デリケートゾーンの黒ずみ

夏になるとプールや海で水着を着る時期に向けて、デリケートゾーンを脱毛する人は多いです。

ただ、デリケートゾーンの脱毛をして初めて「自分の股やアソコの黒ずみ」「ビキニラインの黒ずみ」に気づく人も多いでしょう。
 

デリケートゾーンの黒ずみは基本的には見えませんが、やはり女性であれば気になるところ。

ここでは「デリケートゾーンの黒ずみの原因」「黒ずみの改善方法」をまとめてみました。
 

⇒口コミで人気!デリケートゾーンの黒ずみに効くクリームはコレ

 

【このページの目次】

デリケートゾーン(陰部)の黒ずみの原因は?

デリケートゾーン(陰部)の黒ずみの原因は?

デリケートゾーンの黒ずみは一体どのような原因でおこるのでしょうか?

遺伝や生まれつきだからと諦めてしまう人もいるかもしれません。
 

ですが、普段の「何気ない生活の行動の一部」が、デリケートゾーンを黒ずませている原因になっている場合もあります。

では、デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因が何かチェックしてみましょう。
 

下着や服の「摩擦」が黒ずみの主な原因

下着や服の「摩擦」が黒ずみの主な原因

デリケートゾーンの黒ずみの1番の原因は、「摩擦や刺激」で起きてしまう「メラニン色素」です。

メラニン色素は普段から「顔」や「手足」の奥に存在しています。
 

特に「まぶた」よりも皮膚の薄い「デリケートゾーン」というのは、メラニン色素が活発になっています。

普段の「下着の締め付け」や「衣類などの摩擦」が原因で、メラニン色素が肌を守ろうとして、色素沈着を起こしやすくするのです。
 

日焼けした肌などは、紫外線を継続的に浴びない限り、徐々に肌の再生機能(ターンオーバー)で元の肌の色に戻っていきます。

しかしデリケートゾーンは、毎日、1日中下着を身に着けているので、自然とメラニンもどんどん活発になり、肌の再生機能(ターンオーバー)も追いつかなくなって行く傾向にあります。
 

なので、デリケートゾーンの黒ずみが気になる人は、普段から「しっかりケア」していくことが重要と言えるでしょう。

また、デスクワークの仕事が多い人も、摩擦や刺激でデリケートゾーンが黒ずむ場合があるので、注意が必要です。

⇒目次に戻る

自転車の乗り過ぎにも注意

自転車の乗り過ぎにも注意

通勤や通学で毎日「自転車」に乗る人も多いのではないでしょうか?

「趣味がサイクリング」…なんていう人もいると思います。

移動も比較的簡単で、リフレッシュも出来る自転車。
 

ですが、実は自転車に乗ることがデリケートゾーンの黒ずみの大きな原因となっている場合もあります。

それは「自転車のサドルによる摩擦や刺激」が原因で、擦れるダメージから陰部の肌を守るために、メラニン色素が増えてしまうという事になります。
 

「自転車を乗らない」という事は難しいですが、デリケートゾーンの黒ずみが気になる人は、自転車の摩擦を軽減するために「サドル部分」に何かしらの工夫をすると良いかもしれません。

⇒目次に戻る

脱毛の際の刺激で黒ずむことも

脱毛の際の刺激で黒ずむことも

今では「ミュゼ」などの有名脱毛サロンや、美容整形外科でも気軽に「光脱毛」「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」ができますよね。

最近では女子高生でも脱毛サロンに通っているほどです。
 

VIO脱毛に関しては、「ワキの脱毛と同じくらいの値段」から「他の部位よりも安い金額」で脱毛することができるようになったので、ワキと一緒にVIO脱毛をしてる人も多くなっています。

このVIOの脱毛の時に、自分の「デリケートゾーンの黒ずみ」を見つける人が、実は多くなっているのです。
 

デリケートゾーンの黒ずみの原因の一つに、脱毛時の「光やレーザー」によって陰部の肌に刺激を与えてしまい、メラニン色素が増え、黒ずんでしまうことがあります。

日常生活でも、下着などの摩擦によってメラニン色素が活発なのに、さらに脱毛の刺激でメラニン色素が濃くなってしまう恐れがあるということです。
 

せっかくVIO脱毛でキレイに手入れしているのに、デリケートゾーンが黒ずんでしまったら元も子もないですよね。

脱毛などでデリケートゾーンの皮膚に刺激を与えたら、メラニン色素が濃くなることを防ぐことが重要となってきます。
 

ですので、日頃から黒ずみケアしていくのが望ましいでしょう。

⇒目次に戻る

カミソリなどのセルフ脱毛は要注意

カミソリなどのセルフ脱毛は要注意

Vラインの脱毛に関しては、比較的見えやすいので「自分でカミソリなどを使って、Vラインなどの手入れ」をしている人も多いと思います。

しかし、カミソリや毛抜きなどを使って、自分でムダ毛処理をしてしまうと、デリケートゾーンに刺激を与えてしまうことが多いです。
 

そうすると、刺激されたことによってデリケートゾーンが黒ずんでしまう原因になります。

カミソリなどでVゾーンの手入れをセルフですると、陰部の皮膚も一緒に痛めてしまう原因になるので、なるべくセルフ脱毛は避けた方が良いでしょう。

⇒目次に戻る

実はホルモンバランスの乱れで黒ずむ

実はホルモンバランスの乱れで黒ずむ

デリケートゾーンの黒ずみの多くは、前でも述べた通り、下着や洋服で起こる「摩擦」や、脱毛などの「刺激」で出来てしまうメラニン色素が原因です。

しかし、その他にも実は「ホルモンバランスの乱れ」でもデリケートゾーンの黒ずみはできてしまいます。
 

ホルモンバランスとデリケートゾーンの黒ずみはいったいどんな関係があるのでしょうか?

ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンがあります。
 

この「プロゲステロン」というホルモンが、「肌のシミ」や「デリケートゾーンの黒ずみ」に大きく関係しているのです。

仮にホルモンバランスが崩れてしまうと、プロゲステロンの分泌が多くなってしまい、体内でメラニンを作っている「メラノサイト」という成分を刺激してしまいます。
 

そうなると、メラニンが皮膚に沈着してしまい、デリケートゾーンも黒く色素沈着してしまう結果に繋がってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れは、「生活習慣の乱れ」や「精神的ストレス」などですぐに乱れやすくなります。
 

女性であれば、デリケートゾーンの黒ずみだけではなく「生理不順や肌荒れ」などにも影響がでますので、規則正しい生活を送るようにしましょう。

⇒目次に戻る

加齢によっても黒ずんでくる

加齢によっても黒ずんでくる

中学生や高校生の時は全然気にならなかったのに、「30代になって肌の黒ずみが気になり始めた」…なんて人も多くいます。

毎日顔を洗ったり、化粧をしたりすることで、顔の肌の黒ずみは目につきやすいです。
 

しかし、普段目にすることがあまりない「デリケートゾーン・陰部」も、実は加齢が原因で黒ずんでいる場合もあります。

年齢を重ねると、「皮脂の分泌量」が減ってくるので、肌は乾燥しやすくなります。
 

デリケートゾーンは元から肌が薄くて弱いので、乾燥してダメージを受けてしまうと、メラニンが肌を守ろうと働きます。

そうなるとメラニンが多く作られて、デリケートゾーンの黒ずみの原因になるのです。
 

また、肌には「ターンオーバー」という再生機能があります。

約1か月ほどで肌は再生されますが、20代を過ぎたら肌の老化も進み、ターンオーバーの期間も長くなってきます。
 

結果、ターンオーバーが長くなると「肌が再生される前にメラニンが沈着してしまう」ので、黒ずみとなってしまいます。

⇒目次に戻る

妊娠中・産後で黒ずむ場合も

妊娠中・産後で黒ずむ場合も

「妊娠中にデリケートゾーンが黒ずんでしまった」「出産後に陰部が黒ずんだ」…と悩んでいるママさんも多いのではないでしょうか?

「妊娠中・出産後に、なぜかデリケートゾーンが黒ずんでしまった」という人は多いです。
 

実は、妊娠中にデリケートゾーンが黒ずむ原因も、「女性ホルモン」が関係しています。

前にも述べたように、ホルモンバランスが乱れホルモンの分泌が多くなってしまうと、「肌を守ろう」とメラニンが活発に働きます。
 

妊娠中もホルモンバランスが崩れやすくなってしまうので、その影響でデリケートゾーンが黒ずんでしまう場合が多いのです。

少しでもメラニンを増やさないためにも、妊娠中や産後は「食事」や「栄養のカロリー」を意識しながら、ホルモンバランスが乱れにくい生活をしていきましょう。

⇒目次に戻る

家でできるデリケートゾーンの黒ずみ解消方法

家でできるデリケートゾーンの黒ずみ解消方法

デリケートゾーンの黒ずみは、実は「家でも簡単にセルフケア」ができます。

では、自力の「陰部の黒ずみケア方法」はどんなものがあるのでしょうか?
 

また、デリケートゾーンの黒ずみの「保湿の手順」や「対処法」についても、それぞれ詳しくまとめてみました。
 

デリケートゾーンの黒ずみは専用クリームが効果的

デリケートゾーンの黒ずみは専用クリームが効果的

最近では「デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム」が販売されるようになり、雑誌やネットの口コミで人気です。

では、なぜデリケートゾーンの黒ずみには「専用クリーム」が良いのでしょうか?
 

まず、黒ずみ専用クリームは「クリームタイプ」ですので、アソコの皮膚にも塗りやすく「効果的が持続しやすい点」が挙げられます。

化粧水や美容液タイプですと、どうしても下着などに付着し、効果が半減してしまいます。
 

次に、黒ずみ専用クリームには「黒ずみの原因であるメラニンの蓄積」を抑える効果があります。

この「色素沈着を抑える成分」によって陰部が黒ずむのを抑え、ターンオーバーを促進させることによって黒ずみを薄くし、消していく効果が期待できるのです。
 

また、黒ずみ専用クリームには「乾燥から守る保湿成分」も、たっぷりと入っています。
 

デリケートゾーンが乾燥していると、ターンオーバーが鈍り、それだけ黒ずみやすくなります。

ですので、黒ずみ改善したいのであれば、陰部を保湿させるのは必須といえるでしょう。
 

そのほか、黒ずみ専用クリームは「黒ずみに対しての美白作用」が期待できる美白成分も、しっかりと配合されています。
 

このように、デリケートゾーンの黒ずみを改善したいのであれば、専用クリームを使うのが非常にオススメです。

自宅で簡単にアソコの黒ずみを何とかしたいのであれば、「黒ずみのセルフケア」として検討してみてはいかがでしょうか?

 

⇒1番人気の黒ずみ専用クリームはコレ!

 

⇒目次に戻る

陰部の黒ずみ解消には美容液・化粧水はダメ?

陰部の黒ずみ解消には美容液・化粧水はダメ?

上記では「デリケートゾーンの黒ずみにはクリームがオススメ」と述べました。

では「美容液」や「化粧水」などでは、デリケートゾーンの黒ずみに効果はないのでしょうか?
 

まず、美白美容液・美白化粧水がデリケートゾーンの黒ずみに効果がないというワケではありません。

有効成分などが配合されていれば、陰部の黒ずみにも効果は期待できるでしょう。
 

ですが「使用感」などの問題から、そのほとんどが「クリーム状」なのです。

そもそも「陰部の黒ずみ専用の美容液」や「化粧水」というのは、あまり販売されていません。
 

黒ずみに良い美白化粧品で例を挙げるなら、「美人ぬか」といった商品が有名です。

しかし、仮にこれを陰部に付けたとしても、下着などに触れて美白美容液・美白化粧水が患部から拭い取られてしまうでしょう。
 

また、乾燥しやすいデリケートゾーンでは、美白美容液・美白化粧水だとすぐに乾いてしまう点もデメリットとして挙げられます。

しかし、クリームタイプの場合は「粘着力」があるため、陰部に塗るには最適というワケです。
 

このように、デリケートゾーンの黒ずみにはできるだけクリームタイプを使うのがオススメといえます。

 

⇒黒ずみ専用クリームならこれが人気!

 

⇒目次に戻る

口コミで人気!オススメはイビサクリーム

イビサクリーム

では、デリケートゾーンやVラインの黒ずみ専用クリームはどれがオススメなのでしょうか?

オススメなのはネットの口コミなどで人気の高い「イビサクリーム」です。
 

イビサクリームをオススメする最大の理由は「医薬部外品」であるということ。

ネットなどで売っている一般的な「黒ずみ美白クリーム」というのは「化粧品登録」のものが多く、「黒ずみを消す効果がある」と表示してはいけないのです。
 

ですが、このイビサクリームは医薬部外品ですので、「デリケートゾーンの黒ずみを薄くする効果がある」と堂々と明記できるのです。

そのへんの黒ずみ専用クリームに比べ、イビサクリームが効果が期待できるのは一目瞭然といえるでしょう。
 

また、イビサクリームは元々は脱毛サロン向けに開発されたプロ専用の陰部専用クリームです。

イビサクリームの公式サイトを見ればわかりますが、ハリウッド女優も使用しているほど有名な商品でもあります。
 

そのほかイビサクリームは、敏感肌の女性のために「配合成分の無添加具合」にもかなりこだわっています。

「クリーム自体の臭い・香り」にも相当こだわっており、多くの女性が納得して使用できる仕上がりになっています。
 

ちなみに、イビサクリームと「同じ有効成分・配合量」の商品は、大手化粧品会社「資●堂」などでは「2倍の値段」がします。

コスパ的に考えてもイビサクリームが圧倒的にお得といえるでしょう。
 

イビサクリームは、黒ずみ専用クリームとしてランキングNo1のところも多いです。

陰部の美白スキンケアをしたいのであれば、イビサクリームを使うのがおすすめですよ。

 

⇒イビサクリームの公式サイトはコチラ

 

⇒目次に戻る

イビサクリームは楽天・アマゾンより公式サイトのが得

楽天とアマゾン

上記でオススメしたイビサクリームですが、公式サイトで買うよりも楽天・アマゾンで買ったほうが安いのでしょうか?

これに関してですが、値段的には公式サイトよりも楽天やamazonで通販したほうが安い場合もあります。
 

しかし、イビサクリームをAmazonや楽天で買った場合、「28日間全額返金保障」は付いてきません。

つまり、イビサクリームの公式サイトで買わなければ、返金・キャッシュバックはされないということになります。
 

初めてイビサクリームを購入する場合、やはり「28日間全額返金保証」は魅力的です。

ですので、イビサクリームの初回購入に関しては、アマゾンや楽天ではなく、「イビサクリームの公式サイト」で買ったほうがお得といえるでしょう。

 

⇒イビサクリームの公式サイトはココ

 

⇒目次に戻る

デリケートゾーンの保湿ケアの手順

デリケートゾーンの保湿ケアの手順

デリケートゾーンの黒ずみに改善にオススメの「保湿ケアの手順」や、「そのタイミング」などについてまとめていきたいと思います。

手順としては「お風呂上り」など、デリケートゾーンがキレイな状態の時に保湿を行います。
 

まず、デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームを、だいたい「1円玉くらいの大きさ」に手のひらに取ります。

デリケートゾーンは肌が薄いのでゴシゴシ擦ってしまうと、皮膚組織を痛めてしまいます。
 

指の腹で「優しく押し込むように馴染ませること」がポイントです。

ちなみに、デリケートゾーンの粘膜にクリームを塗ってしまうと、常在菌が刺激され炎症を起こす可能性もあるので、粘膜は避けて塗りましょう。
 

陰部の保湿ケアのタイミングとしては、黒ずみ解消クリームの説明書通りに使用します。

デリケートゾーン専用クリームは「朝・晩、2回塗ること」が、非常に効果的です。
 

朝は、日中の「下着や洋服からの摩擦や刺激」から、メラニンが生成されることを防ぐ役割があります。

そして夜に関してですが、肌のターンオ―バーは多くの場合、睡眠中におこなわれます。
 

なので、黒ずみ解消クリームを夜に使用することで、寝ている間にメラニンを抑制することができます。

これらの保湿・美白ケアの手順をシッカリと守れば、デリケートゾーンの黒ずみが解消される効果が期待できるでしょう。

⇒目次に戻る

専用クリームで黒ずみが消えるまでの期間はどれくらい?

専用クリームで黒ずみが消えるまでの期間はどれくらい?

デリケートゾーンの黒ずみに効くクリームは、有効成分を入れつつ、肌のターンオーバーを少しずつ改善していくものです。

なので、美容皮膚科のレーザー治療のように「陰部の黒ずみが薄くなる効果」が、早く期待できるものではありません。
 

しかし、肌のターンオーバーの約1か月ごとに比較することで、効果も分かりやすくなってくるでしょう。

黒ずみ専用クリームを塗り始めたら、定期的にデリケートゾーンのチェックをしてみると良いでしょう。
 

デリケートゾーンの黒ずみの度合いにもよりますが、アソコの黒ずみが薄くなる・消えるまでの日数は「だいたい約3か月~1年」と言われています。

その期間中は、デリケートゾーンの黒ずみを悪化させないためにも、カミソリなどでのシェービングなどはできるだけ控えましょう。

⇒目次に戻る

黒ずみに良いジャムウ石鹸もオススメ

ジャムウ石鹸

デリケートゾーンの黒ずみにはジャムウ石鹸で洗う事も効果が期待できると言われています。

そもそもジャムウ石鹸とはいったいどんなものなのでしょうか?
 

ジャムウとは、インドネシアに古くから伝わる「オーガニック100%のハーブや薬」とされています。

そのジャムウ石鹸の効能は、雑菌や臭いを抑えたり、色素沈着にも効果があると言われています。
 

なので、女性のデリケートゾーンの悩みである「臭い」と「黒ずみ」が、ジャムウ石鹸により改善される可能性が期待できます。

ジャムウ石鹸と美白石鹸との違いは、ジャムウ石鹸はデリケートゾーンと同じ弱酸性でできているので肌にも安心です。
 

逆に美白石鹸でデリケートゾーンを洗ってしまうと、洗浄力がとても強いので、陰部の肌を痛めてしまう可能性もあります。

また、ジャムウソープの成分には少量の美白効果も入っているので、ジャムウの石鹸を泡立ててパックすることで、デリケートゾーンの黒ずみ改善の効果が得られやすいと言われています。
 

デリケートゾーンの黒ずみや臭いが気になる人は、ジャムウ石鹸で洗ったあとに、デリケートゾーン専用のクリームを使うと相乗効果がさらに得られるでしょう。

ちなみに、ジャムウ石鹸以外であれば「イビサソープ」というボディーソープが、陰部の黒ずみ解消には相性が良くオススメですよ。

 

⇒イビサソープの公式サイトはコチラ

 

⇒目次に戻る

ジャムウ石鹸は薬局・ドラックストアにある?

ジャムウ石鹸は薬局・ドラックストアにある?

デリケートゾーンの黒ずみに人気のジャムウ石鹸ですが、薬局やドラッグストアでは一部の店舗でしかまだ取り扱いがないようです。

市販のものだとドンキホーテなどにも置いてあると言われていますが、ネット通販の方が色々な種類のジャムウ石鹸があるので、そちらで買うのがオススメでしょう。
 

なかでも少量の美白成分入りのジャムウ石鹸などが、ネットでは人気が高いようです。

どうしても薬局やドラッグストアでジャムウ石鹸を購入したいのであれば、店員に質問して聞いてみるのが良いでしょう。

⇒目次に戻る

市販に頼るなら「黒ずみに効果のある成分」配合のものを

市販に頼るなら「黒ずみに効果のある成分」配合のものを

デリケートゾーンの専用クリームを、もっと身近な「薬局やドラッグストアで購入したい」と思う人も多いと思います。

市販の黒ずみ向けの商品は、有名なものでは「ピーチジョン・デリケートウォッシュオイル」などが有名です。
 

ただ、市販の黒ずみ解消グッズを選ぶ際には、「黒ずみに効く有効成分」が配合されているかをチェックしてから購入するようにしましょう。

そうでないと、せっかく買った商品も「デリケートゾーンの黒ずみ」に対して効果があまり期待できない場合もありますよ。

 

●トラネキサム酸
トラネキサム酸

「デリケートゾーンに効く1番の美白成分」と言われているのが、このトラネキサム酸です。

トラネキサム酸は人口合成されたアミノ酸の一種です。
 

トラネキサム酸には「止血効果」や「炎症を抑える効果」があると言われており、医療の現場で「湿疹」や「じんましん」などの治療に、長い間使用されていました。

このトラネキサム酸は、シミや肝斑の治療薬にも使われており、美白効果が期待できると言われています。
 

トラネキサム酸には、黒ずみの原因の一つである「メラニン」を作るメラノサイトを抑制する効果もあると言われているので、デリケートゾーンの黒ずみの改善にも期待できるでしょう。

 

●美白成分ハイドロキノン
ハイドロキノン

美白成分ハイドロキノンは、主に「ベリー類」や「紅茶」などに含まれている天然成分です。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほど「シミや黒ずみ」に効果が期待でき、黒ずみ改善に代表的な成分といえます。
 

しかし、ハイドロキノンは「副作用が出る可能性も高い」ので、医師の処方が必要となってしまいます。

稀にドラッグストアやインターネットで「ハイドロキノン配合の商品」を購入することも可能です。
 

しかし、基本的には即効性が低く、効果が実感できるまでに1~2か月かかってしまうようです。

長期で使用しなければいけませんので、おのずと副作用が出る確率も高くなります。
 

また、肌が薄くて粘膜に近い陰部に塗る場合については、やはり医師の診断のもとに、ハイドロキノンを使用するのがオススメと言えるでしょう。

 

●グリチルリチン酸2K
グリチルリチン酸

グリチルリチン酸2Kは「マメ科の甘草成分」です。

「荒れた肌の改善」や「抗菌効果」があると言われており、医薬部外品に指定されている成分です。
 

「下着によるデリケートゾーンの雑菌繁殖」も防いでくれる効果があるので、デリケートゾーンの臭いの改善も効果が期待できます。

デリケートゾーンの雑菌や臭いなどがなくなり、健康な肌に近づくとターンオーバーも正常になりやすいです。
 

その結果、デリケートゾーンの黒ずみにも効果が期待できると言えるでしょう。

 

●L-アスコルビン酸2グルコシド(ビタミンC誘導体)
L-アスコルビン酸2グルコシド(ビタミンC誘導体)

ビタミンC配合の化粧品の半分近くは、この「L-アスコルビン酸2グルコシド」という成分が入っています。

ということは、L-アスコルビン酸2グルコシド(ビタミンC誘導体)は美白成分の主成分ということになりますね。
 

L-アスコルビン酸2グルコシド(ビタミンC誘導体)は、「ビタミンC」と「グルコース」を結び付けた成分です。

しかもこのL-アスコルビン酸2グルコシドは、厚生労働省からも美白有効成分として認められています。
 

そしてビタミンCには美白だけではなく「抗酸化作用の働き」があるので、デリケートゾーンのメラニンの抑制、黒ずみ解消にも効果的です。

デリケートゾーンの黒ずみを消す成分として、オススメと言えるでしょう。

⇒目次に戻る

日々のデリケートゾーンの黒ずみ対策は?

日々のデリケートゾーンの黒ずみ対策

日常的に過ごすなかで、デリケートゾーンの「黒ずみ予防」はどんなものがあるのでしょうか?

日頃から取り入れていきたい、デリケートゾーンの黒ずみ対策をまとめてみました。

 

デリケートゾーンへの刺激を最小限に抑えることが大切

デリケートゾーンへの刺激を最小限に抑えることが大切

前にも述べたように、デリケートゾーンの黒ずみの最大の要因は「陰部の肌にに刺激を与えてしまうこと」です。

陰部に刺激が加わると、肌を守ろうとしてメラニンが作られてしまいます。
 

ですので、「なるべく肌に刺激を与えないように日々過ごすこと」が重要と言えます。

例えばですが、デリケートゾーンのセルフケアの際には「カミソリの代わり」に「電気シェーバー」を使うことで、肌の負担は軽減されやすくなります。
 

そのほか、長時間同じ体制でイスに座るのも避け、座るポジションをちょくちょく変えるのも大切です。

仮に肌に刺激を与えてしまった場合は、「忘れずにしっかり保湿すること」もデリケートゾーンの黒ずみには大切なことです。
 

「陰部に刺激を与えないこと」と「日々の保湿ケア」を意識し、生活していくのが重要です。

⇒目次に戻る

黒ずみ対策として下着にも注意を

黒ずみ対策として下着にも注意を

デリケートゾーンを黒ずませないためには、「下着選び」は非常に重要となります。

では、デリケートゾーンの黒ずみ予防として、一体どんなパンツやブラジャーを身に付ければ肌に良いのでしょうか?
 

まず、ナイロン製の下着は特に摩擦しやすくなるため、デリケートゾーンの黒ずみが起きやすくなってしまいます。

せっかく、デリケートゾーンの黒ずみをケアしているのに、下着でまた黒ずみができてしまったら意味がないですよね。
 

なので、下着はなるべく「オーガニックコットン」や「綿100%」の肌に優しい素材を身に着けるのがベストでしょう。

可愛い下着はポリエステルが多く、摩擦しやすいので、なるべく避けたほうがデリケートゾーンの黒ずみ予防になります。
 

また、「サイズの小さい下着や洋服」による締め付けでも、デリケートゾーンが黒ずむ原因になります。

なるべくパンツなどの下着のサイズは「ゆったり目」を選び、陰部や肌を刺激しないものを身に着けることが好ましいでしょう。

⇒目次に戻る

デリケートゾーンの正しい洗い方は?

デリケートゾーンの正しい洗い方は?

デリケートゾーンの洗い方だけでも、黒ずみの予防になったり、逆に肌を痛めてしまってデリケートゾーンの黒ずみの原因になったりしてしまいます。

デリケートゾーンの皮膚は非常に薄いので、とにかく優しくダメージを与えないように洗うことが望ましいです。
 

洗い方としては、ジャムウ石鹸のように「デリケートゾーンと同じ弱酸性」の石鹸で洗うことが、陰部の肌を痛めないので好ましいです。

しっかり泡を立てれば、2~3分のあいだ「泡パック」するだけでも洗浄が可能です。
 

逆に2~3分以上放置してしまうと、肌に必要な保湿成分も洗浄されてしまう恐れがあるので注意が必要です。

生理の時などは、念入りにゴシゴシ洗いたくなる場合もあります。
 

ですが、泡を優しく押すだけでも洗浄できますので、強く洗うことは避けましょう。

⇒目次に戻る

デリケートゾーンの洗いすぎは注意

デリケートゾーンの洗いすぎは注意

「デリケートゾーンをたくさん洗ったほうが、黒ずみが早く消えそう」と思う人もいるのではないでしょうか?

しかし、これは陰部の黒ずみに対して全く逆効果です。
 

陰部の洗い過ぎは、デリケートゾーンにある「常在菌」も根こそぎ洗い流してしまうので、「臭いや黒ずみの原因」になってしまいますよ。

また、力強く洗ってしまうと、あそこの皮膚が刺激され、メラニンを作り出す原因にもなってしまいます。
 

上記でも述べましたが、デリケートゾーンを洗うときは、なるべく優しく。

そして、弱酸性の肌に優しい石鹸を使うことをオススメします。

⇒目次に戻る

美容外科・クリニックのレーザー治療で改善する方法も

美容外科・クリニックのレーザー治療で改善する方法も

「デリケートゾーンの黒ずみが自宅でケアしてもなかなか改善されない」…なんていう人も中にはいるでしょう。

そんな人は、湘南美容外科などの「整形外科や美容クリニック・病院」に行ってみるのもいいかもしれません。
 

美容整形外科や美容クリニックでは、「レーザー治療」が主な黒ずみ治療方法となります。

「確実性の高いデリケートゾーンの黒ずみ解消法」といえますが、治療の種類によって「施術回数」や「金額・費用」も変わってきます。
 

また、レーザーによる治療ですので、体への負担も少なからずかかってくるでしょう。
 

では、どんなレーザーの治療法で陰部の黒ずみを改善するのでしょうか?

下記で詳しくまとめてみました。

⇒目次に戻る

VIOラインの黒ずみは「レーザートーニング」

レーザートーニング

デリケートゾーンの黒ずみを解消するレーザー治療は「2種類」あります。

1つめは「レーザートーニング」というレーザー治療です。
 

レーザートーニングでは、「下着での摩擦」や「脱毛の時の刺激」などで色素沈着してしまった「Vライン」や「Iライン」の表面にできた黒ずみを解消していきます。

レーザートーニングの特徴としては、「弱い出力」で「ムラなく均一での照射」が可能です。
 

このレーザートーニングは、昔は「シミや肝斑のレーザー治療」として使われていました。

しかし弱い出力でのレーザー照射なので、「皮膚に炎症も起こしにくい」ということから、デリケートゾーンの黒ずみにも使われるようになりました。
 

レーザートーニングは直接、メラニン色素に照射することが可能なので、自宅でのセルフケアよりも早く黒ずみを解消できるでしょう。

ただレーザーの出力が弱いので、肌のターンオーバーに合わせて数回通うことが必要となります。

⇒目次に戻る

大陰唇や小陰唇の黒ずみなら「インティマレーザー」

インティマレーザー

レーザートーニングの他には「Vホワイトニングインティマレーザー」というレーザー治療があります。

このインティマレーザーによる治療は、デリケートゾーンの大陰唇や小陰唇の長年蓄積されて、分厚くなった色素沈着の皮膚の黒ずみを削り取る「特殊なレーザー治療法」です。
 

なので、「陰部のひだ」や「陰部のびらびら」の外側だけではなく、「内側」からのデリケートゾーンの黒ずみ解消にも期待できるでしょう。

また、表面に照射するレーザートーニングと違い、「内側から施術するインティマレーザー」は、デリケートゾーンの黒ずみ解消だけではなく「産後の引き締め」などにも効果があると言われています。
 

インティマレーザーでは皮膚の黒ずみを削り取っていくので、それなりの痛みも発生します。

ですので、一般的には麻酔クリームを使用しながらの施術となります。
 

デリケートゾーンの黒ずみの症状に違って、どこにレーザー治療するのか違ってくるので、適切なレーザー治療を選んでいくと良いでしょう。

⇒目次に戻る

黒ずみケアのレーザー治療費用は?痛みはある?

黒ずみケアのレーザー治療費用は?痛みはある?

デリケートゾーンの黒ずみ解消には、レーザー治療が最も効果的な治療法だと言えます。
 

しかし、レーザー治療の費用や値段は大体いくらぐらいなのでしょうか?

また、レーザーなので痛みなどがあるかも気になる所ですよね。

 

まず、「レーザートーニング」は麻酔は使わずに、直接メラニンに照射していきます。

痛みの強さは「ゴムで弾いたような感覚」で、冷やしながら照射をおこなっていくため、痛みを感じない人も中にはいるようです。
 

レーザートーニングにかかる費用は、レーザーの照射する部分を「Vライン・Iライン」と分けるので、各箇所1回10,000円~20,000円くらいで施術可能です。

ただ、最低でも5回以上は受けないと、レーザートーニングでは陰部の黒ずみは改善されにくいです。
 

ですので、レーザートーニングで黒ずみを取る場合、安くてもおおよそ10万円ほどかかるのが一般的です。
 

美容整形外科の病院によっては、複数回パックなどでの「割引」があり、1回当たりの施術がある程度は安くなるようです。

まずは美容外科やクリニックに問い合わせしてみると良いでしょう。

 

次に「インティマレーザー」についてです。

インティマレーザーの場合は前にも述べたように、色素沈着してしまった皮膚を削り取るので、麻酔クリームを使います。

麻酔が効くので、施術自体も15分程度で終わり、痛みもありません。
 

ですが施術後の麻酔が切れたあとは、約1週間ほど患部の痛みが続く場合があると言われています。

インティマレーザーの費用は1回約10万~12万円と高額ですが、1回の施術で確実にデリケートゾーンの黒ずみを解消する効果が期待できます。
 

なので、デリケートゾーンの表面だけではなく「陰部の内側のビラビラの黒ずみも解消したい人」や「早くデリケートゾーンの黒ずみを改善したい人」には、インティマレーザーのほうがオススメといえます。

⇒目次に戻る

一般皮膚科ではレーザー処置はしてくれない

一般皮膚科ではレーザー処置はしてくれない

肌のシミやニキビ跡などでは、「一般の皮膚科」でも診断してくれる所は多いですよね。

しかし、デリケートゾーンの黒ずみに関しては、なかなか一般の皮膚科では難しいようです。
 

まれに軟膏のようなクリームを貰える皮膚科も、場所によっては処方してもらえる場合もあります。

ですが、仮にレーザー治療で黒ずみを除去したい場合は、やはり美容外科や美容クリニックに行ったほうが確実と言えるでしょう。

⇒目次に戻る

黒ずみを消したいなら美容皮膚科

黒ずみを消したいなら美容皮膚科

皮膚科には「一般の皮膚科」以外にも、実は「美容皮膚科」というものがあります。

では、「一般の皮膚科」と「美容皮膚科」はいったいどこが違うのでしょうか?
 

まず1番の違いは、一般の皮膚科は保険が効くので「医療保険内での疾患治療」となります。

ですので、処方も内服薬か、クリームや軟膏を塗るような「外用薬での治療」となる所が多いでしょう。
 

しかし美容皮膚科は疾患とは違い、「見た目」の美容目的での診療となるので、全額自己負担となります。

その代わり、美容皮膚科では、レーザー治療やケミカルピーリングなどの施術も可能です。
 

ちなみに、「美容皮膚科」と「美容外科・美容クリニック」の違いは、「メスを入れる手術ができるかどうか?」です。

美容外科・美容クリニックはメスを使った手術ができますが、美容皮膚科ではできません。
 

しかし、美容皮膚科ではレーザー治療に関しては、可能なのです。

また、美容皮膚科で処方されるクリームは、ハイドロキノンやトレチノイン配合の美容クリームなので、黒ずみにも効果を実感できるでしょう。
 

上記のことから、「デリケートゾーンの黒ずみをできるだけ早く改善したい」という人は、一般の皮膚科は向いていません。

「美容皮膚科」や「美容クリニック・美容外科」に通うのがオススメです。

⇒目次に戻る

美容・脱毛エステではピーリングで黒ずみケア

美容・脱毛エステではピーリングで黒ずみケア

デリケートゾーンの黒ずみは、「自宅ケア」や「美容外科・病院」だけでなく「エステ」でも改善することが可能です。

美容エステや脱毛エステでの「デリケートゾーンでの黒ずみを解消する方法」としては、主に「ピーリング」によって行われます。
 

このピーリングとは「メラニンが溜まっている不要な角質を取り除く施術」であり、それによって肌の新陳代謝を促してくれます。

その後に、肌の漂白剤とも言われている「ハイドロキノン」を患部に塗ることによって、メラニンを薄くする効果が期待できます。
 

この「ピーリングとハイドロキノン」の2つの効果が合わさって、デリケートゾーンの黒ずみの原因であるメラニンが肌に溜まりにくくなります。

費用は1回約15,000円前後で、だいたい約2週間ごとに施術をおこないます。
 

また肌のターンオーバーがあるので、やはり病院と同じように個人差によりますが、3~4か月くらいはかかると思った方が良いでしょう。

回数にすると4~8回ぐらいは通うことになりますので、6~12万ぐらいかかると考えておくのがベストです。

⇒目次に戻る

デリケートゾーンの黒ずみを即効治す方法はある?

デリケートゾーンの黒ずみを即効治す方法はある?

「とにかく急ぎでデリケートゾーンの黒ずみをピンク色にしたい!」という人も多いのではないでしょうか?

若い女子であれば、最近できた彼氏と初めてエッチをする時には、特に気になることです。
 

意外と男子はそういうところを気にしていますからね。

ですが、「お金をかけずに、即効性のある黒ずみ改善方法」というのは、今のところありません。
 

なぜなら、仮に黒ずみ専用クリームなどを使い始めたとしても、一度「色素沈着」で付いてしまった黒ずみは、肌のターンオーバーによってだんだん薄くなっていくため、すぐに元には戻らないからです。

「1番即効性のあるデリケートゾーンの黒ずみを治す方法」は、やはり上記でも述べた通り「美容整形外科などのレーザー治療法」でしょう。
 

ただし費用はかなり高くつきますし、施術後の痛みなどもあります。

このように、デリケートゾーンの黒ずみを即効直す方法というのは、お金をかけなければ難しいです。
 

焦らず自然に、気長に黒ずみを治したほうが、体にも負担がかからないのでオススメですよ。

⇒目次に戻る

デリケートゾーンの黒ずみ改善によい食べ物は?

デリケートゾーンの黒ずみ改善によい食べ物は?

普段の食生活も見直してみることで、デリケートゾーンの黒ずみは改善できる可能性はあります。

デリケートゾーンの黒ずみ解消のためにも、積極的に取り入れたい「食べ物や成分」をまとめてみました。

 

●タンパク質
タンパク質

新しい肌を作り出すには「タンパク質」は必ず摂取しておきたい成分です。

タンパク質が不足してしまうと、肌のターンオーバーが上手くできずに、メラニンは肌に残ったままの状態になってしまう恐れがあります。
 

デリケートゾーンの黒ずみ改善のためにも、タンパク質は積極的に取り入れていきましょう。

タンパク質には、納豆や豆腐などの「植物性たんぱく質」と、肉類・乳製品・魚介類などの「動物性たんぱく質」があります。
 

どちらもバランスよく取り入れることが、黒ずみ改善には好ましいです。

ちなみに1日の女性のタンパク質摂取量は約55グラムと言われています。

 

●ビタミンC
ビタミンC

多くの人がご存じのビタミンC。

ビタミンCには「メラニン色素の増加を抑えてくれる効果がある」と言われているので、デリケートゾーンの黒ずみ改善にはオススメです。
 

酸化からも肌を守り、新陳代謝も促してくれるので、ハリやツヤなども期待できます。

ビタミンCは「野菜と果物」から簡単に摂取できます。
 

その中でも、「アセロラ」にはビタミンCが多く含まれています。

他に、レモンやブロッコリーなどにもビタミンCは含まれているので、サラダに混ぜたりして摂取いくのも良いでしょう。
 

料理するのがめんどくさかったり、野菜がキライという人は、サプリメントで摂取するのがオススメです。

 

●ビタミンE
ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用が強いので、「血行を良くする効果」と「新陳代謝も高めてくれる効果」があると言われています。

新陳代謝が高まると、ターンオーバーのサイクルも正常に戻りやすくなります。
 

それにより、黒ずみが改善しやすくなります。

ビタミンEは「アボカド」「ホウレンソウ」から摂取が可能です。
 

植物油にも多く含まれているので、生野菜にかけて食べるのも良いでしょう。

 

●鉄分
鉄分

鉄分は「血液を作るための大切な栄養素」なので、鉄分も積極的に取り入れていきたい成分です。

鉄分が不足して「血の巡り」が悪くなってしまうと、肌の黒ずみやくすみの原因となってしまうかもしれません。
 

鉄分は「魚介類・レバー・ひじき・ほうれん草」などから取ることができます。

また、鉄分はビタミンCと一緒に取ることで、吸収性が上がります。
 

デリケートゾーンの黒ずみ改善には、鉄分は必要不可欠な成分といえます。

鉄分が不足しないように取り入れていきましょう。

 

●忙しい人はサプリが楽でオススメ
忙しい人はサプリが楽でオススメ

「毎日色々な食べ物を食べるのは大変」という人は、上記の成分が入ったサプリメントを飲むのが非常に手軽でオススメです。

サプリであれば、デリケートゾーンの黒ずみに効く成分を楽に摂取することができます。
 

時間がない朝などでも、サプリメントだったら摂取できる人も多いのではないでしょうか?

足りない栄養はサプリメントで補っていくのも陰部のの黒ずみ改善には重要ですので、いざというときに常備しておくのも良いでしょう。

⇒目次に戻る

この方法は本当に黒ずみが治るの?

この方法は本当に黒ずみが治るの?

ネットなどには、様々な「デリケートゾーンの黒ずみを治す方法」がたくさん出ています。

中には、あまり効果がない方法や、逆効果を与えてしまう方法もあるようです。
 

ここでは「この方法は本当にデリケートゾーンの黒ずみが改善されるのか?」について、それぞれ調べてみました。

 

塩でマッサージ

塩でマッサージ

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法に「塩でマッサージする方法」というものがあります。

塩には、血行促進効果があると言われており、肌のターンオーバーを正常に戻す働きがあるそうです。
 

ミネラルを含んだ天然塩で優しく洗っていくうちに、メラニン色素が肌のターンオーバーでどんどん押し上げられていきます。

その結果、デリケートゾーンや陰部の黒ずみが消える効果が期待できると言われています。
 

しかし、サラサラした天然塩でないと逆に肌を傷つけてしまったり、肌が弱い人が使うと染みて炎症してしまう恐れがあります。

ですので、塩でデリケートゾーンをマッサージする方法は、誰にでも薦められるような黒ずみ改善法とは言えないかもしれません。

⇒目次に戻る

重曹(食用)

重曹

重曹とは、「炭酸水素ナトリウム」という成分のことです。

スーパーなどにも売っているので、一度は聞いたことがある人も多いと思います。
 

重曹は「消臭や湿気取り」などに役立ちますが、1番ポピュラーなどは「研磨剤として汚れを落とす役割」でしょう。

そんな重曹も、実は「陰部の黒ずみを消す効果がある」と言われています。
 

デリケートゾーンや陰部を重曹で洗うと、ターンオーバーを正常化し、古いメラニンの角質が落ちて、デリケートゾーンの黒ずみが改善される効果があるといわれています。
 

しかし、重曹には「美白成分」が入っていません。

なので、黒ずみ改善効果が期待できるとはいえ、効果を実感できるまでには長い期間かかったり、効果が出なかったりするようです。
 

また、重曹には研磨作用があるので、肌が弱い人は肌荒れになってしまう恐れがあります。

したがって、デリケートゾーンの黒ずみに本気で悩んでいる人には、重曹による黒ずみ改善はオススメではないでしょう。

⇒目次に戻る

ワセリン

ワセリン

ワセリンは「万能クリーム」として、愛用している人も多いと思います。

肌を乾燥から守る「保湿効果」があり、敏感肌や赤ちゃん肌にも塗ることができます。
 

スキンケアにも良いとされているため、デリケートゾーンの黒ずみにも効果は多少期待できるかもしれません。

しかし、ワセリンは塗ったときのべたべた感が強いので、人によっては苦手な人もいるかもしれません。
 

また、ワセリンは保湿効果は高いですが、色素沈着を消す効果や効能はありません。

なので、ワセリンだけでデリケートゾーンの黒ずみを治す方法としては難しいかもしれません。

⇒目次に戻る

ボディスクラブ

ボディスクラブ

ボディスクラブには、古い角質などを取り除いてくれる効果や効能があると言われています。

そのため、体をボディスクラブで洗うとツルツルになるのでオススメですが、デリケートゾーンには正直あまりオススメできません。
 

なぜなら、デリケートゾーンを強く擦り過ぎると、陰部の肌を痛めてしまう原因になってしまい、逆にメラニンを活発にしてしまう恐れがあります。

また、ボディスクラブにも色素沈着を消す効果・効能はありません
 

なので、ボディスクラブにより一時的にツルツルになるかもしれませんが、デリケートゾーンの黒ずみを治す方法としては微妙といえるでしょう。

⇒目次に戻る

ココナッツオイル

ココナッツオイル

一時期話題になった「ココナッツオイル」でも、デリケートゾーンの黒ずみを治すことが期待できると言われています。

ココナッツオイルは、ワセリンと同じように「万能」として知られていますよね。
 

ココナッツオイルには、「ビタミンE」が多く含まれているので、高い保湿力と乾燥から肌を守ってくれます。

また、ココナツオイルには抗菌作用や、肌のターンオーバーを正常に戻してくれる効果も期待できます。
 

しかしココナッツオイルには、デリケートゾーンの黒ずみの原因である「メラニン」に働く「美白成分」は一切含まれていません。

したがって、デリケートゾーンの黒ずみの予防としては期待できますが、黒ずみの改善としては不向きと言えるでしょう。

⇒目次に戻る

ソンバーユ(馬油)

ソンバーユ(馬油)

ソンバーユ(馬油)は「人間の皮脂に最も近い」と言われており、保湿効果も高いです。

ソンバーユ(馬油)には「肌の保湿」や「肌のキメ」も整えてくれる効能や効果があるので、ターンオーバーも正常に戻す効果が期待できるでしょう。
 

また、ソンバーユ(馬油)は食用にも使うことがあるので、もちろん副作用などもありません。

ですが、ソンバーユ(馬油)を塗ると「しっとり感」は実感できるかもしれませんが、美白成分や色素沈着を消す成分は入っていません。
 

なので、デリケートゾーンの黒ずみを治す方法としてはあまり適していないかもしれません。

ただ、陰部の黒ずみが消えた後の保湿として、ソンバーユ(馬油)を使うには良いと言えます。
 

デリケートゾーンの黒ずみが治った後に、一度試してみるのも良いでしょう。

⇒目次に戻る

ベビーオイル

ベビーオイル

ベビーオイルはミネラルオイルで作られてるので、その名の通り、赤ちゃんの肌にも使用できます。

そして、ベビーオイルは保湿効果が高く、乾燥や肌荒れなどから肌を守ってくれます。
 

しかしベビーオイルも同様に「美白成分」や「色素沈着」を消す成分は入っていません。

ですので、デリケートゾーンの黒ずみが治るということは難しいかもしれません。
 

ただ、保湿作用は優れていますし、ドラッグストアなどで手軽に購入できるので、アフターケアとして使ってみるのも良いかもしれませんね。

⇒目次に戻る

ニベアクリーム青缶

ニベアクリーム青缶

ニベアクリームといえば、「青い缶のクリーム」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ニベアクリームも「万能なクリーム」と言われており、どこにでも使えるイメージが強いです。
 

そして、ニベアにはご存知の通り「高い保湿力」があります。

さらに、ニベアは肌のターンオーバーを正常化してくれる作用も期待できるので、新陳代謝が良くなる効果も期待できます。
 

ただ、ニベアに関しても「メラニン色素の沈着を消す効果」は特にありません。

なので、「肌の乾燥」や「肌のうるおい不足」なら改善効果が実感しやすいです。
 

ですが、デリケートゾーンの黒ずみを消すとなると、効果は薄いかもしれません。

⇒目次に戻る

オロナイン

オロナイン

オロナインは主に「軟膏タイプ」のものが多いです。

「吹き出物やニキビ」「あかぎれやヤケド」と、肌のトラブルに対して幅広い効果・効能を持っています。
 

しかし、オロナインにも美白成分が入っていないため、デリケートゾーンの黒ずみを治すことは難しいと言えるでしょう。

メラニンを除去できるという噂もありますが、オロナインには色素沈着を消す効能などはありません。
 

なので、デリケートゾーンや陰部の黒ずみが消えるアイテムというワケではありませんので注意しましょう。

⇒目次に戻る

アットノンやバイオイル

アットノンとバイオイル

アットノンは「傷跡、ヤケド跡、虫刺され跡」を消す効果があるとして有名です。

アットノンは4種類あり、「ジェル」「クリーム」「コンシーラー」「ローション」と選べます。
 

また、バイオイルは「キズあと、ニキビあと、シワ」などを目立たなくする効果が期待できると言われています。
 

このアットノンとバイオイルは、「肌の再生能力も高める効果」が期待できるので、ターンオーバーも正常に戻すことも期待できるでしょう。

しかし、アットノンやバイオイルには「傷跡を消す効能」はありますが、色素沈着してしまった「陰部などの黒ずみを消す効能」はありません。
 

したがって、この2つに「デリケートゾーンの黒ずみを消す効果」は、あまり期待できないでしょう。

⇒目次に戻る

ホスピピュア

ホスピピュア

ホスピピュアとは、湘南美容外科が共同開発している黒ずみ専用クリームです。

ただ、黒ずみ専用といいましても、「乳首の黒ずみ向け」の商品です。
 

果たして、デリケートゾーンへの黒ずみには効果が期待できるのでしょうか?

これに関してですが、ホスピピュアは黒ずみへの有効成分である「トラネキサム酸」が配合されています。
 

また、ホスピピュアは医薬部外品ですので、黒ずみを消す効果自体はあると考えてよいでしょう。

ただ、乳首の黒ずみ向けの商品であり、肌の薄い陰部向けの商品ではないようです。
 

ですので、陰部に使用して肌が荒れる場合なども考えられるので、ホスピピュアをアソコに使用する際は医師などに相談してからのがオススメです。

 

まとめ

様々な「デリケートゾーンへの黒ずみ解消法」をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

上記で調べた「ネット上に広がっているデリケートゾーンの黒ずみを治す方法」ですと、「肌の保湿」や「肌のターンオーバーの正常化」には効果期待ができるものが多いです。
 

しかし、デリケートゾーンの黒ずみを消す根本的な方法としては、正直、効果が期待できないものが多いでしょう。

しっかりデリケートゾーンの黒ずみを治したい人は、やはり「専用のデリケートゾーンの黒ずみに効くクリーム」を使ったほうが、早くてオススメと言えますね。

⇒目次に戻る