グリーンゼリー

グリーンゼリーはなぜ男の子を産み分けできるの?

グリーンゼリーの効果

「子供ができれば性別は関係ない」と思う人もいるかもしれません。

ですが、希望通りの男女産み分けができたら喜ばしいことですよね?

昔から産み分け方法は色々ありましたが、どの方法も産み分け効果は薄く、男の子が欲しいと思っていても「女の子しか生まれない」という家庭はよくあります。

現在では「男の子と女の子が生まれる仕組み」が解明されており、膣内環境を変化させることで希望通りの赤ちゃんを授かることができるということが知られています。

精子の種類には2種類あり、「酸性を好むX染色体精子(女の子)」と「アルカリ性を好むY染色体精子(男の子)」の2つがあります。

通常膣内は細菌から身を守るために「膣内は酸性」に保たれており、男の子が欲しい人はアルカリ性にさせることで男の子が産まれやすいとされています。

膣内をアルカリ性にさせるには、女性が性行為中にオルガズムを感じることで膣内をアルカリ性にさせることができるとされています。

ですが、どんなに感じていてもアルカリ性にならない人も、実は結構います。

そんな膣内がアルカリ性にならない人にお勧めしたい物が、「グリーンゼリー」という産み分けゼリーです。

このグリーンゼリーを性行為前に膣内に使用することで「膣内をアルカリ性」にすることができます。

グリーンゼリーには「膣内をアルカリ性にさせることができる成分」が含まれており、膣内のPHを意図的にコントロールすることができます。

反対に女の子が希望する人は膣内を酸性にしてくれる「ピンクゼリー」も存在しています。

これにより、産み分けを行いたい人は産み分けゼリーを使用することで手軽に行うことができるようになりました。

ただし、必ず男の子が生まれるというワケではなく、人によってはグリーンゼリーを使用しても女の子ができてしまったという話もあります。

ですが、グリーンゼリーを使えば、通常よりも男の子を妊娠する確率を上げてくれることは確かです。

産婦人科などでも普通に勧められている方法なので、どうしても男の子が欲しいと思っている人にお勧めです。

⇒目次に戻る

グリーンゼリーの成功率はどれくらい?

グリーンゼリーを使用する人は「男の子希望」の人だと思います。

では、グリーンゼリーの成功率は何%ぐらいなのでしょうか?

グリーンゼリーを使った場合の男の子が生まれる確率は、大体「70%から80%」と言われています。

ですから、グリーンゼリーを使用したからといって必ず男の子ができるワケでもなく、女の子が生まれてしまった夫婦もいるので注意が必要です。

また、間違った方法で使用すると成功率も下がってしまうので、説明書をよく読み、正しい方法で使用することで、より男の子の産み分けの確立を上げることができます。

グリーンゼリーのメーカーによって使用方法が若干違うので、慣れている人でも使用する際には十分注意してから使用すると良いでしょう。

女の子が続いてしまう夫婦には色々な原因があり、男の子が生まれるように性行為をしていても、女の子が続いてしまう場合も多いです。

本来は道具などに頼らずに成功確率を上げられることが良いと思いますが、経済的理由や跡取り問題などから、どうしても男の子が欲しい家庭も多いと思います。

100%ではありませんが「80%の高確率」で男の子の妊娠確率を上げることができるので、グリーンゼリーを使用してみる価値は十分にあると思います。

⇒目次に戻る

グリーンゼリーで失敗する主な原因は?

グリーンゼリーを使用して「産み分けに失敗する原因」は、意外と色々あります。

ここでは、グリーンゼリーを使っても失敗してしまう場合の主な原因をまとめてみました。

 

【1】膣内からこぼれてしまっている

グリーンゼリーでの失敗の原因として意外と多いのは、「膣内からグリーンゼリーがこぼれてしまった」というものです。

慣れてくると雑に扱ってこぼれたまま性行為を行ってしまう夫婦も、意外と多いです。

できれば、グリーンゼリーを挿入したら事前に5分以上腰を上げて待っておくのが確実といえます。

 

【2】淡白な性行為をしてしまっている

淡白な性行為を行うと、女性があまり感じていない状態になる場合が多く、そうなると膣内がアルカリ性にならず、Y染色体精子の動きが鈍くなってしまいます。

グリーンゼリーを使えば膣内がアルカリ性になりやすいですが、できれば女性がオーガズムに達した状態で射精したほうが、グリーンゼリーの成功率は上がります。

できるだけ、淡白なセックスは避けたほうが良いでしょう。

 

【3】浅い挿入で射精してしまっている

グリーンゼリーを使用していても、浅い挿入で射精をしてしまうとY染色体精子(男の子)は途中で死滅してしまう可能性があります。

その理由としては、Y染色体精子の寿命が1日前後と短いため、浅い位置で射精すると子宮の奥に到達する前に息絶えてしまうからです。

男の子が欲しいのであれば、できるだけ深い位置で射精するように心がけましょう。

 

このように、グリーンゼリーで失敗する原因hあ大きく分けて3つあります。

よく意識してグリーンゼリーを使ったほうが成功率は上がりますから、試してみると良いでしょう。

⇒目次に戻る

グリーンゼリー使用者の口コミ!

グリーンゼリーを実際に使用してみた人の口コミや使用者の体験談を見てみると、グリーンゼリーはかなり効果があるようです。

クチコミの中には、「男の子が欲しいと思い諦めずに使い続けていましたが、半年間使用してやっと男の子を妊娠することができました」という成功例がたくさんありました。

すぐに即効性はないものの、「使い続けることで男の子を授かることができた夫婦」が多いようです。

また、使用した感想の中には「グリーンゼリーは旦那さんの協力もあり成功することができた。子作りと思うと義務的になってしまいがちだが、旦那さんが頑張ってくれました」という体験談もありました。

やはりグリーンゼリーは旦那に内緒で使用することは難しく、グリーンゼリーを使用することでムードが壊れてしまうこともあるので、お互い協力し合って使用する人が良いようです。

ただし中には失敗した体験談もあり、「グリーンゼリーを使用したのに女の子が妊娠してしまいました」という意見もあり、グリーンゼリーを使用したからといって必ず男の子が生まれるワケではないようです。

確かにグリーンゼリーを使用することで膣内はアルカリ性になりますが、排卵日には気を使わなくてはいけません。

また、Y染色体精子は熱に弱いので、ご主人の下着やお風呂の時間などにも気を使っ他方が良いでしょう。

グリーンゼリーを使用する際には油断せずに細かい部分にも気配りすると失敗しないと思います。

このように、グリーンゼリーの口コミを調べてみても比較的良い口コミが多いので、産み分けを考えている人にはおすすめだと思います。

⇒目次に戻る

グリーンゼリーの安全性は?副作用はある?

グリーンゼリーを使用する際に気になる点として人体に影響がないのか心配になる人も多いと思います。

グリーンゼリーには、基本的に害になる成分は含まれていないので、仮に口に入れても問題はないです。

ですので安心して使用しても良いでしょう。

ただし、元から皮膚が弱い人はグリーンゼリーを使用することで「膣内に影響」が出てしまう恐れがあるので、使用する際には注意が必要です。

ですが、実際に利用した人の口コミを見ても「副作用はない」という意見が多く、安全性も高いと言えます。

ちなみに、「成分が書かれていないもの」「海外製のグリーンゼリー」「使用期限が切れているもの」は注意が必要です。

グリーンゼリーは直射日光などにも影響があるとも言われているので、保存状態が悪い商品についても注意しましょう。

「グリーンゼリーを使用すると不妊になりやすい」という話を聞きます。

その理由としては、膣内をY染色体精子が好む「アルカリ性」にさせるので、、X染色体精子が弱くなってしまって妊娠しにくくなってしまう…というものです。

しかし、グリーンゼリーはX染色体精子を死滅させるのではありません。

ですから、グリーンゼリーを使用していても女の子を妊娠する可能性もあります。

そのため、精子や人体に悪影響を与えて不妊になるワケではありません。

グリーンゼリーは産婦人科でも処方されるものですから、あくまでも「不妊になりやすい」というのはウワサであるといえます。

ちなみに、持病を持っていたり心配なことがある人は、事前に病院の先生に相談してから使用すると良いでしょう。

⇒目次に戻る

グリーンゼリーで障害児が生まれたりしない?

インターネットの噂では、「グリーンゼリーを使用すると、生まれてくる子供が発育障害やダウン症などの障害児が生まれやすくなる」というものがあります。

しかし、赤ちゃんが障害を持って生まれてくる主な原因は、「遺伝子異常やウィルス、放射能の影響」を受けることにより、生まれやすくなるとされています。

グリーンゼリーの成分には原因となるそれらの要素は含まれておらず、実例も報告されていないません。

ですので、あくまでも「単なる噂」であり、安全性は高いと言えます。

この「グリーンゼリーを使用すると障害を持った子供が生まれやすい」という噂は、「不妊治療に使われるホルモン剤を使用すると障害児が生まれやすい」という噂と混同されている人も多いようです。

グリーンゼリーには不妊治療に使われるような「排卵誘発剤」とは効果や成分が全く違います。

ですから、グリーンゼリーで障害児が生まれるということは、本質的には起こらないのです。

ちなみに、グリーンゼリーの中には「成分が非表示になっている商品」も多く、「産婦人科から出されるグリーンゼリー」でも成分が表示されていない物も多く存在します。

「グリーンゼリーを安全に使用したい」と思っている人は、成分の表示がしっかりされている物を選ぶようにしましょう。

ただし、グリーンゼリーに障害児が生まれるリスクはありませんが、「高齢出産」になると障害児が生まれる可能性も上がると言われています。

特にダウン症が生まれる確率は「30代が1/952」に対して、45才になると「1/30の確率」に跳ね上がります。

なので、二人目、三人目に男の子が欲しいと思っている人は、障害児のリスクを減らすためにも、グリーンゼリーを使用して早めに出産するのがお勧めですよ。

⇒目次に戻る

通販のグリーンゼリーの値段・価格はいくらぐらい?

グリーンゼリーは通販サイトでも手軽に購入できます。

グリーンゼリーはメーカーも色々あり、販売価格も様々でが、大体どこのサイトでも通販価格は同じぐらいです。

相場は大体8000円から12000円位で販売されており、費用を少しでも安くさせたい人は「まとめて購入すると安くなるサービス」を行っている商品を選ぶのがお勧めです。

通常は1セット10000円位する商品が、3セットまとめて購入することで1セットあたり8000円で購入できる商品もあるので、経済的負担を少しでも減らしたい人におすすめです。

また、最近ではオークションサイトや男児希望のママのために「自分の余ったグリーンゼリー」を売り買いできるサイトもあります。

そこでは低下の半額以下で販売されていますが、デリケートな部分に使う商品なので個人的にはおすすめできません。

昔から「安物買いの銭失い」ということわざがある通り、出所が分からないグリーンゼリーを使って病気などのトラブルになってしまったら大変です。

なので、しっかり管理されている新品のグリーンゼリーを購入することをおすすめします。

新品でなければ、何買ったときの保証やサポートもありませんからね。

また、相場よりも安い物は「海外製」であったり、「成分表示」がされていない場合多いです。

安心してグリーンゼリーを使用したい人は、きちんと成分表示が記載されている国内製のグリーンゼリーを選ようにしましょう。

⇒目次に戻る

産婦人科のグリーンゼリーのほうが若干高い

グリーンゼリーは病院や産婦人科でも手に入れることができます。

産婦人科によっては先生がグリーンゼリーの使用を積極的に行っているところもあるぐらいです。

産婦人科によってはグリーンゼリーの販売だけではなく、産み分け指導やカウンセリングなども行ってくれる所もあり、そういった産婦人科は遠人からも患者さんが訪れて人気なようです。

ただ、カウンセリングや指導などを行うと、その分費用なども含まれているので、産婦人科で処方されたグリーンゼリーは、トータルでの値段が高くなりがちです。

もし、カウンセリングや指導などを必要としていなく、「試しにグリーンゼリーを使用してみたい人」は通販のが安いので、できれば通販で買ったほうが良いでしょう。

ただし、産婦人科の場合には自分の生理周期なども教えてくれるので、男の子が妊娠しやすいタイミングを詳しく知ることができます。

確かにグリーンゼリーは男の子を生まれやすくさせることができます。

ただ、「自分の生理周期」と「タイミング」を男の子が生まれやすい時に使用することで成功率を上げることができます。

なので、通販だけではなく時には産婦人科にも通ってグリーンゼリーを試してみるのも良いと思います。

⇒目次に戻る

グリーンゼリーの使い方は?

グリーンゼリーの使い方は「ピンクゼリー」と大体同じです。

なので、ピンクゼリーを過去に使用したことがある人でしたら、問題なく使用することができると思います。

グリーンゼリーを購入する際に「1本で何回分使えるのか?」が疑問に感じる人も多いと思います。

これに関してですが、1回に「3cc」ほど使えば、約4回ぐらいは使えます。

ちなみに、グリーンゼリーの使用方法はどのメーカーも同じですが、「湯銭」を必要とする製品もあるので注意が必要です。

その場合、グリーンゼリーはそのままの状態では使用することができないので、45度から50度のお湯で湯煎してからゼリー状になってから使用します。

その後、1回の規定量である3cc~4cc程度を注射器に入れて使用します。

グリーンゼリーは、注射器(シリンダー)に規定の量のゼリーを入れて、タンポンのような感じで膣内に挿入します。

膣内に挿入する際には「腰枕」などをして挿入するとスムーズに挿入できるので、自分がシリンダーを入れやすいように工夫すると良いでしょう。

また、湯煎したグリーンゼリーは入れる際には火傷の恐れがあるので、必ずグリーンゼリーが冷めてから使用すると良いと思います。

グリーンゼリーの効果を強めたくて「1回に使う量」を増やしてしまう人もいるようです。

ですが、使う量を多くしても効果は変わらないので決められた量を使いましょう。

湯銭や量を測って挿入するのが面倒だと感じる人は、初めから注射器にグリーンゼリーが入っていて「すぐ使える使いきりタイプ」も売られているので、そちらのタイプがおすすめです。

初心者の人はグリーンゼリーを挿入後、膣内からグリーンゼリーが出てしまって上手く使えない人も多いです。

この場合、性行為中は腰を高くし、前儀などをせずに挿入するのが良いですよ。

⇒目次に戻る

使うタイミングは「排卵日当日」

グリーンゼリーは男の子を妊娠しやすくさせてくれる効果がありますが、必ず成功するわけではありません。

グリーンゼリーの成功率は70%から80%と言われていますが、グリーンゼリーを使用しても女の子ができてしまった人もいるようです。

グリーンゼリーの効果をできるだけ100%に近づけるためには、「使うタイミング」が重要です。

では、グリーンゼリーをいつ使うのが効果的なのでしょうか?

それは「排卵日の当日」です。

なぜこのタイミングなのかというと、「排卵日当日」に使用するとY染色体精子の受精率が高い…というデータがあります。

Y精子の寿命は1日前後と非常に短いので、排卵日当日に使用することで、より受精確率が上がるのです。

また、Y精子は速度が早いですが、粘液にも弱い性質を持っているので、挿入時にはなるべく「膣の奥」で射精を行うと良いでしょう。

反対にX精子は速度が遅く、粘液にも強く寿命も長い性質を持っているので、「浅い挿入による射精」や「排卵日の前日」が女の子ができやすいとされています。

排卵日などは自分である程度管理することができますが、ストレスや体調によってズレることもあります。

ですので、正確な日にちは産婦人科に行かなくては分かりにくいです。

グリーンゼリーを使用する際には排卵日特定が重要ですから、産婦人科に行って排卵日を把握してから使用すると、より効率的かもしれません。

⇒目次に戻る

海外製は成分記載がないので危険?

グリーンゼリーは、日本製以外にも「中国製」や「アメリカ製」のものも多く、ネット通販で販売されています。

海外製のグリーンゼリーを使うメリットは「格安で購入できる」ということです。

なので、少しでも経済的負担を減らしたい人におすすめです。

しかし、海外製のグリーンゼリーの多くは「成分が企業秘密により非表示」だったりしまう。

また、日本人の肌に合わない成分が含まれている場合もあり、「膣内が炎症を起こしてしまった」という話もあります。

なので、安全性を取るなら、料金はかかってしまいますが国産のグリーンゼリーのがおすすめです。

他にも海外製の場合には「アフターサポート面」には不安があります。

使用したことで体に異常が起きても、きちんと対応してくれないことも予想されます。

また、日本製であっても「販売サイトは中国」というところもありますが、やはり日本製でも逆輸入製品は保存状態も怪しいです。

ですから、個人的にはおすすめできません。

このように、海外製品のグリーンゼリーは品質的に怪しい部分があります。

すべて危険性が高いとは言えませんが、日本製のグリーンゼリーもそんなに金額も変わらないので、「安全性を買う」と思って国産のグリーンゼリーを購入するのがおすすめですよ。

⇒目次に戻る

日本製で安心なピンクゼリーはコレ!

グリーンゼリーは製品が色々とありますが、できれば「安心できて効果の期待できる商品」を利用したいのではないでしょうか?

ここでは、安全性が高いと言われている「日本製」で、かつ利用者からの口コミ評判が高いグリーンゼリーを紹介したいと思います。

海外製でも効果の期待できるグリーンゼリーがありますが、国産の商品のほうが「成分」がきちんと表示されていて安心です。

また、日本人の体質に合わせて作られているので、できればトラブルが少ない日本製の商品がおすすめですよ。

 

ハローベビーボーイ

ハローベビーボーイ

ピンクゼリーで有名な「ハローベビー」というブランドのグリーンゼリーが、このハローベビーボーイです。

男の子の産み分けをしたい人によく使われている商品になっており、国内製造で国内原料で安全性の高い商品になっています。

まず、ハローベビーボーイは「従来の湯銭をしてから注射器を使用して膣内に入れる」というグリーンゼリーではありません。

「1回分の量」があらかじめ入っている「使いきりタイプ」です。

なので、余計な手間をかけずに、簡単に使用することができる点が人気です。

事前に湯銭で温めたり、1回分の量を決めて注射器に入れるなどの「面倒な手間」がないので、利用者の口コミ評価も高いです。

また、ハローベビーボーイを3セット同時に購入した場合、値段が安くなるサービスもありお得です。

「当日発送」にも対応しているので、手ごろな値段のグリーンゼリーをとりあえず使ってみたい人におすすめです。

ちなみに、ハローベビーボーイには「ハローベビーボーイ プレミアム版」もあります。

どちらも男の子の産み分け効果はあまり変わりませんが、プレミアム版のほうが「フルクトース」「塩化Na」という成分が追加されていて、より妊娠しやすくなる効果があります。

もちろん、プレミアムではなくても十分に男の子を妊娠させる効果がありますが、なかなか妊娠出来ないという人は、プレミアム版を試してみるのがお勧めです。

⇒目次に戻る

ベイビーサポート for boy

ベイビーサポート for boy

ベイビーサポート」もピンクゼリーとグリーンゼリーの両方があり、男の子産み分けは「ベイビーサポート for boy」になります。

このベイビーサポート フォーボーイは、「容器、成分、袋、箱」がすべて日本製で作られています。

もちろん、中身も天然成分で作られていて、安全性が高い点が多くのママさんから人気があります。

ベイビーサポートシリーズは「製造している工程」にも非常に気を使っていて、「医療業界向け製品の衛生環境下」で製造されています。

グリーンゼリーはデリケートな部分に使うものなので、衛生面に気を使って製造されている点は信頼性が高いですよね。

ベイビーサポートは配合成分もすべて表示されていますから、仮にアレルギーがある人でも安心して使用です。

ハローベビーボーイ同様に「使いきりタイプ」になっているので、面倒な湯銭などを行わず、気軽に使えます。

また、使い切りなので「衛生的」にも安心です。

ちなみに、ベイビーサポート for boyは、「おめでたキャンペーン」として「余ったグリーンゼリーを買い取りしてくれるサービス」があります。

1本1000円で返金してくれるので、仮にグリーンゼリーが余ったとしても安心です。

ベイビーサポート for boyも「まとめ買い」による特典があり、複数購入することで「割引価格」や「送料が無料」になります。

ですから、ベイビーサポートを購入するのであれば、まとめて購入したほうが安くてお得です。

仮に、余らせてしまっても「買取サービス」がありますから、買いすぎても損することは無いでしょう。

⇒目次に戻る

グリーンゼリーの主な成分は何?

グリーンゼリーは色々なメーカーから発売されていますが、基本的には膣内をアルカリ性にさせることを目的にしているので、グリーンゼリーの配合成分は大体同じです。

ここでは「グリーンゼリーに配合されている主要成分」を紹介したいと思います。

下記の成分はどのグリーンゼリーでもよく見かける成分ですが、「原料」が国内産と海外産で、値段やクオリティーがけっこう変わってきます。

安全性を重視する人は同じ配合成分でも「国内原料配合」と記載されているグリーンゼリーを選ぶようにしましょう。

 

■クエン酸・クエン酸Na・リン酸
グリーンゼリーによく配合されている成分として、「クエン酸、クエン酸Na、リン酸」などがあります。

これらの成分は「膣内のphを調整する役目」があるほかに「保湿効果」もあるので、基本的にどのグリーンゼリーにも配合されています。

グリーンゼリーによっては、「クエン酸、クエン酸Na、リン酸」ではなく「アルギニン」をph調整剤としている製品もありますが、どの成分も同じ効果があるようです。

これらの成分は化粧品などにもよく含まれている成分でもあるので、体に害もなく副作用もない成分といえます。

 

■ポリアクリル酸Na

ポリアクリル酸Naは主に「増粘剤」として使用されています。

グリーンゼリーにはポリアクリル酸Na以外にも「複数の増粘剤」が配合されています。

中でもポリアクリル酸Naは水分吸収力が高く、「保湿を目的」として配合されていることがほとんどです。

ポリアクリル酸Naに関してもよく化粧品に配合されている成分で、「乳液」や「クリーム」などの乳化製品の安定性や粘性を高めるためによく使われています。

ほかにも、その性能から「紙おむつ」や「生理用品」などにも使われおり、デリケートな肌の部分に使用しても問題がない成分なのです。

ポリアクリル酸Naによって「アレルギ」や肌の異常がでた」という報告は過去にもないので、安全性が高い成分といえます。

 

■塩化Na

ポリアクリル酸Naと同様に、塩化Naにも「増粘剤」の効果があります。

他には「ph値と粘度の調整」にも効果があり、ピンクゼリーやグリーンゼリーの両ほうに配合されている成分です。

塩化Naは「塩」のことをいい、化粧品以外にも様々な商品に配合されていることが多い成分になります。

国内製のグリーンゼリーのほとんどの製品に塩化Naは配合されていて、副作用や体に害になる成分ではありません。

基本的にグリーンゼリーは口に含んでも害がない成分しか含まれていないので、塩化Naを口に含んでも問題はありません。

 

■安息香酸Na

安息香酸Naは主に「防腐剤」の役目があります。

シャンプーや化粧品、毛髪用のワックスなどにもよく配合されている成分なので、馴染みがある人も多いと思います。

配合されている成分によって「細菌やカビなどの発生を防ぐ働き」もあり、色々な商品に配合されている成分です。

安息香酸Naは「飲み物」などにも含まれている成分なので、実は毎日知らずに服用している人も多い成分なのです。

仮に、大量の安息香酸Naを服用すると貯つと危険ですが、グリーンゼリーのように体外で服用する場合には安全です。

安息香酸Naによって、グリーンゼリーが腐敗やカビなどが発生しなくなりますので、なくてはならない成分といえます。

⇒目次に戻る

薬局でグリーンゼリーは売ってる?

「薬屋さん」や「ドラックストア」では、グリーンゼリーは販売されているのでしょうか?

調べてみましたが、マツモトキヨシ(マツキヨ)やスギ薬局などでは、グリーンゼリーは現在のところ販売はされていないようです。

グリーンゼリーの代わりに「濡れにくい人のための潤滑ジェル・ローション」「潤滑剤」などは薬局でも市販されています。

ですが、産み分けできるゼリーは見当たりませんでした。

このように、グリーンゼリーは薬局やドラッグストアなどの店頭では市販されていません。

通販や産み分け専門サイト、病院でも販売されているので、そちらで購入するようにしましょう。

ただし、通販サイトによっては国内製造ではない安全性が薄い商品を扱っているところもあります。

ですので、通販で購入する際には「成分表示されている」「国内製造」「評判が良いか」といった面を気をつけて購入するようにしましょう。

値段に関しても、どこのサイトでも大体同じくらいの値段で販売されているので、自分の買いやすい場所で購入するのがオススメです。

⇒目次に戻る

楽天やamazonでもグリーンゼリーは買えるの?

グリーンゼリーは楽天やamazon(アマゾン)でも購入することができます。

値段に関しいうと、各製品の公式サイトで販売されている価格と、通販サイトで販売されている価格を比較すると、正直大して変わらないです。

ですので、普段からアマゾンや楽天で商品を購入している人はアマゾンや楽天で購入してしまう人も多いと思います。

しかし、公式サイトで購入するメリットは非常にたくさんあります。

ですから、得して買いたいなら公式サイトで購入する方が良いでしょう。

公式サイトがおすすめな理由としては、例えばアフターサービスとして「余ったグリーンゼリーの買取サービス」があることです。

仮にグリーンゼリーが余った場合でも、現金で買取ってくれるので、多く買いすぎても余らせる心配もありません。

そして、公式サイトで購入する最大のメリットとしては、「もし使用したことで体に何か異変が出た場合にはアフターサポートをしてくれる」ということです。

中には電話サポートをしている会社もあり、使用に関して不安がある場合、対応してくれる点も安心です。

公式サイトと楽天やamazon(アマゾン)の値段を比べると、若干ですがアマゾンや楽天のほうが安い時もあります。

ですが、公式サイトではまとめて購入すると安くしてくれるサービスもあり、長い目で見れば最安値で購入することができます。

このように、トータルで考えると、アマゾンや楽天よりも公式サイトで買ったほうがお得です。

目先のお得さに気を取られないで、よく考えてグリーンゼリーを購入した方が良いですよ。

⇒目次に戻る

オークションでグリーンゼリーを買うのは危険?

ヤフオクやメルカリでもグリーンゼリーがよく出品されています。

ですが、正直買うのは止めたほうが良いでしょう。

確かに新品で購入するよりも格安で購入することができるので、少しでも費用を抑えたい人は魅力的に思えるかもしれません。

しかし、出品されている商品の中には「新品・未開封」といった商品もありますが、よく見ると「使用期限がギリギリ」だったり、「期限が切れているもの」も普通にあるので、注意が必要です。

例え使用期限が切れていないグリーンゼリーでも、素人が管理していた場合、保存状態によって品質が変わってしまっているものもあります。

安く購入できるからといって、劣化によってトラブルが起きてしまえば、本末転倒な話です。

グリーンゼリーは「膣内」というデリケートな部分に使用するものですから、品質には注意を払いたいところです。

⇒目次に戻る

グリーンゼリー以外の男の子産み分け方法!リンカルとは?

リンカル

男の子の産み分けを考えている人は「リンカル」という言葉を聞いたことがあると思います。

リンカルとは「リン酸カルシウムの略語」で、服用することで男の子を妊娠しやすいと言われています。

そもそもリンカルは、赤ちゃんの先天性異常が起こる確率を減らすために開発されたサプリメントなので、元々は産み分けには使われていませんでした。

リンカルを服用したほとんどの人が「男の子」を妊娠したことから、産み分けに使われるようになったという経緯があり、産み分け用サプリメントとして知られるようになりました。

リンカルは病院や産婦人科で処方される他にも通販などでも購入することができ、グリーンゼリーと一緒に使うことでより成功率を上げることができます。

ただし、リンカルを服用する際には注意もあり、「リンカルには即効性がなく、飲み続けなくてはいけない」というデメリットもあります。

リンカルは「1日に4錠」を内服し、「2ヶ月以上の服用」が条件になっており、2日以上飲み忘れるとリンカルの効果がなくなってしまうのです。

せっかく長期間リンカルを飲み続けていたのに、「リンカルを数日間服用することができず、産み分け失敗してしまった」という話もよく聞くので、リンカルを飲み続けることにも神経を使います。

ちなみに、産み分け用のリンカルは他のもので代用することはできず、市販で売られているリン酸カルシュウムとは違います。

ですので、リンカルで産み分けをするのであれば、欠かさずリンカルを飲み続けることが非常に大事です。

また、今では男の子産み分け用サプリメントとしてリンカルは認知されていますが、「飲み続けても女の子が生まれてしまった」という人も結構います。

ですから、リンカルに過度な期待をしないほうが良いでしょう。

⇒目次に戻る