便秘の解消法や改善策

便秘を治す方法や便秘の改善方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

なかなか改善できずに悩んでいる方も多いかと思います。
 

即効性のある方法があればぜひ知りたいという方も多いでしょう。

ここでは頑固な便秘の解消法について解説していきたいと思います。
 

本当に便秘解消したいなら
安心のカイテキオリゴ
↓ ↓ ↓ ↓

『カイテキオリゴ』

 

【このページの目次】

便秘の改善・解消・治す方法!

便秘の改善・解消・治す方法!

頑固な便秘を治すにはどうすれば良いのでしょうか?

世の中には便秘の解消法なるものが数多く紹介されています。

 
ですが、ここではその中でも「特に効果が期待できる便秘を治す方法」について解説していきたいと思います。

 

まずは規則正しい生活による体質改善!

まずは規則正しい生活による体質改善!

世の中には様々な便秘解消がありますが、根本的な原因を取り除かない限り、一度便秘解消に成功しても、再び便秘に悩まされる事になります。
 

では根本的に便秘を治すために、具体的に何をすれば良いのか?

それは「規則正しい生活を送ること」が必須となってきます。
 

健康の基本とも言える「規則正しい生活」を送ることは、結果的に便秘改善にもつながります。

仕事の都合などで、生活リズムが不規則になってしまう方もいるかもしれませんが、できるだけ規則正しい生活を送ることを意識しましょう。
 

「規則正しい生活を送ることで自律神経が整い、便秘解消につながる」と言われています。

今までの生活リズムをいきなり大きく変えるのは難しいでしょうから、まずは少しずつで良いので、無理のない範囲で始めていくようにしましょう。

⇒頑固な便秘を優しく解消!オリゴ糖なら安全!

 

⇒目次に戻る

適度な運動・ストレッチ・体操

適度な運動・ストレッチ・体操

便秘解消・便秘改善には「適度な運動や」ストレッチ」「体操」が効果的です。

上記の項目でも述べましたが、便秘に悩む日本人の多くは、弛緩性便秘といわれる種類のものです。
 

弛緩性便秘は、「筋力が不足していること」が主な原因となって引き起こされる便秘です。

ですから、適度な運動をすることで便秘が改善されることも決して珍しいことではないのです。

慢性的な便秘に悩んでいる人は、まずは簡単な運動を始めてみると良いでしょう。
 

ストレッチが便秘解消に効果的な理由は「腸を物理的に刺激すること」「ストレス解消」「自律神経のバランスを安定させる効果がある」からと言われています。

血行も促進され、腰痛や肩こり、ダイエット効果が期待できます。

ですので、便秘解消だけでなく「美しさと健康」を手に入れることもできる一石二鳥な方法なのです。
 

便秘解消には、食生活だけでなく「心身のバランスを保つこと」も必要です。

体操やエクササイズは、骨盤の歪みを整え、血行促進効果も期待できますので、スムーズに便を排出できる効果が期待できます。

⇒頑固な便秘を優しく解消!オリゴ糖なら安全!

 

⇒目次に戻る

しっかり睡眠!ホルモンバランスを整える

しっかり睡眠!ホルモンバランスを整える

実は「睡眠」と便秘には深い関係があると言われています。

一見すると何の関係もないように思えますが、「良い眠り」「悪い眠り」というのは便通に現れます。
 

人は寝ている間に副交感神経が優位な状態となり、それによって消化管の活動が促進されます。

これにより、朝起きて食事を摂ると、便意が促され便意を感じるようになります。

このサイクルができている人は、毎日しっかりと排便できている可能性が高いです。
 

しかしその逆で、寝ている間に交感神経が高ぶってしまうと、副交感神経が優位にならず、消化管の活動にストップがかかってしまいます。

その結果、便秘を引き起こしてしまうのです。
 

また、十分な睡眠が取れないでいると、食欲を促すホルモンが増加し、食欲を抑えるホルモンが減少します。

これにより食べ過ぎを誘発してしまい、便秘だけではなく「体重が太る原因」にもつながってしまうのです。
 

便秘を治すには、しっかりとした睡眠をとることも大切ということを忘れないでください。

⇒頑固な便秘を優しく解消!オリゴ糖なら安全!

 

⇒目次に戻る

腸もみマッサージも便秘に効果的!?

「腸もみマッサージ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

この「腸もみマッサージ」は、固くなった腸をもみほぐし活性化させる効果が期待できます。

これにより便秘解消を期待できるのです。
 

腸が固くなるのは「ストレスや生活習慣の乱れが原因」とされています。

腸が機能低下してしまうと、食べたものが腸内で留まり、血行不良となり腸がこった状態になってしまいます。
 

このような状態が続くと老廃物を排出できず、便秘を引き起こしやすくなります。

しかし「腸もみや腸マッサージ」をすることで、腸本来の働きが戻り、便秘を治す効果が期待できるのです。
 

では腸もみマッサージの手順を見ていきましょう。

やり方とはいっても、実に簡単で「基本は腸を意識してお腹をなでるだけでOK」です。
 

体の力を抜いた状態で、おへその上辺りに手を重ねて置き、「右⇒左⇒右」といったように、腸を意識しながら手を滑らせていきます。

寝ながらやお風呂の中でもできます。
 

また、両手を重ねて、おへその周辺をギュギュと時計回りに押していくのも効果的です。

こうすることで腸壁の汚れを落とすことができます。
 

もし便秘で悩んでいるのであれば、「腸もみや腸マッサージ」を行ってみるのがオススメです。

⇒頑固な便秘を優しく解消!オリゴ糖なら安全!

 

⇒目次に戻る

過度なダイエットを控える

過度なダイエットを控える

便秘は男性でもなりますが、やはり女性がなる数のほうが多いです。

その原因は「女性はダイエットをすることが多いから」です。
 

女性は美意識からかダイエットされることが多いですが、過度なダイエットは便秘を引き起こす原因であることを、理解しておく事が大切です。
 

実際に「ダイエット中に便秘になった」という声は多く上がっています。

ですので、もし今、ダイエットを実践中という人は「自分が行っているダイエットが間違った方法でないか?」を、この記事を通して照らし合わせていただければと思います。
 

ダイエットと言えば「食事制限」がつきものですが、この無理な食事制限が「便秘の原因」となるのです。

極端な食事制限は新陳代謝の低下を招き、便秘の原因となります。
 

「食物繊維が豊富な食べ物を摂れば良い」と考えている人も多いですが、そもそもの食事の量を減らしていては意味がありません。

食事制限する際は、「量よりも質」を見直すことが大切です。
 

また、ダイエット中は我慢を強いられることも多々あり、それがストレスとなって便秘を引き起こしやすくなります。

とくに過度なダイエットは身体にも心にも負担を与えてしまうもの。
 

ストレスは自律神経を乱してしまい、腸の動きも悪くなってしまいます。

もし今ダイエットをしているのであれば、「できるだけストレスを感じることのないダイエット」を行うことが、便秘解消のための一歩といえるでしょう。
 

過度なダイエットは便秘になりやすいだけでなく、「健康を阻害する恐れ」もあります。

正直、ムリなダイエットは「痩せる」こと以外は、何一つ良いことなんてありません。
 

便秘解消とダイエットを両立させたいのであれば、極端な食事制限ではなく摂取カロリーを考えるようにしましょう。

成人女性の1日の摂取カロリーを把握し、それを基に食事メニューを考えるようにしてください。

 
便秘解消を本当に望んでいるのであれば、くれぐれも過度なダイエットはしないようにしましょう。

⇒頑固な便秘を優しく解消!オリゴ糖なら安全!

 

⇒目次に戻る

便秘解消には食生活・食事改善も重要!

便秘解消には食生活・食事改善も重要!

便秘を治すには「食生活の改善」も非常に大切です。

普段の食事を気をつけるだけで便秘改善できるなら、ぜひ試したいところですね。

 
便秘に良いといわれている食べ物も色々ありますので、ここでは「便秘解消にオススメな食事」について紹介していきます。

 

オリゴ糖・乳酸菌・食物繊維をしっかり摂る!

オリゴ糖・乳酸菌・食物繊維をしっかり摂る!

便秘解消には「オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維」が良いとされています。

便秘にお悩みの人であれば、既に知っていることかもしれませんね。

では、なぜこれらの食べ物が便秘を治すのに良いとされているのでしょうか?
 

「オリゴ糖」は、腸内環境の悪化に対して効果を発揮します。

良好な腸内環境はスムーズな便通へと導きますし、スムーズであるがゆえに、腸内環境も又良好な状態が保たれます。

逆に悪化した腸内環境は便秘になりやすく、一度便秘になってしまうと、腸内に便が溜まってしまい、ますます腸内が悪化してしまいます。
 

腸内環境を安定させる働きがあるのが「善玉菌」ですが、オリゴ糖はこの善玉菌を増やす働きがあります。

しかもオリゴ糖は小腸で消化されにくく、しっかりと大腸にまで到達し、善玉菌の餌となり腸内環境を整えるのに役立つのです。
 

「乳酸菌」も腸内環境を整える働きがあります。

便秘解消に効果的な食べ物として「食物繊維を含む食材」を第一に挙げる人も多いのではないでしょうか?
 

食物繊維には、「腸の中でゲル状の柔らかい便を作り出やすくする作用」がある「水溶性食物繊維」と、
「水に溶けずに水分吸収して膨張し、便の量を増やして腸管を刺激し、腸の蠕動運動を高める」という働きがある「不溶性食物繊維」の2種類あります。
 

「弛緩性便秘」の人が「不溶性食物繊維」を多めに摂取し、
「けいれん性便秘」の人は「水溶性食物繊維」を多く摂取することで、
便をうまく排出できるようになります。
 

これらの便秘に良い成分は「ヨーグルト」や、誰しもがご存知の「ヤクルト」などに含まれていることでおなじみです。

もし便秘解消したいのであれば、普段の食事にヨーグルトやヤクルトを取り入れてみることをオススメします。

⇒簡単にオリゴ糖を摂るならカイテキオリゴ!

 

⇒目次に戻る

水分や脂肪分はしっかり摂ること!

水分や脂肪分はしっかり摂ること!

便秘を治すには、その原因を理解することが大切であり、便秘解消への近道といえます。

便秘の原因は様々ですが、中でも多いのが「水分不足」によるものです。
 

人が生きていく中で水分は絶対に欠かすことのできないものです。

排便するにも水分の存在は非常に重要といえます。
 

食事で摂取する食べ物は「胃⇒小腸⇒大腸」の順で運ばれていきます。

その途中で消化と吸収がされ、残った食物だけが大腸へと到達します。
 

この時の食物は水分を含んでいますが、腸管を通る間に腸壁によって吸収され、固形物として変わります。
 

しかし体内の水分が不足していると、体外に排出する水分を減らそうと身体が働きかけます。

水分のない便は固くなり、肛門から出にくくなり、やがて便秘になってしまうのです。
 

このように便にとって水分は、無くてはならないものです。

もっともシンプルな便秘の改善方法は、水分をしっかりと摂ることといえるでしょう。

⇒目次に戻る

便秘に良い「食べ物・飲み物・料理」は?

便秘に良い「食べ物・飲み物・料理」は?

便秘を治すには、「毎日の食事で摂取する食べ物」にも気をつけたいところ。

ここでは「便秘にいい食べ物」「便秘に効く食事」「便補の解消にいい料理」について解説します。

 

■ヨーグルト・牛乳

ヨーグルト・牛乳

上記でも出てきましたが、「便通を良くする食べ物」としておなじみなのが「ヨーグルト」ではないでしょうか?
 

ヨーグルトは、大腸の善玉菌である「乳酸菌」によって発行した食品です。

乳酸菌は腸内でブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を生成して、大腸を刺激させます。
 

これにより蠕動運動が活発になり、乳酸菌を含むヨーグルトが便秘に良い理由はここにあります。

また、乳酸菌は「腸内の悪玉菌の繁殖防止」にも役立ってくれます。
 

学校給食では必ずといっていいほどついてくる「牛乳」も、便秘にいい食べ物・飲み物の1つです。

どちらかというと牛乳は健康目的で飲むもので、便秘解消目的で飲む人は少ないかもしれません。

人によってはお腹を壊しやすいことから避ける人もいるでしょう。
 

ですが、牛乳には乳糖が含まれており、穏やかな下剤効果があるため、便秘に良いとされています。

ですから「目覚めの一杯」として牛乳を飲むことは、胃や結腸反射効果的に活用でき、便意を感じやすくなります。

 
ただし、けいれん性便秘の方は、冷たいままの牛乳では逆効果ですので、必ず温めて飲むようにしてください。

⇒1日たった80円で取れる本当に便秘に効くオリゴ糖

 

⇒目次に戻る

■お茶

お茶

便秘に効く食べ物や飲み物の1つに「お茶」が挙げられます。
 

便通を良くする成分に「マグネシウム」があります。

便の水分量を増やして「便を柔らかくする働き」と、「大腸の動きを活発化させる働き」の2つの効果があります。

「プーアール茶、マテ茶、杜仲茶」には、このマグネシウムが豊富に含まれています。
 

「水溶性食物繊維を含むお茶」も便通を良くするの最適です。

水溶性食物繊維は、大腸内で発酵と分解を行い、「ビフィズス菌の増加」と「有害物質の排出」といった働きがあります。

「黒豆茶、ごぼう茶、マテ茶、ギムネマ茶」などに、水溶性食物繊維が豊富に含まれています。
 

お茶と聞いて「カテキン」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

カテキンはポリフェノールの一種で、「殺菌と抗菌作用」があります。

大腸内でカテキンが悪玉菌を減少させることで、便秘解消へとつながります。
 

日本人なら毎日のようにお茶を飲むという人も多いでしょう。

ですから、普段の食事でお茶を飲むようにすることに、さほど抵抗を感じることもないのではないでしょうか。

お通じを良くするために、毎日の食事にお茶を飲むようにしてみるのも、手軽な便秘を治す方法といえるでしょう。

⇒目次に戻る

■オリーブオイル

オリーブオイル

あまり知られていませんが、実は「オリーブオイル」もお通じよくする効果が期待できます。

オリーブオイルのような「油脂類」は、「潤滑剤のような働き」があり、便の通りを良くする効果が期待できるのです。
 

オリーブオイルは肌や粘膜にやさしい上に、小腸で吸収されにくく、成分が大腸までしっかり届くので便秘解消に役立ちます。
 

オリーブオイルは「直接飲むのが効果的」と言われています。

目安としては、1日あたり大さじ2杯程度です。
 

しかし、「油を直接飲むのはどうしても嫌だ」という人もいるでしょう。

そのような人はサラダにかけたり、炒め物を作る際に使用するなどして摂取すると良いでしょう。

⇒目次に戻る

■納豆・玄米

納豆・玄米

「納豆」や「玄米」も便秘に効く食べ物と言われています。
 

「納豆」がお通じよくする食べ物と言われるのは、「オリゴ糖と食物繊維が豊富に含まれていること」にあります。

オリゴ糖には「腸内の善玉菌を活発にしてくれる働き」があり、食物繊維も便秘解消に良い成分としておなじみですね。
 

「玄米」にも便秘解消に役立つ食物繊維がタップリ含まれています。

水に溶ける水溶性食物繊維は、善玉菌のエサとなり、ビフィズス菌などを増やしてくれます。

さらに、腸内にたまった不要物を体外へ排出する働きもあり、腸内環境を整えてくれます。
 

不溶性食物繊維は、体内で水分をとりこみ膨らむ性質があります。

便の水分が保たれ、柔らかく出しやすい状態にしてくれます。
 

玄米には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれていますので、自然な便通を促してくれます。
 

このように、納豆や玄米を多めに摂取することが、便秘を治す方法の1つとしてオススメです。

⇒目次に戻る

■プルーン

プルーン

栄養バランスが良い「プルーン」には、食物繊維など便通を良くする成分が豊富です。

便秘に良い食べ物としておなじみで、既に試されている人も多いのではないでしょうか?
 

便秘を解消するに「食物繊維を多く含む食べ物を摂取すること」が1つの解決策です。

プルーンには食物繊維が多く含まれており、ゆるやかに排便を促す緩下作用があり、便秘解消に大いに役立ってくれます。
 

また、プルーンには「ソルビトール」が含まれており、便秘そのものの解消だけでなく、便秘を予防するのにも最適な食べ物と言われています。
 

ただしプルーンを食べすぎると、緩下作用によって下痢や湿疹といった症状を引き起こす恐れがあります。

便秘解消に良いからと言って、くれぐれもプルーンを食べすぎないように気をつけましょう。

⇒目次に戻る

■リンゴ・バナナ

リンゴ・バナナ

リンゴには、「アップルペクチン」という植物性の食物繊維が豊富に含まれています。

リンゴは「医者いらず」と昔から言われていますが、それぐらい健康に良い食品で、便秘やお通じよくするにも最適です。

アップルペクチンは整腸効果が高く、乱れた腸内環境を整えてくれる働きがあります。
 

次に、便秘にいい食事として「バナナ」は、もはやおなじみですよね。

毎日1本食べると、便秘解消の効果が期待できると言われているほどです。

しかもカロリー控えめですので、ダイエット中の女性も安心して食べられます。
 

ただし、バナナは熟れ具合によって効果が異なります。

便秘を改善したいのであれば、「青いままのバナナ」を食べるようにしましょう。
 

青いままのバナナには「レジスタントスターチ」という「でんぷん質」が含まれており、食物繊維と似たような作用があります。

さらに「水溶性と不溶性」の両方の性質を兼ね備えています。

大腸にまでしっかりと届き、悪玉菌を抑制し、善玉菌が増えやすい環境を作り出す有機酸に変換されます。
 

また、バナナと言えば豊富な食物繊維ですね。

便秘に効果的かつ低カロリーな食べ物ですので、ぜひ毎日1本摂り入れてみると良いでしょう。
 

このように、便秘解消に良い果物としてはバナナ・リンゴが非常にオススメです。

⇒目次に戻る

■オオバコ

オオバコ

オオバコも「便通を良くする効果」や「便秘解消の効果」が期待できる植物の1つです。

古くから民間薬として利用されてきたオオバコは、世界中に広く分布している植物で、その種類は実に200種以上にもなります。
 

オオバコにも数多くの種類がありますが、その中でも便秘解消に効果が期待できるのが「プランタゴ・オバタ」です。

漢方薬の成分として用いられますが、便秘薬として用いられるのは「種子の皮殻」の部分です。
 

プランタゴ・オバタには食物繊維が豊富に含まれており、プランタゴ・オバタの約80%は不溶性食物繊維です。

胃で消化されることなく、水分吸収し、「便のかさ増し」をしてくれます。

これにより大腸への刺激が大きくなり便意が促進されるのです。
 

ただ、プランタゴ・オバタを普段の食事に摂り入れるのは難しそうに思えます。

ですが、一般には粉末化された状態で用いられ、「サイリウム」という名前で呼ばれることもあります。
 

サプリメントとして販売されていますので、摂取するのは決して難しいことではありません。

また、市販の食品ですと、「こんにゃく」や「水ようかん」「ゼリー」に配合されていることがあります。
 

こんにゃくゼリーなどの商品も豊富にありますので、便秘を治したいのであれば、進んで摂取するのがオススメですよ。

⇒目次に戻る

■アロエ

アロエ

昔から様々な効果効能が認められてきた「アロエ」ですが、便秘に効く食べ物としても有名です。
 

アロエには「アロイン」という成分が含まれており、これが便秘に効果的と言われています。

アロインには「下剤作用」があり、薬事法の規制を受けている「バルバロイン」という成分が主となっています。

 
また、アロエの果肉には「水溶性食物繊維と似た作用」がある「セルロース」と「キシロース」が含まれています。

腸内で便の水分を適用に保ち、善玉菌の増殖に役立ってくれます。
 

さらに、アロエには「カリウムや亜鉛」といった「ミネラル」も豊富に含まれており、便秘解消に大いに役立ってくれます。
 

ただし、アロエには「子宮を収縮させる作用」がありますので、妊娠中は基本的に摂取しないでください。

アロエドリンクなど作用が強くないものであれば問題ないかもしれません。

ですが、その際も必ず医師に相談してからのほうが良いでしょう。

⇒目次に戻る

便秘解消に効果的な正しいコーヒーの飲み方

便秘解消に効果的な正しいコーヒーの飲み方

「便秘解消にコーヒー?」と思うかもしれませんが、正しい飲み方をしていれば、コーヒーは便秘の改善に役立つ可能性があります。
 

コーヒーの主成分は「カフェイン」です。

カフェインには「胃の働きの活発化」と「大腸の収縮をサポートする効果」が実はあります。

ですから、コーヒーを飲むと便秘の改善になると言われているのです。
 

腸内環境を整えるのに「オリゴ糖」が有効的という話を、一度は耳にしたことがある人も多いでしょう。

実はコーヒーにもオリゴ糖が含まれています。

腸内にある善玉菌のエサとなり、腸内の動きを活発化してくれるのです。
 

ただ、便秘を治すために、コーヒーをたくさん飲もうするのは間違った飲み方です。

飲みすぎてしまうと体の水分が失われ、逆に便秘が悪化してしまいます。

「1日2杯~3杯を目安」にコーヒーを飲むようにすると、便秘解消につながります。
 

ただ、コーヒーの効果は個人差がありあすので、体質によっては合わない人も出てきます。

体調の変化を見ながら飲むようにして、合わないと感じたら無理に飲まないようにしてください。

⇒コーヒーに混ぜてもOK!便秘を治したいならオリゴ糖!

 

⇒目次に戻る

「体を冷やす食物」や「タンニン」は便秘になりやすい?

「体を冷やす食物」や「タンニン」は便秘になりやすい?

毎日の食生活が便秘に大きく関係していることはいうまでもありません。

便秘を治す食べ物があれば、その逆で「便秘になりやすい食べ物」もあります。
 

便秘に悩んでいる人は、「便秘に良い食べ物」は知っていても、「便秘になりやすい食べ物は知らない」という人が案外多いです。
 

せっかく便秘に良い食べ物を食べていても、同時に便秘になりやすい食べ物も食べていては意味がありませんよね。

そこで今回は、便秘になりやすい成分を含んだ食べ物について解説します。
 

便秘になりやすい食べ物は、「肉類」「体を冷やす食べ物」「タンニンを含む飲み物」などが挙げられます。
 

では、なぜ「肉類」が便秘になりやすいのか?

その理由は「タンパク質」にあります。

筋肉の増強に欠かせない栄養素であるタンパク質ですが、腸内の悪玉菌を増やす作用があり、腸内環境を悪化させる恐れがあるのです。
 

腸内環境が乱れてしまうと便秘になりやすくなります。

だからといって肉類の摂取を止めたほうが良いというわけではなく、量に気をつけて野菜と一緒にバランスよく摂取しましょう。
 

「体を冷やす食べ物」といえば、「アイス「が挙げられますね。

夏場は特に冷たいものを欲しますが、体が冷えると体温が下がり、血管が詰まって血流悪化につながります。
 

そうすると臓器に栄養が届きにくくなり、腸の働きも悪くなり、便秘の原因となるのです。

つまり「腸の運動が弱まってしまい、便をうまく排出できなくなる」ということになります。

腸の機能低下を防ぐためには、「温かい食べ物」も合わせて食べることです。
 

「タンニン」はコレステロール対策でお馴染みですが、取り過ぎてしまうと腸の運動が弱まってしまいます。

渋柿やお茶・赤ワインなど幅広い飲み物に「タンニン」は含まれています。

ですので、食事の際についつい取りすぎていないか注意してください。

⇒目次に戻る

即効性のある便秘解消法なら「便秘薬や下剤」

即効性のある便秘解消法なら「便秘薬や下剤」

即効性のある便秘の解消法としては、やはり「便秘薬」や「下剤」が挙げられます。

「便秘に悩んだら、市販の便秘薬を迷わず試す」という人も多いのではないでしょうか?
 

確かに市販の便秘薬や下剤は即効性があります。

ですので、つらい便秘から一刻も早く抜け出したいときは試したくなる気持ちも分からなくもないです。
 

しかし、便秘薬では「根本的な便秘の解決にはならならない」ということをご存知でしょうか?

便秘を解消するには、便秘の原因となっている食生活や生活習慣を改善することです。
 

つまり、いくら病院の便秘薬や座薬などで一時的に解消できても、そもそもの原因を取り除いていないわけですから根、本的には便秘は治らないのです。

ですから、またすぐに便秘になる可能性が大いに考えられます。
 

そして便秘薬には「副作用」があることを忘れてはいけません。

効果が高いと言われる便秘薬は、腹痛などの症状を発生させる恐れがあります。

特に初めて便秘薬や座薬を服用する人に起きやすいですから、そこは注意してください。
 

市販の便秘薬にしろ、病院の便秘薬にしろ、常用していると「それなしではうまく便を排出できなくなる恐れ」があります。

便秘薬や下剤では根本的には便秘は治らないですから、あまりオススメできる方法ではありません。

 

体に優しく便秘解消!
安心のカイテキオリゴ
↓ ↓ ↓ ↓

『カイテキオリゴ』

 

⇒目次に戻る

便秘薬より「サプリ・酵素ドリンク・お茶」のが体に負担はない

便秘薬より「サプリ・酵素ドリンク・お茶」のが体に負担はない

便秘薬のように「即効性のある便秘の解消法」とはいきませんが、「サプメントリ・酵素ドリンク・お茶」は身体への負担がなく、続けていけば便秘解消の効果を実感できるようになります。

便秘は辛いですから、どうしても即効性のある便秘の改善方法を求めがちです。

ですが、便秘薬は副作用があるので、なかなかオススメしにくいのが現状です。
 

また、上記でも述べましたが、「便秘薬を常用するようになると、それなしでは便を排出できなくなってしまう」ようになりますので、根本的には便秘は治らないのです。

これに対し、「サプリ・酵素ドリンク・お茶」は続けていくことで体質改善でき、根本的な便秘解消に良いです。
 

便秘を解消するためには「腸内環境を整える必要」があります。

腸内環境を整えると言えば「乳酸菌」がお馴染みですが、今は「サプリメントや健康食品」で手軽に摂ることができます。

ムリして乳酸菌入りの食べ物を取る必要はないのです。
 

「酵素」は生きていくために必要な物質の1つです。

食べ物の分解は、胃や腸が行っているイメージがありすが、実は「消化酵素」が行っています。
 

消化酵素の分泌が充分でないと消化機能はうまく働かず、消化されず溜まった物質は悪玉菌のエサとなり、便秘を引き起こしてしまいます。

だからこそ「酵素ドリンク」などを摂取することは、便秘解消につながるのです。
 

「お茶」は気軽に実践できる便秘解消の1つです。

マグネシウムや「水溶性食物繊維、ビタミンC・P、カテキン」など、お茶には便秘解消に良いとされる成分が豊富です。
 

どれも「即効ですぐに便秘解消」ろは行きませんが、気軽に始められる便秘解消法です。

サプリメントや健康食品は、薬のように副作用があるわけでもないですから、安心して続けられるのも嬉しいところですね。

⇒薬じゃない!体に優しいオリゴ糖で便秘解消!

 

⇒目次に戻る

病院の腸内洗浄や浣腸も即効性はある

病院の腸内洗浄や浣腸も即効性はある

「腸内洗浄」は「薬を使わず便秘を治すポピュラーな方法」です。

即効性のある便秘を治す方法方法で、試してみたいという人も多いでしょう。
 

しかし、腸内洗浄は問題点がないわけではありません。

ここでは腸内洗浄の「メリット・デメリット、料金」などについて解説していきます。
 

腸内洗浄は、肛門から大量の温水を直接送り込み、腸内にこびりついている宿便などの汚れを除去します。

これにより排便を促し、すぐ便秘解消ができるようになります。
 

「便秘がひどい」という人ほど即効性があり、「すぐにでも辛い便秘から開放されたい」という場合には魅力的な便秘を治す方法と言えるでしょう。
 

また、腸内を洗浄することで、腸本来の働きを取り戻せるようになります。

つまり「将来的な便秘の予防」にもつながるというメリットもあるのです。
 

腸内洗浄は肛門科や消化器科などで行っていますが、いずれも「保険対象外」となり、「費用は自費」となります。

そのため、腸内洗浄野行うにあたっての費用は2万円前後と、多少高額です。

これが腸内洗浄のデメリットの1つといえます。
 

また、腸内洗浄は「慢性化した便秘」に対して行います。

ですから、「専門医が必要と判断した場合のみ」に行われますので、腸内洗浄を希望したからと言ってできるわけではないのです。

個人用の腸内洗浄キットもありますが、大腸の機能低下や感染症のリスクが高いので、できれば病院などでお願いする方が良いでしょう。
 

ちなみに、病院などで行う「浣腸」も即効性のある方法です。

薬液を入れてから10分以内に効果が現れることが多く、排便のタイミングを自由に選ぶことができます。

ただし常用すると、「浣腸なしでは排便できなくなる恐れ」がありますので、根本的な便秘解消法とは言えませんし、使用には注意が必要です。

⇒目次に戻る

妊婦、妊娠中、妊娠初期の便秘改善方法は?

妊婦、妊娠中、妊娠初期の便秘改善方法は?

「便秘」というと「女性がなるイメージが強い」ですね。

確かにその通りで、女性は男性よりも便秘になりやすいです。

しかも妊娠中となると¥よりいっそう便秘になりやすい」と言われています。
 

妊娠中は腸が圧迫されてしまい、腸管が狭くなってしまいます。

そうなれば物理的に便が通りにくく、妊娠中の妊婦さんは便秘になりやすいのです。
 

その他には、「ホルモンや自律神経の乱れ、運動不足、食欲不振」など、妊娠特有の原因があります。
 

妊婦さんの便秘の改善方法は「食事内容の見直し、トイレ習慣、体を温める、適度な運動、ツボ・マッサージ」などが挙げられます。
 

妊婦の内、約70%もの人が便秘に悩まされると言われています。

決して他人事ではありませんので、もしも便秘になってしまっても対処できるように準備しておくと良いでしょう。

⇒妊婦が飲んでも安全のオリゴ糖はコレ

 

⇒目次に戻る

新生児、赤ちゃん、子供、幼児の便秘改善方法は?

新生児、赤ちゃん、子供、幼児の便秘改善方法は?

新生児や赤ちゃんも便秘になることがあります。

赤ちゃんの便秘は、「いつもと様子が違うかどうか/」で判断します。

「食欲がない、食べても嘔吐してしまう、機嫌が悪く泣き続ける、お腹が張っている」といった場合、赤ちゃんの便秘が考えられます。
 

この新生児や赤ちゃんの便秘の原因ですが、「母乳に比べ、ミルクは消化が悪いため便秘になりやすい」とされています。
 

ただし、母乳でも「ママが水分不足の状態」ですと、赤ちゃんも便秘になりやすいと言われています。。

また、運動不足の場合もやはり便秘になりやすいと言われています。
 

赤ちゃんの便秘の対処法は、「綿棒浣腸や「の」のマッサージをする」「食生活を整える」といったものがあります。
 

幼児や子供の便秘は「悪循環になりやすい」ので注意が必要です。

慢性化して「便失禁」などを起こす恐れもあります。

原因は病気、体質や生活習慣などが挙げられます。
 

病気が原因で便秘になるの場合は、「医療機関での処置」が必要となります。

体質や生活習慣で便秘になる場合は「規則正しい生活を送ること」「運動不足にならないようにすること」「こまめに水分を取ること」などが挙げられます。
 

どの便秘の対処法も即効性があるわけではありません。

ですが、しっかり継続することで赤ちゃんの便秘解消効果を実感できるようになります。

「子供の便秘だから大丈夫でしょ」と侮らず、しっかり便秘の対処してあげてください。

⇒赤ちゃんの便秘も解消できる安全のオリゴ糖はコレ

 

⇒目次に戻る

高齢者の便秘改善方法は?

高齢者の便秘改善方法は?

お年寄りなどの高齢者になると便秘の原因が増えます。

「若い頃は便秘なんて一度もなったことがなかったのに」…というご老人も多いです。
 

人は歳を重ねる毎に便秘になりやすくなり、「30代と60代」では「便秘になるリスクは2倍以上になる」と言われています。

お年寄りなどの高齢者が便秘になりやすい原因は、「肉体の衰え、食事量の減少、常用薬」などの影響が挙げられます。
 

便秘の大きな原因の1つである「肉体の衰え」は、筋力そのものが低下し、腹筋周りの腸の動きに大きく影響します。

歳を重ねる毎に食事量は減少する方が多いですが、それに伴い、消化機能が衰えてしまいます。

排便する量も減り、排便の習慣がつかなくなってしまいます。
 

お年寄りなどの高齢者の中には「様々な薬」を常用されている方も多いですが、これは便秘の原因の一つと言われています。

薬にはどうしても副作用がありますので、これによって便秘に似た症状がでてしまうこともあるのです。
 

高齢者・お年寄りの便秘の改善方法としては、「トイレに行く習慣をつける、適度な運動、食生活の改善」などが挙げられます。

⇒高齢者のお腹にも優しい!安心安全のオリゴ糖はコレ!

 

⇒目次に戻る

頑固な便秘の原因って何なの?

頑固な便秘の原因

便秘を治す方法を知る前に、「そもそもの便秘の原因」を知っておくことが、根本的な解決につながると言えます。

頑固な便秘の原因は一体何なのでしょうか?
 

実は一口に便秘といっても「様々な便秘の種類」があります。

そして、それぞれの便秘で症状も違いますし、便秘になる原因も違います。

そうなると当然、施す対策も違いますから、便秘の原因を知ることは非常に大切なのです。
 

便秘の原因で最も多いのが「食物繊維不足」です。

現代の日本人は「1日あたりの食物繊維」が終戦直後に比べ、「半分以下」にまで減少していると言われています。
 

「食物繊維は不要なもの」と言われていたことがありましたが、20世紀以降は「消化や吸収、さらには排便」するにあたり、無くてはならない重要な働きを担っていることが分かっています。

食物繊維が不足することで引き起こされる便秘は、「弛緩性便秘」が考えられます。
 

続いて、美容と健康に悪影響をもたらす原因である「運動不足」ですが、実は便秘の原因でもあります。

運動することで排便するために必要となる筋力が鍛えらるだけでなく、自律神経の乱れを整える効果も期待できます。

これによってスムーズに排便することができると言われています。

逆に言えば、運動不足であると、排便がスムーズにできず、便秘の原因になってしまうというワケなのです。
 

「ストレス」も便秘の原因の1つです。

「麻痺性便秘」はストレスが原因で引き起こされるもので、重症なものになると、過敏性腸症候群という病気として位置づけられるものもあります。
 

また、「水分不足」でも便秘を引き起こしやすいです。

排便に水分は必要不可欠です。

水分が不足しがちになると便の水分が奪われてしまい、便秘になればより悪化してしまいます。
 

他には「病気・薬の副作用」による便秘も挙げられます。

女性なら、生理前やホルモンバランスの乱れによっても便秘になりやすいと言われています。

⇒薬じゃない!体に優しいオリゴ糖で便秘解消!

 

⇒目次に戻る

タイプ別!便秘の種類や原因

タイプ別の便秘の原因

便秘にもいくつかの種類があり、それぞれ原因が異なります。

ですから「それぞれにあった便秘を治す方法」があります。
 

ここでは便秘の改善・解消法を知る前に、便秘の種類や原因について見ていきましょう。

 

お腹が張っている感のある「弛緩性便秘」

お腹が張っている感のある「弛緩性便秘」

「弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」は、「日本人に最も多いタイプの便秘」と言われています。

高齢者や女性など「腹筋が弱い人」がとくになりやすい頑固な便秘ですが、男性でも運動が不足している人はなりやすいです。
 

加齢が原因であるとも言われており、内臓が垂れ下がることで腸が緩みやすくなり、便秘を引き起こす面もあります。
 

弛緩性便秘は若い女性がなりやすい便秘でもあります。

その原因は「無理なダイエット」です。

無理なダイエットをすると、その影響で筋肉が落ちてしまう可能性があります。
 

弛緩性便秘は、「黒っぽくてコロコロの便」が出ることが多いです。

水分が失われてしまうため、固くコロコロとして便になってしまいます。
 

頑固なため、力まないとなかなか排便できず、せっかく便が出てもスッキリ考えられず、便が残っているように感じてしまいます。
 

また、弛緩性便秘になるとお腹が張りやすくなります。

常にお腹が張っている感じがすることもあり、これは腸内に便が溜まってしまいガスが溜まってしまうことが原因です。

しかもその状態が続くと、食欲にも影響を及ぼす恐れがあり、やがてストレスとなり精神面にも悪影響を及ぼしてしまいます。

⇒頑固な便秘を優しく解消!オリゴ糖なら安全!

 

⇒目次に戻る

ストレスが原因!?「けいれん性便秘」

ストレスが原因!?「けいれん性便秘」

頑固な便秘やひどい便秘は「ストレスが原因で」引き起こされることもあります。

精神的なストレスや生活環境が影響することで引き起こされる便秘が「けいれん性便秘」です。
 

現代はストレス社会とも言われるぐらいですから、けいれん性便秘は誰にでも引き起こされる可能性がある便秘と言えます。
 

けいれん性便秘は「便秘」と「下痢」の症状が交互に出るのが特徴です。

消化と吸収のスピードと、腸の運動が釣り合わないでいる状態ですと満足に水分が吸収されず、下痢の便が出てしまうこともあります。
 

けいれん性便秘は大腸の過剰な働きが原因ですので、突然激しい便に見舞われることもあります。

中には「過敏性大腸炎」が原因で、けいれん性便秘が引き起こされる場合もあります。
 

検査しても見に見えて異常があるわけではなく、やはりストレスを感じていることや自律神経が乱れることが原因と言われています。

⇒副作用なしで便秘解消したいならオリゴ糖!

 

⇒目次に戻る

なかなか便が出ないなら「直腸性便秘」かも!

なかなか便が出ないなら「直腸性便秘」かも!

「肛門の機能性障害」によって頑固な便秘を引き起こしてしまうのが「直腸性便秘」です。

直腸まで便が運ばれれているにも関わらず、肛門付近に問題があって、うまく排便できないことで発生します。
 

直腸性便秘の特徴的な症状は、「便意をあまり感じないこと」です。

便が直腸に到達すると、神経が刺激され便意を感じるようになります。

ですが、直腸性便秘になると、肛門付近に便がきても便意を感じなくなってしまっていることがあります。
 

そして長い期間、直腸に便がたまった状態が続いてしまうと、水分が失われ余計にひどい便秘となり、「力んでもなかなか便が出ない」ということになってしまいます。
 

主な原因は「肛門の機能性傷害」だけでなく、「便意を我慢することが習慣化していること」が挙げられます。

常日頃、便意を我慢していることが多い人は、直腸性便秘になる可能性が高いです。

⇒薬じゃない!体に優しいオリゴ糖で便秘解消!

 

⇒目次に戻る

頑固な便秘は病気の可能性も…

頑固な便秘は病気の可能性も…

便秘がなかなか改善されず悩んでいる女性は多いかと思います。

ですが、実は頑固な便秘は「病気が原因の可能性」もありますので、注意が必要です。
 

ここでは便秘と病気の関係性について解説していきます。

 

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は腹痛や下痢などと混同されやすく、病気であることに気づきにくい病気です。

「慢性的な腹痛」や「下痢」「便秘」に悩まされている人も多いですが、それはストレスが原因で引き起こされる過敏性腸症候群かもしれません。
 

過敏性腸症候群は「日本人の5人に1人が当てはまる」と推定される、現代社会で急増している病気の1つです。
 

「緊張したり不安を感じると、急にお腹に痛みを感じトイレに行きたくなった」という経験がある人も中にはいるでしょう。

1度や2度の経験なら問題ないかもしれませんが、それが慢性的に繰り返される場合は過敏性腸症候群の可能性が考えられます。
 

ひどくなると、車や電車の中でトイレに行きたくなるようになり、外出を控えてしまうようになり、生活の質を下げてしまうことにつながってしまうと言われています。
 

過敏性腸症候群は、「下痢型、便秘型、混合型」の3種類あります。

急にお腹が痛くなり便意を伴い、水のような便が出るのが「下痢型」です。

とくに男性に多く見られる症状です。
 

「便秘型」は女性に多く、排便回数が週3回以下に減少してしまいます。

排便時には痛みを伴い、力まないと便が出ず、便が出てもウサギの糞状の固くコロコロした便で、残便感が残るのが特徴です。
 

「混合型」は下痢型と便秘型を交互に繰り返します。
 

過敏性腸症候群の主な原因は、やはり「ストレス」です。

脳と腸は密接な関係にあり、脳が不安や緊張を感じると腸の運動に影響を与えてしまいます。

⇒頑固な便秘を優しく解消!オリゴ糖なら安全!

 

⇒目次に戻る

腸閉塞(イレウス)

腸の一部が狭くなったり、腸の動きが鈍くなることで内容物がつまってしまい、お腹に張りと痛みを伴ったり、吐き気が起きる病気が「腸閉塞(イレウス)」です。
 

腸閉塞(イレウス)の主な症状は、急激にお腹が膨満し、痛みと吐き気が起こります。

痛みは、「継続される場合」と「治まったり強い痛みを感じたりと交互に繰り返される場合」とがあります。

ひどい場合には、腸の内容物が逆流し、便のにおいを伴う嘔吐をしてしまうこともあります。
 

腸閉塞(イレウス)には「機械性」と「複雑性」の2種類があります。
 

機械的腸閉塞は「腸のねじれ」や「内部に腫瘍などができること」で塞がれた状態です。

機械的腸閉塞は「単純性」と「複雑性」に分類されます。
 

「単純性腸閉塞」は、開腹手術後の腸管の癒着が原因で引き起こされることが多いです。

また、「大腸がん」などにより「腫瘍、胆石、宿便、寄生虫」が集まることが原因になることもあります。
 

複雑性腸閉塞は「腸重積、腸軸捻転、ヘルニア」が原因となり、腸が閉塞した状態です。

腸が締めつけられた状態が続くと、壊死してしまう恐れもあります。

嘔吐、腹痛、ショック症状を起こすこともあり、緊急処置が必要になることもあります。

⇒副作用なしで便秘解消したいならオリゴ糖!

 

⇒目次に戻る

便秘が原因で死亡した例も実はある!

便秘が原因で死亡した例も実はある!

信じられない話かもしれませんが、「便秘が原因で死亡した実例」があります。

今から約20年ほど前の1998年、21歳の会社員女性が便秘が原因で死亡しました。
 

この女性は、1年ほど便秘が続いていたにも関わらず、医師の診察は受けず、市販薬で便秘をなんとかしようとしていたようです。

死亡する2日前まで仕事をしていたようで、死亡当日は休みだったため自宅で療養されており、トイレの前で死亡しているのを学校から帰ってきた弟さんにより発見されました。
 

女性の死因は「腸閉塞」とされています。

腸内には黒く固まった便が「約7キロ近く」も溜まった状態で、直腸付近には水分が全く含まれていないコンクリート状に固まった便が数十センチも溜まっていたそうです。
 

ひどい便秘や頑固な便秘は、時に死に至る恐ろしい病へと変わることもあります。

世の中には様々な便秘の解消法が紹介されていますが、自分ひとりの力ではどうにもならないこともあります。
 

便に関する悩みは人に相談しにくいことかもしれませんが、本当に悩んでいるのであれば、やはり医師に診てもらうのが一番かと思います。

⇒目次に戻る

実は犬や猫も便秘になる!?

実は犬や猫も便秘になる!?

余談ですが、犬や猫も便秘になります。

多くの人は「便秘は人間だけがなるもの」と思っているかもしれません。
 

ですが、犬や猫にも我々と同じく調子の悪い日もありますし、便秘気味になったり下痢気味になったりすることもあるのです。
 

「犬の便秘の原因」は、「ストレスや運動不足」が挙げられます。

例えば、新しい家に来たばかりの犬はこれまでと生活リズムが一変しますし、食事や散歩の時間も当然変わってきます。

すると体内のリズムは一度乱れてしまい、整えるのに時間を要します。

いつもどおりの生活リズムというのは、犬にとって安心することなのです。
 

また、犬は運動することで胃腸の働きを高める副交感神経が活発になります。

これが消化促進と便秘解消につながりますので、逆に言えば、運動が不足していると犬は便秘になりやすいともいえます。
 

「猫の便秘」は犬よりも起こしやすいと言われています。

高齢の猫は消化機能と筋力が衰えてしまい、便をうまく排出することができず、その結果、便が詰まりやすくなります。
 

その他の猫の便秘の原因は「食べ物・食事が合っていない」「毛玉を飲み込んでいる」「ストレス」なども挙げられます。

犬や猫などの動物は、環境が変わることにより、ストレスで便秘になることが多いので注意しましょう。

⇒目次に戻る

危険!?やってはいけない危ない便秘解消法!

危険!やってはいけない危ない便秘解消法!

様々な便秘解消法がありますが、中には「やってはいけない便秘の解消法」もあります。

意外と知らないで実践してしまっている人もいますので、ここでは「やってはいけない、危険な便秘を治す方法」について解説したいと思います。

 

便秘解消に塩水洗浄は危険

便秘解消に塩水洗浄は危険

「塩水洗浄」という便秘解消法を聞いたことはあるでしょうか?

「塩水を飲んで便秘を治す」というものですが、簡単にできるダイエット法として以前から注目を集めていました。
 

しかしながら、塩水洗浄を実践した人たちの体験記などが、2017年2月頃から次々と削除されるようになっています。

その理由は「検証が必要」というものです。
 

実は「塩水洗浄は死亡する恐れもある危ない便秘の解消法」と、様々なニュースや専門医などから指摘されています。
 

塩水洗浄は「断食の一種」で、ミネラルウォーター1リットルに天然塩を小さじ2杯加え、血液と同じ濃度にした塩水を飲むというもの。

飲んでから1時間後に、水のような便が出てきて、毎朝続けるというものです。
 

しかしこの方法は、「嘔吐の原因」や「食道が傷ついて出血する恐れ」があるのです。

水と食塩は体内に吸収されてしまい、腎臓や心臓に負担がかかります。
 

このように、塩水洗浄は「やってはいけない便秘を治す方法」といえます。

実践は避けたほうが良いでしょう。

⇒目次に戻る

痙攣性便秘に下剤を使ってはダメ

痙攣性便秘に下剤を使ってはダメ

意外かもしれませんが、「やってはいけない便秘の改善方法」として「下剤の使用」が挙げられます。
 

便秘を解消するために下剤を使用している人も多いかと思います。

しかし、「便秘の種類によっては下剤が逆効果となり、悪化させること」があります。
 

便秘にも種類があり、「下剤を使用してはいけない」のが「痙攣性便秘」です。

痙攣性便秘は、「便秘」と「下痢」が交互に発生するのが特徴です。

腸機能が活発になりすぎていて、「消化と吸収のスピード」と「腸の運動」が釣り合っていない状態です。
 

食物繊維は便通を良くする食べ物としてお馴染みですが、弛緩性便秘のような「大腸の機能が不十分な場合の便秘」に限って効果があります。
 

もし、痙攣性便秘で摂取してしまうと、大腸が過剰に働いてしまい、痙攣が余計ひどくなってしまいます。

これと同じ理屈で、「下剤の使用」も「痙攣性便秘には逆効果」なのです。

 
便秘だからといって下剤に頼ってしまう人も多いです。

しかし、「自分の便秘がどのような症状なのか?」をハッキリと把握せずに下剤を使用してしまうと、悪化させてしまうかもしれません。
 

安易な下剤の使用は「危険な便秘の解消法」となりえますので、使用には十分気をつけてください。

⇒薬じゃない!体に優しいオリゴ糖で便秘解消!

 

⇒目次に戻る