミョウバン」は殺菌効果もあり、肌にも優しい成分ですから、安全に使えることも人気の一つです。

特製エキシウクリームは医薬部外品ですので、高い効果も期待できます。
 

また、特製エキシウクリームはクリームタイプですので一度付けると落ちにくく、長時間、制汗効果が持続します。

「前の日の夜に手に付けるだけで、次の日1日中、制汗効果が持続する」という口コミも多く、制汗力は間違いないでしょう。
 

この特製エキシウクリームは、「30g入りで1,800円(税抜)」でドラックストアなどで購入することができます。

手に付けるだけなら少量でよいですから、特製エキシウクリームを1つ買えば「約3~6か月」近くはもつでしょう。
 

コスパの良さも特製エキシウクリームの特長といえますね。

 

⇒特製エキシウクリームの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

エキシウS

エキシウS

エキシウSは「ノンガスのスプレータイプの制汗剤」です。

エキシウSはフローラル系の香りがしますので、手汗を止める効果以外にも「匂いによる癒し効果」も期待できます。
 

もちろん、エキシウSに配合された「収れん成分」により、手汗もしっかりと抑えてくれます。

エキシウSも医薬部外品ですので、手汗に対する高い効果と安全性が期待できます。
 

エキシウSは「1日1~2回、手肌にシュッとスプレーするだけ」でOK。

この手軽さがエキシウSの人気の秘密でもあります。
 

ただ、エキシウSはスプレータイプの制汗剤ですから、手汗を抑える持続性は若干劣ります。

暑い日などで汗をかきやすい時は、こまめにスプレーする必要があるでしょう。
 

エキシウSは「30mlで1,600円(税抜)」という価格設定になっており、薬局などで簡単に買えます。

「手軽なスプレータイプの手汗制汗剤を使いたい!」という人には、エキシウSは安価ですからオススメといえます。

 

⇒エキシウSの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

薬局でミョウバンを買って「ミョウバン水」を作る方法も!

薬局でミョウバンを買って「ミョウバン水」を作る方法

手汗を抑える方法には、手汗制汗剤を使う以外の方法もあります。

それが、薬局やドラッグストアなどで売っている「ミョウバン」を利用した「ミョウバン水」を使う方法です。
 

ミョウバン水には、塩化ナトリウムと同じく「「手汗を抑える効果がある」ことで有名です。

この「ミョウバン」というのは、魚介類に使うことが多い成分で、実は高い制汗効果があるのです。
 

ミョウバンには「たんぱく質を変質させるパワー」があるので、汗腺を引き締める収れん効果が期待できます。

ミョウバン石鹸などで体を洗うと、汗が出にくくなるのはこのためです。

これにより、手汗が止まるというわけなのです。
 

ミョウバン水は、ミョウバンを買ってくれば誰でも簡単に作ることが可能です。

ちなみに、ミョウバン水は「原液」を作り、それを薄めながら使っていくのが定番です。
 

ここでは、「誰でも簡単に作ることができるミョウバン水の作り方」をご紹介していきましょう。

 

【材料】

■焼きミョウバン50g、または生ミョウバン75g
(生ミョウバンの場合は焼きミョウバンの1.5倍の量が必要)

■水道水1.5リットル

■1.5リットルのペットボトル1個
 

焼きミョウバンや生ミョウバンは、スーパー・薬局・ドラックストアで100円程度で販売されています。

まずは上記の材料を用意しましょう。

 

【作り方】

①ミョウバンを全てペットボトルに入れます。

②ミョウバンを入れたペットボトルに、水道水を少しずつ入れてよく混ぜ合わせます。
ミョウバンは水に溶けにくいので、少しずつ水を入れてかき混ぜながら作っていくことがポイントとなります。
早くミョウバンを溶かしたい場合は、ぬるま湯を使うと素早く混ぜ合わせることができます。

③ミョウバンと水がペットボトルに全て入ったら、ペットボトルのフタを閉めて勢いよく振って中身を混ぜます。
この際、ペットボトルの蓋がしっかり閉まっていないと中身が飛び出てしまいますので、がっちり閉めてから振るようにしましょう。

④混ぜ合わせたペットボトルを冷暗所に置き、一晩寝かせます。
混ぜ合わせたばかりのミョウバン水は白く濁っていますが、一晩おくことで透明になります。
もし一晩おいても透明になっていない場合は、透明になるまで冷暗所に置くようにしましょう。
 

これで、ミョウバン水の原液の完成です。

手肌の制汗ケアに使う時は、この原液を「水道水で10~50倍に薄めて」から使います。
 

ミョウバン水の濃度によって手汗を止める効果が変わっていきますので、自分の手肌に合った薄さのミョウバン水で手汗ケアをするようにしましょう。

お肌が弱い人はかなり薄めて使い、お肌が弱くない人は比較的濃度の濃いミョウバン液を使うなど、調整して使ってみましょう。
 

ミョウバン水はコスパが良い手汗制汗ケアアイテムですので、手汗制汗剤同様オススメです。
 

ちなみに、医療系の病院に頼らず自力で手汗を止めるには、制汗剤だけ使えばよいというものではありません。

やはり、日々の生活習慣や食事なども気を付けていかなければ、根本的な手汗改善とはならないでしょう。
 

制汗剤以外の「手汗を止める方法」については、このページも詳しく書いてありますので、ぜひ参考にしてみてください⇒手汗を止める方法!手汗がひどい原因や対策・治す改善策は?

効率よく手汗改善するためにも、制汗剤を使う以外の対処法・解決策もよく学んでおきましょう。

⇒目次に戻る

男性向けの手汗を抑える制汗剤はある?

コルクル

手汗制汗剤といえば、「女性向けの商品」が多いイメージです。

でも、男性の中にも手汗に悩んでいる人は実は多くいます。
 

男性の場合、緊張する場面に出向くことが多いので、手汗をかく機会は女性より多いといえます。

では、男性向けの手汗制汗剤というのはあるのでしょうか?
 

これに関してですが、実は数は少ないですが「男性向けの手汗制汗剤」というのはいくつかあります。

男性向けの手汗制汗剤の中でオススメなのは、「コルクル」という手汗制汗剤です。
 

コルクルは「制汗力・持続性・使用感」にこだわって作られた男性用のクリーム型の手汗用制汗剤です。

コルクルに配合されている成分には「フェノールスルホン酸亜鉛」や「シメン-5-オール」が配合されており、これらの成分が手汗の原因となるエクリン腺を抑え、しっかりと制汗してくれる効果があります。
 

医薬部外品の手汗制汗剤というところもコルクルの特徴の1つです。

コルクルはクリーム型の制汗剤ですので、持続効果が高く、長時間において手汗抑制効果を発揮してくれます。
 

持続性が高い制汗剤は肌への負担が気になりますが、コルクルは肌への優しさにもこだわって作られており、石けん簡単に洗い流せます。

そのため、コルクルを1日のつけただけでは手肌サラサラ効果は実感しにくいです。
 

ですが、6~7回程使うことで徐々に効果を実感することができます。
 

コルクルは使い方によっては「1日5回塗っても、1本で5か月ほどもってしまう」というコスパの高さも人気です。

仮にコルクルを多く塗っても、1本で約2か月は使えるようです。
 

コルクルには様々な特徴がありますが、一番の目玉はなんといっても「定期購入で申し込むと初回無料でもらえる」ということ。
 

ですから、「まずは無料でコルクルを試し、効果を感じたらその後も継続」という方法をとることができます。

もしコルクルが気になる人は、まずは定期コースに申し込んで初回分を無料で試してみると良いでしょう。
 

もちろん、初回の無料分を試して効果に納得できない場合は、そのまま定期コースを解約することもできます。

1本目の無料分で解約した場合でも支払いは一切発生しませんので、文字通り1銭もかからず無料となります。
 

では、コルクルの利用者の口コミはどのようなものが多いのでしょうか?

まず、良い口コミとしては「手にしっとり馴染んで手汗抑制の効果を感じる」「メンズ用手汗制汗剤なので今まで使った制汗剤と違った高い効果を感じた」「早い段階で手のサラサラ感を感じて満足できた」といった内容のものが多いです。
 

もちろん、評価が低い口コミもいくつかあります。

「パッケージがネットで見るより大きくて持ち運びが便利じゃない」「短時間しか効果をかんじないので、頻繁に付けないといけない」というクチコミもあがっています。
 

「1日5回以上は塗らないと効果がわからない」という口コミもあり、コルクルを1回塗っただけでは長時間の手汗抑制効果は得られないようです。
 

このように、コルクルは手汗用制汗剤としては珍しく、男性向けの制汗剤です。

コルクルは定期コースであれば初回は無料ですから、もし気になるのであれば試してみても良いでしょう。

 

⇒コルクルの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

この記事のまとめ

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

このように手汗制汗剤というのは様々な種類や商品が市販されています。
 

ただ、自分に合った手汗用制汗剤を選ばなければ、望むような効果は得られません。

この記事では「手汗制汗剤の選び方」や「制汗剤購入時の注意点」、「オススメ制汗剤」などが詳しくまとめられています。
 

「これから手汗用制汗剤を買いたい」という人は、ぜひもう一度読んで参考にしてみたくださいね。

⇒目次に戻る